東京の高級感ある手土産ランキングBEST21!おしゃれな和菓子などを調査!

東京にはたくさんの手土産があり、中には高級なものもあります。高級なものは特に失敗できないので、どんなのがいいか考えてしまうのではないでしょうか。そこで東京の高級感あふれる手土産について、おすすめのものをいくつか紹介します。お土産購入のヒントになれば幸いです。

東京の高級感ある手土産ランキングBEST21!おしゃれな和菓子などを調査!のイメージ

目次

  1. 1東京の高級感ある手土産をランキング形式でご紹介!
  2. 2手土産選びのポイントは?
  3. 3東京の高級感ある手土産ランキング21位から17位
  4. 4東京の高級感ある手土産ランキング16位から12位
  5. 5東京の高級感ある手土産ランキング11位から7位
  6. 6東京の高級感ある手土産ランキング6位から4位
  7. 7東京の高級感ある手土産ランキング3位から1位
  8. 8東京の高級感ある手土産は和菓子も充実
  9. 9東京の高級感ある手土産は大切な人にぴったりの贈り物

東京の高級感ある手土産をランキング形式でご紹介!

出張や観光などで東京に行った時、気になるのがお土産ではないでしょうか。東京だと手土産にできそうなものがたくさんあって、どれにしようか迷ってしまい、結局はいつも同じようなものを選んでしまうという方も多いかもしれません。そんな方のために、東京でちょっと高級でおしゃれな手土産をランキングで紹介します。

東京には大切な人に喜ばれるおしゃれお土産がいっぱい!

東京の手土産はたくさんの人が利用することもあって、本当に種類が多いです。特に近年では外国人旅行者も増えてきており、そういった方向けに和の雰囲気漂うおしゃれな手土産も多く販売されるようになってきました。

また、たくさんの人がいるということは、東京には同じような商品を扱うライバル店もたくさんあるわけです。ですからそれぞれの店舗ではそこならではのこだわりがあるものを生み出そうとします。その結果として、この商品ならここの店舗のものでなくては、という「逸品」がたくさん見られるようになっています。

せっかくだれかの手土産にするのであれば、ちょっとおしゃれで高級なものだとより喜ばれそうですが、そのような手土産にはどのようなものがあるのでしょうか。そのあたりもランキングで見て行きましょう。

手土産選びのポイントは?

では、手土産を選ぶ時にどんなポイントがあるのでしょうか。もちろん予算などもありますが、よく東京からのお土産をいただくという方ならば、ちょっと工夫をこらしたものだと喜ばれるかもしれません。

例えば、同じお菓子でも、ちょっと高級だったりおしゃれだったりすると、自分ではなかなか購入しないので喜ばれそうです。また最近では人数が少ないこともあって、食べ物の場合は個包装になっていたり、日持ちがするようなものだと、ある程度相手のペースで食べられるのでおすすめです。

また、一般的に手土産は駅ビルなどで選ぶことが多いのですが、店舗に行かなければ手に入らないというものも多くありますし、中には予約が必要というものもあります。この方にはぜひという場合はそういったものを選ぶのもおすすめです。

東京の高級感ある手土産ランキング21位から17位

それではまず、東京の手土産ランキングの21位から17位を紹介します。21位から17位といっても、あの広い東京の、たくさんある手土産の中からランキングに入るくらいですから、どれもとても魅力的な一品と言えるでしょう。おしゃれなお菓子や珍しい和菓子などもあります。

21位:ケーク オ フリュイ(パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)

有名パティシエの作る「ケーク オ フリュイ」はくるみやプルーン、レーズンなどキルシュにじっくりと漬けこまれたドライフルーツをたっぷり使い、フランス産バターたっぷりの生地で焼き上げた焼き菓子です。おしゃれなのはもちろん、日持ちがするので、手土産にはぴったりです。

20位:千代ちょこ(パレスホテル東京 Sweets & Deli)

「千代ちょこ」は千代紙や着物の模様などをあしらったチョコレートです。チョコレートという洋菓子でありながら、和風のデザインが美しく、東京、いや日本の手土産として外国人にも人気が高いそうです。

パレスホテル東京のシグニチャーアイテムとして親しまれており、絵柄によってカカオの風味を変えてあるというこだわりも見逃せません。厚さ2ミリという薄いチョコレートは口の中でふわっととろけていきます。専属ショコラティエの技が光る一品をぜひ味わってください。

19位:まゆら(廚菓子くろぎ)

「まゆら」は東京の人気料亭である「くろぎ」の和風モダンカフェで作っている高級わらび餅です。店の場所はなんと東京大学の構内にあります。抹茶と黒みつの2種類のわらび餅ときな粉、わらび粉がセットになって桐箱に入っており、改まった手土産にも最適な高級和菓子です。

わらび餅は蕨の根10キロからなんと100グラムしか取れないという貴重な本わらび粉を使っており、つるんとした柔らかさがありつつも、噛むと弾力が感じられます。購入するためには前日16時までに予約するか、当日販売分7セットを狙うかになります。

18位:発酵さしすせそ羊羹 五季(五穀屋)

羊羹と言えば高級和菓子、手土産としてよく選ばれるものですが、「発酵さしすせそ羊羹」はちょっと珍しい羊羹です。抹茶塩麹、りんご酢など、日本の伝統的な発酵の味を取り入れた羊羹で、おしゃれな色合いと、体に優しい材料が、どんな方にでも喜ばれる手土産となっています。

しかも実際に商品を見るとわかるように、玉羊羹になっているため、食べる時は付属の爪楊枝で穴をあけて、ゴムを割って食べます。食べる前の宝石のような美しさと、つるんとゴムから出てくる姿、体に優しいおいしさと、何度も楽しめるお菓子です。

17位:手作りキャラメル(NUMBER SUGAR)

NUMBER SUGARというのは手作りキャラメルの専門店です。キャラメルというと子どものおやつだと考える方もいるかもしれませんが、こちらの商品は香料、着色料、酸味料など一切使わない無添加のもので、素材の味、自然の甘さが口いっぱいに広がります。

店は東京の神宮前にあり、フレーバーごとにナンバリングされています。1本売りで、約12種類の味があるので、その中から好きなものを選んで詰め合わせることもできます。定番タイプはもちろん、フルーツ系や大人の風味のものなどいろいろありますので、あげる方に合わせて選んでみてください。

東京の高級感ある手土産ランキング16位から12位

次は東京の高級感ある手土産ランキングの16位から12位です。このあたりは、東京土産でも定番で高級感があり、見た目もおしゃれでおいしいということで、特に人気が高まっている商品が多くランキングに入りました。日持ちのする焼き菓子や、ちょっと工夫が凝らされた和菓子など、どれも人気の一品です。

16位:リーフパイ(銀座ウエスト)

東京銀座に第二次世界大戦が終わってすぐから営業している老舗の洋菓子店である銀座ウェストの、代表的なお菓子の一つが「リーフパイ」です。東北地方の原乳から作られたフレッシュバターを使ってなんと256層にも折りたたんだパイはさっくりとした食感と表面の白ザラメ糖の歯ごたえがまさに絶品です。

このリーフパイ、そのまま食べるのももちろんおいしいのですが、袋から出してオーブントースターで40秒ほど温め、人肌程度までさますと、工場の焼きたてに近い味が楽しめるのだそうです。こちらもぜひ試してみてください。

15位:フィナンシェ(HUGO & VICTOR)

HUGO & VICTORはパリの有名パティシエによる店で、東京が日本初出店となりました。中でもフィナンシェは味はもちろんですが、常温での日持ちもするため、手土産などで購入するのはぴったりのお菓子と言えるのではないでしょうか。商品のパッケージも高級感があるおしゃれなデザインです。

14位:カカオショコラ(帝国ホテル 東京・ガルガンチュワ)

東京帝国ホテルの中にある「ガルガンチュワ」のカカオショコラは、見た目もびっくりのお菓子です。なんとパッケージの中にはチョコレートでできた大きなカカオの実が入っています。その中にカカオ豆をローストしチョコレートでコーティングしたカカオ豆が入っているのです。

中のチョコレートを食べるためには大きなカカオポットを割らないといけないのでずが、箱から現れた時、そして割った時とびっくりがたくさんあります。コーヒーはもちろん赤ワインなどにも合う大人の味わいが楽しめます。

13位:ひと口果子(HIGASHIYA)

古代、「菓子」というのは木の実や干した果実でした。そのイメージで作られたのが「ひと口果子」です。名前のとおり、「ひと口」で食べられそうなこのお菓子は、さまざまな素材が餡で包まれており、味はもちろん、さまざまな食感も楽しめます。おしゃれでかわいらしい、茶席にも使えそうなお菓子です。

グルメなこだわりが多い芸能人の中にもファンが多いというこのお菓子は、和菓子でありながら、自然の色が美しく、どれから食べようかと迷ってしまうほどです。このモダンで独創的な組み合わせをせひ味わってみてください。

12位:黒船どらやき(黒船)

白地に黒で文字が書かれた、シンプルでいておしゃれなパッケージが高級感漂う「黒船」のどらやきは、なんと夕方には売り切れてしまうという大人気商品です。もっちりした生地と上品な甘さがよくあっていて、和菓子をふだん食べない方にも好まれます。半月型の形も子どもから大人まで食べやすいです。

東京の高級感ある手土産ランキング11位から7位

次に紹介するのはランキング11位から7位までの手土産です。ランキングのこのあたりになると、商品を知っている方も多いのではないでしょうか。販売されているところも東京都内で一ヶ所だけというものもあり、それを買うためにその場所まで行かなければならないものもあります。

11位:ミルフィユスペシャリテ(ミルフィユ メゾン フランセ 松屋銀座)

「ミルフィユメゾン」は東京の松屋銀座にある、ミルフィユの専門店です。フランス産の小麦を使ったパイ生地を幾層にも折りたたんでおり、まさに芸術品といった装いです。ミルフィユスペシャリテはショコラ、バニラのクリームがサンドされた、定番商品です。本のようなパッケージもおしゃれで、日持ちもするので安心です。

松屋銀座のと述べたように、松屋銀座に行かなければ手に入らないので、その点でも希少価値があり、ちょっとおしゃれな手土産にはぴったりです。味もパッケージもおしゃれで、特に女性には人気が高い一品です。

10位:グレイシア(AUDREY オードリー)

「グレイシア」はラングドシャ生地のクッキーをくるりと丸め、クリームを詰めていちごやアーモンドをトッピングしたお菓子です。花のブーケを思わせるおしゃれでかわいらしい雰囲気が大人気で、行列ができるほどなのだそうです。意外と日持ちもするので、女性への手土産にぴったりです。

もともと販売している「オードリー」は、いちごのお菓子の専門店です。そのためグレイシアにもフリーズドライのいちごやアーモンドがトッピングされていて、それがブーケっぽい雰囲気を醸し出します。もちろん味も上品で、ティータイムにぴったりです。

9位:冨貴寄 ふきよせ(銀座 菊廼舎 銀座本店)

名前からしておめでたそうな「冨貴寄」は風が「ふきよせ」た木の実や葉っぱなどを和菓子で表現したお菓子です。いろんな形をした和菓子が詰まった箱を開けると、だれもが笑顔になってしまう、まさに「富貴」を「寄」せてくれる和菓子と言えるでしょう。高級感もある、すてきな手土産になりそうです。

8位:青酎(青ヶ島酒造)

ご存知のように、東京には島しょ部もあります。その一つである伊豆諸島青ヶ島で作られる幻の焼酎が「青酎」です。現在では数人の芋農家が島民のために作っているため、生産量も少なく、もちろんなかなか手に入らない、希少価値の高い一品です。生産者により味が違うのも面白いです。あまり手に入らない高級品を求める方にいかがでしょう。

7位:かりんとう(たちばな)

東京には「かりんとう御三家」と呼ばれる名店がありますが、「たちばな」はその一つです。なんと1909年創業の老舗で、ネット販売、通販ともになく、銀座の店舗に行かないと購入できません。そのため全国からこのかりんとうを求めて多くの方が訪れています。

かりんとうは「ころ」、「さえだ」の2種類だけで、「ころ」は太め、「さえだ」は細めです。シンプルでありながら上品さと風格が漂うそのさまは、もはや芸術品と言っていいでしょう。噛むほどに口においしさがじゅわっと広がっていきます。和菓子好きの方はもちろん、だれにでも愛される味です。

東京の高級感ある手土産ランキング6位から4位

ランキング6位から4位に入ったのは、伝統の味が人気の一品が揃いました。東京の有名な一品を手軽に味わうことができるものが多く、おしゃれで誰にお渡ししても喜ばれる品物ぞろいです。手土産はもちろんですが、自分でもできたら食べてみたいと感じさせてくれるものが並びます。

6位:小形羊羹(とらや)

東京でおしゃれな和菓子というとすぐに頭に思い浮かぶ店の一つである「とらや」ですが、その定番手土産が小型羊羹です。小さくて食べやすく、日持ちももちろんするので、いつでも食べたい時に手軽に味わえます。小倉や黒砂糖などのほかにはちみつや紅茶など、味のバリエーションが多いのも魅力です。

手のひらに乗るくらいの大きさで、季節限定の味などもよく販売されるので、定番のものはもちろん、季節のうつろいを感じることもできます。ほっと一息つきたい時などにもおすすめです。

5位:あさくさつぼ味(浅草今半)

浅草今半というと、東京の有名な料亭ですが、そのおいしさを手軽に味わうことができるのが「あさくさつぼ味」です。牛肉のごぼう煮、牛肉しめじ煮などが食べきりサイズのパックになっており、ご飯のお供にぴったりです。日持ちもするので、東京グルメを味わいたい方にぴったりです。

お菓子ではないので、ふだんあまりお菓子を食べないという方に手土産にするのにはぴったりですし、気密性容器に入っていて、お弁当やふだんの食事のもう一品という時に使いやすいので、だれにあげても喜ばれるのではないでしょうか。

4位:空也もなか(空也)

手に入りづらいという点ではおそらくトップクラスなのが「空也もなか」です。なにしろ、店舗は1つだけ、配達も配送もなく、電話で予約して受け取りにいくしかないというのですから、和菓子好きの方でもなかなか食べたことがない一品でしょう。

多くの文豪にも愛されたお菓子として知られ、予約で受け取りと言いつつ、その販売数はなんと1日7000個以上なのだそうです。これだけが予約で売れてしまうところからしても、人気のすごさはわかるというものです。もちろん美味しさは折り紙付き、ぜひ手土産にしてみてはいかがでしょうか。

東京の高級感ある手土産ランキング3位から1位

東京の高級感あふれる手土産ランキングの3位から1位に輝く商品は、どれも一度は味わってみたい品物ばかりです。どんな方に手土産にしても間違いないですし、自分でも一口味わってみたいと思わせてくれる商品が並んでいます。失敗したくない相手にお渡しする手土産としておすすめです。

3位:焼きごま豆腐(銀座うち山)

「銀座うち山」はミシュランガイドにも載っているという名店中の名店で、東京に来たついでに味わってみたいという方も多いのではないでしょうか。そんな銀座うち山の美味しい一品を大切な手土産にしたいという方におすすめしたいのが「焼きごま豆腐」です。

磨き胡麻を芯まで摺り、それを吉野葛と合わせてしっかりと練り込み、さらにしっかりと焼いた焼きごま豆腐は真空包装になっており、そのまま湯せんして食べることができます。さらに温めたごま豆腐をオーブンで表面がカリッとなる程度に焼くとさらにおいしくいただけます。

真空包装なので日持ちもしますし、なんといっても高級料亭の味が手軽に家でも味わえるというのがポイントが高いところです。改まった席への手土産にも喜ばれる、東京ならではの一品と言えるでしょう。

2位:六瓢息災 むびょうそくさい(廣尾瓢月堂)

「六瓢息災」は某雑誌の「お取り寄せアワード」で見事1位に輝いた一品です。まず商品の名前ですが、すぐにわかるように「無病息災」とかけられています。さらに「瓢」である「瓢箪」はおめでたいモチーフとされてきました。いただいた方の無病息災を願う、とてもおめでたいお菓子なのです。

六瓢息災は名前だけ見ると和菓子のようですが、ビスキュイ生地に木の実や蜜漬けの生姜をはさみ、一口大に切り分けた洋菓子です。温活をしている方はすぐにぴんと来るでしょうが、生姜は体を温めるため、漢方などでも使われます。

この蜜漬けの生姜と木の実をたっぷり使い、一口大に切り分けるまですべてが職人の手作業という、心も手間もたっぷりかかった一品です。たくさん作れない限定品なので、見かけたらぜひ手土産に選んでみてはいかがでしょうか。

1位:特選ガトーショコラ(KEN'S CAFE TOKYO ケンズカフェ東京)

映えある東京手土産ランキング1位に輝くのは「KEN'S CAFE TOKYO」の「特選ガトーショコラ」です。店舗は新宿御苑前にあり、ネット販売などもしていないのですが、なんと毎日行列ができるほどの人気で、「日本一のガトーショコラ」と言われています。

このガトーショコラがすごいのは、フランスのブルターニュ地方に伝わる、本場のガトーショコラであるということです。材料はチョコレート、バター、卵、グラニュー糖だけ、レシピも公開しているにもかかわらず、妥協しない素材を使うことで、この超高級な一品を作り上げました。

まずは常温でテリーヌのような味を楽しみ、冷蔵庫で冷やして生チョコ風、レンジで軽く温めフォンダンショコラと、さまざまな食べ方が楽しめるのも魅力で、ここでしか買えない一品を求めて多くの方が訪れます。ぜひ一度味わってみたい名産です。

Thumb東京のお土産おすすめランキングBEST27・お菓子編!人気スイーツ勢揃い!
東京を訪れた際にお土産を購入する方が多いと思いますが、美味しそうなお菓子がありすぎてどんなお...

東京の高級感ある手土産は和菓子も充実

このように、東京にはたくさんの名物があり、東京のそれも店舗に行かなければ購入できない手土産もたくさんあります。また、高級な手土産ということになると、和菓子などを選ぶ方も多くなるようで、和菓子も多くランキングに入りました。

季節のうつろいをその形や味に表現することの多い和菓子は、改まった席などに持っていく手土産としてもぴったりですし、もちろん東京にはたくさんの和菓子の名店があります。近年では日持ちしやすいタイプのものも多いので、そのあたりも見てみましょう。

すぐにお届けできない時は日持ちするものを選ぼう

今少し触れたように、食べ物を手土産にする場合に気になるのが日持ちの問題です。洋菓子ならば焼き菓子系を選べばある程度日持ちがするというのはすぐにわかるのですが、和菓子の場合、生菓子はもちろん、その他のものもどの程度日持ちするのか心配という方も多いかもしれません。

和菓子の中でも羊羹などは、もともと日持ちがすることが多いのですが、最近では食品の保存技術が進み、和菓子にもそれらが取り入れられるようになってきました。真空包装やアルミ包装などをすることで常温でも日持ちする商品が増えています。

すぐにお届けできない場合には、これらの包装をしているものを選ぶと、日持ちがするものが多く、安心して使うことができます。もちろん賞味期限などで日持ちをチェックするのも重要です。使い方に応じて、上手に日持ちの長さを利用してください。

東京の高級感ある手土産は大切な人にぴったりの贈り物

東京の手土産は、普段のお土産におすすめのものはもちろん、ちょっと改まった方にぴったりの高級感あふれるものもさまざまあります。東京の店に行かなければ手に入れられないこだわりの逸品は、きっと送る方に喜んでいただけるものとなるでしょう。ぜひお気に入りの商品を見つけてみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ