白エビの旬の時期やおいしい食べ方まとめ!おすすめの名店やお菓子も紹介!

富山の名産品に白エビがあります。ここでは、富山の白エビについて紹介します。白エビの旬の時期や美味しい食べ方などを紹介します。おすすめの名店や白エビが買えるおすすめのお店、白エビを使ったお菓子などを紹介します。白エビの旬を知り、富山の味を堪能してください。

 白エビの旬の時期やおいしい食べ方まとめ!おすすめの名店やお菓子も紹介!のイメージ

目次

  1. 1白エビを旬でおいしく食べるには?
  2. 2旬の白エビのおいしい食べ方
  3. 3白エビの旬の時期は?
  4. 4白エビの旬は通年?
  5. 5富山の白エビのおすすめの名店は?
  6. 6富山の白エビが買えるおすすめのお店は?
  7. 7白エビのお菓子
  8. 8北陸の味「白エビ」を旬で味わおう

白エビを旬でおいしく食べるには?

富山には名産品がいろいろありますが、白エビは人気の名産品の1つです。富山に行けばいろいろな食べ方で白エビが味わえます。お土産にも白エビは人気で、白エビそのものはもちろんのこと、白エビを使った加工品なども人気があります。ここで紹介する白エビのことを知ってもらい、富山県で美味しい白エビを味わってください。

旬の白エビのおいしい食べ方

旬の白エビの美味しい食べ方を紹介します。白エビの旬については、後ほど紹介しますが、まずはおすすめの美味しい食べ方について知っておきましょう。富山県ではいろいろな食べ方がありますが、ここでは白エビの刺身・白エビのかき揚げを紹介します。どちらも白エビの美味しさをしっかりと感じられる食べ方と言えます。

旬の白エビはどんな食べ方をしても美味しく味わえると言っても過言ではありません。富山県の家庭では、刺身やかき揚げの他にも、家庭ごとの味を持っているはずです。白エビを取り扱っている料理店でも様々な白エビ料理が楽しめます。

旬の白エビの美味しい食べ方を知ってもらい、白エビの美味しさを知ってください。白エビの素晴らしい味を多くの人におすすめしたいです。

白エビの刺身

白エビの刺身は非常に高価なものです。白エビの刺身を出している料理店では、刺身を作る工程のすべてを手作業にて行っています。白エビは桜エビより少し大きいくらいですが、1つ1つ身を取り出す作業は非常に手間がかかります。機械によって身を取り出す作業を行っているところもありますが、それでは手作業よりも刺身の味が落ちます。

白エビの刺身は手間がかかる分、高価なものになります。白エビは傷むのが早いため、刺身として味わえるのはとても貴重なことです。新鮮なまま味わえる刺身は一番美味しく白エビが味わえる方法と言えます。刺身を一口食べるだけでも満足してもらえるでしょう。

1つ1つの作業が手作業で、さらに新鮮な状態でなければ味わえない、白エビの刺身を富山に行ったらぜひ味わってください。

白エビのかき揚げ

白エビのかき揚げは、白エビの定番の食べ方です。かき揚げ単体で味わってももちろん美味しいですが、かき揚げ丼や、かき揚げうどんとして食べても楽しめます。白エビのかき揚げに近い食べ方として、白エビの唐揚げがあります。唐揚げは酒のおつまみとして食べられますが、かき揚げはご飯のおかずとして食べられることが多いです。

白エビのかき揚げは、白エビの旨みを揚げることによって閉じ込めます。白エビのかき揚げは、白エビ料理店はもちろんのこと、富山の家庭でもよく作られる料理です。コツをつかめば、誰でも美味しい白エビのかき揚げを作ることができます。

白エビのかき揚げを食べて、白エビの旨みをしっかりと感じてください。サクッとした食感はかき揚げの醍醐味といえます。

白エビの旬の時期は?

ここからは白エビの旬の時期を紹介します。白エビの旬の時期を知っておけば、その時期に合わせて富山で美味しい白エビが味わえます。富山では白エビが名産品ということは、多くの人に知られていますが、どの時期が旬なのか、意外と知らない人も多いです。食べ物には旬の時期が必ずあるので、その時期を知っておくことをおすすめします。

白エビが旬の時期には、富山県にある飲食店の多くで美味しい白エビを味わうことができます。地元でも人気の食材であり、富山の家庭の味にもなっています。美味しい白エビを味わうために、旬の時期をしっかりと頭に入れておきましょう。

白エビの旬は4月~11月

白エビの旬は4月から11月と言われています。これは、富山県で白エビの漁が行われる時期になります。本当の旬は4月から7月とも言われます。白エビは富山湾の宝石と呼ばれており、1996年にブリ・ホタルイカと共に「富山県のさかな」に指定されました。「富山県のさかな」に指定されたことにより、正式に富山県の名産品となりました。

富山湾の宝石と呼ばれているのは、透明で美しい姿をしているからです。白エビが獲れるところは、日本でも限られており、富山湾はその限られているところの1つで、唯一本格的に漁業として白エビ漁が成り立つところです。

白エビの漁が行われるのが4月から11月で、本当の旬は4月から7月ということを知っておきましょう。この時期には本当に美味しい白エビが味わえます。

白エビの旬は通年?

白エビの旬について紹介しましたが、白エビの旬は通年と言う人もいます。その理由については、後ほど紹介しますが、富山県では白エビを1年中味わうことができます。白エビが捕獲できる時期は、4月から11月しかありませんが、その時期に獲れた白エビを、ある方法によって保存しておくことによって、1年中美味しく味わえます。

この技術は、富山県の白エビに限らず、日本中にある海産物の保存に多く使われています。この技術がなければ、美味しい海産物を1年中美味しく味わうことができません。人間の生活にとって必要不可欠な技術と言えます。

前述した白エビの旬の時期以外に富山県を訪れても、白エビが手に入ることを頭に入れておきましょう。白エビの保存技術について紹介します。

白エビは水揚げ後にすぐ冷凍

白エビは非常に傷みやすいため、水揚げ後にすぐに冷凍されます。冷凍しておくことによって、1年中白エビを味わうことができるようになっています。冷凍保存をすれば、新鮮な状態のまま保存することができます。白エビの旬が通年と言われるのは、冷凍保存することができるからです。富山県の料理店などでは1年中白エビが味わえます。

冷凍保存をすると味が落ちてしまうと思う人もいるかもしれません。確かに、傷みが始まったところで冷凍保存をしてしまえば、味が落ちてしまいます。しかし、新鮮なまま冷凍保存をすれば、美味しい状態のまま保存できるので問題ありません。

白エビは冷凍保存の技術によって、通年美味しい状態で食べられるようになりました。富山県のどの時期でも白エビが手に入ります。

富山の白エビのおすすめの名店は?

富山で美味しい白エビが味わえるおすすめの名店を紹介します。富山には数多くの白エビを味わえるお店がありますが、ここで紹介する名店は、観光客の人にも気軽に足を運んでもらえるところを紹介します。白エビは気軽に味わってもらえるグルメと言えます。白エビの刺身のように高価なものばかりではありません。

白エビは気軽に味わってもらえるため、お値打ちな料金で楽しめるグルメもあります。前述した白エビの刺身やかき揚げ以外に、どのような活用法があるのかを知ってもらえるはずです。観光客の人には気軽に白エビを味わってもらわなければいけません。

ここで紹介する名店は、観光客が気軽に足を運んでもらえる人気スポットなので、ぜひ参考にしてください。

「道の駅 カモンパーク新湊」の白エビバーガー

道の駅カモンパーク新湊で味わえる白エビバーガーは、数多くのメディアに取り上げられるほどの大人気商品です。ファーストフードコーナーで買うことができ、道の駅で一番人気の商品です。サクサクの白エビかき揚げを自家製タルタルソースでサンドした一品です。白エビのかき揚げとタルタルソースの相性が抜群です。

白エビバーガーは税込420円で販売されています。420円で美味しい白エビバーガーが味わえるならば、食べてみたいと思う人は多いのではないでしょうか。道の駅で販売されているのが、元祖白エビバーガーなので、元祖の味をぜひ堪能してください。

住所 富山県射水市鏡宮296
電話番号 0766-83-0111

富山の白エビが買えるおすすめのお店は?

富山の白エビが買えるおすすめのお店を紹介します。ここで紹介するお店は、富山県を訪れる観光客向けのおすすめのお店を紹介します。ここで紹介するお店は、観光スポットとなっています。白エビ以外にもいろいろな海産物などを販売しているお店です。富山を訪れる観光客に人気が高いお店ばかりが登場します。

ここで紹介するお店は、たくさんの海産物を簡単に購入することができるため、観光客だけでなく、地元の人にも人気のお店です。地元の海産物が簡単に手に入るお店が近くにあるのは、地元にとっては最高の存在であるに違いありません。

富山を観光で訪れた時に、白エビを購入する時の参考にしてください。旅行会社主催のバスツアーでも人気のスポットばかりです。

新湊きっときと市場

新湊きっときと市場は、新湊漁港で獲れた新鮮な魚介類などを販売しています。白エビをはじめとして、ベニズワイガニ・ホタルイカ・ブリ・バイ貝などの魚介類を買うことができます。市場内にあるレストランでは、新鮮な魚介類を使ったさまざまなメニューを味わうことができます。ランチタイムには待ち時間ができるほどの混雑になります。

新湊きっときと市場の目玉企画として、新湊漁港で行われる昼セリの見学をすることができます。実際にセリの現場を見学できるのは、非常に貴重なことです。昼セリの緊迫したやりとりをぜひ目に焼き付けてください。

住所 富山県射水市海王町1
電話番号 0766-84-1233

ひみ番屋街

ひみ番屋街では、氷見漁港で獲れた魚介類や富山の特産品などが手に入るほか、温泉に入ることもできます。ひみ番屋街は、1つの建物にすべてのお店が入っているわけではなく、複数の番屋(建物)にお店がわかれて入っています。どこの番屋に行けば、どんな楽しみ方ができるのか、ひみ番屋街のパンフレットを参考にして歩きましょう。

氷見の味を堪能したいならば、ひみ番屋街に行けば間違いありません。番屋とは漁師の作業小屋のことです。氷見の海岸沿いに番屋がたくさん残されており、その雰囲気を少しでも味わってもらうための配慮です。氷見のグルメをしっかり堪能してください。

住所 富山県氷見市北大町25-5
電話番号 0766-72-3400

きときと市場とやマルシェ

きときと市場とやマルシェは、富山駅に入っており、富山県の名産品や特産品などを販売しています。富山の玄関口である富山駅には、富山観光をする際にたくさんの人が利用します。富山に到着した時に、とやマルシェを見てもらい、どんなものが手に入るのかを事前チェックすることもできます。そして、帰りにお土産として購入しましょう。

とやマルシェ内は、いろいろなカテゴリごとにお店が分けられています。ここには、特撰弁当白えび亭というお店があります。ここは、お持ち帰り弁当の専門店で、電車の中や自宅で味わうために買って帰る人がたくさんいます。ぜひ白えび亭に立ち寄ってください。

住所 富山市明輪町1-220
電話番号 076-471-8100

Thumb富山の白えびなら「白えび亭」へ!美味しい刺身や丼ぶりで旬の味を堪能!
富山県の三大グルメの一つとして、全国にファンがいる「白えび」。甘くてプリプリとした食感が特徴...

白エビのお菓子

白エビを使ったおすすめのお菓子を紹介します。白エビはお菓子にしても美味しく味わえる食材です。白エビを使ったお菓子は、富山県にあるいろいろなお店で手に入れることができます。お土産にも人気がある商品がたくさんあり、白エビのお菓子を味わってもらうと、白エビの万能さがよくわかってもらえるに違いありません。

白エビのお菓子を味わっても、白エビの美味しさをしっかりと楽しむことができます。富山県の白エビのお菓子をお土産としてもらった人もたくさんいるでしょう。実際にお菓子を食べてみて、美味しいと感じたならば、富山で白エビ料理を堪能してください。

白エビのお菓子は、白エビを気軽に楽しんでもらうために最適の商品と言えます。多くの人に白エビのお菓子をおすすめしたいです。

お土産にも人気の「白えびせんべい」

お土産で大人気の白えびせんべいは、富山県のいろいろなところで作られています。富山湾で獲れる白エビを使用していることはもちろんですが、せんべいを作るために必要な素材にもこだわっています。富山湾で獲れる白エビ、富山湾の米、そしてせんべいを焼く職人の技術がすべて合わさってこそ、最高の白えびせんべいが完成します。

白えびせんべいは、富山の定番のお土産となっていますが、定番のお土産になるまでには大変な苦労がありました。せんべい1枚1枚に職人の気持ちがしっかりとこもっているため、食べる方もしっかりと味わって食べてください。

富山の定番のお土産である白えびせんべいは、富山を訪れた時にぜひ手に入れてください。最高のお土産になるに違いありません。

Thumb富山のお土産おすすめ21選!人気のお菓子やかわいい雑貨などを厳選!
北陸の富山県は富山湾で獲れる美味しい海産物があふれています。お菓子から魚介類からお酒まで、さ...

北陸の味「白エビ」を旬で味わおう

富山の白エビについて紹介しましたが、興味を持ってもらえたならば幸いです。白エビの旬は決まっていますが、冷凍技術によって白エビが一年中味わうことができます。富山の白エビを味わってもらい、その美味しさを多くの人に楽しんでもらいたいです。いろいろな食べ方ができるのも良いことです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ