道の駅うずしおの人気グルメやお土産まとめ!話題沸騰のご当地ハンバーガーとは?

兵庫・淡路島にある「道の駅うずしお」は人気グルメやお土産のあるおすすめの道の駅です。道の駅うずしおでは、話題沸騰中のご当地バーガーもいただくことができます。道の駅うずしおのおすすめグルメやお土産などを詳しくご紹介いたします。

道の駅うずしおの人気グルメやお土産まとめ!話題沸騰のご当地ハンバーガーとは?のイメージ

目次

  1. 1道の駅が大ブーム!
  2. 2淡路島の人気スポット『道の駅うずしお』とは?
  3. 3『道の駅うずしお』が人気の理由
  4. 4『道の駅うずしお』の食べておきたいあわじ島バーガー
  5. 5淡路グルメを食べるなら道の駅うすじおのレストランがおすすめ!
  6. 6『道の駅うずしお』のレストランのおすすめランチメニュー
  7. 7おすすめランチメニュー(4) 淡路島3年とらふぐ炙り出汁飯
  8. 8『道の駅うずしお』のおすすめのお土産
  9. 9『道の駅うずしお』の基本情報とアクセス
  10. 10「うずの丘 大鳴門橋記念館」も要チェック!
  11. 11兵庫の淡路島にある『道の駅うずしお』へ行ってみよう!

道の駅が大ブーム!

皆さんは、道の駅はご存知でしょうか?電車の駅のように全国には道の駅が設けられています。近年、道の駅はグルメが楽しめるスポットとして需要が高まってきています。ご当地の食材を使った料理が食べられたり、産地直送の食材を購入できたりするためです。今回は、「道の駅うずしお」についてピックアップしてご紹介いたします。

Thumb淡路島観光のドライブスポットおすすめ21選!島一周で人気グルメを堪能!
夕日の名所としても知られる兵庫県の淡路島。たまねぎスープや明石海峡の魚介類等、ご当地グルメも...

淡路島の人気スポット『道の駅うずしお』とは?

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおは、淡路島の人気スポットの1つです。道の駅うずしおは、本州から四国に向かう途中の淡路島にある道の駅です。

道の駅内には、レストランやショップが設けられ旅の途中で寄るだけでなく位置の駅を目指して訪れるお客さんも少なくなくなってきました。

『道の駅うずしお』が人気の理由

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおは、なぜ人気の道の駅となったののでしょうか?道の駅うずしおが人気な理由としていくつもの点があげられますが、ここでは「美味しいグルメ」と「淡路島のお土産」、「展望台からの景色」の3つのスポットライトをあてて、順番にご紹介いたします。

人気の理由(1) 美味しいグルメ

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおが人気の理由1つ目は、「美味しいグルメ」です。淡路島には特産品がたくさんあります。玉ねぎや鳴門金時などの野菜や、牛やふぐ、魚介類など道の駅うずしおのレストランやお店では淡路島グルメを堪能することができ、人気の理由となっています。

Thumb淡路島のグルメスポットを紹介!海鮮に玉ねぎなどおすすめの絶品料理が満載!
淡路島は、瀬戸内海でもっとも大きな島であり、海に囲まれていて海鮮が美味しかったり、名物の玉ね...

人気の理由(2) 淡路島のお土産

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおが人気の理由2つ目は、「淡路島のお土産」です。前述のとおり、淡路島には美味しいものがたくさんあります。お土産にも淡路島の玉ねぎなど特産品が使われたものが多くなっています。のちほど、おすすめのお土産をご紹介いたします。

人気の理由(3) 展望台からの景色

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおが人気の理由3つ目は、「展望台からの景色」です。展望台を含む道の駅うずしおは、大鳴門橋のたもとにあります。

道の駅うずしおの展望台からは、運がよければ鳴門名物のうずしおを見ることができます。道の駅の敷地内には何箇所かベンチも設けられているのでさまざまな角度からうずしおや風景を眺めることができます

『道の駅うずしお』の食べておきたいあわじ島バーガー

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおは、淡路島のおいしい食材を使用したグルメが楽しめるスポットです。特に注目していただきたいのがご当地バーガーの頂点や上位に輝いた「あわじ島バーガー」2種類です。道の駅うずしおに来たなら絶対にはずせないご当地メニューとなっています。

コンテストで1位と2位を獲得した人気バーガー

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおにはご当地バーガーの1位と2位に輝いた2種類のバーガーが販売されています。2013年にご当地バーガー1位の座に輝いたのは「あわじ島オニオンビーフバーガー」です。

2014年には、「あわじ島オニオングラタンバーガー」が2位になりました。人気のあわじ島バーガー2種を順番にご紹介いたします。

Thumb淡路島バーガーなら「淡路島オニオンキッチン」へ!人気メニューやそのお味とは?
兵庫県の淡路島で美味しいご当地グルメの淡路島バーガーを食べることができるということで人気の、...

「あわじ島オニオンビーフバーガー」

「あわじ島オニオンビーフバーガー」は、2013年にご当地バーガー1位の座に輝いたハンバーガーです。価格は660円。

あわじ島オニオンビーフバーガーの主役は玉ねぎです。8ミリメートルの厚さにカットされた玉ねぎをフライし、カツに仕上げました。カツの上には甘辛く炊いた牛肉と濃厚なトマトソースをかけています。

隠し味には明太子マヨネーズを使用し、シャキシャキのレタスがはさまれています。そのほかにも、玉ねぎはカツとオニオンスライス、オニオンチップと酸味のあるオニオンフォンデュ、トマトソースの中にもふんだんに使われています。

「あわじ島オニオングラタンバーガー」

「あわじ島オニオングラタンバーガー」は、2014年にご当地バーガー2位の座に輝いたハンバーガーです。価格は660円。厚く切った淡路島産玉ねぎのカツの上にはとろりとしたオニオングラタンソースと肉味噌をトッピング!

オニオングラタンソースは、淡路鶏と淡路島牛乳と淡路島の特産品で作られています。さらに、淡路島で明治8年以来愛されてきた児島岩吉商店のキッコー酢とワインビネガーの効いたオニオンフォンデュをサンドしています。

そのほかにも、カリカリのオニオンチップやグラタンソースに入ったざく切り玉ねぎ、肉味噌に入った玉ねぎソテーなど玉ねぎがふんだんに使われているハンバーガーです。

サイドメニューも美味しいと人気

あわじ島バーガーの美味しさもさることながら、サイドメニューもこだわりが感じられる美味しいメニューがたくさんあります。例えば、「あわじ島スウィーツオニオンリング」は厚さ15ミリメートルのオニオンリングです。塩が玉ねぎの甘みを引き立てます。

「鳴門金時いも棒」は、さつまいもの鳴門金時を使用したサイドメニューです。スティック上にフライし、藻塩をふっていただきます。こちらも塩が優しい甘みを引き立てるメニューとなっています。

淡路グルメを食べるなら道の駅うすじおのレストランがおすすめ!

兵庫県の淡路島の道の駅、うずしおにあるレストランは、淡路島のグルメを味わうのにおすすめのスポットです。大鳴門橋の絶景を眺めながらいただくお食事は、どれも淡路特産の食材を使ったものばかりです。今回は、おすすめのランチメニューにスポットライトをあててご紹介していきます。

『道の駅うずしお』のレストランのおすすめランチメニュー

兵庫県・淡路島にある道の駅うずしおのレストランは、上と下の2階に分かれています。上階は、一般の方の席、下階は団体席となっています。一般席が混雑している場合は、一般の方でも下の階に案内されることもあるのだそうです。

上の階も下の階も眺めのよさは変わりません。ここからは、おすすめのランチメニューをチェックしていきます。

おすすめランチメニュー(1) 白い海鮮丼

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおのレストランおすすめランチメニュー1品目は、「白い海鮮丼」です。価格は2420円。白い海鮮丼は、鯛やふぐ、しらすや鱧などその季節に淡路島でとれる地魚の白身魚だけを使った海鮮丼です。

お刺身とご飯は別々に運ばれてきます。お刺身にはその魚の名前が書いてあり、魚に詳しい方でなくても楽しみながら味わうことができます。最後は、鯛味噌とだしを入れてお茶漬けにしていただきます。

おすすめランチメニュー(2) 赤い炙肉丼

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおのレストランおすすめランチメニュー2品目は、「赤い炙肉丼」です。価格は3300円。

赤い炙肉丼は、鉄板で淡路牛や玉ねぎを焼きながらご飯とともにいただくメニューとなっています。部位は、ミスジやハネシタ、サンカクやヘレ、ロースなど希少な部位から4種類を厳選したものなのだそうです。

淡路島の塩やおろしわさび醤油、ポン酢などでお召し上がりください。味噌汁と淡路放し飼い卵もセットになっているので、最後に卵かけご飯するという方も少なくありません。

おすすめランチメニュー(3) 淡路牛鉄火丼

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおのレストランおすすめランチメニュー3品目は、「淡路牛鉄火丼」です。淡路牛鉄火丼は、淡路牛のももをロースとビーフ上に仕上げた肉の鉄火丼です。価格は、1980円。

ご飯の上に淡路の野菜とローストビーフをたっぷりトッピングし、これまた淡路特産のたまねぎドレッシングをぜいたくにかけた一品です。食べ応え抜群ながらヘルシーさも兼ね備えた丼となっています。

おすすめランチメニュー(4) 淡路島3年とらふぐ炙り出汁飯

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおのレストランおすすめランチメニュー4品目は、「淡路島3年とらふぐ炙り出汁飯」です。価格あ1600円。近年淡路島では3年とらふぐというふぐが売り出されています。

普通の養殖のふぐは2年ものなのですが、淡路島3年とらふぐは3年間育てます。そんな3年とらふぐをてっぱんでさっとあぶり、出汁茶漬けにしていただきます。香の物もついています。ふぐの皮はパリパリになるまで焼くのがコツなのだそうです。

『道の駅うずしお』のおすすめのお土産

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおの売店には、お土産におすすめの商品が数多くそろえられています。特に多いのが、たまねぎの加工品です。おやつになるものからドレッシングまでさまざまなたまねぎ食品が展開されています。

試食コーナーも豊富なので、迷ったときは味見をしながら淡路島のお土産探しをしてみてください。

Thumb淡路島のお土産おすすめ17選!定番のお菓子や玉ねぎ焼酎も人気!
淡路島には素敵なお土産がたくさんあります。今回は淡路島で人気のお土産を17選見ていきます。玉...

おすすめのお土産(1) 玉ねぎドレッシング

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおのおすすめお土産1品目は、「玉ねぎドレッシング」です。一口に玉ねぎスースといってもさまざまなものがありますが、道の駅うずしおで特に人気なのは「元祖玉葱和風ドレッシング」です。

甘みの強い淡路の玉葱と醤油が織り成すシンプルな味わいが15年以上愛されています。サラダにかけるだけでなく、カルパッチョソースや冷奴などにもかけると美味しくいただくことができます。

おすすめのお土産(2) 淡路島飴色玉ねぎスープ あめたま。

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおのおすすめお土産2品目は、「淡路島飴色玉ねぎスープ あめたま。」です。淡路島飴色玉ねぎスープあめたま。は、道の駅うずしおでもトップスリーに入るほど人気のお土産です。

玉葱の形をした箱が目印。お湯をそそぐだけで美味しい玉葱スープを味わうことができます。軽くて持ち運びやすく、お土産に人気の商品となっています。

おすすめのお土産(3) 炙り芋きんとん

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおのおすすめお土産3品目は、「炙り芋きんとん」です。炙り芋きんとんは、お茶菓子に最適のお菓子です。鳴門金時をほっくりと炊き上げた後、あえて炙って焦がすことで香ばしい風味を際立たせたお菓子となっています。

1個から買い求めることができ、箱入り5個セットもあるので数を調整したいお土産にもってこいのお菓子です。

『道の駅うずしお』の基本情報とアクセス

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおは、大きく分けて3つのお店に分かれています。お土産などが買える「ショップうずのくに」、淡路島のグルメが味わえる「道の駅うずしおレストラン」、あわじ島バーガーが食べられる「あわじ島バーガー淡路島オニオンキッチン本店」です。

ここからは、それぞれの営業時間や道の駅うずしおへのアクセス方法、駐車場情報などをご紹介いたします。

基本情報

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおは、大きく分けて3つのお店に分かれています。お土産などが買えるショップうずのくにの営業時間は、9時から17時までです。道の駅うずしおレストランは、カフェが9時から始まりラストオーダーが15時。食事は10時から始まりラストオーダーは15時となっています。

あわじ島バーガーが食べられるあわじ島バーガー淡路島オニオンキッチン本店は、曜日によって営業時間が異なります。

平日は9時30分から始まり、ラストオーダーが16時30分。土曜日や日曜日、祝日は9時から始まり16時30分がラストオーダーとなります。道の駅うずしおの休業日は、祝日や繁忙期以外の木曜日と12月31、1月1日です。

住所 兵庫県南あわじ市福良丙947-22
電話番号 0799-52-1157

アクセス

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおは、淡路島にある道の駅です。大阪からは1時間半、高松からは1時間ほどの場所にあり、淡路島の南端と四国を結ぶ大鳴門橋のたもとにあります。

高速道路の神戸淡路鳴門自動車道に乗り、淡路南インターチェンジをでて5分くらいで道の駅うずしおに到着します。ロードバイク置き場もあり、車だけでなくロードバイクで訪れる方も少なくないようです。

駐車場情報

兵庫県の淡路島にある道の駅うずしおの駐車場は50台ほどのキャパシティーとなっています。そのため、混雑時には臨時駐車場にとめてシャトルバスで移動することもあるのだそうです。

シャトルバスは10分毎に発車し、臨時駐車場から道の駅うずしおまで歩く場合は15分ほどかかるだのそうです。

道の駅うずしおには見所がたくさんあるため、駐車場の回転はあまりよくありません。少し手間ですが、駐車場がいっぱいの際は空きを待つより臨時駐車場の利用をお勧めします。

「うずの丘 大鳴門橋記念館」も要チェック!

兵庫県の淡路島にあるうずの丘大鳴門橋記念館は、淡路南インターチェンジからすぐのところにある記念館です。館内では、大鳴門橋やうずしおについて学ぶことができます。駐車場もあります。

こちらでも道の駅にあるお店の支店として淡路島バーガーが販売されており、道の駅うずしおに対して比較的スムーズに購入することができるのだそうです。そのほか、レストランや売店も併設されています。

うずの丘 大鳴門橋記念館の基本情報

兵庫県の淡路島にあるうずの丘大鳴門橋記念館は大きく分けてに分かれています。大鳴門橋やうずしおについて学べるうずしお科学館の営業時間は、9時から17時までです。最終入場は16時30分。

たまねぎで有名な淡路ならではのアトラクション「たまねぎキャッチャー」は9時から17時まで。混雑時は速く締め切ることもあるのだそうです。絶景レストランうずの丘の営業時間は、10時から15時まで。ショップうずの丘味市場は9時から17時まで。

あわじ島バーガー淡路島オニオンキッチンうずの丘店の営業時間は、9時からはじまりラストオーダーは16時です。ただし、祝日や繁忙期以外の火曜日と12月31日、1月1日は休業日となっています。

住所 兵庫県南あわじ市福良丙936-3
電話番号 0799-52-2888

兵庫の淡路島にある『道の駅うずしお』へ行ってみよう!

最後までご覧いただきありがとうございます。兵庫の淡路島にある道の駅うずしおは、グルメが楽しめる道の駅です。淡路島の名産品やご当地バーガーなどをいただくことができます。また、すぐ近くにあるうずの丘大鳴門橋記念館もおすすめスポットです。ぜひ一度、足を運んでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
serorian

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ