渋谷の「VISION」は人気クラブ!アクセスやキャパ・楽しみ方も紹介!

東京渋谷のクラブ「VISION」は渋谷駅から徒歩で5分とアクセスの良い場所にあります。その人気クラブ「VISION」のキャパシティーや、料金やクラブの人気ポイントやお店の施設などの情報を紹介します。渋谷のクラブカルチャー発祥の地ともいわれます。出かけましょう。

渋谷の「VISION」は人気クラブ!アクセスやキャパ・楽しみ方も紹介!のイメージ

目次

  1. 1渋谷の人気クラブ「VISION」とは?
  2. 2渋谷「VISION」のおすすめポイント
  3. 3渋谷「VISION」のキャパシティ
  4. 4渋谷「VISION」の料金
  5. 5渋谷「VISION」の基本情報とアクセス
  6. 6そもそもクラブはどんなところ
  7. 7渋谷の人気クラブ「VISION」へ行ってみよう!

渋谷の人気クラブ「VISION」とは?

クラブはノリノリの迫力ある音楽に、広いダンスフロアーで思いっきり踊りながら、お酒も楽しめます。カッコイイDJが、お店のみんなを盛り上げてくれます。ノリノリのお客さんはいつしか親しい仲間になっています。そんなとても楽しいクラブが渋谷にあります。渋谷の人気クラブ「VISION」です。

2011年にオープンした人気クラブ

「VISION」は、平成23年(2011年)に10月28日にオープンした人気あるクラブです。東京都渋谷区の道玄坂にあります。

「VISION」がある場所は、もともとは飲食店と駐車場だったスペースで、260坪を改装して建てたのが現在の「VISION」です。2011年は東日本大震災の年でした。世間には沈んだ空気が漂い、そんな中で明るくポジティブに生きていける一助になれるとの思いから、出店が決まったようです。

あらゆる商売にいえますが、その時々のトレンドや、世界的な流行の周期もあって、ブームもありますが、沈滞することもあり浮き沈みが多いものです。

「VISION」は約8年間も人気クラブとして支持されています。最大収容人員が1000人とも1500人ともいわれる、渋谷の人気クラブです。

都内最大級のクラブとしても有名で多彩な客が集まる!

クラブ「VISION」は、ステージだけでも、面積が55.3平方メートル、高さ0.9メートル、横幅5.3メートル、奥行き6.5メートルほどあります。クラブですが、 DJ、LIVE、クラブイベント、パーティ、企業などの発表会、同じく展示会、撮影会、ファッションショーも開かれています。

幅広く人気のクラブ

クラブ店内は約300坪の巨大な地下空間スペースです。規模は都内最大のクラブの一つです。ワンフロア全体を4フロアに構成して、バーカウンターも6カ所設置されています。入店すると比較的簡単にお酒を買うことができます。

渋谷というアクセスの良さもあって、老若男女、幅広く様々な人が集うお店です。外国人も多く、渋谷のポップな新しいカルチャーの発信基地にもなっています。

様々なイベントができるのですが、「VISION」はSOUND MUSEUM(音楽博物館)の名のとおり、圧倒的に音楽イベントが多く、それも有名な内外のミュージシャンやDJが、様々なジャンルの音楽を競演しています。それだけ多くの人々が音楽を楽しめる空間になっています。

「VISION」はこんな雰囲気

渋谷「vision」の雰囲気ですが、クラブといえば「ナンパ」のイメージがあるようですが、VISIONはそんな雰囲気はなく、音楽を楽しんだり、ダンスに一生懸命になっているお客さんがほとんどです。

客層も、音箱ともいわれるVISIONだけに、若い人から、40代らしきおじさんまでにぎわっています。渋谷の土地柄から、外国人も多く見かけます。因みに、男女比は7:3くらいで、一般的なクラブと同じです。深夜1時頃から徐々に盛り上がり、3時頃がピークになり、その後は人が帰り始めます。

最先端の渋谷クラブ・カルチャー

「VISION」は平成23年(2011年)にオープンしてから、テクノ、ハウスミュージック、ヒップホップ、ポップなどの様々なミュージックシーンが繰り広げられてきました。

ジャンルの枠を超えたビッグイベントやライヴ演奏を、新進気鋭のアーティストやDJが、VISIONの魅惑のフロアで最高のパーフォーマンスを演じています。このように、「VISION」は日本のクラブ・カルチャーを渋谷区の道玄坂から送り出してきました。

「VISION」は、世界各地から最先端の技術を持つアーティストたちを招聘し、刺激的なパーフォーマンスを展開しています。音楽だけでなく、現代アート、ファッション、パフォーマンス、映像などの多彩なクリエイティブコンテンツが体感できるスポットになっています。

住所 東京都渋谷区道玄坂2丁目10-7新大宗ビル 地下1階
電話番号 03-5728-2824

渋谷「VISION」のおすすめポイント

渋谷「VISION」は人気クラブですが、特に人気になっているポイントがあります。最近は様々なイベントに音や光が重要なツールとして使用されますが、そんな最新鋭の設備が渋谷「VISION」にはあります。

特に「VISION」では音楽のイベントが多く行われることから、音響設備は優れています。そんな素晴らしい「VISION」の音響設備の紹介です。

おすすめポイント(1) 質の高い音

「SOUND MUSEUM VISION」というだけあって、VISIONはびっくりするほどの音響システムの素晴らしさです。特に重低音が体に伝わってきます。このような低音が響き渡るクラブはそうありません。とにかく音圧がすごく、爆音ともいえる重量感あふれるサウンドが楽しめます。

それもそのはずで、VISIONに設置されているスピーカーは、音のプロフェッショナルが使用するオーディオメーカーで、とにかくクオリティーの高い良質の音が再現されるRAY AUDIO(レイオーディオ)の特注品が使われています。

おすすめポイント(2) 多彩な音楽を楽しめる

「VISION」は、300坪の巨大なスペースに4つのフロアが広がります。「GAIA」は最大500名収容できて、ライブステージがあえいます。「WHITE」は最大80名が収容できます。「DEEP SPACE」は最大200名が収容可能で、「D LOUNGE」も最大80名収容できます。

4スペース、それぞれが趣の異なる雰囲気で、各種の公演が行われ、音楽の性格もエレクトロニック・ダンス・ミュージックから、コアなハウスミュージックも、HIPHOPも演奏され、各フロアで各種の音楽が楽しめます。

渋谷「VISION」のキャパシティ

「VISION」のキャパシティですが、座席数は最大キャパシティで1000名です。一説では、ぎゅぎゅうに詰めれば、1500人のキャパという説もあります。

「GAIA」は155.3平方メートル、最大500名収容のキャパです。「WHITE」は37.4平方メートルで、最大80名収容できるキャパです。

DEEP SPACEは107.2平方メートルで、最大200名のキャパがあります。D-BARは32.1平方メートルで最大50名収容でき、D-LOUNGEは44.8平方メートルで最大80名までのキャパがあります。

1000人のキャパでも、都内ではトップクラスです。実際に地下のフロアーに1000人が、深夜に集う空間は莫大なパワーがあふれる空間ともいえます。それだけのキャパシティーを持つクラブが渋谷にあることも改めて驚きです。

渋谷「VISION」の料金

渋谷「VISION」はレンタルスペースですから、借り切って何かイベントを行うこともできます。

「VISION」の使用料金は、11:00~22:00の使用料金で「GAIA + WHITE」のスペースを借りると、税抜きで月曜~木曜が、350000円です。金曜、祝前日は、400000円、土曜、日曜、祝日は450000円で借りることができます。

「VISION」全館を借りると、税抜きで月曜~木曜が500000円、金曜、祝前日は、600000円、土曜、日曜、祝日は700000円になります。

夜から深夜の22:00~06:00までの使用料は、税抜きで、月曜~木曜、日曜、祝日に「GAIA + WHITE」のスペースを借りると500000円、全館を借りると700000円です。金曜、土曜、 祝前日の全館は140000円で借りることができます。

入場料金

基本的に入場料金については、開催されるイベントにより料金が異なってきます。大体の目安になりますが、Ladiesは、2000円から3000円です。Menは2500円~3500円になります。これはあくまで、標準的な料金でイベントによっては女性が極端に安いこともあります。

ドリンク料金

あらためて言うまでもなく、「VISION」はクラブです。お酒が深夜でも飲める場所です。イベントに意識が行きがちですが、美味しいアルコールが振る舞われる場所です。

そんな「VISION」の平均的なドリンク料金ですが、コップ系のアルコール類は、500円程度です。ビンで提供されるアルコール類は700円程度です。お酒は種類によって価格はマチマチです、あくまで一つの目安としてください。

渋谷「VISION」の基本情報とアクセス

東京の山手線の巨大ターミナル駅の一つ渋谷、JR東日本以外にも京王電鉄、東急電鉄(東急)、東京地下鉄(東京メトロ)の駅でもあり、アクセスの良い駅です。その 渋谷駅から5分の場所にある「VISION」は、アクセスは抜群に便利です。深夜も営業しているクラブですから、渋谷駅に近いアクセスは夜間の移動も比較的安全です。 

基本情報

渋谷「VISION(ビジョン)」のおすすめできる情報です。店名は「SOUND MUSIUM VISION」ともいいます。主に演奏される音楽ジャンルは、ALL MIX、エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)、HIPHOP、R&B(リズム・アンド・ブルース)、TRANCE、J-popなどです。

「VISION」の営業時間22:00~5:00が基本です。イベントによっては時間が異なります。音楽だけでなく各種のイベントが行われます。公式ホームページのスケジュール欄で確認することをおすすめします。

渋谷駅からのアクセス

「VISION」は渋谷駅から歩いて5分でアクセスできる距離にあります。JRの渋谷駅のハチ公口から出て、SHIBUYA109ビルの左側の道路の道玄坂を登っていきます。その道玄坂の中ほどに「VISION」があります。ちょうどFRESHNESS BURGERの向かい、新大宗ビルの地下1階になります。

車でのアクセスと駐車場

「VISION」は渋谷駅から徒歩で5分です。アルコールも入る会場ですから、車でのアクセスはあまりおすすめできません。

「VISION」専用の駐車場や駐輪場はありません。車やバイク、自転車で訪店する場合は「VISION」周辺の駐車場や駐輪場を利用することになります。お店周辺での違法駐車、違法駐輪は禁止されています。

入場料やドリンク料金

入場料金については、イベントにより料金が異なります。大体の料金の目安は女性が、2000円から3000円で、男性は2500円~3500円になります。

「VISION」はクラブですから、提供されるアルコール類があります。その料金はコップで、500円程度、ビンで700円程度です。

そもそもクラブはどんなところ

クラブが大きく変わったのは、「改正風営法」が平成28年(2016年)6月23日に施行されたことがきっかけになっています。それにより店内照明の照度などの一定条件をクリアーすれば、「特定遊興飲食店営業」の許可を得て、クラブとして24時間営業(例外地区はあります)が可能になったことです。

クラブの定義が「一定の照明の下でお客さんに酒類を提供する場所」で、一般的にクラブには、DJがいて音楽がかかっていたり、フロアーで踊れますが、それはあくまでお店が揃えたものではないのです。

クラブは風営法上の分類では、「第五号・喫茶店、バー(甲)」に定義されます。店の立場は音楽やDJなどのイベントを行うためのスペースをレンタルしているだけです。

深夜にお酒が飲める

あくまで風営法の許可が必要ですが、認可されれば、酒類を取り扱うことができます。そして、店内で法律に触れない範囲、つまりは公序良俗に反しない限り、様々なイベントが行われたとしても、そのイベントについて店としては責任がありません。

クラブはイベントが集客の重要な要素になります。各イベントにはオーガナイザー(主催者)がいて、オーガナイザーがイベントを企画してスタッフを集め、イベントの準備をして、イベントに参加する人を集めます。

音楽イベントが多くなりますが、音楽はジャンルが広く、それぞれの音楽ジャンルにオーガナイザーがいて、集客しています。クラブ側はあくまでお店のスペースとドリンクを提供しているだけです。

ドレスコードは緩い

よく、クラブではドレスコードなるものがあって、そこそこの服装でなければ入店を拒否されることがあります。クラブはオーガナイザーの判断が大部分でしょうが、すぐに110番されそうなよほどおかしな服装でなければ入店ができるようです。もう一つが、タトゥーですが、お店によっては入店が制限されることもあるようです。

Thumb新宿から渋谷へのアクセス方法!徒歩・タクシー・バスの経路ごとにチェック!
みなさんは新宿から渋谷へのアクセスの際、どの手段を使っていますか?今回は徒歩やバスやタクシー...

渋谷の人気クラブ「VISION」へ行ってみよう!

渋谷にある人気クラブ「VISION」の人気ポイントやアクセス方法などの情報を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。最近のクラブは主に音楽やダンスを楽しむ傾向が強く、「VISION」は音響設備が抜群で、様々な魅力あるイベントが開催されます。そんな楽しい渋谷の人気クラブ「VISION」へ出かけましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ