小布施で栗グルメが味わえるお店9選!おこわやスイーツなど人気店を紹介!

長野の小布施は小さい街ながら、特に秋になると観光客で賑わいます。そんな小布施の名物は栗!かつては徳川幕府の献上品として厳重に管理されたほどの高級栗の名産地である長野の小布施で、栗スイーツや栗グルメが堪能できる人気のお店を紹介します。

小布施で栗グルメが味わえるお店9選!おこわやスイーツなど人気店を紹介!のイメージ

目次

  1. 1小布施で栗グルメを味わえるおすすめのお店とは?
  2. 2長野の小布施ってどんな街?
  3. 3長野の小布施栗は高級ブランド徳川献上果
  4. 4小布施の栗スイーツを堪能できるお店
  5. 5小布施の時期を関係なく栗グルメを食べられるお店
  6. 6小布施の栗を使ったモンブランを堪能できるお店
  7. 7小布施の人気の栗グルメを堪能できるお店
  8. 8小布施で栗グルメを堪能しよう!

小布施で栗グルメを味わえるおすすめのお店とは?

長野の小布施(おぶせ)は栗の名産地と言われています。その栗を使ったおいしいスイーツやグルメは1年中味わうことができます。

しかし、特におすすめは新栗の時期「秋」の栗です。その栗を求めて県内外から長野の小さな街小布施に大勢の観光客が来るのです。

モンブランや栗ようかん、栗おこわなどスイーツからグルメまで小布施の栗や地元でとれた新鮮な食材を味わえるおすすめのお店を9店舗紹介します。

長野の小布施ってどんな街?

長野県の北東にある街「小布施」は、農業が盛んな街で観光として整備された街ではありませんでした。

しかし、昔から交通と経済の要所として栄えており、親から子へと受け継いできた栗を使った伝統菓子や、遠方からの客人をお迎えするもてなしに始まる独自の文化も継承され、人や街並みなどの伝承が観光の強みに変わっています。

かつて小林一茶や葛飾北斎などの文化人も魅せられ長期滞在していたと言われる長野の小布施は、食も文化も魅力のつまった街です。

Thumb小布施の観光ガイド!おすすめの時期やグルメスポットまで詳しく紹介!
長野の人気観光地「小布施(おぶせ)」。長野観光といえば冬の時期ですが、栗の名所である小布施は...

長野の小布施栗は高級ブランド徳川献上果

紀州(現在の和歌山県あたり)みかん、甲州(現在の山梨県あたり)ぶどうと並び、徳川幕府三大献上果の1つとなっていたのが小布施栗です。

小布施の街はそれほど大きくないので生産量は少ないのですが、濃厚で甘味が強く、こくがあるといわれる味わいは日本一と言われています。

また、徳川幕府の献上果であった時代は厳しい管理下に置かれ、厳重に管理されていたほどの究極の栗です。

小布施の栗スイーツを堪能できるお店

長野の小布施地区の栗は名果として名高く昔から人気がありました。そんな人気の栗をスイーツにして販売するというお店が小布施には古くからあります。

歴史と伝統を受け継ぎ守り抜いているお店から、伝統を受け継いだ両親が丹精込めて作った栗を使ったお店まで、栗スイーツを堪能できるお店を紹介します。

桜井甘精堂 本店

長野で伝統の栗菓子を味わえるのが「桜井甘精堂(さくらいかんせいどう)本店」です。場所は栗の里と呼ばれる長野の小布施にあります。

200年の伝統を誇る桜井甘精堂 本店では、長野の小布施の名果である栗を使ったスイーツを販売しており、栗ようかんや栗かのこ、マロンシューに栗アイス。

そして創業者桜井幾右衛門が製造したスイーツ栗落雁は、小布施の栗スイーツの始まりだと伝えられています。

そんな栗スイーツ発祥の地ともいえる場所では販売だけではなく、店内にはひと休みできる休憩スペースの用意もあります。

この休憩スペースは店外にもあり、お店に立ち寄った人だけではなく小布施散策で疲れた人も休めるようにとの配慮もされています。

桜井甘精堂 本店の定休日は無く、営業時間は8:30~18:00。小布施の栗だけではなく、もう1つ長野の名産品である寒天も使った純栗ようかんもおすすめです。

住所 長野県上高井郡小布施町小布施774
電話番号 026-247-1088

小布施堂本店

長野で栗グルメが味わえるといえば、全国的にも店舗展開をしている栗菓子の有名店「小布施堂(おぶせどう)本店」です。

栗鹿ノ子や栗羊羮など定番の栗菓子から、旬の時期の1ヶ月ほどしか提供できない限定メニュー栗の点心「朱雀」などがあります。

特に注目を集めるのは時期限定の栗の点心「朱雀」。蒸した栗の皮をとり、素麺状に裏ごししたものを栗あんの上に盛っている栗菓子です。

時期限定、数量限定ということで期間中は平日8:30~、土日祝日は8:00~整理券を求めて小布施堂本店には長蛇の列が発生します。

平日でも2時間前の6:00前から並んでも開店の整理券が取れるかどうかというほどの人気です。長野の新栗はそれだけ魅惑的な味なんです。

また、小布施堂本店ではスイーツだけではない栗グルメを堪能できるレストランも併設されており、こちらも人気です。

9月と10月は栗の時期ということで、レストランでも栗づくしのメニューを味わえます。長野の小布施栗をたっぷり使用した時期限定商品朱雀モンブランや、今月の生栗菓子。

夏の時期限定は栗あんくずきり、冬は栗あんしるこ。栗以外にも長野の伝統的地野菜を使った料理を提供しています。

小布施堂本店の定休日は無し。栗菓子販売店の営業時間は9:00~17:00。レストランの営業は11:00~15:00。喫茶の営業は10:00~16:00となっています。

住所 長野県上高井郡小布施町小布施808
電話番号 026-247-2027

Thumb小布施堂の朱雀モンブランは期間限定!店舗の場所や人気ランチをチェック!
長野県にある小布施堂は老舗の和菓子店ですが、こちらで期間限定で販売されている朱雀モンブランを...

TSUMUGI CAFÉ

長野の栗の名産地、小布施の駅前にある「TSUMUGI(つむぎ)」はオーナーのこだわりが随所に見られるおしゃれなカフェです。

人と文化をつむぐ場所ということで名付けられた店名「TSUMUGI」のおすすめメニューはカフェランチ。

スパイスのきいた人気のキーマカレーは、半熟の温泉卵ものっており、グルメな方にも人気が高い逸品です。

そして、忘れてはいけないのが小布施栗を使ったスイーツです。ここTSUMUGIでは、オーナーのご両親が育てている小布施栗を100%使用した「小布施栗のマロンパイ」が人気のおすすめメニューとなっています。

栗スイーツ目当てでは無く、ふと入ったお客さんも満足するランチやスイーツが味わえる実力派のお店です。

TSUMUGIの定休日は無し。営業時間は11:00~17:00です。最近メニューに加わった小布施栗とリンゴのタルトもおすすめです。

住所 長野県上高井郡小布施町小布施1499
電話番号 026-214-3915

小布施の時期を関係なく栗グルメを食べられるお店

新栗の時期と言えば秋。小布施の栗商品は旬のおいしい時期に食べてもらおうと、どうしても秋の時期限定のメニューが多くなってしまいます。

そんな中、風味を損なわない工夫により、時期を問わず小布施のおいしい栗を一年中味わえるお店をご紹介します。

えんとつ

えんとつは、長野で有名な栗菓子店小布施堂が通年を通して「モンブラン朱雀」を食べられるようにオープンしたお店です。

店舗は小布施堂を営む市村家が260年営んできた造り酒屋「枡一市村酒造」の精米蔵を改装したので、落ち着いた和風な建物です。

小布施堂本店の看板メニュー時期限定の栗の点心「朱雀」と「朱雀モンブラン」は、新栗が出る限られた時期のみですが、えんとつの「モンブラン朱雀」なら年中おいしい栗のモンブランを食べることができます。

えんとつは朱雀モンブランの専門店なので、朱雀モンブランのケーキセットのみとなりますが、セットのコーヒー「朱雀ブレンド」はモンブラン朱雀のためにブレンドしているので相性は抜群。

こちらも人気店で、開店30分前に受付用紙に名前を書き、先着順に案内するという形をとっています。並ぶことが前提ですがおすすめお店です。

えんとつの定休日は無く、営業時間は基本的に12:00~16:00。冬季(1月1日~2月28日)は、12:00~14:00となりますのでご注意ください。

住所 長野県上高井郡小布施町808
電話番号 026-247-7777

栗庵 風味堂

創業が元治元年(1864年)と、150年以上の歴史がある「栗庵 風味堂」本店には店舗内にカフェが併設されています。

その「café suku-G」では、時期を問わない栗スイーツや栗グルメが楽しめ、栗あん・栗の渋皮煮・栗の甘露煮・抹茶わらび餅などを使用した和風の栗パフェは特におすすめです。

また、お土産の栗スイーツも充実していて、栗もなかや栗ようかん、栗かのこや栗ごはんに栗バウムなど紹介できないほどの栗づくしなスイーツからグルメまで販売しています。

使用する小布施栗には強いこだわりと自信があるとホームページでも名言しているほど栗への愛が感じられる栗庵 風味堂のメニューをぜひ味わってみてください。

栗庵 風味堂の定休日は年始のみ。営業時間は8:30~17:30です。普通の栗もなかの他に、皮がくまの形をしている女子受け抜群の可愛い栗最中もあり、お土産に人気です。

住所 長野県上高井郡布施町414
電話番号 026-247-2145

小布施の栗を使ったモンブランを堪能できるお店

栗といったら、そのまま食べるのも美味しいですがやはり加工しているとよりすぐに食べられます。

栗しぼりや栗ようかんといった和スイーツももちろんおいしいのですが、時期になるとなんだか食べたくなるのはモンブラン。そんな栗の洋風スイーツの女王モンブランが食べられるお店を紹介します。

桜井甘精堂 栗の木テラス 小布施店

長野で栗のモンブランを堪能できるのは1808年(文化5年)創業の老舗栗菓子店桜井甘精堂がやっているカフェ「桜井甘精堂 栗の木テラス 小布施店」です。

ガス灯風の街灯や洋風の建物に内装もアンティーク家具で揃えている店内はクラシック音楽と、長野の小布施栗を使ったモンブランをはじめとするスイーツの甘い香りで包まれます。

モンブランの他に、長野産の旬のフルーツを使った十数種類あるケーキなどもおすすめで、店内で食べることができます。

また、ケーキセットで出てくる紅茶は日本紅茶協会が認定したおいしい紅茶が飲める店ということで、コーヒーより紅茶のセットがおすすめです。

お店のすぐそばが洋菓子の工房となっているので、ガラス越しに自由に工房見学ができ、長野の老舗菓子店を気軽に見学して帰れるもの人気のおすすめポイントです。

栗の木テラスの定休日は水曜。営業時間は10:00~18:00までとなっています。専用駐車場もあるので、長野駅から車で行っても安心です。

住所 長野県上高井郡小布施町小布施784
電話番号 026-247-5848

小布施の人気の栗グルメを堪能できるお店

小布施といったら、長野県内のみならず全国でも栗の産地で有名です。栗の加工品といえばその素材の甘味を活かした栗スイーツが多いですが、お食事として栗グルメを楽しむこともできます。

栗おこわが中心となってしまう栗グルメですが、そんな栗グルメを小布施で堪能できるおすすめのお店を紹介します。

竹風堂 小布施本店

昭和45年からまだ観光地では無かった長野の小布施で開店した「竹風堂(ちくふうどう) 小布施本店」は栗スイーツがメインのお店で、1階は販売・2階は食事処です。

長野の小布施栗スイーツが中心となっていますが、店舗で食べられる栗おこわの定食「山里定食」は人気メニューでおすすめです。栗おこわに味噌汁や小鉢などがいる定食で、長野の小布施の栗や山菜など地元長野グルメが味わえます。

時期限定の「栗なっと」(栗を使った甘納豆のようなスイーツ)、栗粒が入ったどら焼き「どら焼山」、栗あんとパイ生地のハーモニーがおすすめの「くりんぱい」など栗本来の美味しさが楽しめて人気です。

竹風堂小布施本店の定休日は年3回ほどの臨時休業のみ。営業時間は販売が8:00~19:00、食事処が10:00~19:00です。栗は小布施栗を中心に国産栗のみを使用しています。

住所 長野県上高井郡小布施街小布施973
電話番号 026-247-2569

桜井甘精堂 カフェ茶蔵

こちらも老舗の栗菓子店「桜井甘精堂」がやっているカフェ茶蔵(さくら)です。店内でも食べられますが、基本的にはテイクアウトのお店です。

系列店のカフェ栗の木テラス特製モンブランの栗ペーストがたっぷりかかっているモンブランソフトや、栗あげまんじゅう。また栗グルメの栗おこわおにぎりなど、スイーツからグルメまでこちらも栗づくしとなっています。

小布施散策の際のちょっとひと息の休憩にと近隣の他の店舗より早い9:00開店で、店内のイートインスペースには小布施観光情報を検索できるように自由に使えるパソコンも置いてあります。

桜井甘精堂 カフェ茶蔵の定休日は木曜(冬季休業もあります)。営業時間は9:00~16:00となっています。

住所 長野県上高井郡小布施町小布施779
電話番号 026-247-5601

Thumb「小布施牧場ミルグリーン」で濃厚ジェラートを味わおう!搾乳体験も人気?
この記事では、小布施牧場ミルグリーンの魅力を紹介します。小布施牧場ミルグリーンは、小布施牧場...

桜井甘精堂 泉石亭

桜井甘精堂の系列店「桜井甘精堂 泉石亭(せんせきてい)」は、長野の小布施栗を使ったスイーツの他、長野グルメをメインに楽しめるお店です。

店舗は、明治まで長野の小布施で酒造業を営んでいた高津家のお屋敷と呼ぶのにふさわしい古民家を改築した高級感あふれる風情は、長野のおいしいグルメを味わえるだけでなく、晴れの日にも使えるお店となっています。

泉石亭で楽しめるグルメは長野でとれる食材をふんだんに使った料理です。長野では野菜や果物だけではなく、その素材の良さを活かした加工品作りも盛んで、信州味噌の味噌汁もおすすめです。

桜井甘精堂 泉石亭の定休日は火曜。営業時間は10:30~18:00です。グルメを楽しむだけではなく、人気の栗あんみつなどのスイーツだけでも気軽に立ち寄れます。

住所 長野県上高井郡小布施町大字小布施中町779
電話番号 026-247-5166

小布施で栗グルメを堪能しよう!

長野の小布施は歴史ある街並みに、代々受け継がれてきた栗菓子などの伝統文化を大切にしている街です。

小布施では1年中美味しい栗が食べられますが、特におすすめの季節は新栗が出る旬の時期「秋」です。

長野に行く際は、善光寺や松本城、戸隠などに足をのばすのももおすすめですが、小布施にも足をのばして街に息づいた栗スイーツや栗グルメなどを堪能してみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ