バンフ国立公園はカナダの王道観光スポット!見どころや行き方まで徹底ガイド!

カナダの西部、アルバータ州にある人気の公園が、「バンフ国立公園」です。カナダで最初の公園で、歴史ある国立公園です。観光スポットもたくさんあり、世界から観光客がやってきます。そんな、バンフ国立公園への行き方や、おすすめの人気観光スポットなどを紹介します。

バンフ国立公園はカナダの王道観光スポット!見どころや行き方まで徹底ガイド!のイメージ

目次

  1. 1カナダの人気観光スポット「バンフ国立公園」とは?
  2. 2「バンフ国立公園」のおすすめの見どころ
  3. 3「バンフ国立公園」の人気の湖「モレーン湖」とは?
  4. 4「バンフ国立公園」のおすすめ宿泊ホテル
  5. 5「バンフ国立公園」の行き方
  6. 6バンフで気を付けるポイント
  7. 7カナダの人気観光スポット「バンフ国立公園」へ行ってみよう!

カナダの人気観光スポット「バンフ国立公園」とは?

大自然が残るカナダ、そのカナダで世界遺産に登録されているバンフ国立公園(Banff National Park Of Canada)をご存知でしょうか。バンフ国立公園はカナダの北西部に位置するアルバータ州にあります。

バンフ国立公園は、世界的にも良く知られ、年間で約400万人ほどの観光客が訪れる人気の公園で、カナダの人気観光スポットになっています。

カナダ国内初の国立公園

バンフ国立公園は、カナダ国内に約50箇所あるカナダ国内の国立公園の中で、一番最初に国立公園として認定された公園です。日本では明治20年に当たる、1887年6月23日に「ロッキー山脈の公園に関する法」によって設立されました。

世界のなかでも、アメリカのイエロー・ストーン国立公園とオーストラリアのロイヤル国立公園の次に古い公園として、130年以上の輝かしい長い歴史を持っています。

バンフ国立公園は、世界遺産「カナディアン・ロッキー山脈自然公園群」の中の国立公園の一つです。観光スポットが多く、見所はたくさんあります。

「バンフ」という公園名は、元々はカナダ太平洋鉄道の駅の名前でした。それが、その土地のバンフの町名になり、そのままバンフの名称を公園名としています。

バンフ国立公園は美しい大自然がいっぱい!

バンフ国立公園は、カナダのアルバータ州の西部にあり、ブリティッシュコロンビア州との州の境に近い場所にあります。1988年の冬季オリンピックが開催されたカナダの大都市、カルガリーの西方向のカナディアン・ロッキーにあります。

バンフ国立公園の面積は6641平方キロメートルほどあります。公園の園内を通る道路の総延長が1600キロメートルを越えているそうです。それだけ広大な公園です。

バンフ国立公園には、まず絶景、そこに温泉があり、キャンプもでき、登山に山歩きもおすすめです。レクレーション設備も、ゴルフ場、乗馬、冬場のスキーなども楽しめる公園です。

「バンフ国立公園」のおすすめの見どころ

「バンフ国立公園」は、カナディアンロッキーの大自然の中にあり、観光スポットが多く、おすすめの見どころがたくさんあります。

まず、カラスの足跡に見える氷河は、その名の通り「クロウフット氷河」として人気になっています。中世のヨーロッパの城郭にも見える形から、そのまま「キャッスルマウンテン」とよばれる美しい山々もあります。

緑の森と青い山や空が続くロッキー山脈の中で、カナディアンロッキーの宝石と言われる「ルイーズ湖」など、風光明媚な絶景スポットが「バンフ国立公園」にはあふれています。

おすすめの見どころ(1) 迫力ある景観

「バンフ国立公園」の公園内の美しい観光スポットとして、ミネワンカ湖、バーミリオン湖、ランドル山や、テン・ピークス渓谷にある美しいモレーン湖、ボウ湖にペイトー湖などが有名観光スポットです。

バンフ公園一帯は、国立公園の特別保護地域になっていて、上空の飛行は禁止されています。地上から見上げるか、展望スポットから、迫力ある景観を眺めることになります。

おすすめの見どころ(2) 世界一美しい湖

「バンフ公園」には、世界の絶景の一つに数えられる「モレーン湖」があります。当然、世界遺産に登録されています。同じバンフ公園内の「ルイーズ湖」とあわせ、カナディアンロッキーの宝石とも呼ばれています。ほとんど手つかずの大自然の中で、世界一美しい湖を観光しましょう。

おすすめの見どころ(3) 多彩なアクティビティ

「バンフ国立公園」では、カナダの大自然を楽しめ、自然と共存し仲良くなれるアクティビティが複数種類あります。

秘境を歩くハイキングや、ボウ川をカヌーやラフティングで下る楽しみもあります。公園の山の中を乗馬で散策したり、ガイドと共にロッキーの野生動物観察も楽しめます。

「アイスバブル」鑑賞

「アイスバブル」は、バンフ国立公園のアブラハム湖で、大自然が作り上げた芸術作品といわれています。気象条件で、発生する泡はさまざまな形状のまま凍ります。

アイスバブルが出現する時期は冬のごく限られた一期間のみです。インスタ映えする景色として、日本でもファンが増えています。

バンフ国立公園で温泉に浸かる

バンフ国立公園には温泉があります。サルファー山にある温泉、アッパー・ホット・スプリングで、ゆっくりと体を休め、バンフ観光の疲れが癒せます。

日本の温泉は有名ですが、海外にも温泉はあります。ここの温泉は設備もしっかりしていて、安心してお湯につかることができます。入浴後の、バンフ街のレストランのステーキは格別です。

楽しい犬ぞりを体験

日本ではめったに経験できない、犬ぞりが体験できます。冬のカナディアンロッキーのアクティビティの中でも大人気のアクティビティが犬ぞりです。

半日ツアーもあり、カナディアンロッキーの雄大な自然の中を犬ぞりで駆け抜ける体験は、日本では絶対に味わえません。

「バンフ国立公園」の人気の湖「モレーン湖」とは?

一生に一度は見たいと言われ、世界一美しい湖ともいわれる「モレーン湖」もバンフ国立公園にあります。モレーン湖(Moraine Lake)は、レイク・ルイーズ近郊にあります。標高1884メートルの高さにある氷河湖です。

「モレーン湖」は、面積が約0.5平方キロメートルあり、最大深度が14メートルあります。過去には、20カナダドルに採用され、背後には「テンピークス」と言われる見事な10の頂がそびえています。

ターコイズブルーの湖として有名

バンフ国立公園のモレーン湖は、緑がかった青色のターコイズブルーの湖として良く知られています。モレーン湖から遠く離れた背後にそびえるテンピークスの山々も湖の美しさを際立たせています。

6月の下旬頃から、氷河の雪解け水が流入した湖面は、まさにターコイズブルーの美しい湖水が、湖一面に広がります。駐車場はスペースが限られているために、早朝に訪れるのがおすすめになります。

ベストシーズンは7月!

「バンフ国立公園」のベストシーズンは7月という説が根強くあります。事実、7月になると気候も良く、バンフでも昼間は半袖で大丈夫です。湖も湖面の青さがいっそう美しく輝きます。

雪解けした山の頂と、残っている氷河のコントラストも絶妙です。6月頃から9月頃が、バンフ観光のシーズンですが、7月の早い時期は、8月に比べて少しだけ込み方も緩いようです。それだけ、ゆとりをもって観光できます。

「バンフ国立公園」のおすすめ宿泊ホテル

「バンフ国立公園」を観光する場合は、広範囲な公園だけに、じっくり腰を据えた観光がしたいものです。そんな時は、ベースとなるホテルが大事です。

世界遺産になったこともあり、世界中から多くの観光客がやってきます。そんな、観光客に人気のホテルがあります。今回はそんな人気ホテルからおすすめの3つのホテルを紹介します。

おすすめ宿泊ホテル(1) マウンテニア ロッジ

「マウンテニア ロッジ(Mountaineer Lodge)」はロケーションが良く、市内へ出るのが便利です。ホテル生活が快適に過ごせるように、アメニティも完備したホテルの部屋になっています。屋内ホットタブがあり、無料Wi-Fiが利用出来て、衛星テレビも付いています。ホテルから車で5分の場所にあるある湖で楽しいアクティビティも体験できます。

住所 101 Village Road, T0L 1E0 レイク・ルイーズ, カナダ
電話番号 +1 587-741-3024

おすすめ宿泊ホテル(2) バンフ パーク ロッジ

「バンフ パーク ロッジ(Banff Park Lodge Resort)」は、ファミリー向けリゾートです。バンフ近辺の主要観光名所へのアクセスも良好です。客室には薄型テレビ、客室内冷蔵庫があり、インターネットも利用可です。

フロントデスクは24時間対応のサービスがあり、ルームサービスもコンシェルジュも用意されています。プールも完備し、朝食サービスもあります。駐車場も利用できます。

住所 222 Lynx St, Banff, AB T1L 1K5 カナダ
電話番号 +1 403-762-4433

おすすめ宿泊ホテル(3) ザ リムロック リゾート ホテル

バンフの高級リゾートといえば「ザ リムロック リゾート ホテル(Rimrock Resort Hotel)」です。バンフ周辺の人気観光スポット巡りにも便利です。

ホテル の客室には薄型テレビがあり、冷暖房も完備しています。客室内にも冷蔵庫があり、無料wi-fiも利用できます。プールも完備しています。朝食のサービスもあります。車でアクセスの場合は駐車場が利用できます。

住所 300 Mountain Ave, Banff, AB T1L 1J2 カナダ
電話番号 +1 403-762-3356

「バンフ国立公園」の行き方

「バンフ国立公園」への行き方ですが、公園があるバンフに一番近い飛行場はカルガリー空港になります。

カルガリーは、1988年の冬季オリンピックが開催された街で、周辺を含め都市圏人口は約140万人の大きな都市です。そこからバスで行く行き方か、レンタカーを使っての行き方になります。

カルガリーの空港や市内からは、観光客用にバンフやレイクルイーズ行きのバスの便のサービスがあります。夏季のバンフ観光のベストシーズンでは、レンタカーも大変込んでいるようで、予約をおすすめします。

成田からカルガリーへの直行便

海外旅行慣れしている方は別にして、カナダのカルガリーまでは、乗り換えのない直行便がおすすめです。エアカナダの直行便が、成田空港からカルガリーまでフライトしています。飛行時間は9時間35分かかります。

その他に行き方として、カナダの主要都市や、アメリカの大都市経由でカルガリーに入る行き方もあります。

カルガリー空港からはバスで向かう行き方が便利になります。1時間おきに行くバスがあり、カルガリー空港からバンフまでは約1時間45分で到着します。

行き方(1) ツアー

最近のツアー旅行は、種類が多く、出発から帰国までスケジュールが決まっているツアーもありますが、バンフまではツアーの行程が決まっていて、宿泊施設までも決まっていますが、数日間、自由行動があって、帰国時に集合して団体で帰国するようなツアーもあります。

バンフのツアー観光では、成田からエア・カナダでカルガリーまで行き、バンプまでは、ツアーで一緒に行き、ホテルに着いてからは2日間自由行動になります。

その後、帰国時に、再び一緒になります。旅行代金はシーズンや曜日で変わりますが、約120000円~270000円ほどになります。

行き方(2) 個人

バンフ国立公園観光ですが、英語も困らず、海外旅行慣れしている方は、バンフ旅行を100%一人で楽しむことはできます。費用についても、フライト便の料金や現地で宿泊するホテルなども、直接交渉して安価に済ますことはできます。旅行の日程も自分の好きな日程で行動できます。

Thumbカナダの世界遺産人気ランキング!自然あふれる有名な公園や歴史的建物も!
カナダには世界遺産に登録されている場所が18ヶ所もあります。歴史的な意義がある場所や素敵な自...

バンフで気を付けるポイント

「バンフ国立公園」は、滞在日数分にあたる入園料(Entry Fee)がかかります。1日(C$9.80/一人)必要になります。公園内で入園パスのチェックが時々あります。入園パスの不携帯の場合は罰金になります。

バンフでは、公共の場での飲酒は禁止されています。違反すると罰金が科せられます。現地で酒類の購入時には顔写真付きの身分証(ID)の提示が求められます。西暦が表示されたパスポートや国際免許証の提示をおすすめします。

世界的に禁煙の時代ですが、バンフがあるアルバーター州でもたばこには厳しい状況です。アルバータ州の喫煙は19歳から許可されています。レストランや娯楽施設などの屋内の公共のスペースは全面的に禁煙になっています。屋外においても建物や窓や通気口から5メートル以内の喫煙は認められていません。

ゴミのポイ捨て現金

国立公園内にある街になるバンフは、公園を維持管理するために、最低限守るマナーがあります。ごみやたばこのポイ捨ては、罰せられ罰金の対象になります。

自然が活きている環境ですから、野生動物も多くいます。しかし、エサを与えることは禁止されています。また、不用意に近づかないことです。さらに、絶滅危惧種やヒグマの分布状態で、立ち入り禁止区域が設定されるケースがあります。侵入した場合は罰金の対象になります。

バンフの治安は良い!

バンフは他のカナダの都市と比べると治安が良い場所と言われているようです。バンフは観光客が多く訪れますが、全般的に他のカナダの都市に比べても治安の良い街と言われています。一年中観光客が多く、一日中賑わっている街ですが、比較的安心して出歩くことができます。

ただし、有名な観光地です。観光客を狙ったスリや置き引きはあります。さらに、夜間は暗くなるエリアやスポットもあります。バンフは外国だけに、夜間、出歩くのは控えたほうが良いようです。

Thumbカナダのバンフ情報まとめ!人気の観光スポット紹介!おすすめの服装は?
カナダ「バンフ」は、ロッキー山脈の南玄関の町になります。「バンフ」の町は、バンフ国立公園の中...
Thumbカナダの気候・年間気温まとめ!おすすめの服装や観光のベストシーズンは?
カナダは豊かな自然が楽しめる人気観光地で、世界中から年間を通して多くの観光客が訪れます。そん...

カナダの人気観光スポット「バンフ国立公園」へ行ってみよう!

カナダの人気観光スポット「バンフ国立公園」について、バンフへの行き方やおすすめの観光スポットを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。バンフ国立公園は世界遺産に認定されています。成田からカルガリーへの直行便もあります。カナダのバンフ国立公園へ出かけて、ロッキーの大自然を楽しみましょう!

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

新着一覧

最近公開されたまとめ