としまえんフィッシングエリアで釣りを楽しもう!攻略方法や料金は?

東京の練馬区にある老舗遊園地「としまえん(豊島園)」は、プールが有名です。そのプールは秋から春の終わりまで、「としまえんフィッシングエリア」という、人気の釣り堀になります。多くの釣り好きがやってきます。その「としまえんフィッシングエリア」の料金などの紹介です。

としまえんフィッシングエリアで釣りを楽しもう!攻略方法や料金は?のイメージ

目次

  1. 1としまえんフィッシングエリアってどんなスポット?
  2. 2としまえんフィッシングエリアにある3つの釣りエリア
  3. 3としまえんフィッシングエリアの釣りで釣れる魚
  4. 4週末におすすめのとしまえんフィッシングエリアの焼き魚スポット
  5. 5としまえんフィッシングエリアの料金
  6. 6としまえんフィッシングエリア基本情報とアクセス
  7. 7練馬区なのになぜ「としまえん」
  8. 8としまえんフィッシングエリアで釣りを楽しもう!

としまえんフィッシングエリアってどんなスポット?

「としまえんフィッシングエリア」は、東京の練馬区にあるとしまえんのプールを、秋から翌年のゴールデンウイークまで釣り堀にして、都心で手軽に釣りが楽しめるスポットになっています。「家族とのレジャー」「週末の息抜き」「会社帰りの余暇」など、通勤電車で立ち寄れる、まさに都心の手軽なおすすめのフィッシングスポットです。

夏の人気スポットのプールが釣りスポットへと大変身!

としまえんプールといえば昭和の時代、アイドル水泳大会の会場になっていました。流れるプールもあって、プールが人気の都心の遊園地です。夏場は水着の人々で賑わっていた「としまえんプール」がオフシーズンには竿を手にした釣り人が集まる釣堀になります。

釣り堀の名前も「としまえんフィッシングエリア」になります。流れるプールには、元気なギャルの代りにイワナが泳ぎ、波のプールでは少年の代りに、ニジマスが跳ねています。そんなとしまえんフィッシングエリアです。

としまえんで気軽に釣りを楽しめるスポットとして人気

練馬区にあるとしまえんプールは、池袋駅から西武池袋線で14分、新宿からは都営地下鉄大江戸線で20分という好立地にあり、まさに豊島園駅に隣接しています。

ただし、フィッシングエリアとして稼働するのは、通常は9月末からゴールデンウィークまでの期間営業になっています。その期間は無休です。

手ぶらで釣りが楽しめるおすすめの人気釣り堀

「としまえんフィッシングエリア」では、自分の釣りの実力に応じて、エサ釣り、ルアー釣り、フライ釣りがそれぞれ楽しめます。まったくの釣り初心者から大物釣りの名人まで、同一料金で楽しむことができます。

魚釣り用の竿やリールなどはレンタルできます。エサも購入できます。手ぶらでいっても問題なく釣りが楽しめます。釣り糸を垂らしてじっと水面を見つめていると、なぜか平静が取り戻せます。心を落ち着かせたいときにおすすめの場所です。

としまえんフィッシングエリアにある3つの釣りエリア

としまえんのプールのなかで、流れるプール、ナイアガラプール、波のプールの3か所が釣り堀になっています。それぞれのプールが、アマゾンエリア、ナイアガラエリア、ミシガンエリアと名付けられて、楽しい人気の釣り堀になっています。

この3か所のフィッシングエリアでは、ルアー・フライエリアが2カ所、ルアー・エサ釣りエリアを1カ所設けられています。自分の釣の腕や、好きな釣り方で釣りを楽しみましょう。

釣りエリア(1) ミシガンエリア

「ミシガンエリア」は、アメリカの五大湖があるミシガン州にちなんでいるのでしょう。としまえんの波のプールを利用しています。としまえんフィッシングエリア内で最大の釣り場であり、大物も狙えるスポットです。

大人気の「練馬サーモン」が大量に放流されています。ヒットすれば、かなりの割合で練馬サーモンが釣れます。しかし、練馬サーモンを釣るのはかなり難関です。それだけに、釣った時の喜びは大きくなります。大物狙いの釣りが好きな方におすすめです。

釣りエリア(2) アマゾンエリア

としまえんフィッシングエリアの「アマゾンエリア」は、流れるプールです。世界的な大河・アマゾン川に流れるプールが例えられています。比較的魚の数が期待できるエリアといわれています。初心者におすすめともいわれます。

アマゾンエリアは、ルアー・フライ・エサ釣りの3つの釣り方が体験できます。小さめの魚が数多く放流されていますので、魚は釣れやすいといわれています。数量狙いの方におすすめです。

釣りエリア(3) ナイアガラエリア

としまえんフィッシングエリアの「ナイアガラエリア」は、大きめのナイアガラプールを使用しています。広いだけに釣りがしやすい環境です。魚影も肉眼で確認できます。魚も見えて、余裕ある釣り環境です。

ナイアガラエリアは小さめの魚から中型、大型の魚までバラエティー豊かな魚が放流されています。ナイアガラエリアは、ルアーフィッシング専用のエリアになっています。少し難易度がありますが、ルアー釣り好きにおすすめです。

としまえんフィッシングエリアの釣りで釣れる魚

「としまえんフィッシングエリア」で釣れる魚は複数います。中でも常時5種類のマスを放流しています。その魚は富士の流水で育った食用の魚で、生きが良く、食べておいしい魚たちです。エサ釣りだけでなく、ルアーでもフライでもアタックしてくる魚もいて、ゲームフィッシングも人気でおすすめです。

釣れる魚(1) ニジマス

ニジマスは、(Rainbow trout=レインボートラウト)と呼ばれるように、まさに虹鱒です。サケ科に属する魚で、北米原産の外来魚です。マスの仲間の中では日本で最も良く知られた魚です。

ニジマスは食用魚であり、よく釣りの対象魚になっています。虹色に輝く魚体は鮮やかで、釣る時に激しいファイトもあります。ルアーでも、フライでも楽しめる、釣り人に人気の高い魚です。

釣れる魚(2) 練馬サーモン

「練馬サーモン」は、「ニジマスの三倍体」という一般的なニジマスより大きく養殖したニジマスです。更に赤身になるように養殖しています。

このニジマスが「練馬サーモン」と呼ばれています。今までに90センチメートル近い大きさの練馬サーモンが釣れたそうです。フィッシングエリアで1番人気の魚です。

釣れる魚(3) ヤマメ

ヤマメ(山女魚、山女)は、サケ科に属する魚のサクラマスですが、海に下ることなく、一生を河川で過ごす河川残留型の個体をヤマメと呼びます。日本全国の清流の上流地域で冷水域に生息しています。 

関東よりも北に生息していることが多く、美しい魚体の日本の渓流魚です。ルアーでもフライでも楽しめる人気の魚です。

釣れる魚(4) アルビノ

「としまえんフィッシングエリア」で釣れる魚の中で、珍しい魚が「アルビノニジマス」です。昭和31年(1956年)長野で発見された、アルビノニジマスが養殖されて、日本全国に放流されています。

色素が欠損している個体であるアルビノですが、としまえんフィッシングエリアでは、ニジマスとアマゴのアルビノが放流されています。希少種ファンにおすすめの魚です。

週末におすすめのとしまえんフィッシングエリアの焼き魚スポット

としまえんフィッシングエリアの「焼き魚スポット」は、釣った魚をその場で焼いて食べられる、贅沢な施設です。ただし、住宅地にある釣堀です。注意事項もあります。

魚焼き場営業時間は土曜、日曜、祝祭日の11:00~17:00までです。さらに、雨天、強風などの場合は営業中止となることもあります。

さらに、魚焼き場では、釣った本人やその仲間が魚を焼くことになります。また、小学生以下の子供さんだけの入場も出来ません。必ず保護者同伴です。

焼き魚スポット内は自己責任

魚焼き場内での飲食は禁止になります。飲食する場合は焼き場外になります。魚焼き場では、としまえんフィッシングエリアで釣れた35センチメートル以下の魚のみを焼くことが出来ます。また、一切の持ち込みは禁止です。

魚を焼く場合はエリア内で販売している串(1本100円)を使用し、串1本につき魚一匹までで焼いてください。焼き魚スポット内では、原則、すべてが自己責任になります。

としまえんフィッシングエリアの料金

「としまえんフィッシングエリア」は有料の釣り堀で、料金体系も複数タイプがあります。自分の時間やその日の予定を勘案して選ぶことをおすすめします。

「としまえんフィッシングエリア」の料金ですが平日は、男性が1時間:1200円、2時間:2400円、3時間:2900円、6時間:3800円です。女性・高校生は、1時間:900円、2時間:1800円、3時間:2200円、6時間:2800円です。シニア・中学生以下は、1時間:700円、2時間:1400円、3時間:1800円、6時間:2300円です。

「としまえんフィッシングエリア」の料金ですが、土・日・祝祭日は、男性が1時間:1300円、2時間:2600円、3時間:3100円、6時間:4300円です。女性・高校生は、1時間:1000円、2時間:2000円、3時間:2600円、6時間:3500円です。シニア・中学生以下は、1時間:800円、2時間:1600円、3時間:2000円、6時間:2700円になります。

レンタルタックル(釣り道具)の料金

「としまえんフィッシングエリア」の全ての釣りについて、レンタルタックルがあります。ルアー用はロッドとリールのセットで、ルアーはセットに含まれていません。この内容でのレンタル料金は、3時間迄:1100円、6時間迄:1600円、保証金(返却時返金):1000円で、リーズナブルな料金です。

フライ用はロッドとリールのセットで、フライはセットに含まれていません。3時間迄:1100円、6時間迄:1600円、保証金(返却時返金):1000円です。こちらも安めの料金です。

エサ釣り用の竿と仕掛けのセットは、3時間迄:600円、6時間:800円です。エサやルアーやフライ等は購入する必要があります。ルアーは400円から、フライは200円から、エサ1パックは200円です。ここでも安めの料金です。

としまえんフィッシングエリア基本情報とアクセス

「としまえん」は良く知られた遊園地ですが、「としまえんフィッシングエリア」は、としまえんに比べると、知名度は少し劣りますす。そこで、「としまえんフィッシングエリア」をもう少し詳しく知りましょう。ここでは、基本情報やアクセス方法や規制項目などを紹介します。

基本情報

「としまえんフィッシングエリア」は、としまえんのプールを使用して、気候にもよりますが、9月末からゴールデンウイークの期間、釣り堀として楽しめます。

ニジマスやイワナやヤマメやブラウントラウトが放流され、釣ることができます。魚は富士山麓のきれいな水で食用に生育された魚で、週末は、現場で焼いて食べることもできます。

豊島園駅からのアクセス

まず、「豊島園駅」へのアクセスですが、「豊島園駅」は西武池袋線の駅です。ターミナル駅の池袋から直通で14分です。そして「豊島園駅」で下車して徒歩で1分です。

もう一つの公共交通機関が都営地下鉄の大江戸線で、新宿から直通で20分の「豊島園駅」で下車し、A2出口より出て、徒歩で2分になります。

車でのアクセスと駐車場

遠隔地から車でのアクセスですが、「常磐自動車道」の場合は三郷JCTから東京外環に入って、大泉I.C.で下りて目白通りに入り、約20分です。「関越自動車道」の場合は、練馬I.C.を出て、そのまま谷原交差点を直進します。目白通りに入って約20分です。

「東名高速道路」の場合は、東京I.C.を経て、環状8号線を左折して、谷原交差点を右折し目白通りに入ります。「中央自動車道」の場合は高井戸I.C.を経て、首都高速4号線の永福I.C.で下りて、環状7号線を豊玉陸橋で左折して目白通りに入ります。

駐車場も完備

「東北自動車道」の場合は、川口JCTから東京外環に入って、大泉I.C.で下りて目白通りに入ります。

「としまえんフィッシングエリア」の駐車場は、普通車が30分で200円、1日最大で1500円になります。場所はトイザラス前です。オートバイは1日500円で、駐車場所は、としまえん遊園地立体駐車場入り口の左側にある駐輪場になります。

住所 東京都練馬区向山3-25-1

としまえんフィッシングエリアのレギュレーション

としまえんフィッシングエリアのレギュレーション、つまり規制、決まりともいえます。必ずチケットを購入してから入場しましょう。安全上からトリプルフック、ダブルフックは使用禁止になっています。また、バーブレス・フック(かえしのないハリ)を使用することになっています。

ロッド(竿)は、持ち込み本数に制限はないのですが、同時に複数の竿を使って釣りはできません。こませ類、集魚剤の使用も禁止です。

付き添いは、エサ釣りする人の時間券1枚に付き、付き添いや見学者は1名が可能です。満3歳以下の子供の料金は、時間券を購入した保護者と一緒であれば、無料で釣りができます。

持ち帰りの決まり

持ち帰に関しては、通常サイズの49センチメートル以下の魚は、1時間券:3匹、2時間券:6匹、3時間券:10匹、6時間券:20匹までは持ち帰りできます。それ以上持ち帰る場合は、1キロ:2000円になります。

練馬サーモンやイトウ等の大型魚で50センチメートル以上の魚は、6時間券以上は2匹までOKです。それ以外の時間券の場合は、1匹までは持ち帰りできます。

練馬区なのになぜ「としまえん」

としまえんは、大正15年(1926年)、現在の王子製紙の元の会社・樺太工業専務の藤田好三郎氏が所有していた土地を、園芸並びに運動を東京市民に推奨するために公開したのが始まりといわれています。

としまえんは、西武池袋線から分かれた豊島線豊島園駅の北西に接しています。この地には、かって室町時代に築城された練馬城があり、同城を築城して、この地を豊島氏が治めていました。としまえんの名前はその豊島氏から由来しています。

Thumbとしまえんへのアクセス&最寄り駅まとめ!電車やバス・車で比較!
みなさんは東京にあります「としまえん」へのアクセスでどんなアクセス方法がおすすめかご存じでし...
Thumbとしまえんのプールの料金や種類・割引情報まとめ!営業はいつから?
皆さんは、夏のプールはどこに行きますか?スライダーのあるプールですか。それともナイトプールで...

としまえんフィッシングエリアで釣りを楽しもう!

多くの釣り好きに人気の「としまえんフィッシングエリア」はいかがでしたでしょうか。東京都練馬区にある電車で行けるおすすめの釣堀です。魚影も濃い釣り堀で、食用にできる釣果が期待できます。家族連れにもおすすめできる危険が少ない釣り堀です。としまえんフィッシングエリアへ出かけて、大きな魚を釣りましょう!

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ