ヱビスビール記念館のツアーが楽しい!ビール飲み比べや人気限定グッズもあり!

東京の恵比寿にある「ヱビスビール記念館」は大人の社会見学のブームに乗り大人気となっている場所です。特にツアーに参加するとビールの飲み比べもできるのだそうです。そんなヱビスビール記念館の見どころやアクセス、ツアーへの参加方法などについて紹介します。

ヱビスビール記念館のツアーが楽しい!ビール飲み比べや人気限定グッズもあり!のイメージ

目次

  1. 1ヱビスビール記念館はビール好きにおすすめ!
  2. 2ヱビスビール記念館はどんなところ?
  3. 3ヱビスビール記念館で楽しめること
  4. 4飲み足りない人はティスティングサロンで飲み比べを楽しもう
  5. 5ヱビスビール記念館には限定グッズも!
  6. 6ヱビスビール記念館の基本情報
  7. 7ヱビスビール記念館のツアー予約方法・ツアー料金
  8. 8ヱビスビール記念館へのアクセス方法
  9. 9ヱビスビール記念館の周辺観光スポット
  10. 10ヱビスビール記念館でビールの飲み比べしよう!

ヱビスビール記念館はビール好きにおすすめ!

近年、大人の社会見学がブームとなっています。中でも食品関係の企業はふだん口に入れるものということもあって人気が高く、予約が必要ということも多いそうです。そんな中で大人の社会見学にぴったりの、ヱビスビール記念館について、その内容やおすすめポイントなどについて紹介します。

ヱビスビール記念館はどんなところ?

さて、ヱビスビール記念館というのはどういうところなのでしょうか。名前からして、ヱビスビールに関係する場所というのはわかるのですが、何といっても食品企業ですから比較的都心から離れた場所にあるのではと考える方も多いでしょう。そこでまずはヱビスビール記念館の立地場所から紹介します。

恵比寿ガーデンプレイス内にあるヱビスビールの記念館

まず、ヱビスビール記念館がどこにあるのかということからですが、東京都渋谷区恵比寿にあります。なんとヱビスガーデンプレイスの中にあるのです。ビールに関する見学をなんと都心のど真ん中、渋谷区恵比寿でできるというのは知らない方にとっては驚きかもしれません。

恵比寿ガーデンプレイスというとホテルに美術館、デパートに集合住宅とさまざまなものが揃ったエリアなのですが、その入り口正面に位置するサッポロビールホールディングスの中に「ヱビスビール記念館」はあるのです。

次に述べるように、この場所にはもともとヱビスビールの製造工場がありました。現在は再開発が行われ、工場はなくなっているので工場見学はできませんが、ヱビスビールゆかりの地として知られているのです。

もともとはヱビスビールの製造工場があった

このような都心のど真ん中に、なぜビールの記念館が作られたのでしょうか。それはこの場所がもともとヱビスビールの工場があった場所だからなのです。1887年、この地で日本麦酒醸造會社という会社が「恵比寿麦酒」を作り始めました。

この日本麦酒醸造會社が現在のサッポロビールホールディングスになるのですが、「恵比寿」というのは文字通り商売繁盛の神様であり七福神唯一の日本の神様、恵比寿様から名づけられました。そしてこのビールを輸送するために造られたのが「恵比寿」駅なのです。

ですからヱビスビールがこの地で作られたことで、恵比寿駅も作られましたし、この辺りの住所も恵比寿となったのです。この工場の跡地を再開発して作られたのが1994年に開業した恵比寿ガーデンプレイスということになります。

ヱビスビール記念館で楽しめること

それでは具体的に、ヱビスビール記念館でおすすめしたい楽しみ方を紹介します。ヱビスビール記念館ではリーズナブルな料金でいろいろなことが楽しめるため人気も高く、日によっては予約をとるのも大変な時があるほどだそうです。まずはおすすめの内容から紹介していきましょう。

ヱビスビールの歴史

ヱビスビール記念館でまず知ることができるのが「ヱビスビールの歴史」です。実際にヱビスビール記念館に行って目の前に見える大きな物体は、実際に工場で使われていた仕込み釜です。この仕込み釜を使ってビールが作られているわけです。

先ほど述べたように、ヱビスビールが作られ始めたのは1887年のことです。ドイツ人技師を招き本場の味を再現するべく造られたのがヱビスビールでした。1890年から販売開始されたヱビスビールは内国勧業博覧会で称賛を浴びるなどし、大人気となります。

しかし1943年、第二次世界大戦の配給制に伴い、いったん「ヱビス」という商標は消え、再びブランドが復活するのは1971年のことでした。以後ヱビスビールはその名前そのものがブランドとなっており、今でも多くの人に愛されるビールとなっているのです。

ヱビスビール記念館では天井高7メートルの空間を巡りながら、そんなヱビスビールの歴史について実際にエキスパートによる案内が行われます。また、中にはヱビスビール缶609本で作られたオブジェがあり、その中に1本だけ「両脇に鯛を抱えた恵比寿」がデザインされているものがあるそうです。

この「ラッキーヱビス」のデザインの缶を見つけ出すことができれば、福が訪れるとも言われており、人気となっているそうです。時間があったらぜひそのラッキーを探し出してみてはいかがでしょうか。

ヱビスビールの飲み比べ

難しい歴史よりもむしろ、こちらがお目当てという方も多いかもしれません。ヱビスビール記念館のおすすめといえばやはり飲み比べではないでしょうか。ヱビスビール記念館では、ツアーの後半にビールの飲み比べを楽しむことができるのです。

飲み比べができる会場に着くと、ヱビスビール記念館のスタッフの方が、2種類のビールをついでくれます。ふつうのヱビスビールと、ヱビス琥珀ビールなのですが、CMなどで出てくるいかにもおいしそうに注がれたビールが飲み比べできるのです。実際飲み比べてみると、味の違いがよくわかるのでぜひゆっくり味わうのがおすすめです。

それだけではありません。この飲み比べコーナーでは、飲み比べた後で家庭で簡単にできる缶ビールのおいしい注ぎ方を教えてくれるのです。飲み比べで体験したおいしさが家でも味わえるので、ぜひ覚えて帰りたいところです。

飲み足りない人はティスティングサロンで飲み比べを楽しもう

前に述べた飲み比べコーナーでは、なんと500円という安い料金で飲み比べが楽しめます。しかしせっかくならもっとおいしいビールを飲んでみたいという方も多いのではないでしょうか。そんな方はテイスティングサロンに行ってみましょう。

こちらのコーナーでは、専用のヱビスコインを購入し、このコインでさまざなビールを飲むことができます。ヱビスコインの料金は1枚400円で、ヱビスビールはどれもコイン1枚、つまり料金400円で飲むことができます。オリジナルのおつまみも用意しています。

もちろん普通のヱビスビールもおすすめなのですが、黒ビールなどはもちろん、期間限定のものも揃えられています。オリジナルビアカクテルなどがあることもあり、なかなかふつうでは飲む機会がありません。それがこの料金で楽しめるわけですから、ぜひおすすめしたい一杯です。

ヱビスビール記念館には限定グッズも!

このように、リーズナブルな料金でヱビスビールの歴史やおいしさをまるごと味わうことができるヱビスビール記念館は、ビール好きの方にはぜひおすすめしたい観光スポットなのでずか、せっかく行ったのならやはりグッズなども気になる所ではないでしょうか。次に限定グッズについて紹介します。

人気の限定グッズ(1) グラス

ヱビスビール記念館は何といってもビールの記念館ですから、ビール好きな方が来ることが多いでしょう。そんな方ならばやはりおすすめグッズはグラス類ではないでしょうか。こちらで販売されているのはジョッキとタンブラーが2種類ずつ、フロストグラスが1種類です。

中でもおすすめしたいグッズがフロストグラスです。このグラス、ちょっと半透明な感じのグラスなのですが、これを使うとビールが格段においしくなると大人気のグッズなのです。ビール好きの方にはぜひ試してみてほしいおすすめグッズと言えるでしょう。

ちなみにこの他に、万単位の金額になりますが、ヱビスのロゴ入りバカラグラスもあるそうです。こちらは数量限定なので、もし興味がある方はお早めにアクセスしてみるといいでしょう。

人気の限定グッズ(2) トートバッグ

本人はビールが好きでも、ビールが飲めない方にグッズをお土産に買う方もいるでしょう。そんな方に人気なのがトートバッグです。ヱビスビール記念館のトートバッグにはヱビスビールのロゴが入っていて、ヱビスビールの歴史が体験できるグッズとなっています。

もちろんヱビスビールのロゴ入りですから、ここでしか購入することができないレアものということになりますし、使いやすい布製なので、ふだんはたたんで持ち歩いて、必要な時に取り出すのにも便利です。使い勝手もいいのでその点もおすすめと言えるでしょう。

ヱビスビール記念館の基本情報

それでは次に、ヱビスビール記念館に実際に行く時に気になる基本情報について確認します。まず、ヱビスビール記念館の営業時間は11時から19時までとなっています。入館は30分前までなので、余裕を持たせていくようにしましょう。

それから休館日は毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)と年末年始、臨時休館日となっています。実はヱビスビール記念館は、中を見てグッズを購入するだけならば予約もいりませんし、料金もかかりません。ただし飲み比べなどはなく、ビールなど飲みたい場合はティスティングサロンで料金を払う必要があります。

一方、ここまで紹介してきたように、説明をしてもらったり飲み比べを楽しんだりできるのは料金が有料のツアーとなります。もちろん料金を掛けずに中を見て歩くのもいいのですが、どうせスタッフの方がいる場所ですし、料金がかかってもツアーがおすすめです。

ヱビスビール記念館のツアー予約方法・ツアー料金

ではその料金がかかるツアーはどのようなものなのでしょうか。ここまで紹介してきた見学ツアーは平日、休日とも11時台から17時台まで30分おきに行われています。所要時間は歴史などの解説が20分、飲み比べが20分の計40分程度となります。

こちらのツアーは定員があり、基本的には予約が必要です。予約なしでも定員に空きがあれば参加できますが、予約の方か優先になるので、できるだけ予約をして行くのがおすすめです。予約は公式サイトの申し込みページからすることができます。

予約がきちんとできたら、当日は予約した時間の10分前までにヱビスビール記念館に行きます。料金は大人が500円、中学生から20歳未満は300円となります。予約の場合でも料金は同じで、この料金に飲み比べ2杯分までが入っています。

なお、有料ツアーの場合はビールの飲み比べがあるということでしたが、中には諸般の事情でビール(アルコール)を飲めない方もいるかもしれません。そういった方はソフトドリンクの用意があるので、そちらを飲むことになります。そういった方でも安心してヱビスビール記念館に行ってみてください。

ヱビスビール記念館へのアクセス方法

次にヱビスビール記念館へのアクセス方法です。先ほども述べたように、ヱビスビール記念館は東京のど真ん中である恵比寿にありますし、またビールというアルコールを飲むため、公共交通機関を利用してアクセスする方が多いのではないでしょうか。以下公共交通機関利用と車利用に分けて紹介します。

電車でのアクセス方法

電車を利用してヱビスビール記念館にアクセスする場合、最寄り駅は「恵比寿」駅となります。JRと東京メトロが乗り入れており、相互に乗り換えもできるようになっています。JRは山手線などが通っているため、遠方の方も迷わず恵比寿駅まで来ることができるでしょう。

駅に降りたら動く歩道「スカイウォーク」を使い、終点の正面歩道を渡ると「恵比寿ガーデンプレイス」に着きます。そうしたらアーチ状の屋根があるセンター広場を通り、「恵比寿三越」の中を通り抜けると正面玄関にたどりつきます。

恵比寿駅からの所要時間はスカイウォークが徒歩で5分ほど、降りてからは3分ほどなので、合計で恵比寿駅から徒歩で8分ほどでヱビスビール記念館に到着となります。

車でのアクセス方法

車でヱビスビール記念館にアクセスする場合は、「恵比寿ガーデンプレイス」の駐車場を利用することになります。そのため恵比寿ガーデンプレイスを目的地にしてアクセスすれば問題なく行くことができるでしょう。

なお、先ほど述べたように、車でアクセスしている場合はビールを飲むことができません。ですからその場合はソフトドリンクもしくはビールテイスト飲料を飲むことになります。

Thumb恵比寿ガーデンプレイスの駐車場特集!周辺の料金が安いおすすめの場所紹介!
「恵比寿ガーデンプレイス」は、大変人気の観光スポットであり、いつも多くの人で賑わっています。...

ヱビスビール記念館の周辺観光スポット

最後に、ヱビスビール記念館に行った時におすすめの周辺観光スポットをいくつか紹介します。まずヱビスビール記念館が入っている恵比寿ガーデンプレイスですが、ここには東京都写真美術館という美術館のほかショッピング街も揃っており、見学後にのんびりすごすのにもおすすめです。

また、季節によっておすすめしたいのが目黒川です。ここは東京の桜の名所として知られており、見頃の時期には多くの方がお花見に訪れます。近くにはおしゃれなカフェもあるので、お茶など楽しみながらゆっくりお花見をするのもいいのではないでしょうか。

そして冬の時期になると、先ほどヱビスビール記念館に行く途中で通ったセンター広場などに美しいクリスマスツリーとイルミネーションが輝きます。某人気ドラマのロケ地としても使われた人気の場所で、カップルはもろちん多くの人々でにぎわいます。

Thumb恵比寿ガーデンプレイスの時計広場は花男の人気ロケ地!行き方や見どころも紹介!
花男が終了しても恵比寿ガーデンプレイスの時計広場の前には女子達が並んでいます。花男で初めて人...

ヱビスビール記念館でビールの飲み比べしよう!

ヱビスビール記念館は、日本人の生活に根付いたお酒であるビールの歴史に触れるとともに、おいしいビールの飲み方も教えてくれる、ビールファンにはうれしい施設です。ここで教わった方法で入れるとビールの味がまったく違うものになるほどだそうです。ぜひそのあたりも楽しみに、休日のひとときを過ごしてみてはいかがですか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ