henteco(へんてこ)森の洋菓子店のメニュー調査!アクセスや値段は?

東京・目黒にある「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」はかわいらしいクッキーが話題の洋菓子店・カフェです。インスタ映えもばっちりであると多くの人が訪れます。目黒の「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」について、情報をピックアップしました。

henteco(へんてこ)森の洋菓子店のメニュー調査!アクセスや値段は?のイメージ

目次

  1. 1目黒の「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」に行こう!
  2. 2目黒のかわいい洋菓子店「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」をご紹介!
  3. 3henteco(へんてこ)森の洋菓子店の外観と店内
  4. 4かわいい「どうぶつクッキー」が人気
  5. 5henteco(へんてこ)森の洋菓子店のこだわり
  6. 6henteco(へんてこ)森の洋菓子店のカフェメニュー・値段
  7. 7henteco(へんてこ)森の洋菓子店の口コミ
  8. 8henteco(へんてこ)森の洋菓子店の予約方法
  9. 9henteco(へんてこ)森の洋菓子店の店舗情報
  10. 10henteco(へんてこ)森の洋菓子店のアクセス
  11. 11インスタ映えする人気店「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」に行こう!

目黒の「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」に行こう!

東京・目黒にあるか話題の洋菓子店・カフェが「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」です。いつも多くの人で賑わい、写真を撮ったり、お菓子やお料理の美味しさをゆっくりと味わったりと思い思いの時間を過ごしています。目黒の「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」について、アクセスや店舗情報などの観光情報とともにまとめました。

目黒のかわいい洋菓子店「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」をご紹介!

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」は、東京都の目黒区・碑文谷にある、大変注目度の高い洋菓子店・カフェです。

テイクアウトのかわいらしい「どうぶつクッキー」などの焼き菓子の他にも、ランチやティータイムも堪能できるカフェもあり、人気となっています。

東京・目黒にある「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」について、紹介します。インスタ映えもばっちりであると大変話題となっています。

東京観光・目黒周辺観光のスケジュールづくりをする時には、少し時間を取って「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」に行ってみることをおすすめします。

henteco(へんてこ)森の洋菓子店とは?

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」は、クッキーやマドレーヌなどの焼き菓子が大好きなパティシエが開いている洋菓子店・カフェです。

パティシエが自分で美味しいと思うお菓子を作るためにはじめ、今ではその美味しさが話題となり、大変人気のお店の一つです。

デザイナーが考えた色や形をさまざまな工夫をもとにパティシエが再現し、味はもちろん見た目にもこだわり、自分が食べたいと思い、思わず手を伸ばしてしまうお菓子ばかりがつくられています。

henteco(へんてこ)森の洋菓子店の外観と店内

東京・目黒にある「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」は、こじんまりとした洋菓子店・カフェですが、入り口部分はすべてガラスとなっていて、誰もが入店しやすい外観のお店となっています。「henteco森の洋菓子店」と書かれた緑色の看板と旗が目印です。

店内に入るとまるで物語の世界に入り込んでしまったかのように感じるメルヘンチックな空間となっていて、あちこちにりすやうさぎ、たぬきなどの動物たちがいます。

椅子席のみですがカフェスペースがあり、女性を中心としたグループや、子ども連れのファミリーなどでいつも賑やかです。つい長居をしたくなってしまう居心地の良さであると評判です。

テイクアウトスペースには、かわいらしい「どうぶつクッキー」やシフォンケーキ、マドレーヌ、ガレットなどがずらりと並んでいて、あれもこれもと食べたくなってしまうこと間違いなしです。

かわいい「どうぶつクッキー」が人気

東京・目黒にある「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」は、かわいい「どうぶつクッキー」が大変人気であり、早い時間に売り切れとなってしまうこともある注目度の高い商品の一つです。

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」の「どうぶつクッキー」は、りす、くま、ハムスター、いぬ、ねこ、うさぎなど大変多くの種類があり、どの種類の「どうぶつクッキー」も値段は400円となっています。

「どうぶつクッキー」は、大変多くの工程・細かい作業でつくられていて、1日に6種類から7種類・合計で40枚程しかつくることができません。

種類はランダムで作られているので、その日にどの動物がいるのかは、行ってみてからのお楽しみです。

「どうぶつクッキー」は、一番人気の商品であり、大変かわいらしく、インスタなどのSNSなどでも大変話題となっているので、すぐに売り切れとなってしまうこともあります。

必ず「どうぶつクッキー」をGETしたい場合には、できるだけ早い時間に「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」に到着できるようにスケジュールを上手に組むことをおすすめします。

その他の焼き菓子商品も充実

東京・目黒にある「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」には、「どうぶつクッキー」の他にも、さくっとした食感が人気のスコーン、ふんわりと柔らかなシフォンケーキなどの焼き菓子商品も充実しています。

それぞれの焼き菓子もフレーバーや種類などが複数あるものもありますが、日替わりとなっているものもあるので、いつも同じ商品が並んでいるとは限りません。値段はどれもリーズナブルであれもこれもと食べたくなってしまうことでしょう。

目黒のお店でしか購入できないものばかりなので、是非何度もお店に行ってお気に入りの逸品を見つけてみることをおすすめします。

henteco(へんてこ)森の洋菓子店のこだわり

東京・目黒にある「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」で販売・提供されているものはすべてこだわりがあり、誰もが安心して手にすることができるようになっています。

ここでは、「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のこだわりについて紹介します。少し事前に知っておくことで、さらに興味が湧いてくること間違いなしです。

こだわり①素材

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のこだわりの一つ目は、「素材」です。北海道産の3種類の小麦粉をそれぞれの特徴にあった使い分けをしています。バターは、北海道産の発酵バターを使用しています。

素材にはとことんこだわり、誰もが安心して食べることができるものばかりをパティシエ自らが厳選し、保存料や着色料などの添加物は一切使用せず作られています。

こだわり②焼き菓子

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のこだわりの二つ目は、「焼き菓子」です。「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」では、出来立て・作り立ての美味しさ抜群のこだわりの「焼き菓子」を食べることができます。

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」の「焼き菓子」は、通常の「焼き菓子」と異なり、賞味期限が短く設定されているので、お土産に買って帰ろうと考えている人などはしっかりと計算をして購入することをおすすめします。

こだわり③どうぶつクッキー

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のこだわりの三つ目は、「どうぶつクッキー」です。かわいらしくて、インスタ映えも満点ですが、天然素材のみを利用して作られている安心・安全なクッキーです。

「どうぶつクッキー」の、アイシングは最低限しか使われておらず、生地の色や風味を生かしてそれぞれの動物を表現しています。

「どうぶつクッキー」の形などは、オリジナルであり、かわいいのはもちろん、愛嬌のある表情が多くの人に好まれ、大変評判となっています。

こだわり④カフェメニュー

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のこだわりの四つ目は、「カフェメニュー」です。カフェでは、焼き菓子によく合うドリンクや、食事メニューが揃っています。

それぞれの旬や季節の食材をふんだんに使い、美味しさ満点のお料理を堪能することができるようになっています。

henteco(へんてこ)森の洋菓子店のカフェメニュー・値段

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のカフェにはたくさんのメニューがあり、ゆっくりまったりとした時間を過ごすことができます。

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のカフェの食事メニューはいつでも注文することができ、スープとサラダつきです。11時から14時のランチタイムには、ドリンクが1杯ついてきます。

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のカフェメニューの中でも特に人気でおすすめのメニューを厳選して値段と共に紹介します。メニュー選びの参考にしてください。

おすすめメニュー①くまライス(オムライス)

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のカフェで人気でおすすめのメニューの一つ目は、「くまライス(オムライス)」です。値段は、1200円となっています。

かわいらしいくまの顔ががチキンライスでつくられていて、その周りをふわふわたまごが囲んでいます。

ライスのデミソースは優しい味わいで、チキンと添えられている野菜はトマトソース・バルサミコなどで味付けがしてあります。ふわふわ卵と混ぜながら食べると美味しさ抜群です。

見た目も味も満点の逸品であり、インスタ映えもばっちりで、「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のカフェの一番人気のメニューとなっています。注文があってから作るので、少し時間がかかることがあります。

おすすめメニュー②2色のストロガノフ

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のカフェで人気でおすすめのメニューの二つ目は、「2色のストロガノフ」です。値段は、1200円となっています。

赤い牛肉ときのこのデミグラスソースのストロガノフと、白いチキンときのこのホワイトクリームのストロガノフが1つの皿に両方乗っていて、2種類のストロガノフを一度で楽しめるお得で贅沢なメニューとなっています。

おすすめメニュー③チーズケーキ

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のカフェで人気でおすすめのメニューの三つ目は、「チーズケーキ」です。値段は、500円となっています。

ボリューム満点のベイクドチーズケーキであり、優しい味が堪らないと大変人気のメニューの一つとなっています。

おすすめメニュー④モンブランパフェ

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のカフェで人気でおすすめのメニューの四つ目は、「モンブランパフェ」です。値段は、850円となっています。

マロンペーストがたっぷりと使われていて、中には丸ごとのプリンが入っています。チョコレートやラズベリージャムが彩りを添えています。

おすすめメニュー⑤フローズンヨーグルトパフェ

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のカフェで人気でおすすめのメニューの五つ目は、「フローズンヨーグルトパフェ」です。値段は、850円となっています。

はちみつとれもん・生クリームでつくられたヨーグルトアイスをベースに、3種類のフローズンフルーツをふんだんに使ったフルーツが好きな人に特におすすめの逸品です。

どうぶつクッキーのトッピングがおすすめ

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のカフェのスイーツメニューには、プラス400円の値段で好きな「どうぶつクッキー」をトッピングすることができます。

それぞれ好みのスイーツにかわらしい「どうぶつクッキー」を合わせたら、「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」オリジナルの乗せ盛りスイーツが完成です。

ここでしか楽しむことができない世界観を堪能できると大変人気となっています。写真に撮ってインスタなどのSNSに載せれば、たくさんの反応があること間違いなしです。

henteco(へんてこ)森の洋菓子店の口コミ

東京・目黒にある「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」は、注目度の高い洋菓子店・カフェであり、口コミや、インスタなどのSNSでも大変話題となっています。

リーズナブルな値段のかわいらしいメニューが満載で、心もお腹も満たされる場所であると、女性や子どもを中心に大変評判となっています。

東京観光・目黒周辺観光に行く予定がある人は、是非少し足を伸ばして「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」に行ってみると、癒されること間違いなしです。

henteco(へんてこ)森の洋菓子店の予約方法

東京・目黒にある「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」のカフェはランチタイムなどを中心として大変多くの人で賑わい、入店までに待ち行列ができることもあります。

平日は、時間指定で予約をすることができるので、事前に電話で予約をしておくと時間を有効的に利用することができるのでおすすめです。土・日・祝日などの場合は、開店時間である11時のみ席の予約をすることができます。

また、大変人気のどうぶつクッキーも、事前に予約をしておくことができます。その場合は1週間ほど前に電話での事前予約となっています。当日分の取り置きは行っていないので注意が必要です。

henteco(へんてこ)森の洋菓子店の店舗情報

「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」は、東京都・目黒区の碑文谷4丁目にあるビルの1階にある洋菓子店・カフェです。

営業時間は、11時から19時までとなっていますが、その日の商品の販売が終了したら早めに閉店となることもあるので、できるだけ早めに行くことをおすすめします。毎週月曜日と火曜日は定休日です。

営業時間や定休日は変更となる場合もあるので、必ずここへ寄りたいと思った場合は、事前に確認をしてくことをおすすめします。

henteco(へんてこ)森の洋菓子店のアクセス

東京・目黒にある「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」に電車を利用してアクセスしようと思っている場合は、東急東横線の「学芸大学駅」で降りると徒歩約10分、東急東横線の「都立大学駅」で降りると徒歩約11分、東急大井町線の「大岡山駅」で降りると徒歩約22分などでアクセスすることができます。

また、JRを利用してアクセスする場合は、JR山手線の「目黒駅」で降りてバスに乗り換えて約13分・9番目のバス停である「碑文谷五丁目交番前バス停」で降りると徒歩約2分でアクセスすることができます。

東京・目黒にある「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」に車を利用してアクセスしようと思っている場合は、首都高速3号渋谷線の「三軒茶屋出入口」、首都高速中央環状線の「五反田出入口」などで降りるとアクセスすることができます。

一般道路のみでのアクセス方法を考えている場合は、都道312号線・318号線などを利用するとらくらくアクセスすることができるでしょう。

東京・目黒にある「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」には、来店者専用の駐車場はありません。車でアクセスする場合は、周辺のコインパーキングなどについて、あらかじめ調べておくとスムーズに行動できるのでおすすめです。

「碑文谷5丁目第3」は、約7台分の駐車スペースがある駐車場です。24時間年中無休で営業しているので、自由にいつでも入庫や出庫をすることができます。料金は、全日8時から22時までが25分200円、22時から翌朝8時までが60分100円となっています。最大料金は、全日入庫から24時間までが1500円となっています。

「ナビパーク 碑文谷第10」は、約31台分の駐車スペースがある駐車場です。24時間年中無休営業なので時間を気にせずゆったりと観光や食事などができます。料金は、全日8時から20時までが30分200円、20時から翌朝8時までが60分100円となっています。最大料金は、全日入庫から24時間までが1200円、20時から翌朝8時までは300円です。

インスタ映えする人気店「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」に行こう!

東京・目黒にある「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」は、美味しい洋菓子やカフェメニューを堪能できるのはもちろん、かわいらしさ満点でインスタ映えもすると、大変人気となっています。女性を中心に大変注目されているお店の一つです。東京・目黒周辺観光に行く時には、是非「henteco(へんてこ)森の洋菓子店」に寄ってみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ