稲毛浅間神社は安産祈願にも人気のパワースポット!御朱印や限定お守りも紹介!

千葉にある「稲毛浅間神社」は、大変人気のパワースポットです。安産祈願やお宮参りなどにもおすすめの神社です。御朱印や限定のお守りなども頂くことができるので、大切にしたらより大きなパワーが頂けるでしょう。千葉の「稲毛浅間神社」について、情報をピックアップしました。

稲毛浅間神社は安産祈願にも人気のパワースポット!御朱印や限定お守りも紹介!のイメージ

目次

  1. 1千葉の「稲毛浅間神社」に行こう!
  2. 2千葉の人気パワースポット「稲毛浅間神社」
  3. 3稲毛浅間神社のご由来
  4. 4稲毛浅間神社の安産祈願・お宮参り
  5. 5稲毛浅間神社の御朱印
  6. 6稲毛浅間神社のおすすめのお守り
  7. 7稲毛浅間神社の基本情報
  8. 8稲毛浅間神社へのアクセス
  9. 9稲毛浅間神社のおすすめ周辺観光
  10. 10稲毛浅間神社を参拝しよう

千葉の「稲毛浅間神社」に行こう!

千葉にある「稲毛浅間神社」は、大変人気の観光スポットであり、パワースポットとしても評判です。安産祈願やお宮参りなどにもおすすめの神社であり、連日多くの人が参拝に訪れます。千葉の「稲毛浅間神社」について、アクセスなどの観光情報などと共に紹介します。千葉観光の時には是非参拝に行ってみてください。

千葉の人気パワースポット「稲毛浅間神社」

「稲毛浅間神社(イナゲセンゲンジンジャ)」は、千葉県・千葉市の稲毛区にある大変大きなパワーを頂くことができるパワースポットとして注目されていて、人気の神社です。

主祭神として木花咲耶姫命(コノハナノサクヤヒメノミコト)が、配祀神として瓊々杵命(ニニギノミコト)と、猿田彦命(サルタヒコノカミノミコト)が祀られています。

豊かな自然の中を歩きながら、手を清めると同時に心もしっかりと清め、心を込めて参拝すれば、気持ちがすっとなること間違いなしです。

お腹に子どもがいる妊婦さんの安産祈願や、生まれたばかりの子どもを連れたお宮参り、七五三などで参拝に訪れる人も多く、連日たくさんの人が手を合わせに訪れます。

千葉県・千葉市周辺観光のスケジュールを立てている時には、是非少し時間を取って「稲毛浅間神社」にも行ってみることをおすすめします。

稲毛浅間神社のご由来

千葉の安産祈願やお宮参りにも人気でおすすめの「稲毛浅間神社」は、大同3年(808年)に富士山の本宮浅間大社から御分霊を頂いて祀ったのが始まりであるとされています。

地元の人や領主、この地を治めた武将などからも大変篤く信仰され、治承4年(1180年)には源頼朝が武運長久を祈願したと言われています。

また、千葉常胤以降の代々の千葉氏が参拝に訪れていることから地元の豪族であった千葉一族からも親しまれていたことが分かっています。

現在見ることができる社殿は、1964年(昭和39年)に火災によって焼失した後に1966年(昭和41年)に再建されたものです。

現在では大きなパワーが頂けるパワースポットとして人気があり、今話題の御朱印を頂くことができる神社の一つとしても話題になっていて、多くの人が参拝に訪れる神社となっています。

稲毛浅間神社の安産祈願・お宮参り

「稲毛浅間神社」は、安産や子育てなどの子どもに関するご利益が頂ける神社としても知られていて、安産祈願やお宮参りで訪れる人も多いです。

安産祈願は、一般的に妊娠5ヶ月目の戌の日に神社に参拝し、懐妊を神様に告げて、腹帯を頂いて巻き、お守りを頂きます。

また、お宮参りは、一般的に生まれてから30日前後に参拝し、赤ちゃんが無事に誕生したことを神様に報告し、健康にすくすくと育つことをお祈りします。

一般的な安産祈願やお宮参りの日にちはありますが、母体や赤ちゃんの体調を第一に考えて参拝する日をチョイスするようにすることをおすすめします。

安産祈願やお宮参りなどのご祈祷の受付時間は、平日が9時から13時15分まで、土・日・祝日は9時より14時15分までとなっています。祈祷は、平日が9時30分から1時間ごと、土・日・祝日は9時30分から30分ごとに行われます。

事前予約は必要なく、当日の祈祷開始15分前までに受付で申し込みをする形式となっています。時間にはたっぷりの余裕をもって行くようにすることをおすすめします。

また、年末年始や祭典の日などは祈祷時間が変動することがあるので、事前にホームページなどでチェックをしておくと良いでしょう。

稲毛浅間神社の御朱印

千葉の安産祈願やお宮参りにも人気でおすすめの「稲毛浅間神社」では、御朱印を頂くことができます。是非参拝に訪れた時にはあわせて御朱印を頂いておくことをおすすめします。

「稲毛浅間神社」の御朱印は、中央の上に大きめの「浅間神社」の朱印が押して頂け、その下に「奉拝」の文字、右側に「下総国稲毛」の朱印、左側に日付を書いて頂けます。

御朱印の受付は、社務所で9時から17時頃までとなっています。御朱印を頂こうと思っている時には、受付時間の終了間際となって神社に到着などとなることがないようにしっかりとスケジュール管理をしておきましょう。御朱印の初穂料は300円です。

「稲毛浅間神社」には、オリジナルの御朱印帳が3種類あります。ちりめん朱印帳・白茶朱印帳が初穂料が1200円、キティ朱印帳が初穂料が1700円となっています。

Thumb千葉で御朱印巡りはココがおすすめ!可愛い御朱印帳のある神社やご利益紹介!
神社を巡って御朱印を集める女子を御朱印ガールと呼ぶのをご存知でしたか。神社を参拝した証として...

稲毛浅間神社のおすすめのお守り

千葉の安産祈願やお宮参りにも人気でおすすめの「稲毛浅間神社」には、豊富な種類のお守りがあり、色とりどりで身に着けやすいものもたくさんあります。自分用にはもちろん、大切な人へのプレゼントなどにもおすすめです。

それぞれの祈願内容にぴったりのお守りをチョイスすると良いでしょう。お守り選びに悩んだ時には、巫女さんに相談してみるといろいろとアドバイスを頂けます。

キティちゃんのお守り

「稲毛浅間神社」で大変人気のお守りの一つが「キティちゃんのお守り」です。とてもかわいらしく、女性やカップルなどを中心に評判となっています。

安産祈願や厄除け、交通安全、身に着けやすいストラップ形式のものなどいろいろな種類があるので、気になったものを手にしてみると良いでしょう。

稲毛浅間神社の基本情報

「稲毛浅間神社」は、千葉県・千葉市の稲毛区稲毛1丁目にある神社です。ちば遺産100選にも選ばれていて、歴史があり、由緒正しい神社の一つです。

境内の参拝はいつでも誰もが自由にすることができます。神聖な場所であることを忘れずに、夜遅い時間や朝早い時間に行動する時にはできるだけ静かに行動するようにしましょう。

ご祈祷を受けたい場合や、お守りや御朱印などを頂きたい時には、受付時間が決まっているので、時間に間に合うように行くことが大切です。

稲毛浅間神社へのアクセス

千葉の安産祈願やお宮参りにも人気でおすすめの「稲毛浅間神社」に電車を利用してアクセスしようと思っている場合は、京成電鉄千葉線の「京成稲毛駅」で降りると徒歩約4分でアクセスすることができます。

また、JR総武線の「稲毛駅」で降りて歩くと約15分、ちばシティバスに乗りかえて「浅間神社バス停」で降りても行けます。または、JR京葉線の「稲毛海岸駅」で降りて歩くと約20分、ちばシティバスに乗りかえて「浅間神社バス停」で降りてもアクセスすることができます。

車を利用してアクセスしようと思っている場合は、京葉道路の「幕張インターチェンジ」、東関東自動車道の「湾岸習志野インターチェンジ」などで降りるとアクセスすることができます。

一般道路のみを利用してのアクセス方法を考えている場合は、県道134号線・国道357号線・国道14号線などを利用すると良いでしょう。

千葉の「稲毛浅間神社」には、参拝者専用の駐車場が約80台分あります。お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんの安産祈願や、生まれたばかりの子どもを連れてのお宮参りの時などは特にここを利用すると良いでしょう。

比較的大きな駐車場となっていますが、多くの人が参拝に訪れる週末やゴールデンウィーク、祭典の日などは駐車場が混雑することもあります。事前に周辺のコインパーキングなどについて調べておくと時間を有効的に活用できるのでおすすめです。

「ナビパーク 稲毛第1」は約5台分の駐車スペースがあるロック版式の駐車場です。24時間年中無休で営業なので、いつでも自由に入庫・出庫をすることができます。料金は、全日8時から20時までが40分200円、20時から翌朝8時までが60分100円となっています。最大料金は、全日入庫から24時間までが600円、20時から翌朝8時までが300円です。

「リパーク稲毛東2丁目」は、約6台分の駐車スペースがあるフラップ式の駐車場です。24時間年中無休で営業しいるので、時間を気にせず観光をすることができます。料金は、全日0時から24時までが20分100円です。最大料金は、全日入庫から24時間までが800円となっています。TポイントやANAマイルなどが貯まるのでおすすめです。

稲毛浅間神社のおすすめ周辺観光

千葉にある「稲毛浅間神社」の近くには、是非あわせて訪れておきたい観光スポットがたくさんあります。

「稲毛浅間神社」の周辺にある人気のおすすめ観光スポットについて、厳選して紹介します。観光スケジュールをつくる時の参考にしてください。

千葉市動物公園

「千葉市動物公園」は、千葉県・千葉市の若葉区源町にある動物園です。大人気のゾウやライオン、カンガルーをはじめ、合計で約135種類・約841点もの哺乳類・鳥類・魚類などが飼育・展示されています。

後ろ足で立つことができるレッサーパンダの「風太くん」がいる動物園であり、大変人気でいつも多くの見学者であふれています。

動物たちと直接触れ合うことができるエリアがあったり、動物たちの食事風景を眺めることができる時間があったりと、さまざまな楽しみ方ができます。

動物科学館では、熱帯雨林に住んでいる動物を眺めることができる他に、模型やパネルなどを使って動物たちについて学ぶことができます。レストランや売店なども充実しているので、1日しっかりと過ごすことができます。

「千葉市動物公園」に電車を利用してアクセスしようと思っている場合は、千葉都市モノレールの「動物公園駅」で降りると徒歩約1分でアクセスすることができます。車の場合は、京葉道路の「穴川インターチェンジ」または「穴川東インターチェンジ」などで降りるとアクセスすることができます。

開園時間は、9時30分から16時30分までで、最終入園時間は16時となっています。毎週水曜日や年末年始などは休館日です。料金は、高校生以上の大人が700円、中学生以下は無料となっています。お得な年間パスポートが大人が2500円であります。

三陽メディアフラワーミュージアム

「三陽メディアフラワーミュージアム」は、千葉県・千葉市の美浜区高浜7丁目にある花の美術館です。四季折々の花を中心として約1600種類・48000株もの植物を見ることができます。

全面ガラス張りの温室には、ハイビスカス・ラン・ヤシなどの熱帯・亜熱帯の植物がたくさんあり、いつでも南国気分を味わうことができます。

花壇には季節ごとの花がきれいに植えられていて、非日常感を味わいながら気分のリフレッシュができると、大変人気があります。

花を愛でながら食事ができるレストランもあり、ゆっくりとした時間を美味しい食事をしながら過ごすことができます。夜間ライトアップなどがある時期もあるので、事前に開催時間などを確認してから出かけてみることをおすすめします。

「三陽メディアフラワーミュージアム」に電車でアクセスをしようと考えている時には、JR総武線の「稲毛駅」で降りてバスに乗りかえて「花の美術館バス停」で降りるとアクセスすることができます。

車の時には、京葉道路の「幕張インターチェンジ」、東関東自動車道の「湾岸習志野インターチェンジ」などがおすすめです。敷地内には、来園者専用の駐車場があり、入庫から3時間までが300円、以降は1時間ごとに100円で、1日最大600円で利用できます。ただし、夏期のプール開園中のみ1日1回600円となります。

開園時間は、9時30分から17時までです。毎週月曜日や年末年始などは休館日です。料金は、大人が300円、小・中学生が150円となっています。

稲毛海浜公園

「稲毛海浜公園」は、千葉県・千葉市の美浜区高浜にある広い敷地のある公園です。海に面していて、気持ち良い風を感じながらのんびりと過ごせる場所として大変人気があります。

敷地の中には、人工海浜の「いなげの浜」や、プール、運動施設、ヨットハーバー、芝生広場などがあり、さまざまな楽しみ方ができます。

「稲毛海浜公園」に電車をで行こうと考えている時には、JR総武線の「稲毛駅」で降りてバスに乗りかえるとアクセスすることができます。車の時には、京葉道路の「幕張インターチェンジ」、または東関東自動車道の「湾岸習志野インターチェンジ」などで降りるとアクセスできます。

園内は、自由に利用することができますが、施設によっては利用時間などが決められているところもあります。ルールやマナーをしっかりと守って誰もが気持ちよく利用できるように心がけましょう。

Thumb千葉市動物公園は地元で人気の動物園!料金やアクセス・混雑状況を紹介!
千葉市動物公園といえば千葉市の市営動物園です。千葉市動物公園と言えばレッサーパンダの「風太」...
Thumb千葉をドライブ観光しよう!おすすめコースや立ち寄りスポットまとめて紹介!
千葉には、観光やデートでおすすめの観光スポットが沢山あります。そのため、ドライブコースを色々...

稲毛浅間神社を参拝しよう

千葉にある「稲毛浅間神社」は、大変大きなパワーを頂ける神社として人気です。安産祈願やお宮参りなどで訪れる人もたくさんいて、いつも多くの参拝者で賑わっています。御朱印やお守りなどを頂くこともできます。千葉周辺に観光に行こうと思っている時には、是非「稲毛浅間神社」にも参拝に行ってみることをおすすめします。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ