船橋屋こよみ広尾店のかき氷が絶品!店舗や時間・メニューなど調査!

東京都渋谷区広尾にある老舗和菓子店「船橋屋こよみ広尾店」は、シックで落ち着いた店舗で和風スイーツが楽しめます。なかでも、「船橋屋こよみ広尾店」の名物、くず餅は人気です。さらに絶品かき氷やプリンもおすすめです。今回は店舗の営業時間や定休日などの情報を紹介します。

船橋屋こよみ広尾店のかき氷が絶品!店舗や時間・メニューなど調査!のイメージ

目次

  1. 1創業200年を超える老舗和菓子店「船橋屋こよみ広尾店」をご紹介!
  2. 2船橋屋こよみ広尾店の外観と店内
  3. 3船橋屋こよみ広尾店のかき氷が絶品
  4. 4船橋屋こよみ広尾店のおすすめスイーツメニュー
  5. 5船橋屋こよみ広尾店の口コミ
  6. 6船橋屋こよみ広尾店の営業時間と定休日
  7. 7船橋屋こよみ広尾店のアクセス
  8. 87月25日はかき氷の日
  9. 9船橋屋こよみ広尾店の絶品かき氷を味わおう!

創業200年を超える老舗和菓子店「船橋屋こよみ広尾店」をご紹介!

創業から200年を超える、ウルトラ老舗和菓子店「船橋屋こよみ」、その直営店が広尾にあります。「船橋屋こよみ広尾店」です。店舗は1階が販売店で2階がカフェです。

人気の老舗和菓子店ですが、最新スイーツのトレンドにも気を配り、若者にも人気のお店になっています。子供さんから高齢者の方々まで老若男女に愛されているお店です。

船橋屋こよみとは?

「船橋屋こよみ広尾店」を含む、船橋屋を代表するお店のコンセプトが「おいしいものは人間を幸せにする」です。その通りです。

その経営方針を守り続ける船橋屋は、東京というよりも、江戸の下町情緒が今でも一部残る江東区亀戸にあります。良く知られた亀戸天神のすぐ側にあり、地域に愛されているお店です。

船橋屋こよみの歴史

「船橋屋」は、江戸時代の文化2年(1805年)、江戸幕府、十一代将軍・徳川家斉の頃に創業しています。お店の初代勘助の出身地が、今の千葉県の下総国の船橋でした。

当時の船橋は良質の小麦の産地でした。初代は亀戸の天神様が参拝客でにぎわうのを見て、一念発起して上京し、亀戸天神近くで、湯で練った小麦澱粉(こむぎでんぷん)をせいろうで蒸して、それに黒蜜ときな粉をかけた餅を販売しました。

すると、たちまち人気になり、いつからか「くず餅」と呼ばれるようになり、江戸名物の一つにまで上り詰め、大評判になりました。

文豪も愛した味

明治時代の初期には江戸甘いもの屋番付で、「亀戸くず餅・船橋屋」が横綱に認定されています。現代でも創業当時の面影を色濃く残す本店は、明治から昭和にかけての文豪、芥川龍之介、吉川英治、永井荷風らの文化人で、粋人がくず餅の素朴な味を求めて足繁く通ったそうです。

なんといっても、船橋屋のくず餅は1年以上をかけて製造します。それでいて、賞味期限はたったの2日間です。それだけ、商品の出来上がりや味に、深くこだわっています。 

船橋屋こよみは創業200年で誕生した名店

創業200年を迎えた船橋屋が、200年を記念して提案する新しい和の形が「こよみ」で、200年という長く貴重な時間が生み出したお店です。

美味しいものを食べるという、食の喜びや楽しさから、健康や美にまでつながれば、という篤い思いと願いを込めて、心身ともにほっとできる空間と、とびきり美味しい味で、さらに食の安全が確保された商品を提供するために造ったお店です。

住所 東京都渋谷区広尾5-17-1
電話番号 03-5449-2784

亀戸天神

船橋屋が創業するきっかけになった「亀戸天神」ですが、当時は亀戸天満宮でした。寛文2年(1662年)に、大宰府の神官であった大鳥居信祐(おおとりいしんゆう)が、菅原道真公の像を小さな祠にお祀りし、寛文3年(1663年)に福岡の大宰府天満宮に模して、社殿を造営したのが亀戸天神の起源といわれています。

明治維新後、明治6年(1873年)に亀戸神社となり、昭和11年(1936年)に亀戸天神社と改められています。

亀戸天神は学問の神様・菅原道真公をお祀りする神社として篤い信仰を集めています。藤と梅の名所としても知られています。

東京を中心に複数店舗を構える

船橋屋の直営店は東京都江東区亀戸の本店を含め、亀戸駅前店、柴又帝釈天参道店、本土寺参道店、阿佐ヶ谷駅前店の5店舗を構えています。5店舗の中で、本土寺参道店は桜の時期の3月下旬~4月上旬、紫陽花の時期の5月下旬~7月上旬、紅葉の11月上旬~11月下旬の時期のみ営業しています。 

その他にも、松屋浅草1階、大丸東京店1階、小田急新宿地階、東京西武池袋本店などの食品売り場など、20カ所以上で販売していますので、 有名デパートに行けば購入できます。

船橋屋こよみ広尾店の外観と店内

「船橋屋こよみ広尾店」は、地下鉄東京メトロの広尾駅を出るとすぐにある広尾商店街の奥の曲がり角に立つ店舗です。比較的目につきやすいお店になっています。

多少レトロ感が漂う外観で、茶色とグレーが基調の建物です。1階が販売店舗で、くず餅や和菓子が販売されています。また、かき氷はテイクアウトもできます。

2階にはカフェスペースを完備

広尾店の2階ではランチから本格的な料理、また梅酒を中心とした酒類も楽しめます。季節ごとに変わる季節メニューがあります。また時間毎に変わるメニューもあります。

2階カフェは和の趣のある店内ですが、最近は外国人のお客さんも増えているそうです。人気メニューの「くず餅」や「葛きり」はじめ、食事メニューには、和食も洋食もあります。またランチメニューもあります。

2階には古くから本店にあったアンティークな木製テーブルや椅子などが置いてあり、シックなデザインで落ち着ける店内になっていて、どこか安らぐ雰囲気のお店です。

船橋屋こよみ広尾店のかき氷が絶品

「船橋屋こよみ広尾店」はかき氷の名店としても人気になっています。メニューも苺みるく、宇治金時などの定番の他、黒蜜きな粉をかけた和風のかき氷もあります。人気の白桃やパイナップルのジューシーなフルーツかき氷のメニューもあります。

それぞれのかき氷には、かき氷にトッピングができて、白玉、練乳、あずきや人気のタピオカも追加可能です。

夏限定の「くず餅乳酸菌入りかき氷」

夏限定の「船橋屋こよみ広尾店」のおすすめメニューが「くず餅乳酸菌入りかき氷」です。そもそも、くず餅乳酸菌ですが、くず餅の原料となる小麦澱粉に含まれている植物性乳酸菌です。くず餅独自の植物性乳酸菌ですが、その乳酸菌を抽出して特定し、平成28年(2016年)に商標登録されています。商品化もされています。

「くず餅乳酸菌入りかき氷」1杯に、くず餅乳酸菌が10億個入ったシロップがかかっています。お腹が冷えやすいかき氷ですが、冷たくてもおなかに優しい船橋屋オリジナルのかき氷になっています。

おすすめかき氷①苺みるく

かき氷の人気メニューは「苺みるく」です。最近は一年中イチゴが手に入るのでおいしいイチゴミルクのかき氷が食べられます。

「船橋屋こよみ広尾店」の苺みるくは、イチゴシロップとミルクが半々、山盛りのフワフワ氷にかけられています。イチゴ味はオーソドックスなかき氷のメニューですが、氷を含め美味しい苺みるくのかき氷になっています。

おすすめかき氷②宇治金時

夏のかき氷で外せないメニューが「宇治金時」です。ほんの少しだけ心地よい苦さの抹茶シロップと、上品な甘さの小豆が乗っかった宇治金時は、甘過ぎなく、後口もさっぱりするかき氷です。

「船橋屋こよみ広尾店」は、和菓子の老舗です。抹茶も小豆も古くからメニューに取り入れています。そんなお店の宇治金時は絶品で、おすすめのかき氷になっています。

おすすめかき氷③白桃

かき氷「白桃」は、桃の旨味が細部まで詰まった一品です。最高純度の氷をふわふわに削り、その上から白桃シロップをふんだんにかけています。白桃のフルーティーな味わいが思いっきり味わえます。氷の奥には白桃そのものが入っています。「白玉」をトッピングすると、もちもち食感が増していっそう美味しいかき氷になります。

船橋屋こよみ広尾店のおすすめスイーツメニュー

船橋屋は江戸時代から続く老舗和菓子店です。それだけ長く人々に愛されてきたのには、くず餅はじめ美味しいスイーツがあったからです。

ただし、美味しいメニューも時代とともに新しい味が求められます。船橋屋は新しいメニューも開発して、人気メニューに仕上げています。そんな美味しいメニューが振る舞われる、「船橋屋こよみ広尾店」の最近の人気メニューを紹介します。

おすすめスイーツメニュー①元祖くず餅

「元祖くず餅」は、船橋屋秘伝の味で、お店を代表する伝統の味です。原材料の小麦澱粉を450日、1年以上も乳酸発酵させて熟成したお餅に、こちらも秘伝の味になっている黒蜜と、とても香ばしいきな粉をかけて食べる、くず餅の横綱です。元祖くず餅のカップ入りは、個人用で450円(税込)からあります。 

おすすめスイーツメニュー②くず餅プリン

「くず餅プリン」は船橋屋こよみのスイーツで一番人気です。プリン素材に、くず餅の原材料の小麦澱粉を加えて、一般的なプリンよりも甘さが控えめにできています。

ねっとりとした重みのある、船橋屋こよみ独特の食感になっています。そんなプリンに、お店自慢のきな粉と黒蜜をかけて美味しくいただけます。くず餅プリンは670円です。

おすすめスイーツメニュー③日替わりお惣菜御膳

「船橋屋こよみ広尾店」は、スィーツの名店ですが、しっかりした食事も食べられるお店です。おすすめは「日替わりお惣菜御膳」です。

主菜+副菜に、サラダ、味噌汁、甘味4種盛り合わせがセットになっています。さらに、五穀ご飯かにゅう麺か、どちらか好きな方が選べます。日替わりお惣菜御膳は1200円です。

おすすめスイーツメニュー④クリーム白玉あんみつ

甘味処の定番メニューといえば、なんといっても「あんみつ」です。「船橋屋こよみ広尾店」にもあんみつがあります。それも、「クリーム白玉あんみつ」です。

まず、あんみつにバニラアイスが入っています。そこに手作りの白玉をのせた豪華で贅沢なあんみつになっています。価格は970円になります。

おすすめスイーツメニュー⑤こよみのプレートデザート

老舗の名店「船橋屋こよみ広尾店」の看板商品をすべて味わいたい人にピッタリのメニューです。

まず、看板商品のくず餅とくず餅プリン、そこに、パウンドケーキとバニラアイスが加わります。そんな美味しいところが一皿で楽しめます。かなり贅沢なプレートになります。こよみのプレートデザートは1300円になります。

船橋屋こよみ広尾店の口コミ

現代はインターネットの時代、有名店の書き込み、口コミがインターネット上にあふれています。「船橋屋こよみ広尾店」の口コミもたくさん書き込まれています。特に、スイーツが中心の店舗ですから、女性の書き込みが多く、店舗やメニューや味などについて詳細な情報があり参考にできます。

No1人気のくず餅プリンの口コミ

待ちながら事前に注文して2階に行くので、時間が有効になります。窓際のテーブル席は見晴らしのよい席です。

くず餅ぷりん(650円)と、お抹茶&くず餅セット5切れ(750円)を注文しました。プリンには黒蜜ときな粉がかかり、トッピングは林檎の甘煮と生クリームです。思っていた以上に食べ応えのある、美味しいプリンでした。という高評価の口コミです。

店内で待てて良かったという口コミ

涼しい店内で待たせてくれるので少し長めの待ち時間でも助かります。待っている間に注文をするので、かき氷は白桃、それにくず餅とくず餅プリンを追加注文しました。

2階のカフェに着席すると速やかにオーダーが運ばれてきます。くず餅もくず餅プリンも美味しかったです。とここでもプリンは高評価されています。

持ち帰りも美味しいという口コミ

風情ある和風モダンな佇まいのお店のくず餅プリンは、プリンに黒蜜ときな粉をかけていただくようです

テイクアウトしたくず餅プリンは、ホワッと丸い口当たりで、まろやかなプリンになっています。そこに、上品な甘さの黒蜜と、香ばしいきな粉が絡んで、なんともマイルドな食感です。とても美味しいプリンです。と、くず餅プリンを絶賛の口コミです。

船橋屋こよみ広尾店の営業時間と定休日

「船橋屋 こよみ広尾店」の営業時間は、販売部門は、11:00〜20:00の時間帯になります。飲食部門のランチスタートは11:30からになります。カフェ部門は 11:30~17:00の時間帯で開いています。なお、L.O.も17:00になります。船橋屋こよみ広尾店の定休日は無く、無休で営業しています。

船橋屋こよみ広尾店のアクセス

「船橋屋こよみ広尾店」へのアクセスですが、広尾にある店舗ですから、公共交通機関が便利になります。

東京メトロ日比谷線の「広尾駅」から徒歩5分、約340メートルです。JR東日本の山手線の「恵比寿駅」からは徒歩で約15分です。両線ともに本数も多く便利です。

7月25日はかき氷の日

日本には、かき氷の日があります。例年、7月25日がかき氷の日になっています。かき氷は夏の風物詩の一つで、夏祭りや盆踊り会場や海水浴場で、家族で一緒に食べる夏のスイーツの代表です。

最近は、スイーツとして定着して、一年中かき氷が食べてられているようです。さらに、かき氷の専門店まであるようです。

7月25日をかき氷の日に制定した、日本かき氷協会の資料によりますと、かき氷は「夏氷」とも呼ばれるそうです。そこから「な(7)つ(2)ご(5)おり」の語呂合わせが、7月25日になった一つの理由です。

さらに、昭和8年(1933年)に記録され、長く日本最高気温だった山形市の40.9℃は、7月25日に記録されていて、そこの点も決定の要素としてあったようです。

Thumb広尾のカフェおすすめ17選!駅周辺のおしゃれな店や夜も人気のお店は?
東京で人気の街として知られている広尾。広尾には、たくさんのおしゃれなお店が立ち並んでいます。...
Thumb広尾のランチおすすめ特集!ひとりで行ける和食店や日曜日営業・安い店も!
各国の大使館が置かれるなど国際色豊かな高級住宅地である広尾。外国人利用者も多いせいか、広尾に...

船橋屋こよみ広尾店の絶品かき氷を味わおう!

老舗和菓子店「船橋屋こよみ広尾店」を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。店舗へのアクセスや、営業時間など、訪店する時の参考にしてください。船橋屋こよみ広尾店は、200年以上続く伝統の味が味わえるお店です。交通の便も良く訪店に時間はかかりません。船橋屋こよみ広尾店へ出かけて、絶品かき氷を味わいましょう!

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ