「平安蚤の市」は京都の新しいマーケット!毎月の開催日や場所は?

京都で開催している「平安蚤の市」は新しいマーケットとして注目されています。ここでは、京都の「平安蚤の市」について紹介します。毎月の開催日や開催場所などについて紹介します。どんなマーケットなのか、多くの人に注目してもらいたいです。

 「平安蚤の市」は京都の新しいマーケット!毎月の開催日や場所は?のイメージ

目次

  1. 1新しい京都のマーケット「平安蚤の市」とは?
  2. 2「平安蚤の市」の開催場所とは?
  3. 3「平安蚤の市」のおすすめポイント
  4. 4「平安蚤の市」の開催日って?
  5. 5「平安蚤の市」の人気の理由は?
  6. 6「平安蚤の市」へ行く際の注意点
  7. 7「平安蚤の市」の基本情報とアクセス
  8. 8人気の「平安蚤の市」で骨董品の掘り出し物を探してみよう!

新しい京都のマーケット「平安蚤の市」とは?

京都では「平安蚤の市」というイベントが開催されています。開催を重ねるごとに多くの人に注目されるようになり、人気が得られるようになってきました。京都を訪れる日本人観光客はもちろんのこと、外国人観光客にも注目されています。「平安蚤の市」がどのようなイベントなのかをまず知ってもらい、足を運ぶきっかけにしてください。

Thumb平安神宮の見どころや必見観光ポイントは?菖蒲の見頃やお守りも紹介!
歴史の浅い「平安神宮」ですが、艶やかな外観は息を呑む美しさで有名です。「平安神宮」建造の理由...

「平安蚤の市」の開催場所とは?

京都の「平安蚤の市」がどこで開催されているのかを紹介します。「平安蚤の市」は平安神宮の前にある岡崎公園で開催されています。岡崎公園は1895年に行われた内国勧業博覧会の跡地に造られました。この公園には、図書館・美術館・動物園・ロームシアター京都などの施設が入っており、いろいろな楽しみ方ができます。

とても広い公園なので、イベントを行うには最適な場所です。「平安蚤の市」が開催される場所も、非常に広いスペースなので、たくさんの店舗が並んでも、それぞれの店舗を快適に見ることができます。「平安蚤の市」に適した場所と言えるでしょう。

「平安蚤の市」は平安神宮前の岡崎公園で開催されるということを知っておきましょう。しっかりと楽しめるスペースになっています。

「平安蚤の市」のおすすめポイント

「平安蚤の市」のおすすめポイントを紹介します。「平安蚤の市」がどこで開催されるのか知った後は、どういったイベントなのかを知ってください。どんなイベントなのか知ってもらえれば、興味を持ってもらえるかもしれません。「平安蚤の市」のようなイベントは、今まであったようでなかったので、新しいマーケットと言えます。

どんなイベントなのかを知り、どんなおすすめポイントがあるのかを把握しておきましょう。最初はあまり興味が持てないと感じた人も、詳しくイベントの内容を知ることで、徐々に興味が出てきたという人もたくさんいます。

「平安蚤の市」というイベントの内容について知っておきましょう。そして、ぜひ興味を持ってもらいたいです。

おすすめポイント(1) 骨董品などの古物に特化したマーケット

「平安蚤の市」は骨董品などの古物に特化したマーケットです。骨董品のみを販売しているお店を集めたマーケットは京都のみならず、日本の各地で行われています。「平安蚤の市」は古物市なので、骨董品だけを扱っているわけではありません。普段買い物をしているだけでは、まず出会うことができない商品がたくさんあります。

おすすめのポイントは、日本の骨董品だけでなく、世界中から集められた古物がたくさん販売されていることです。古物を扱うおしゃれな雑貨店が多数集結したマーケットだと思ってもらうと、少しはわかりやすいかもしれません。

「平安蚤の市」に出店しているお店の隅々までゆっくりと見てもらうことをおすすめします。そして、本当に気に入った骨董品などを購入しましょう。たくさんのお店で、たくさんの商品が販売しているため、本当のお気に入り商品を買うのは簡単ではありません。できるだけ多くのお店を見てもらうことで、気に入った商品が出てくるでしょう。

お店の人とコミュニケーションを取りながら、商品を見るのもおすすめです。「平安蚤の市」のようなマーケットでは、お店の人との距離が非常に近いため、コミュニケーションが取りやすいのも、人気のポイントと言えるでしょう。

「平安蚤の市」のおすすめポイントは、たくさんのお店を見て、たくさんの骨董品を見てもらうことです。

おすすめポイント(2) 毎回出店店舗が異なる

「平安蚤の市」のおすすめポイントの2つ目は、毎回出店店舗が異なることです。つまり、前回出店していたお店が、次の時には出店していない可能性があるということです。そのため、足を運んだ時に、本当に気に入った商品があったら、購入しておくことがおすすめです。次の開催日にお目にかかれない可能性があるからです。

毎回出店店舗が異なるのは「平安蚤の市」に何度も足を運んでいる人であれば、良いことかもしれません。毎回新鮮な気持ちでイベントを楽しんでもらえるからです。出店店舗が入れ替われば「平安蚤の市」に出店するメリットが多くの人に伝わります。

「平安蚤の市」に行く場合は、一期一会の気持ちを持っていきましょう。そして、本当に気に入った商品は、必ずその日に購入することをおすすめします。

「平安蚤の市」の開催日って?

「平安蚤の市」の開催日について紹介します。「平安蚤の市」がどんなイベントなのか知ってもらったら、開催日がいつなのかを知っておきましょう。「平安蚤の市」がいつ開催されるのかを知っておかないと、イベントの魅力がわかっても、足を運ぶことができません。開催日を知っておくことは、イベントに参加するために必須です。

「平安蚤の市」の開催日は、非常に分かりやすく設定されているので、すぐに覚えてもらえるはずです。「平安蚤の市」に参加してもらうと、次の開催日がいつなのか発表されています。また「平安蚤の市」の公式ホームページでも公表されています。

「平安蚤の市」の開催日を知っておき、予定が合うならば、ぜひ足を運んでください。とてもわかりやすい開催日になっています。

基本的に毎月ほぼ10日が開催日

「平安蚤の市」は基本的に毎月ほぼ10日が開催日となっています。ほぼ10日というところがポイントになります。2019年11月以降の開催日は、12月10日・1月10日・2月10日・3月10日といった予定になっています。毎月同じ日に開催されること自体わかりやすいことですが、しかもほぼ10日ということが、さらにわかりやすくなっています。

毎月ほぼ10日の他に、特別開催日が設けられることがあります。特別開催日が現在設定されているのが、3月28日と3月29日です。春休みの土日になので、たくさんの来場者が予想されます。いつもよりも人気の日になるでしょう。

毎月ほぼ10日が「平安蚤の市」の開催日ということを知っておきましょう。詳しくは「平安蚤の市」の公式ホームページを参照してください。

「平安蚤の市」の人気の理由は?

「平安蚤の市」は2019年4月10日からスタートしましたが、毎月開催を重ねるごとに人気が出てきています。人気が出ている理由は、毎月回を重ねるごとに出店するお店の応募が増えてきていることが挙げられます。「平安蚤の市」に出店できる数は、スペースの関係上、約150店舗となっています。

「平安蚤の市」に出店するためには、平安蚤の市実行委員会に申込をしなければいけません。申込期日が決まっており、それまでに申込をして、選考を待たなければいけません。先着順ではなく、選考による審査というところがポイントです。

出店の申込をしても、必ずしも出店できない可能性があります。どんどん人気が出てきているイベントなので、出店すれば多くの人に注目を浴びるので、出店希望が今後も増えることが予想されます。出店する側にとっても、販売する商品に力を入れています。その気持ちがお客さんにも伝わり、人気が増している要因となっています。

毎月開催していることも、人気の要因となっていることは間違いありません。毎月ほぼ10日が平日でも休日でも、それほど関係なくたくさんの人に人気があります。毎月開催するので1ヶ月待てば、また楽しめるというワクワク感も人気の要因でしょう。

素晴らしい骨董品がたくさん販売されている「平安蚤の市」は、今後も人気を増していくに違いありません。

「平安蚤の市」へ行く際の注意点

「平安蚤の市」へ行く際の注意点を紹介します。このイベントは第1回の時は雨天でも決行されました。しかし、雨天だと骨董品が濡れてしまい、せっかくの価値を下げてしまうことになってしまいます。そのため、第2回以降は雨天になると中止になることが原則となりました。ただし、小雨ならば決行されることもあります。

「平安蚤の市」での支払い方法は現金が基本となりますが、多くのお店ではキャッシュレス決済を導入しています。キャッシュレス決済は手続きが簡単な上、現金でのやりとりをしなくても良いので、お店側・お客側どちらにもメリットがあります。

販売されている骨董品が高額の場合は、クレジットカードを使用できるところもあります。支払方法が柔軟なのもメリットとなります。

これは当然のことですが、商品を勝手に持ち出したり、汚したり、壊したりしないように細心の注意を払うようにしてください。お店側が心を込めて用意した商品ばかりなので、大切に扱うようにしてください。もちろん、商品を手に取って見てもらう分には全く問題ありません。じっくりと商品を確かめながら良さを感じましょう。

混雑している場合は、商品を見終わったり、購入し終わったら、速やかにその場を退くようにしましょう。たくさんの人がじっくりと商品を見たいと思っています。場所を占領することなく、他の人のことも考えて行動するようにしましょう。

「平安蚤の市」の注意点を知り、楽しく買い物をしましょう。雨天時で開催の有無がわからない場合は、公式ホームページを確認してください。

「平安蚤の市」の基本情報とアクセス

「平安蚤の市」の基本情報とアクセス方法を紹介します。「平安蚤の市」がどんなイベントなのか、どうして人気があるのかなどについて紹介してきました。あとは、どうやって会場である岡崎公園まで行けば良いのか知っておけば、安心して「平安蚤の市」に参加してもらうことができるでしょう。

アクセス方法では京都駅からのアクセス、烏丸・河原町エリアからのアクセス、車でのアクセス方法を紹介します。また、車でアクセスする人のために駐車場の情報についても紹介するので、ぜひ知っておきましょう。もちろん基本情報もチェックです。

基本情報

「平安蚤の市」は毎月ほぼ10日に開催され、開催時間は9時から16時となっています。開催時間は、開催時期によって変わる場合もあります。雨天だと原則中止になることを紹介しましたが、特別開催日の場合は雨天でも原則決行されることになります。公式ホームページに雨天決行と出ていれば、雨天でも開催されます。

京都駅からのアクセス

「平安蚤の市」の会場である岡崎公園までの京都駅からのアクセスを紹介します。京都駅からバスでアクセスする場合は、A2乗り場から京都市バス5系統もしくはD1乗り場から洛バス100系統に乗車してください。どちらのバスに乗車しても、岡崎公園 美術館・平安神宮前バス停で降りてください。1時間に8本ほどバスが運行されています。

京都駅から地下鉄でアクセスする場合は地下鉄烏丸線の国際会館方面の電車に乗り、烏丸御池駅で東西線に乗り換えます。六地蔵方面の電車に乗り、東山駅で降りてください。東山駅から徒歩10分くらいで岡崎公園までアクセスできます。

京都駅からはバスと地下鉄のどちらでもアクセスできるのが魅力です。京都観光の玄関口である京都駅からのアクセス方法を知っておきましょう。

烏丸・河原町エリアからのアクセス

岡崎公園までの烏丸・河原町エリアからのアクセス方法を紹介します。京都市バスを利用する場合は、5系統・46系統・32系統のバスに乗車し「岡崎公園 美術館・平安神宮前」もしくは「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこメッセ前」で降りてください。京都駅からのバス同様に、たくさんのバスが運行されています。

電車を利用する場合のアクセスです。岡崎公園への最寄り駅は、地下鉄東西線の東山駅もしくは京阪電車の三条駅・神宮丸太町駅です。烏丸・河原町エリアからならば、地下鉄四条駅もしくは京阪電車の祇園四条駅を利用すると良いでしょう。

烏丸・河原町エリアからでも、バス・電車どちらでもアクセスしやすいと言えます。このエリアのどこから公共交通機関を利用するのかを調べておきましょう。

車でのアクセスと駐車場

岡崎公園までの車でのアクセス方法です。岡崎公園への最寄りのインターは、名神高速道路の京都東インターです。京都東インターから、三条通を進み、神宮道交差点を北方向に右折したらすぐのところにあります。京都東インターから約20分で行くことができます。交通量が多い道なので、渋滞する可能性もあります。

駐車場は京都市営岡崎公園駐車場・みやこめっせ京都市勧業館駐車場・岡崎公園周辺にある一時預かりの駐車場などを利用してください。岡崎公園駐車場が約500台収容になっているため、近くでは一番大きな駐車場です。

Thumb平安神宮の駐車場まとめ!料金が安い場所・無料・予約OKはある?
平安神宮と言いますと、京都にある有名な観光スポットとなっております。国の重要文化財にも指定さ...

人気の「平安蚤の市」で骨董品の掘り出し物を探してみよう!

京都で開催されている人気の「平安蚤の市」について紹介してきましたが、興味を持ってもらえたならば幸いです。普通のお店では、なかなか販売されていないものが多いので、古物が好きな人にはぜひおすすめしたいです。骨董品の掘り出し物がたくさん見つかるかもしれません。「平安蚤の市」での素敵な時間を過ごしてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ