武蔵小山の食パン専門店レブレッソ特集!大阪からやってきた人気の味!

東京目黒区の武蔵小山で人気の食パンの専門店「レブレッソ」。大阪で人気の食パン専門店が2018年7月に東京目黒区の武蔵小山にグランドオープンしました。東京の武蔵小山でもオープンの時から行列ができるほど人気の食パン専門店「レブレッソ」をご紹介します。

武蔵小山の食パン専門店レブレッソ特集!大阪からやってきた人気の味!のイメージ

目次

  1. 1武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」とは?
  2. 2武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」のおすすめ食パンメニュー
  3. 3武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」の食パンのテイクアウト
  4. 4武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」のドリンクメニューも要チェック!
  5. 5武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」の自家製ジャムも人気!
  6. 6武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」の基本情報とアクセス
  7. 7人気の武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」へ行ってみよう!

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」とは?

東京の武蔵小山で超人気の食パン専門店「レブレッソ(LeBRESSO)」は、大阪の天王寺区に本店を構える食パンの専門店です。

独自のこだわりの製法で、丁寧にゆっくり時間をかけて焼き上げる食パンは、耳まで柔らかいふわふわの食パンです。

大阪発祥の食パン専門店「レブレッソ」は、2018年7月7日に、東京目黒区の武蔵小山にオープンしました。大阪でもとても人気のお店ですが、武蔵小山でも大変人気の食パン専門店です。

武蔵小山の「レブレッソ」は、テイクアウト用の食パンのほかに、店内に15席のイートインスペースがあり、焼き立ての食パンのトーストや、コーヒーの専門知識を持つバリスタが淹れるカフェラテやカプチーノと頂ける、武蔵小山で人気のベーカリーカフェです。

武蔵小山で人気の食パン専門店「レブレッソ」の発祥の大阪の本店は、「1日の始まりが幸せだったら、きっといい日になる」という思いから始まったそうです。

そんな思いの食パン専門店が東京の武蔵小山にオープンしたからには、武蔵小山でも人気になるわけもわかります。

「毎日食べても飽きがこない食パン」をコンセプトにする「レブレッソ」の目黒武蔵小山店は、武蔵小山で行列ができるとこもあるほど人気のお店です。

大阪からやってきた食パン専門店とコーヒースタンド

大阪からやってきた武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」は、大阪でも大人気の食パン専門店です。大阪天王寺区の本店は2014年にオープンし、その2年後の2016年に大阪駅直結のグランフロントに2号店がオープン。

そして2018年には東京の武蔵小山に初進出。大阪の2号店のオープン2年後、武蔵小山に3号店「レブレッソ目黒武蔵小山店」がグランドオープンしました。

武蔵小山の「レブレッソ」の店内も、大阪のお店と同様に、パンの芳醇な香りとコーヒーのよい香りが立ち込めています。イートインスペースでは、焼きての食パンのシンプルなトーストから、総菜をトッピングしたトースト、スイーツ系のトーストなど、豊富な種類のトーストが楽しめます。

大阪のロースタリーによる「レブレッソ」専用のこだわりのコーヒー豆を使用し、1杯ずつ丁寧にハンドドリップで入れたコーヒーも人気です。

ちなみに武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」のコーヒー豆は、ブラジルやグアテマラ、エチオピアなど世界から集めた厳選した良質の豆をブレンドしているそうです。ランチにもカフェにも利用できる「レブレッソ」のイートインスペースも人気です。

行列ができるほどの人気店

大阪の天王寺区の一軒家からスタートした食パン専門店「レブレッソ」は、大阪でも毎日完売になるほど人気の食パンですが、東京の武蔵小山でも行列ができる時があるほど人気の食パン店です。

「レブレッソ」の食パンは、卵や安定剤、保存料を一切使わず、独自の製法でじっくりと焼かれた芳醇な食パンです。耳まで柔らかいふわふわなのが自慢で、1日200本ほど焼かれますが、夕方には閉店前にすでに売り切れてしまう日もあるそうです。

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」は、地元の住人をはじめ、「レブレッソ」の食パン目当てに、またイートインで楽しめるトースト目当てに、人が集まる武蔵小山の人気店です。

Thumb目黒のパン屋おすすめ11選!駅周辺の評判店やイートインが人気のお店も!
目黒は、おしゃれな大人の女性が似合う街で、街のあちこちにはおしゃれなカフェやお店が多いんです...

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」のおすすめ食パンメニュー

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」はテイクアウトの食パンはもちろん、イートインスペースで頂ける食パンも人気です。

シンプルな厚切りトーストや、スイーツ風のトースト、総菜をトッピングしたトーストなど、武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」のイートインスペースで頂けるおすすめの食パンメニューを3つピックアップしてご紹介します。

食パンのメニューの盛り付けに使われるのは、陶器の皿ではなく、木製のブレッドボード。おしゃれな木製のまな板のようなトレーの上にのせられて盛り付けられ、フォークとナイフを使用して頂きます。シンプルなトーストでもインスタ映えもバッチリです。

おすすめ食パンメニュー(1) 厚切りバタートースト

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」のイートインスペースで、最初にご紹介するおすすめの食パンメニューは「厚切りバタートースト」です。

シンプルなメニューですが、王道の人気メニューです。こんがり焼かれたトーストの芳醇な香ばしい香りとバターの香りが食欲をそそります。サクッとそしてふんわり!この食感は食べた人でしかわからない至福の食感です。

シンプルだからストレートにこの店自慢の食パンの味を感じることができる人気のメニュー。ほかのトーストは厚さが約2.5cm、厚切りトーストはなんと約4cmもあります。インパクトあるこの厚さにも脱帽してしまうメニューです。

「レブレッソ」自慢の食パンのふわっとした食感や、生地のほんのりとした甘味をしっかり楽しめます。一緒に提供されるアカシアのハチミツをつけると、より食パンのうまみが増します。価格は380円(税込)です。

おすすめ食パンメニュー(2) シナモンシュガー

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」のイートインスペースで頂ける2番目におすすめする食パンのメニューは「シナモンシュガー」です。

バターの上にシナモンとシュガーをたっぷりと振りかけたスイーツ系のトースト。ひと口食べると、口の中にシナモンとバターの香りが広がる人気のメニュー。

癖になる味わいだとスイーツ系の食パンメニューの中では定番人気のメニューです。苦いコーヒーや爽やかな紅茶によく合う言われます。料金は350円(税込)です。

おすすめ食パンメニュー(3) ペッパークアトロフォルマッジ

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」のイートインスペースで頂ける3番目におすすめする食パンのメニューは「ペッパークアトロフォルマッジ」です。

読んで字のごとく4種類のチーズをトッピングしたトーストです。トッピングされているチーズの種類は、モッツアレラ、ゴーダ、パルメザン、カマンベールの4種類。

まずは武蔵小杉の「レブレッソ」自慢の食パンの上に、盛りだくさんのチーズがトッピングされたチーズトーストを味わいます。

次にここでも無料で提供されるアカシアのハチミツをたっぷりかけて頂きます。チーズとアカシアのハチミツとの相性の良さにびっくりする味わいが楽しめます。一味違った味わいだと人気です。

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」の食パンのテイクアウト

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」は、店内のイートインスペースで、焼き立ての食パンを頂くのはもちろんですが、武蔵小山の「レブレッソ」の食パンをテイクアウトして自宅でも楽しむこともできます。

武蔵小杉の「レブレッソ」のテイクアウト用の食パンは全部で4種類。「レブレッソブレッド」「ハードトースト」「ジュエリーレーズン」「チーズブレッド」の4種類のほか、季節限定の食パンが登場することもあるので、お見逃しなく!

テイクアウト用の食パンの中でも、ノーマルなプレーンの食パン「レブレッソブレッド」は特に人気の食パンです。1斤650(税込)です。このプレーンタイプの食パンのみ、1日に何回も焼き上げているそうです。

それでも夕方になると売り切れてしまう日もしばしばだそうです。予約は受け付けていません。確実に購入するには早い時間に来店することをおすすめします。

武蔵小杉で人気の食パン専門店「レブレッソ」の食パンは、炊き立てのご飯のようなモッチリと食感が自慢で、ほんのり甘く独特な旨みが特徴の食パン。「毎日食べても飽きない食パン」をコンセプトにして開発された食パンだそうです。

カットされていませんので、自宅で食べるときは、好みの厚さにカットして、表面をこんがりとトーストして食べるのがおすすめです。

2、3日で食べきってしまうのが理想ですが、食べきれない場合は、スライスしてから1枚ずつラップにくるんで冷凍保存してください。

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」のアレルギー表示について

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」の食パンは卵や安定剤、防腐剤などは使用していません。食パンの主体となる小麦粉は北米産の小麦粉を使用しています。

近年、食品に対するアレルギーをお持ちの方が多いですが、武蔵小山の「レブレッソ」の食パンについて、消費者庁が定める食品表示に基づくアレルギー表示は、小麦、乳、大豆が表示されています。左記のアレルギーをお持ちの方は、ご注意ください。

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」のドリンクメニューも要チェック!

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」では、食パンはもちろん、イートインで頂けるドリンクも、武蔵小山の「レブレッソ」のこだわりの数々のメニューが見逃せません。

こだわりのコーヒー豆を使用していれるコーヒーは、丁寧に入れたハンドドリップのコーヒー。注文が入ってから豆を挽き、エスプレッソマシンを使用したエスプレッソやカフェラテ、カプチーノは、コーヒーの専門知識をもつバリスタが淹れる自慢のドリンク!

そのほかイートインスペースで頂ける食パンメニューに相性の良いドリンクの豊富なメニューが楽しめるのが、武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」です。武蔵小山の「レブレッソ」は、ランチやカフェタイムに利用できる武蔵小山の人気のバーカリーカフェです。

食パンメニューと相性の良い種類の多いドリンクメニュー

王道食パンメニューである厚焼きトーストには、エスプレッソを水でわった「アメリカーノ」が相性ぴったり!バターのコクとマイルドな苦みがよく合います。エスプレッソが苦手な方も飲みやすい味わいです。1杯380円(税込)。

女性が好む野菜たっぷりの食パンメニューには、100%のオレンジジュースが人気です。おすすめ食パンメニューの3番目にご紹介した4種類のチーズの「ペッパークアトロフォルマッジ」にはコーヒーゼリーとギリシャヨーグルトを組み合わせさっぱりした甘さに仕上がったコーヒーゼリーフロートが相性が良いようです。1杯580円(税込)。

どの食パンメニューとも相性の良いカフェラテは、ミルクがたっぷりと入っており、飲みごたえも抜群。ガッツリ派の方におすすめです。アイスは先にミルクを入れてからエスプレッソをそっと注ぐので、グラスの横から見ると綺麗な層になっていてインスタ映えも抜群!ホットは可愛いラテアートが人気です。各1杯450円(税込)。

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」の自家製ジャムも人気!

武蔵小山の「レブレッソ」の食パンは、そのまま食べてもほんり甘みがあり美味しいし、シンプルにトーストにして頂いても飽きの来ない美味しさです。でもたまにちょっと味を変えたいときにおすすめなのが、武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」の自家製ミルクジャムです。

店内のイートインのメニューにも使われているミルクジャムは、淡路島産の牛乳を主として、北海道産の生クリーム、練乳、砂糖を加えて煮詰めて作ったジャムです。定番の種類のジャム、そしてフルーツのジャムや季節限定のジャムが4~6種類用意されています。

武蔵小山の「レブレッソ」で人気のミルクジャムの「ハニーバター」は国産のハチミツと北海道バターを使用したミルクジャム。「塩バター」は江戸時代から守られてきたといわれる赤穂の塩と北海道バターを使用したミルクジャムです。

珍しい「ピスタチオ」のミルクジャムに使用されているピスタチオは、シシリー産のピスタチオを使用。武蔵小山の「レブレッソ」の自家製ミルクジャムは、どれも厳選した素材を使用したミルクジャムです。パン好きの方にお土産や、プレゼントにしても喜ばれるおすすめの商品です。

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」の基本情報とアクセス

さて、最後に武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」の基本情報を記載しました。ご来店の際の参考にしてください。

「レブレッソ」の最寄り駅は、目黒駅と神奈川県の日吉駅をつなぐ東急目黒線の武蔵小山駅です。目黒駅から急行で1駅、乗車時間は2分、各駅停車でも2駅で、4分でアクセスできます。

基本情報

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」の営業時間は月曜日から金曜日までは9時から19時まで、土日祝日は8時から19時まで営業しています。

基本的には年中無休ですが、不定期にお休みする場合もありますので、必ず買い物に行きたい場合は、電話で定休日をご確認ください。

住所 東京都目黒区目黒本町3-5-6
電話番号 03-6712-2780

武蔵小山駅からのアクセス

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」へ武蔵小山駅からのアクセスの仕方は、武蔵小山駅の西口出口から出てアクセスします。西口からおよそ550m、徒歩約2分です。

西口出口を出たら、右手正面に見える都立小山台高校グランドに沿って、小山台高校を右手に見ながら直進し、突き当り(正面がセブンイレブン)を右折して2件目(1つ目の路地角)です。

車でのアクセスと駐車場

武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」へ車でアクセスされる方は、専用の駐車場はありませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。

店舗前は鮫洲大山線(武蔵小山駅前の大きな通り)方向に出る一方通行なので、店舗前に車で行く場合は、鮫洲大山線の「目黒区中央体育館入口」の信号を、学芸大学方面からなら左折、中原街道方面からなら右折。

次の路地を右折、また次を右折にアクセスすると食パン専門店「レブレッソ」のお店の前にアクセス出きます。

ただ店舗前に道は狭く、たとえ運転者がいて一時車を止め、買い物を済ませようとも車を待たせておけません。同乗者がいたいて車を待たせておく場合は、武蔵小山駅東口前のロータリーで待っていてもらうこともできますが、混雑している場合は移動させられます。

車を駐車してゆっくり買い物を楽しみ、カフェも利用したい場合、近隣のコインパーキングをご利用ください。一番近いおすすめのパーキングは「ナビパーク目黒本町第5(目黒区目黒本町1-13)」です。24時間パーキングですが、8時から19時までは25分200円、最大1200円です。

Thumb武蔵小山のランチが美味しい店!子連れにおすすめの店や和食の安い店も!
東京・武蔵小山で美味しいランチを堪能したい時におすすめのお店をご紹介します。武蔵小山には安い...

人気の武蔵小山の食パン専門店「レブレッソ」へ行ってみよう!

人情味あふれる武蔵小山の街で人目を引く、煉瓦造りのお洒落な建物の食パン専門店「レブレッソ」。大阪からやってきた食パン専門店は、東京の武蔵小山でも人気のお店です。

扉を開けるとトーストとコーヒーのいい香りが立ち込めています。テイクアウトの食パンのほか、イートインで頂ける食パンメニューと、バリスタが淹れるこだわりのドリンクがおすすめ人気のお店。

目黒駅から電車ですぐにアクセスできる武蔵小山の人気の食パン専門店「レブレッソ」、ぜひ美味しい食パンをご賞味ください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
toshi_suzu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ