「TEA18」は大阪の中国茶とタピオカ専門店!おすすめメニューや待ち時間は?

大阪駅直結の店舗の中にある「TEA18」は、中国茶とタピオカの専門店として、タピオカブームをけん引する代表的な店の一つとなっています。いろいろなメニューが揃っている大阪の「TEA18」について、メニューや待ち時間、店の場所などについて紹介します。

「TEA18」は大阪の中国茶とタピオカ専門店!おすすめメニューや待ち時間は?のイメージ

目次

  1. 1大阪の人気店「TEA18」とは?
  2. 2エキマルシェ大阪内に店舗を構える「TEA18」の外観
  3. 3「TEA18」のおすすめメニュー
  4. 4「TEA18」のボトルティーも要チェック!
  5. 5「TEA18」の待ち時間ってどのくらい?
  6. 6「TEA18」の店舗情報とアクセス
  7. 7「TEA18」のあとは周辺観光を
  8. 8大阪の人気の中国茶とタピオカ専門店「TEA18」へ行ってみよう!

大阪の人気店「TEA18」とは?

近年の流行りのメニューといえばまずタピオカがあげられるでしょう。多くのタピオカ専門店がしのぎを削り、待ち時間が気になるほどの大行列ができている店も少なくありません。その中でも人気の高い、大阪の「TEA18」というタピオカの店について、おすすめの人気メニューや待ち時間などについて紹介します。

エキマルシェ大阪に店舗を構える人気店

「TEA18」は2018年12月、JR大阪駅の近くにある「エキマルシェ大阪」にオープンしました。当時、日本国内では2店舗目、西日本初の出店ということでオープン前から話題を集め、オープン当初は大変な待ち時間が発生するほどだったようです。

エキマルシェ大阪は「大人のみちくさ」をコンセプトにしており、働く女性に人気のショップが多く揃います。グルメやコスメ、雑貨とバラエティに富んだ店舗があるため、タピオカもそのコンセプトにぴったりと言えるでしょう。

大阪で話題の中国茶とタピオカ専門店

そもそも「TEA18」は台湾茶とタピオカの専門店です。店名の「TEA18」というのは台湾の高級茶葉である「台茶18号」のことを意味しています。このお茶は非常に長い年月をかけて作られるものだそうで、美しいルビー色をしていることから、紅玉とも呼ばれます。

台湾発祥の「TEA18」は中国やアメリカにも店舗がありますが、日本に最初に上陸したのは2017年のことで、渋谷の1号店はやはり待ち時間が発生するほどの人気店としてよく知られているそうです。

2019年現在、「TEA18」は渋谷とここで紹介する大阪のほか、横浜、広島にも店舗があり、合計4店舗で展開しています。

Thumbエキマルシェ大阪のおすすめランチ11選!行列必至の超人気店もあり!
皆さんは、大阪の「エキマルシェ大阪」をご存じでしょうか。JR西日本グループが手掛けるJR大阪...

エキマルシェ大阪内に店舗を構える「TEA18」の外観

大阪の「TEA18」はエキマルシェ大阪のMarche's Kitchenのスペースにあります。大阪のTEA18はテイクアウト専門の店なので、キッチンスペースの方に店舗があるわけです。ですから、タピオカなどを購入した後はエキマルシェ大阪の中にあるテーブルやいすを利用して味わうことになります。

正面に注文を受けるカウンターがあり、その左にはメニューが並んでいます。木目と濃いブルーを基調とした落ち着いた店舗の雰囲気は、大人の女性に人気があるというのがよくわかります。

「TEA18」のおすすめメニュー

それでは、そんな大阪の「TEA18」のおすすめのメニューをいくつか紹介していきましょう。TEA18は台湾茶とタピオカの専門店ということですが、その名にふさわしく、他のタピオカの店などでは味わえない、本格的な台湾茶を味わうことができるメニューが取り揃えられています。

おすすめメニュー(1) 台湾ミルクティー

「TEA18」は台湾茶の専門店ですから、やはりまず味わってみたいのが本格的な台湾茶です。TEA18には鉄観音などの4種類以上の茶葉がラインナップされており、メニューから好きなものを選ぶことができます。

台湾ミルクティーはその厳選された茶葉を使い、メニューのオーダーを受けてから1杯ずつ丁寧に抽出してくれれます。テイクアウト専門店ということで、持ち歩きができるように、専用のボトルで供されるので、移動して落ち着いた場所で飲むのもおすすめです。

また、台湾ミルクティーには黒糖タピオカ、仙草ゼリー、愛玉子ゼリーのうちから一品を無料でトッピングすることができます。特に最近人気の黒糖タピオカは、多くの人がトッピングに選ぶメニューではありますが、仙草ゼリーなどもTEA18らしいものと言えるでしょう。

さらに近年のタピオカブームに乗り、台湾茶も若い女性を中心に人気が高まっています。台湾茶そのものの味を楽しむことができるストレートティーや、フルーツをトッピングできるフルーツティーなど、一般的なタピオカ店では味わえない商品もあります。ミルクティーを味わったら、次はこちらのメニューも試してみてください。

なお、台湾ミルクティー、ストレートティー、フルーツティーは、アイスもホットもできるほか、甘さを4段階で調節できます。甘いものが飲みたい時には全糖、すっきりいただきたい時には無糖など、その日の気分で選ぶことができます。

おすすめメニュー(2) 宇治抹茶ラテ

「TEA18」は台湾茶の専門店ですが、日本茶をベースにしたものもあります。宇治抹茶とほうじ茶をベースにしたものがあり、それぞれラテとクリームラテがあります。台湾茶ももちろん人気なのですが、やはり日本ということで、日本茶ベースのものは外国人などにも人気があるおすすめメニューです。

特にほうじ茶は、上手に焙じることでさらに味わいが増すため、お茶屋の力が発揮されるメニューと言えるでしょう。馥郁たるほうじ茶や抹茶の香りと味わいは、心まで落ち着く魅力があるということで、根強い人気がある一品ではないでしょうか。

こちらにも先ほどの台湾ミルクティーと同じように、黒糖タピオカ、仙草ゼリー、愛玉子ゼリーの中から選ぶトッピングがあります。抹茶ラテは美しい抹茶の緑に黒糖タピオカの黒、そして上に行くにしたがって白いミルクへと色が変化する様子が美しく、SNS映えを考える方にも人気となっています。

こちらの日本茶ベースのものも、アイスとホットが選べ、また甘さの調節も可能です。タピオカドリンクは甘すぎるという方も、微糖や無糖を選ぶことで、安心して味わうことができる点もおすすめポイントです。

おすすめメニュー(3) 紫芋ラテ

他のタピオカの店ではおそらく見ないであろうメニューがこれ、「紫芋ラテ」です。紫芋ラテはジャンルとしては台湾ラテの中に含まれているのですが、このグループには他にも黒糖やチョコ、マンゴーなど、他では見ないようなものがあります。

紫芋ラテの魅力は、何といってもそのきれいな色です。紫芋という芋そのものはご存知のように濃い紫色をしている芋で、よくスイーツなどにもその紫色をいかすような形で使われていますが、こちらの紫芋ラテも同様に紫芋の美しい色が魅力的です。

きれいな薄い紫の色に、タピオカの黒が見え隠れする様子はきれいで愛らしい雰囲気を漂わせています。もちろん黒糖タピオカ、仙草ゼリー、愛玉子ゼリーの中から選ぶトッピングもありなので、SNS映えを考える方にもおすすめです。

気になる味ですが、紫芋という甘みのあるさつまいもを使っているため、控えめな甘さの中から自然の甘さがふんわりと漂います。まろやかでありながら、紫芋の味わいもしっかりあるので、ふつうのタピオカはたくさん飲んだという方にも違ったおいしさを感じさせてくれる一品となっています。

こちらもホットとアイスから選ぶことができ、紫芋ラテに関しては甘さの調節も可能です。ドリンクというよりもスイーツ間隔で楽しむことができる一品と言えるかもしれません。

「TEA18」のボトルティーも要チェック!

大阪の「TEA18」で人気のメニューは、これらのタピオカメニューだけではありません。TEA18にはボトルティーというものがあります。これはその名の通り、淹れたてのお茶を専用のボトルに入れたもので、ストレートティーの味わいが好きなタイミングで味わえるとおすすめです。

注文を受けてから厳選された茶葉を1杯ずつ丁寧に抽出して作るボトルティーの中で、ここに来たらぜひ飲んでいただきたいのが「TEA18」の店名にもなっている「台茶18号」です。「TEA18紅茶」という名前でメニューに載っています。

透明なボトルから見えるTEA18は、澄んだ美しい色をしています。先ほど紅玉とも呼ばれると述べましたが、まさにその名前の通り、透き通ったルビーのような色合いをしており、ふたをあけると淹れたてのフレッシュな香りが広がります。

ボトルティーは甘さの調節はできるのですが、黒糖タピオカなどのトッピングはできません。また、ローズレモンティー、白桃パインティーなどのノンカフェインのタイプもあります。

お茶が大好きで、本格的なお茶をゆっくりと味わいたい方、他の店ではあまり味わえない台湾茶の魅力に触れたい方などに、こちらのボトルティーはおすすめです。1杯ずつ淹れるので多少待ち時間がかかりますが、待ち時間を待ったかいがあったと感じられる一品です。

「TEA18」の待ち時間ってどのくらい?

さて、このように魅力的なメニューが揃う大阪の「TEA18」ですが、ここで気になるのが待ち時間の問題です。タピオカの人気店に行くと、大阪に限らずどこも行列ができていて、いったい待ち時間がどれくらいなのだろうと考えた方も多いのではないでしょうか。

大阪のTEA18も他のタピオカの店と同様、それなりの待ち時間は覚悟したほうがよさそうです。しかし、それは混雑しているからということよりも、抽出に時間がかかるからといったほうがよいかもしれません。先ほども述べたように、TEA18ではオーダーが入ってから1杯ずつ抽出して作ります。

そのため、どうしても1人あたりにかかる時間が長くなり、その結果として待ち時間が長めになるということがあるようです。待ち時間を短くしたいというのであれば、平日の昼間など、比較的空いている時間を狙うとよいかもしれません。

「TEA18」の店舗情報とアクセス

それでは、この大阪の「TEA18」の店舗に関する基本情報について紹介します。大阪のTEA18はエキマルシェ大阪にあるということでアクセスもよく、大阪観光に出かけた時に寄り道して購入するのにも便利がよいお店です。ぜひ大阪に行く機会があったら寄り道してみたいところです。

店舗情報

それでは、大阪の「TEA18」の店舗情報についてまとめます。TEA18があるエキマルシェ大阪は、JR大阪駅の桜橋口すぐのところにあり、ギャレ大阪跡地に作られました。エキマルシェは改札内、いわゆるエキナカ店舗が多いのですが、大阪の場合は改札の外に店舗があります。そのため、改札を抜ける必要があります。

営業時間もエキマルシェ大阪の営業時間に準じており、10時から22時までの営業となっています。クレジットカードなどのほか交通系ICカード「ICOKA」が利用できるので、持っている方は利用するとよいでしょう。

大阪駅からのアクセス

次に大阪の「TEA18」へのアクセスです。エキマルシェ大阪ということで、最寄り駅はJR「大阪」駅となります。もちろん阪急、大阪メトロ御堂筋線の梅田駅なども最寄りとなり、とにかく大阪を目ざしてアクセスすれば問題なく来ることができるということになります。

大阪駅に到着したら、桜橋口を目ざして進みます。桜橋口を出るとすぐのところに入り口があり、そこから店内に入る形になります。桜橋口を入るとすぐのところがMarche's Kitchenとなっているため、TEA18もすぐに行くことができるでしょう。

梅田駅などからアクセスする場合も、桜橋口を目ざして進んでいくとよいのですが、中央口側に出た場合でも、中央コンコースの方から入ることもできます。大阪駅は中が広いので初めてだと迷うかもしれませんが、上にある看板を目印にアクセスしてください。

また、エキマルシェ大阪には駐車場はありません。また近隣駐車場のいわゆる割引サービスのようなものもないので、車でのアクセスはおすすめしません。ただし、大阪ステーションシティ駐輪場に関しては、ショッピング代金に応じての無料サービスがあります。自転車等の方はここに停めるようにするとよいでしょう。

「TEA18」のあとは周辺観光を

大阪の「TEA18」のお茶はテイクアウト専門ということで、封がされた状態になっています。ですからエキマルシェ大阪の中で椅子をさがしてそこで飲むのはもちろんですが、周辺観光を楽しみながら味わうこともできます。

まずおすすめしたいのが大阪駅からすぐの「梅田スカイビル」です。レストランや映画館など、楽しめるスポットが多くあるのですが、お茶を持って行ってみたいのが「空中庭園展望台」です。スカイビルの屋上にあり、大阪の街が一望できると人気が高く、特に夜は夜景100選に選ばれたこともあるほどの美しさです。

さらに夜になるとスカイウォークもあり、その名の通り夜空を散歩しているような気分も味わえると人気が高いです。ぜひ美しい景色を楽しみながら、美味しいお茶を味わってみてください。
 

また、大阪駅のそばという都会のど真ん中にある神社として知られているのが「露天神社」です。この名前は知らなくても「お初天神」というと聞いた事があるという方もいるのではないでしょうか。有名な人形浄瑠璃「曽根崎心中」の元になった心中事件が起こったのがここなのです。

とはいうものの、曽根崎心中の登場人物であるお初と徳兵衛にちなんだお守りや絵馬などがあることで知られ、特にお初の顔の書かれた絵馬は目や鼻を描くことで美人祈願ができると評判です。学業成就のご利益もあるので、ぜひお参りしてみてください。

Thumb梅田スカイビルへのアクセス方法は?JR大阪駅や梅田駅からの行き方を解説!
梅田スカイビルへのアクセスは、初めての人はよく道に迷ったという声を聞くほど難しいと言われてい...

大阪の人気の中国茶とタピオカ専門店「TEA18」へ行ってみよう!

タピオカブームをけん引する代表的な店の一つ、「TEA18」は本格的なお茶を楽しむことができるということで、タピオカファンだけでなく、台湾茶ファンなどにも人気が高いお店です。

大阪駅直結というアクセスのよさも、お出かけの際に寄り道するのに便利と言えるでしょう。ぜひ本格的なお茶を気軽に味わいに来てください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ