「北一ホール」は小樽の美しいカフェ!ランチなど人気のメニューや営業時間は?

「北一ホール」は、北海道小樽市にある人気のカフェです。幻想的な雰囲気の店内で美味しい料理を堪能する事ができるので、小樽観光の途中で立ち寄ってランチや休憩をするのもおすすめです。そんな「北一ホール」についてご紹介していきます。

「北一ホール」は小樽の美しいカフェ!ランチなど人気のメニューや営業時間は?のイメージ

目次

  1. 1小樽の人気カフェ「北一ホール」とは?
  2. 2「北一ホール」の外観と内観
  3. 3「北一ホール」が人気の理由
  4. 4「北一ホール」のおすすめカフェメニュー
  5. 5「北一ホール」のおすすめ食事メニュー
  6. 6「北一ホール」に訪れるのにおすすめの時間とは?
  7. 7「北一ホール」の店舗情報とアクセス
  8. 8北海道の人気のカフェ「北一ホール」へ行ってみよう!

小樽の人気カフェ「北一ホール」とは?

北海道小樽市にある「北一ホール」は、石油ランプが灯る幻想的な雰囲気の中でゆったりと過ごす事ができるカフェです。そんな魅力いっぱいの「北一ホール」のおすすめメニューやアクセス方法などの施設情報をご紹介していきます。北海道小樽市に訪問した際にはぜひ立ち寄ってみてください。

「北一ホール」の外観と内観

「北一ホール」は、ガラス製品が人気の「北一硝子」が運営するお店です。「北一ホール」はレンガ造りの北一硝子三号館にあり、レトロな雰囲気の外観と内観になっています。

北一硝子三号館には「北一ホール」のほかに、カフェバーや小樽の地酒ショップ、北一硝子のガラス製品のショップなどが入っています。

また、北一硝子三号館の周辺には「北一プラザ、北一アウトレット、北一硝子クリスタル館、北一ヴェネツィア美術館」といった北一硝子の店舗が建ち並んでいるので、こちらもあわせてお楽しみください。

Thumb小樽「北一硝子」のガラス製品はお土産やプレゼントにも人気!制作体験もできる?
北海道の小樽エリアで観光スポットとしても人気を集めている、「北一硝子」のおすすめ情報について...

「北一ホール」が人気の理由

「北一ホール」は、美味しい料理や飲み物がいただく事ができるのはもちろん、お店の外観や店内の雰囲気も人気となっています。

ここでは、「北一ホール」の人気の理由をご紹介していきますので、お店の魅力に触れてみてください。

人気の理由(1) ロマンチックな雰囲気

「北一ホール」は、外観から期待が高まるレトロな雰囲気となっていて、館内に入ればさらにタイムスリップをしたかのような気分が味わえます。

「北一ホール」の店内はロマンチックな雰囲気となっていて、美味しい料理や飲み物をいただきながらゆったりとした時間を過ごす事ができるのが人気の理由のひとつとなっています。

人気の理由(2) 全国でも珍しいランプだけのカフェ

「北一ホール」では、全国でも珍しいランプだけのカフェとなっています。店内には167個もの石油ランプがあり、優しい灯火の中で幻想的な時間を過ごす事ができます。また、ピアノ演奏をしている時間帯に訪問すれば、さらに優雅でロマンチックな雰囲気が楽しめます。

ピアノ演奏の時間帯やランプの点灯作業については後ほど、別の項目でご紹介していきますので確認してみてください。

「北一ホール」のおすすめカフェメニュー

ここでは、「北一ホール」でおすすめのカフェメニューをご紹介していきます。カフェメニューが注文できるのは午前8時45分から午後5時30分までとなっています。ケーキやドリンク、アルコールメニューなどがそろっているので、好みにあわせて注文してみてください。

また、「北一ホール」の人気メニューだった「びっくりシュークリーム」は現在、販売を休止しているのでお気を付けください。

おすすめカフェメニュー(1) シフォンケーキセット

「特製紅茶のシフォンケーキセット」は、紅茶の茶葉を使った「北一ホール」のオリジナルのシフォンケーキにドリンクがセットになったメニューです。シフォンケーキはふわっとした食感と紅茶の味わいが楽しめます。

ドリンクは「コーヒー、アメリカンコーヒー、ストレートティ、オレンジジュース」から選べるので、好みにあわせていただいてみてください。

おすすめカフェメニュー(2) 北の大地のアイス

「北の大地のアイス」は、かぼちゃ味とじゃがいも味の2種類の味が楽しめるアイスの盛り合わせです。素材を活かした味わいとなっていて、北海道らしいスイーツとなっています。

「北一ホール」で毎日手作りしている、北海道産牛乳で茶葉を煮出した「北一特製ミルクティ」とともにいただくのもおすすめです。

おすすめカフェメニュー(3) 十勝小豆のクリームぜんざい

「十勝小豆のクリームぜんざい」は、北海道産の小豆にソフトクリームや白玉をそえた1品で、甘すぎない味わいが人気となっています。ソフトクリームそのものの味を楽しみたい人は「北海道ソフトクリーム」もおすすめです。

また、人気メニューの北一特製ミルクティを北海道牛乳ソフトに練り込んだ「北一特製ミルクティソフトクリーム」も、すっきりとした味わいで人気となっています。そのほかにもパフェやケーキ、季節限定のメニューもそろっています。

さらに、「サッポロクラシック、小樽ワイナリービール、小樽ビール、小樽ワイン」など小樽ならではのメニューもそろっているので、幻想的な雰囲気の中でゆったりといただいてみてください。

Thumb小樽のカフェ特集!ランチが人気のおしゃれなお店などおすすめばかり!
小樽は、札幌からも車で1時間圏内ということもあって日帰りの観光スポットとしても人気があります...

「北一ホール」のおすすめ食事メニュー

続いて、「北一ホール」でおすすめの食事メニューをご紹介していきます。「北一ホール」には、北海道の食材を使ったメニューや小樽ならではの料理がそろっていて、好みにあわせて楽しめます。

「北一ホール」は午前8時45分から営業していますが食事メニューができるのは午前11時からで、ラストオーダーは午後2時50分となっているので、時間にお気を付けください。

おすすめ食事メニュー(1) 小樽箱膳

「小樽箱膳」は、ニシン漁で栄えた街として知られる小樽ならではの一品で、「北一ホール」で人気ナンバー3のメニューとなっています。

ニシン漁が盛んだった当時に、漁夫たちが食していたニシン料理をイメージしたメニューとなっています。小樽ならではの料理を少しずつお皿に盛りつけてあるので、さまざまな美味しい料理が楽しめる1品となっています。

おすすめ食事メニュー(2) 海鮮丼・ミニ丼三点セット

「海鮮丼」は、「北一ホール」の食事メニューで人気ナンバー1を誇る一品です。新鮮な魚介類をたっぷりと盛りつけた豪華な丼で、食べ応えのある海鮮丼となっています。海鮮丼には、北海道の郷土食の「三平汁」が付いています。北海道ならではの食材を贅沢に堪能できるメニューとなっているので、ぜひ食べてみてください。

また、ミニサイズの丼でいろいろと楽しみたいという人には「ミニ丼三点セット」がおすすめです。こちらは「北一ホール」の食事メニューで人気ナンバー2となっているメニューです。

ミニサイズの「かに丼、いか刺し丼、いくら丼」にお味噌汁とお新香が付いたメニューで、北海道ならではの魚介類をお得な価格でいただけるおすすめメニューとなっています。

おすすめ食事メニュー(3) そのほかにも!

「北一ホール」では、特製醤油ダレに漬けたいくらが堪能できる「いくら丼」、ニシンの甘露煮をのせた「ニシンそば」、北海道ならではの食材をトッピングした塩スープの「海鮮ラーメン」もおすすめのメニューとなっています。

そのほかにも「カニ雑炊、きのこあんかけうどん、和風きのこスパゲティ」や季節限定のメニューもそろっているので、好みにあわせて注文してみてください。

「北一ホール」に訪れるのにおすすめの時間とは?

「北一ホール」ではいつ訪問しても幻想的な雰囲気が楽しめますが、冒頭でもご紹介したとおり、ピアノ演奏の時間帯やランプの点灯作業にあわせて訪問すれば、さらに「北一ホール」の魅力に触れる事ができます。

ピアノ演奏は祝祭日・お盆・年末年始以外の月曜日から金曜日まで開催しています。演奏している時間は、午後2時から午後2時30分まで、午後3時から午後3時30分まで、午後4時から午後4時30分までとなっています。訪問しやすい時間帯という事もあり、ピアノ演奏の時間帯は店内が混雑している場合もあるのでお気を付けください。

ランプの点灯作業は午前8時45分からおこなっています。167個のランプにひとつずつ点灯していくようすは1日1回のこの時間帯しか見る事ができません。朝早い時間帯となりますが、ぜひ見学してみてください。

「北一ホール」の店舗情報とアクセス

最後に、「北一ホール」の店舗情報とアクセス方法をご紹介していきます。「北一ホール」は小樽の観光の際に立ち寄るのにおすすめのお店となっているので、営業時間やアクセス方法をしっかりと確認してから訪問してみてください。

また、営業時間などの情報は変更になる場合もあるので、心配な場合は訪問前にお店に確認してください。

店舗情報

「北一ホール」の営業時間は午前8時45分から午後6時までとなっています。食事メニューのオーダーストップが午後2時50分、それ以外のメニューのオーダーストップは午後5時30分となっています。

夜間は営業していないのでお気を付けください。また、季節などにより営業時間が変更になる場合もあるので、心配な場合は事前に施設に確認しておくのがおすすめです。

住所 北海道小樽市堺町7-26 北一硝子三号館
電話番号 0134-33-1993

小樽市内からのアクセス

小樽市内からのアクセス方法をご紹介します。「北一ホール」の最寄り駅は南小樽駅となります。南小樽駅からの所要時間は徒歩10分ほどです。

また、小樽駅から徒歩の場合は20分ほどと少し離れていますが、バスが出ているのでバスでのアクセスが良好です。小樽駅前の「小樽駅前ターミナル」バス停からおたる散策バスに乗り、「北一硝子前」バス停で下車すれば、すぐに「北一ホール」となります。

札幌市内からのアクセス

札幌市内から電車でアクセスする場合は、札幌駅からJR(快速エアポート)に28分ほど乗車して南小樽駅で下車します。駅からは徒歩10分ほどです。

バスの場合は札幌駅前から55分ほど乗車して小樽駅前で下車します。ここから徒歩の場合は20分ほどかかるので、先ほどご紹介したおたる散策バスでのアクセスがおすすめです。車の場合は札幌北インターチェンジから25分ほど走行して小樽インターチェンジでおりて、10分ほどとなっています。

新千歳空港からのアクセス

新千歳空港からのアクセス方法をご紹介します。新千歳空港からJR(快速エアポート)を利用する場合は、新千歳空港から36分ほど乗車して札幌駅へ、札幌駅からは28分ほど乗車して南小樽駅で下車し、そこから徒歩10分ほどで「北一ホール」に到着となります。

空港連絡バスを利用する場合は、新千歳空港から80分ほど乗車して札幌駅前へ、そこから55分ほど乗車して小樽駅で下車し、小樽駅からは徒歩20分ほどとなります。

車の場合は、千歳インターチェンジから60分ほど走行して小樽インターチェンジでおりて、10分ほどで「北一ホール」に到着となります。

車でのアクセスと駐車場

「北一ホール」へ車でアクセスする場合の最寄りのインターチェンジは、小樽インターチェンジとなります。

小樽インターチェンジをおりて、道道17号線を通って10分ほどで「北一ホール」に到着となります。駐車場は、北一硝子の特約駐車場を利用するかたちとなります。

北一硝子特約駐車場の「港堺町特約駐車場」の営業時間は午前8時45分から午後6時までとなっています。ただし、季節により変動する場合もあるのでお気を付けください。料金は最初の1時間まで300円で、その後は20分ごとに100円となります。

「港堺町特約駐車場」は北一硝子の特約駐車場となっているので、北一硝子の店舗で合計2000円以上の購入で最初の2時間まで駐車料金が無料となるサービスがあります。無料サービスを受けたい場合には、「北一ホール」など利用した店舗のレジに駐車券を提示して処理を受けてください。

また、北一硝子にはバス専用の「北一硝子バス専用駐車場」もあります。レンタバスなど個人で利用する場合の料金は最初の1時間まで1000円、それ以降は30分ごとに500円となっているので、バスで訪問する際にはこちらの駐車場を利用してみてください。

「北一ホール」の周辺の駐車場

「北一ホール」は北一硝子の特約駐車場が利用でき、無料サービスもあるのでおすすめですが、混雑が予想される時には満車になってしまう場合もあるので周辺の駐車場を確認しておくのもおすすめです。ここでは「北一ホール」の周辺にある有料駐車場をご紹介しますので、混雑時に訪問する際には参考にしてみてください。

「リパークワイド小樽有幌町」は、「北一ホール」から南へ徒歩3分ほどの場所にある自走式の平面駐車場です。営業時間は24時間で、収容台数は20台分となっています。料金は平日と土曜・日曜・祝日ともに、20分300円となっています。

「リパーク小樽堺町」は、「北一ホール」から北へ5分ほどの場所にある平面駐車場です。営業時間は24時間で、収容台数は12台分となっています。料金は平日と土曜・日曜・祝日ともに30分400円です。

「パークヴィクトリアステーション小樽住吉」は、「北一ホール」から徒歩3分ほどの場所にある平面駐車場です。営業時間は24時間で、収容台数は27台分となっています。

料金は午前8時から午後12時までと午後1時から午後9時までは60分300円、午後12時から午後1時までは30分600円、午後9時から翌日の午前8時までは60分100円となっています。「ヴィクトリアステーション小樽住吉店」の提携駐車となっていて、お店を利用すると2時間無料サービスを受けられます。

北海道の人気のカフェ「北一ホール」へ行ってみよう!

北海道小樽市にある「北一ホール」についてご紹介してきましたが、魅力は伝わりましたか?「北一ホール」はほかにはない幻想的な雰囲気の中でゆったりと食事が楽しめる場所となっているので、ぜひ訪問してみてください。

今回ご紹介した「北一ホール」のメニューや営業時間などの情報については今後、変更になる場合もあるのでお気を付けください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mayuge

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ