「清滝トンネル」は京都最恐の心霊スポット!カーブミラーの怖い噂も調査!

みなさんは京都にあります「清滝トンネル」をご存じでしょうか。清滝トンネルとは京都でも最恐といわれているほどの心霊スポットになっておりまして、怖い噂などを後を絶ちません。そこで今回は京都の清滝トンネルについてご紹介していきます。

「清滝トンネル」は京都最恐の心霊スポット!カーブミラーの怖い噂も調査!のイメージ

目次

  1. 1京都の「清滝トンネル」を調査
  2. 2「清滝トンネル」の歴史
  3. 3「清滝トンネル」で起きると言われる怪現象
  4. 4「清滝トンネル」への行き方は?
  5. 5心霊スポットへ行く際の注意事項
  6. 6心霊スポットとして特集される清滝トンネル
  7. 7「清滝トンネル」を抜けた先は自然の観光スポットだった

京都の「清滝トンネル」を調査

みなさんは京都府京都市にあります「清滝トンネル」というトンネルをご存じでしょうか。京都の方々は知らない方はいないといわれるほど、実は心霊スポットとして有名な場所になっておりまして、怖い噂などの絶えない場所だといわれております。

そこで今回は清滝トンネルにまつわる怖い噂などをご紹介していくとともに、心霊スポットと呼ばれる場所に行く際の注意事項などもご紹介していきます。また清滝トンネルで実際に起きたとされている怪奇現象などもご紹介していきますので、ぜひみなさんも参考にされてみてはいかがでしょうか。

また実際に清滝トンネルへ訪れたことがあるという方は、下記の体験をしたことがあるのか思い出しながら見てみてください。怖い噂話などもありますので、苦手な方は一人で見ないようにしてください。

「清滝トンネル」の歴史

ではまずは清滝トンネルの歴史についてご紹介していきます。まず清滝という地名なのですが、愛宕山の東南側山麓に位置する地域一体になっておりまして、清滝川谷あいの山中の集落を中心とした地域を清滝地区と呼んでおります。

そんな清滝地区にあるのが清滝トンネルとなっておりまして、京都でも最も有名なのではないかといわれているほどの心霊スポットになっております。やはりそこまで有名になるだけあって、これまでにも数々の怪奇現象などが報告されておりますし、怖い噂なども絶えないスポットになっております。そのため深夜に訪れる方も多い場所でもあります。

心霊スポットと聞いてトンネルをイメージされる方も多いですし、そのためなにも怖い噂などがないトンネルでも怖いと感じてしまう!という方もいらっしゃいます。ですが清滝トンネルは実際に怪奇現象なども起きている場所になっておりますので注意が必要です。

この清滝トンネルはもともと、愛宕神社参拝のために造られたとされている愛宕山鉄道の通路とされておりまして、1929年に開通したとされております。ですがその後鉄道専用道路ではなくなり、一般の車などが通ることのできる道路に変わったとされているのですが、とても幅の狭いトンネルになっておりますので歩きでの通行はおすすめできません。

かつては愛宕山鉄道の運行場所だったトンネル

愛宕山鉄道は1944年に廃線となり、そこからは府道として利用されてきているのが清滝トンネルなのですが、現在でも当時の面影などは残っておりまして、愛宕山鉄道として利用されていたことの清滝トンネルの雰囲気などを感じることもできます。

愛宕山鉄道は片側通行になっておりましたので、現在でも一車線しかなくトンネルの入り口には信号が用意されておりまして、その信号に従って通行するようになっております。下記ではその信号にまつわる怖い噂などもご紹介していきますのでぜひ気になる方は見てみてください。

奇妙な噂なども絶えない最恐のトンネルといわれている清滝トンネルなのですが、その歴史は昔愛宕山鉄道のための鉄道道路だったということも覚えておきましょう。

「清滝トンネル」で起きると言われる怪現象

ではここからは清滝トンネルで実際に起こったといわれている怪奇現象などについてご紹介していきます。どの噂も怖いと評判になっておりますし、体験された方なども多いですのでみなさんも面白半分で清滝トンネルを訪れるのはやめておきましょう。

またこれからご紹介する怖い話というのは清滝トンネルを訪れた際に、必ず起きるというわけではありません。ですがその現象を体験するまで通い続けたりするなど、心霊スポットを遊びで訪れるような行為は危険といわれておりますので、控えるようにしておきましょう。みなさんが体験したことある怪奇現象なども下記にあるかもしれません。

真下を向いたカーブミラーの怖い噂

まずご紹介するのは「真下を向いたカーブミラーの怖い噂」です。普段よくカーブミラーは目にしていると思うのですが、清滝トンネル近くには真下を向いたカーブミラーが存在しておりまして、そのカーブミラーにまつわる怖い噂などがささやかれております。

通常カーブミラーというのは真下を向いていることはないですし、この光景を奇妙に感じる方も多いのではないでしょうか。実際にこの真下を向いているカーブミラーは、テレビ番組などでも取り上げられたことがあり話題になっております。

ですがこの真下を向いているカーブミラーには理由がありまして、急な坂道などがある場合その坂道の上にこの変わった向きのミラーを置いておくことで、坂を上ってくる車を確認することなどもできるようになっており、峠などを通行するにあたって便利なカーブミラーとなっているのです。

ですがこの真下をむいているカーブミラーには怖い噂も絶えません。何かが映っているのが見えるだとか、このミラーに車の姿が見えたら事故をするなど、さまざまな怖い噂があるのですが、実際にこれはこのミラーの存在意義を知らない人が騒いでいるだけのことだといわれており、カーブミラー自体に心霊的な何かがあるわけではありません。

清滝トンネルといえば真下を向いているカーブミラーの話を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、実際にはこのカーブミラーには怖い噂や言い伝えなどは根拠もなく、なぜミラーが下向きになってるのかを知れば安心できるのではないでしょうか。

街のいたるところにカーブミラーなどは設置されておりますし、鏡などは昔から霊道であるといわれていたり、心霊現象が起きやすいとされておりましたので、カーブミラーの噂を聞いたことのある方は怖い!と感じるかもしれませんが、本来清滝トンネルのカーブミラーは峠を通る際に安全に通行できるためのものですので安心してください。

またこのカーブミラーで対向車の存在を知ることはとても大切なことですので、この場所を通るときには怖いからミラーを見ない!というのではなく、しっかり対向車が上ってきていないかなどを確認してから坂を下りていくようにするとより安全運転ができます。

青信号の時に入ると怖いことが起きる?

では続いてご紹介するのは「青信号の時に入ると怖いことが起きる」という現象についてです。清滝トンネルは先ほどご紹介しましたように、片側通行となっておりましてトンネル入り口付近に信号がついておりまして、その信号に従って行き来することができます。

そのため幅の狭い片側車線のトンネルでありながら、どちらからでも通行できるようになっておりますし、今でも府道してこのトンネルを通られる方々なども多いです。ですがこの信号にまつわる怖い話などがあるのも事実になっておりまして、このトンネルを通る際に信号についてルールがあるといわれております。

この信号にまつわるルールというのは、トンネルに入る前の信号機の色が関係してきます。入る前に赤信号であった場合は、問題がないといわれておりまして、通常の信号通り青信号になるのを待って青信号になればトンネルに入ることができるのです。

ですが問題なのは信号の前についたときに青信号だった場合です。この場合通常であればそのままトンネル内に入っていくところなのですが、清滝トンネルを通行する場合には、青だった場合一度トンネルの前で止まり赤になるのを待ちます。そして信号が赤に変わり、次に青に変わったときに通行するようにするというルールです。

このトンネルにある信号は青信号の時間が極端に短くなっておりまして、赤信号になっていることが多いといわれております。ですがたまたま青信号でそのままトンネル内に入った人たちが、さまざまな怪奇現象を経験したとされており、今ではこのようなルールができたといわれております。

たしかにいつ青になったかわからない場合は、逆に言うといつ赤になるかわからないですし、向こう側がいつ青信号にかわるかもわかりません。そのためトンネル前にさしかかった際に信号が青信号であっても、一度停車して次の青信号を待つようにしましょう。

深夜に行くと足音に追いかけられる?

最後にご紹介するのは「深夜に足音に追いかけられる」という噂です。清滝トンネルにはボンネットに手形がついているとか、女性の霊が落ちてくるとか、ミラーに自分の死に顔が映りこむとか、トンネル内でおばあさんに追いかけられるなど、さまざまな噂が絶えず、県内外から肝試しに来る人たちが多いのも事実になっております。

そんな清滝トンネルは深夜に訪れると足音に追いかけられるという体験談を語る方も多いです。普通に足音だけが響いてきてちかづいてきたという方もいれば、足音がして上を見ると上にハイヒールの女がいたという方もいらっしゃいます。

トンネル内で足音が聞こえるという話は、全国のトンネルなどでも噂される話ではあるのですが、清滝トンネルでも足音を聞いたことがあるという方が多いですし、やはり深夜に通った方が足音を聞いたことがあると答えることが多いといわれております。

また先ほどご紹介した信号のルールを守らずにトンネルに入った方が、トンネル内で足音に追いかけられたという話などもありますので、みなさんも清滝トンネルを通る際には足音に注意してみてはいかがでしょうか。この足音が聞こえるということに関して、明確な理由などはわかっておりませんので、原因不明の怪奇現象となっております。

「清滝トンネル」への行き方は?

ではここからは清滝トンネルへの行き方についてご紹介していきます。清滝トンネルはとても道幅なども狭くなっておりますので、通行する際には十分に注意するようにしてください。

また遊び半分でこの場所を訪れるようなことはしないようにしましょう。事故の元になりかねませんし、トンネルまでの道のりなども決して安全な道というわけではなく、峠などを通ることも多いですので、立ち寄る際には安全運転を心がけましょう。

バイクや車で通過(一方通行)

まずご自身で通る際なのですが、車やバイクでトンネルを通過するようにしましょう。トンネル内はとても幅が狭くなっておりまして、基本的に歩行者用道路などはないと考えていただいたほうがいいです。そのため徒歩での通行は危険になっております。

また自転車なども危険ですので極力バイクか車でトンネル内を通過するようにしましょう。またバイクや車でトンネル内を通過する際も通行人や自転車などがいないかどうか、しっかり確認しながら進むことが大切になっていきますし、スピードを出しすぎないように安全運転で通過するということを心がけておくようにしましょう。

京都バス94系統

またもう一つ方法がありまして、それは京都バス94系統に乗るということです。このバスは嵐山から清滝に出ているバスになっておりまして、清滝に住んでいる方々の交通手段としても使われております。

自分で車を運転して清滝トンネルを通過するのは怖い!という方は京都バス94系統のバスに乗って通過してみるのも一つの方法になっております。もしものときのために自分一人ではないバスで清滝トンネルに入ってみるのはいかがでしょうか。

心霊スポットへ行く際の注意事項

では心霊スポットといわれている場所を訪れる際の注意事項に関してご紹介していきます。心霊スポットというのはいつのころからか怪奇現象が起きると噂になっている場所が多くなっておりまして、深夜などに遊び半分で訪れる方も増えるものです。

ですが本当に心霊スポットとして話題になっている場所などの場合、現実世界では説明がつかないようなことが起きることもあります。また遊び半分で霊の居場所を荒らしてもいいというわけではありません。

そのため友達同士などで遊び半分で清滝トンネルを訪れるようなことはやめておきましょう。また清滝には現在も生活されている方々がいらっしゃいます。深夜などにこの付近で大きな声を出したり、車で騒音を出したりすると、近隣に住んでいる方々に迷惑がかかるのはあたりまえです。

近隣に住んでいる方々のことなども考え、迷惑にならないようにすることも大切ですし、面白半分で霊を刺激するような行動をとるのもやめておくほうがいいといえます。みなさんも遊び半分で清滝トンネルを訪れないようにしておきましょう。

心霊スポットとして特集される清滝トンネル

心霊スポットとして特集されることの多い清滝トンネルなのですが、現在でも生活のために毎日のようにトンネルを行き来している方々などもいらっしゃいます。清滝トンネルを普段利用する人の中でも、怪奇現象を体験したという方もいれば、体験したことがないという方もいらっしゃいます。

いろいろな噂が絶えない清滝トンネルなのですが、確実に怪奇現状が起きるというわけではないですし、必要以上に怖がって清滝トンネルを避ける必要もありません。通る用事などがある方は、安全運転を心がけて通過していきましょう。

また京都には清滝トンネル以外にも心霊スポットといわれている場所が存在します。ですがそういった場所も清滝トンネル同様に遊び半分で訪れることがないようにしておきましょう。

Thumb京都の船岡山は心霊スポット?公園からの夜景や穴場の温泉が人気!
清少納言に「丘は船岡」と言わしめるほど、古くから京都で有名だった船岡山。船岡山の見どころから...
Thumb『深泥池』は京都の心霊スポット!アクセスや有名な怪談話とは?
京都の深泥池は関西で有名な心霊スポットです。有名なタクシーの怪談の発祥のスポットであり、夏に...

「清滝トンネル」を抜けた先は自然の観光スポットだった

いかがでしたでしょうか。今回は京都府京都市にあります「清滝トンネル」についてご紹介しました。カーブミラーや足音や信号などさまざまな噂が絶えないトンネルです。ですが清滝トンネルの先には自然豊かな観光スポットが広がっておりまして、リラックスできること間違いなしです。ぜひみなさんも訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
kiki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ