日帰り温泉「豊島園 庭の湯」はカップルにも人気の施設!水着で入れる?

「豊島園 庭の湯」は大変人気の日帰り温泉であり、のんびりとした時間を過ごすことができるとカップルなどにも評判となっています。水着を着用して利用するゾーンもあります。日帰り温泉「豊島園 庭の湯」について、さまざまな情報をピックアップしました。

日帰り温泉「豊島園 庭の湯」はカップルにも人気の施設!水着で入れる?のイメージ

目次

  1. 1話題の温泉「豊島園 庭の湯」に行こう!
  2. 2人気の温泉「豊島園 庭の湯」とは?
  3. 3人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」のおすすめポイント
  4. 4人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」の水着着用のバーデゾーンとは?
  5. 5人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」のリラクゼーションエリア
  6. 6人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」の店舗情報と料金
  7. 7人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」のアクセス方法
  8. 8「豊島園 庭の湯」の周辺観光:ちひろ美術館・東京
  9. 9人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」へ行ってみよう!

話題の温泉「豊島園 庭の湯」に行こう!

「豊島園 庭の湯」は、大変評判の日帰り温泉であり、さまざまなリラックスできる施設が整っています。水着を着用して利用するゾーンもあり、カップルデートなどにも人気です。いつもの日常からちょっとだけ離れて、気分をリフレッシュしたい時などにおすすめです。東京・練馬周辺観光の時には是非「豊島園 庭の湯」に行ってみてください。

人気の温泉「豊島園 庭の湯」とは?

「豊島園 庭の湯」は、東京都の練馬区・向山にある日帰りで温泉をたっぷりと楽しむことができる施設です。

じっくりと温泉に浸かって疲れを癒すことができるのはもちろん、サウナや岩盤浴があったり、水着を着用して利用するゾーンがあったり、エステやマッサージの場所があったりとさまざまなリラクゼーション施設があり、大変充実したスパ施設としても評判です。

東京・練馬周辺に観光に行こうと考えている場合は、是非「豊島園 庭の湯」もスケジュールに入れてみてください。癒し・和みのひと時となること間違いなしです。

静かな時間を過ごせると人気の日帰り温泉

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」は、入浴などを楽しんだり、四季の花々が咲き誇る庭園を眺めたり、ゆっくりと食事をしたりと静かで心穏やかな時間を過ごせる場所として話題になっています。

それぞれのリラックスタイムを贅沢に過ごすことができる場所として評判であり、非日常感を味わいながら、心も身体もリフレッシュすることができます。

カップルのデートスポットとしても人気

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」には、男女別で入浴できる温浴ゾーンの他にも、水着を着用して利用する二人の大切な時間をまったりと過ごせるバーデゾーン、岩盤浴、庭園など二人の雰囲気を大事にできる場所がたくさんあり、カップルデートスポットとしても注目されています。

「豊島園 庭の湯」は、中学生未満は入場できない施設なので、大人だけのやすらぎの場所となっています。周囲には大人しかいませんが、公共の場所であることを忘れずに節度を持った行動をすることが大切です。

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」のおすすめポイント

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」には、さまざまな施設やゾーンがあり、それぞれ特徴があります。

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」の中でも特に人気でおすすめのポイントを3つ厳選して紹介します。館内巡りの参考にしてみてください。

おすすめポイント(1) 水着着用エリアもあり男女で楽しめる

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」の中でも大変人気でおすすめのポイントの一つ目は、「水着着用エリアもあり男女で楽しめる」ことです。

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」には、水着を着用して利用する「バーデゾーン」があり、男女混合で利用できるエリアとなっています。

プールやジャグジー、サウナなどがあり、水着を着用してカップルや夫婦二人、またはグループなどでたっぷりと楽しめ、カップルデートにもおすすめの場所の一つです。

おすすめポイント(2) 天然温泉露天風呂

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」の中でも大変人気でおすすめのポイントの二つ目は、「天然温泉露天風呂」です。

「豊島園 庭の湯」の「天然温泉露天風呂」は、岩づくりとなっていて、和の雰囲気をたっぷり感じられる露天風呂となっています。

春の桜や夏の新緑・秋の紅葉などの四季折々の風を感じながらゆったりと手足を伸ばして入浴することができると、大変人気です。

おすすめポイント(3) 日本庭園

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」の中でも大変人気でおすすめのポイントの三つ目は、「日本庭園」です。

「豊島園 庭の湯」の周囲には約1200坪もの広い「日本庭園」があります。日本で大変有名な造園家の一人である小形研三によって作られた日本の美しさを感じることができる庭園となってます。

大きな木々の間には小川が流れ、まるで渓流にいるかのように感じられます。四季折々に咲く草花がたくさん植えられていて、それぞれの四季を堪能することができます。

鯉が泳いでいる池や、滝、灯篭などの見どころが豊富であり、都会のオアシスのような場所であると評判で、多くの人の心を癒してくれます。

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」の水着着用のバーデゾーンとは?

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」には、水着を着用して誰もが一緒に利用できる「バーデゾーン」があります。

水着を着用して利用する「バーデゾーン」は、カップルや夫婦、またはグループなどで一緒の時間を楽しみながらゆったりのんびりとリラクゼーションができると大変人気となっています。

週末やゴールデンウィーク、年末年始などを中心に、たくさんの人で賑わう時には、譲り合いの気持ちを持って、誰もが気持ちよく利用できるように心がけることが大切です。

450円でレンタル水着があるので、水着を持たずに行った場合でも安心して「バーデゾーン」を楽しむことができます。「豊島園 庭の湯」に行った時には、是非「バーデゾーン」でゆったりと心と身体を癒してみてください。

プールや屋外ジャグジーを完備

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」の水着を着用して利用する「バーデゾーン」には、体温とほぼ同じ温度で負担なく身体のコンディションを整えることができるメインのバーデプール、屋外にある天然温泉と軟水の2種類のジャグジーなど豊富な種類があり、それぞれの好みよって自由に利用する場所を選ぶことができます。

日本庭園を眺めることができる場所にあり、心も身体もしっかりとリフレッシュすることができると、大変注目されています。

日頃の喧騒からちょっぴり離れて、ほっと一息つきたい時、気分転換をしたい時などに大変おすすめです。気持ちがすっとなること間違いなしです。

フィンランドサウナも体験できる!

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」の水着を着用して利用する「バーデゾーン」には、スチームサウナとフィンランドサウナがあります。

スチームサウナは、アロマの香りが程よく漂い、水蒸気が身体を優しく包みこみ、美容効果やデトックス効果・ダイエット効果が高いと、女性や年配の人にも評判です。

フィンランドサウナは、本格的な石焼きタイプのサウナであり、じっくりと汗を流しながら疲れを癒すことができると人気です。

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」のリラクゼーションエリア

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」には、その他にもリラクゼーションエリアがたくさんあり、非日常感を味わいながらまったりとした時間を過ごすことができます。

それぞれのエリアには、限りがあるので、混雑している時には、特に利用の仕方に気をつけましょう。

オープンエリアと和室エリアなど多彩なエリア

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」のオープンエリアには、ゆったりとくつろげるいすなどがずらりと並べられていて、日本庭園を眺めながら湯上りの休憩をすることができるようになっています。一部にはテレビモニター付きのいすもあるので、テレビ鑑賞をしながら休憩時間を楽しむこともできます。

また、クローズドリラクゼーションエリアは、少し照明が暗くなっていて、静かでリラックスできる音楽が流れて、安らぎの効果があると言われている天然の石や炭などからのマイナスイオンをたっぷりと浴びられ、よりリラックスできる空間となっています。女性専用のスペースもあるので、女性の一人旅や女子旅などの休憩場所としてもぴったりです。

和室リラクゼーションエリアでは、ほっとできる畳敷きの部屋となっていて、少し横になって休憩をしたいドライブ途中の人などに特におすすめの場所となっています。

有料のウエルネスコーナーも完備!

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」のウエルネスコーナーには、有料で利用することができるマッサージチェアなどがたくさん並べられていて、自分にぴったりの機種をチョイスするとしっかりと身体をほぐしてくれること間違いなしです。

それぞれの体型を認識してマッサージしてくれる頭脳搭載機種もあるので、順番をしっかりと待ったり、日にちを変えて何度も訪れて違う機種を使ってみたりして、自分にマッチしたマッサージチェアを見つけてみるのも楽しいでしょう。

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」の店舗情報と料金

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」で、事前に知っておくとスムーズに行動できる店舗情報と料金について紹介します。

カップルデートや、グループでの観光などでスケジュールを立てる時には、是非「豊島園 庭の湯」にも寄ってみることをおすすめします。

店舗情報

「豊島園 庭の湯」は、東京都・練馬区の向山3丁目にある日帰り温泉施設です。温泉の他にもサウナや岩盤浴、エステなどのリラクゼーション施設も整っているスパ施設となっています。

営業時間は、10時から23時までで最終受付時間は22時となっています。保護者と一緒の場合でない、中学生のみの利用の場合は20時まで最終受付時間は18時、高校生のみの利用の場合は21時までで最終受付時間が20時となっています。中学生未満の子どもは利用することができません。

メンテナンス日以外は基本的には休館日はありません。営業時間や休館日は変更となることがあるので、あらかじめ調べておくことをおすすめします。

料金

入館料金は、大人が一人2350円となっています。18時以降に入館する場合は、ナイトスパ料金があり大人が一人1320円で入館することができます。ただし、ナイトスパはゴールデンウィーク・お盆・年末年始などの時には設定がない時もあります。

入館料金には館内着とタオル・バスタオルのレンタル料金が含まれているので、観光帰りに手ぶらで寄っても安心です。

何度もリピートして行きたい場合は、11回つづりの回数券が23650円であり、お得になるのでおすすめです。

岩盤浴の利用料金は、平日が510円、土・日・祝日と年末年始は710円となっています。連続利用をしたい場合は、プラス50分が平日が300円、土・日・祝日と年末年始が400円となっています。岩盤浴は各回の利用開始時間の15分前までの当日予約制です。

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」のアクセス方法

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」に電車を利用してアクセスしようと思っている場合には、西武池袋線の「豊島園駅」で降りると徒歩約1分、都営大江戸線の「豊島園駅」で降りてA2出口から出ると徒歩約2分、西武有楽町線の「豊島園駅」で降りると徒歩約1分などでアクセスすることができます。

車を利用してアクセスしようと思っている場合には、東京外環自動車道の「大泉インターチェンジ」、関越自動車道の「練馬インターチェンジ」、東名高速道路の「東京インターチェンジ」などで降りるとらくらくアクセスすることができます。

「豊島園 庭の湯」を利用する場合におすすめの「豊島園 第一駐車場」は、「豊島園 庭の湯」を利用する場合は、3時間までは無料で利用できます。以降は30分ごとに200円で、最大料金は入庫から1日までが1600円となっています。

また、「豊島園 庭の湯」の入館料金以外の利用金額が4000円以上の場合は、通常の無料時間にプラスして3時間まで無料となります。さらに8000円以上の場合は、入庫当日1日が無料となります。

「豊島園 庭の湯」の周辺観光:ちひろ美術館・東京

「ちひろ美術館・東京」は、 東京都・練馬区の下石神井4丁目にある美術館です。画家・絵本作家として良く知られているいわさきちひろの作品を中心に世界中の絵本の原画などが収蔵・展示されているところです。

「ちひろ美術館・東京」は、いわさきちひろが亡くなるまでの22年間を過ごした自宅兼アトリエがあった場所に建てられていて、いわさきちひろの文学や生活をより身近に感じることができるようになっています。

館内では、いわさきちひろが愛用していたソファーに座りながら絵本を眺めることができるスペースや、忠実に再現されたアトリエ、いわさきちひろが愛した草花が植えられている庭などがあります。また、ゆっくり過ごせる絵本カフェもあり、季節のスイーツやスープ、子ども用のドリンクなどもあり、無添加で、安心で安全なメニューが豊富です。

「ちひろ美術館・東京」に電車を利用してアクセスするには、西武新宿の「上井草駅」で降りると徒歩約7分でアクセスすることができます。車を利用する場合は、東京外環自動車道の「大泉インターチェンジ」、関越自動車道の「練馬インターチェンジ」などで降りるとアクセスできます。

開館時間は、10時から17時までで、最終入館時間は16時30分となっています。毎週月曜日や年末年始などは休館日です。料金は、大人が800円、高校生以下は無料となっています。年間パスポートもあるので、上手に利用すると良いです。

小さな子どもと一緒に楽しめる工夫がされている美術館であり、ベビーカーなどで館内を眺められるようにバリアフリーで、授乳室やおむつ替えスペース、子供用トイレなどが充実していて、おもちゃで遊べる「こどものへや」などもあります。

人気の日帰り温泉「豊島園 庭の湯」へ行ってみよう!

大変人気で注目度の高い「豊島園 庭の湯」は、のんびりゆったりとリラックスすることができる場所であり、水着を着用して利用するゾーンもあります。温泉の他にも庭園があったり、食事ができたりと、さまざまな楽しみ方ができるので、ほっと一息つきたい時には是非「豊島園 庭の湯」に行ってみることをおすすめします。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ