だるまそばは沖縄・那覇の名店!軟骨ソーキなどおすすめメニューを紹介!

沖縄・那覇にある「だるまそば」は沖縄そばが人気の大衆食堂です。軟骨ソーキそばや宮古そばなどが味わえるほか、みそ汁も人気のメニューとなっています。だるまそばの人気メニューや基本情報、アクセス方法などについてご紹介いたします。

だるまそばは沖縄・那覇の名店!軟骨ソーキなどおすすめメニューを紹介!のイメージ

目次

  1. 1軟骨そばが名物のだるまそばをご紹介!
  2. 2沖縄そばとは?
  3. 3沖縄は沖縄そばの宝庫!
  4. 4沖縄・那覇の名店『だるまそば』とは?
  5. 5『だるまそば』の外観と内観
  6. 6『だるまそば』のおすすめメニュー
  7. 7調味料にも注目!
  8. 8『だるまそば』の混雑状況
  9. 9『だるまそば』の店舗情報とアクセス
  10. 10美味しいと人気の『だるまそば』へ行ってみよう!

軟骨そばが名物のだるまそばをご紹介!

皆さんは、ソーキそばはお好きでしょうか?美味しい沖縄そばが食べたい!せっかく那覇に来たんだから宮古そばとか沖縄らしいものが食べたい!そんなときにおすすめの沖縄そばを取り扱っているお店の中から今回はみそ汁も美味しいと人気のお店「だるまそば」をご紹介いたします。

Thumb沖縄の食堂おすすめランキングTOP11!地元民ご用達の人気店ばかり!
沖縄には食堂がたくさんあるのをご存知でしょうか。ソーキそばやチャンプルーなど沖縄のご当地グル...

沖縄そばとは?

そもそも沖縄そばとはどのようなものなのでしょか。一般的に、沖縄そばの麺は太めで縮れていることが多くなっています。一方、沖縄の中でも宮古島など八重山諸島などでは島独特のそばが誕生しました。

沖縄そばの特徴は、ゆでた麺に油を塗り自然冷却をすることです。そばを日持ちさせるための手法となっています。出来上がった沖縄そばの麺は独特のぼそぼそとした食感を生んでいるのだそうです。

そんな沖縄そばの中には、ソーキそばや宮古島の風土料理である宮古そば、大東そばや久米島そばなどが含まれています。

Thumb沖縄のソーキそばランキングTOP10!おすすめの人気店ばかりを厳選!
沖縄と言えば何を思い浮かべますか?青い空・美しい海・シーサーなどを思い浮かべると思いますが、...

沖縄は沖縄そばの宝庫!

沖縄そばは沖縄の郷土料理です。沖縄には沖縄そばを提供するお店がたくさんあり、どこに行こうか悩んでしまう方もいらっしゃることでしょう。お店によって味は様々で、取り扱っているメニューも色々あります。

今回は、沖縄そばのソーキそばと宮古そば両方を1つのお店で食べることができる大衆食堂だるまそばにスポットライトをあてて、ご紹介いたします。

Thumb那覇の沖縄そば人気店まとめ!おすすめの名店から夜営業のお店もあり!
美味しい料理がたくさんある沖縄の那覇は、県内トップクラスのグルメスポットです。とりわけご当地...

沖縄・那覇の名店『だるまそば』とは?

だるまそばは、沖縄県那覇市にある人気の名店です。だるまそばでは、柔らかな軟骨が自慢の軟骨ソーキそばと一見シンプルに見える宮古そば、具沢山の沖縄風みそ汁が人気メニューとなっています。

那覇空港からだるまそばまでは車で12分ほど。地元の人に長く愛されるだるまそばの魅力や、訪れた際は是非一度食べていただきたいおすすめの美味しいメニューについてご紹介いたします。

『だるまそば』の外観と内観

沖縄県那覇市にあるだるまそばの外観は、まさに町の食堂屋さんといった佇まいをしています。黄色い建物に赤いだるまのマークが目印!だるまそばの店の前にある駐車場にはタクシーが止まってることも多く、観光客の方より地元の人に愛されている人気店であることがわかります。

特に周辺のお店情報について詳しいはずのタクシー運転手さんがポイントです。タクシー運転手さんが訪れるお店ははずれが少ないともいわれています。実際に、だるまそばの駐車場にはタクシーが頻繁に停まっている姿が見受けられます。

美味しいメニューに胸をはずませながらだるまそば入り口のドアに目を向けると、メニューの文字が並んでいます。おすすめメニューなのか、ソーキそばや宮古そば、そばやみそ汁の文字が書かれています。引き戸を引いて、店内に足を踏み入れていきましょう。

食券で注文

扉からだるまそばの店内に一歩足を踏み入れると、すぐ横には給水機が置かれています。水はセルフなので時間が空いた時に自分で汲みに行ってください。壁には所せましとカレンダーや写真、メニューが張り付けられています。その様子はまさに、昔懐かしの食堂です。

だるまそばでの注文方法は食券です。食券機で食券を購入します。席に座っていても注文を聞きにこられないので注意が必要です。

だるまそばの店内はテーブル席とカウンター席

店内に設けられた席数14席からもわかるように、だるまそばはあまり大きなお店ではありません。店内中央にはテーブル席8席が設けられ、それを背にするように壁に向かってカウンター席が6席ほど並べられています。みんなでわいわい食べるよりも、もくもくと食べている人が多い印象を受けます。

お昼時になると席が埋まってしまい、店の外に行列すらできることも少なくありません、しかし、だるまそばは回転が早いお店なので思いのほかすぐに席に着くことができるのだそうです。

『だるまそば』のおすすめメニュー

だるまそばは沖縄の那覇にある料理が美味しいと人気のお店です。だるまそばのおすすめメニューはどのようなものでしょうか?

ここからは、お店の入り口にも書かれていた軟骨ソーキそばや宮古そば、みそ汁の3品といなり寿しの合計4品のおすすめメニューについて順番にご紹介いたします。

おすすめメニュー(1) 軟骨ソーキそば

沖縄・那覇にあるだるまそばのおすすめメニュー1品目は、「軟骨ソーキそば」です。軟骨ソーキそばの価格は、小が480円、大が550円、大盛が650円です。食券機のボタンは水色となっています。

ソーキそばは、沖縄そばの一種です。ソーキそばは、沖縄県産の黒糖や泡盛、しょうゆなどで甘辛く炊いた豚のスペアリブであるソーキがトッピングされているのが特徴です。

一口にソーキといってもソーキにも種類があり、骨付きの本ソーキや軟骨付きの軟骨ソーキなどがあるのだそうです。

だるまそばの軟骨ソーキそばのお味は?

沖縄・那覇にあるだるまそばの軟骨ソーキそばは、どのようなメニューなのでしょうか?提供されてまず目を引くのが麺の上にトッピングされた軟骨ソーキです。

軟骨ソーキはとろとろ。柔らかく食べやすい美味しいソーキとなっています。さらに、かまぼことネギが添えられていて食欲をそそります。スープはあっさりめ。麺は細めの縮れ麺となっています。

おすすめメニュー(2) 宮古そば

沖縄・那覇にあるだるまそばのおすすめメニュー2品目は、「宮古そば」です。宮古そばの価格は、小が430円、大が500円、大盛が600円です。食券のボタンは水色となっています。宮古そばはもともと沖縄本島から南西290㎞のところに位置する宮古島のソウルフードです。

宮古そばの大きな特徴は、麺の下に具があることです。これは、役人に美味しいトッピングものせられないような貧しい生活をおくっているとアピールするための行動から来ているといわれています。

宮古そばは一見するとねぎだけがトッピングされたシンプルなそばに見えます。スープはあっさりめでストレート麺。一般的には味変を楽しむにはカレー粉がおすすめなのだそうです。手元にカレー粉がある際は是非チャレンジしてみてください。

だるまそばの宮古そばのお味は?

沖縄・那覇にあるだるまそばの宮古そばはどのようなメニューなのでしょうか?だるまそばのみやこそばは、ネギが盛り付けられた一見シンプルな麺料理に見えます。

しかし、実際に箸を進めてみると白っぽい麺の下には練り物や甘辛く炊かれた皮と赤身、脂身の3層をスライスした三枚肉が入っています。

宮古そばは、具を掘り起こす楽しさのあるメニューです。宮古そばの麺には、沖縄そば特有のぼそぼそとした白くて細い縮れ麺が使用されています。鰹と豚から取っただしはあっさりめの味つけとなっています。

おすすめメニュー(3) みそ汁

沖縄・那覇にあるだるまそばのおすすめメニュー3品目は、「みそ汁」です。みそ汁の価格は、単品が520円、ライス付きのみそ汁が550円、ライス付きのみそ汁玉子入りが580円などです。みそ汁には単品だけでなく、よもぎ入りと玉子入り、ライス付きかいなり寿しがセットになっているものなどの組み合わせがあります。

価格はそれぞれ、ライス付きみそ汁よもぎ入りが600円、ライス付きみそ汁玉子入りが580円、生卵とライス付きみそ汁よもぎ入りが630円。

いなり寿し付きみそ汁が570円、いなり寿し付きみそ汁よもぎ入りが620円、いなり寿し付きみそ汁玉子入りは600円、生卵といなり付きみそ汁よもぎ入りが650円です。食券機のボタンのカラーは、ライス付きが黄色、いなり付きが緑になっています。

だるまそばのみそ汁のお味は?

沖縄風のみそ汁は一般的に思い起こされるみそ汁とひと味違っています。沖縄風のみそ汁は、具だくさんのボリューミーな汁物の料理です。みそ汁の具材はお店によってさまざまですが、共通して具だくさんとなっています。

具沢山のだるまそばのみそ汁は、ごはんやいなり寿しとのセットが販売されているほどの人気メニューです。沖縄そばのような大きな入れ物で提供されるのでボリュームたっぷり!ごはんやいなり寿しとセットにするとおなかがいっぱいになります。

みそ汁には白みそや赤みそ、麦みそや豆みそをあわせた味噌が溶かれています。なかには、レタスの青葉や豚肉、かまぼこや豆腐、三枚肉などが入っているのだそうです。そこにお好みでふーちーばーと呼ばれるよもぎや玉子のトッピングを追加していきます。

ふーちーばーも要チェック!

だるまそばでは、みそ汁のトッピングとしてふーちーばーを選ぶことができます。ふーちーばーとは、よもぎのことを指します。

だるまそばで食べられるふーちーばーは本土のよもぎよりも柔らかく、食べやすい食感。味は、苦味が特徴の食材となっています。食べなれている方や苦いものが好きな方におすすめです。

おすすめメニュー(4) いなり寿し

沖縄・那覇にあるだるまそばのおすすめメニュー4品目は、いなり寿しです。価格は、単品が100円、2個で200円です。食券機ではオレンジ色のボタンが目印。だるまそばでは、お茶碗に入ったらライスのほかにごはんとしていなり寿司も提供されています。

他のメニューとセットになっていることも多いいなり寿しは、その大きさが特徴となっています。酢飯をあげで包んだいなりは大きく、そのボリュームは1人1個でも満腹になるほどなのだそうです。

調味料にも注目!

だるまそばでは、卓上に置かれた調味料にも沖縄らしさを感じさせる仕掛けが施されています。おなじみの七味とうがらしや紅しょうがのほかに、練り唐辛子やコーレグースーが置かれています。

コーレーグースーとは唐辛子という意味の言葉です。しかし、昨今では沖縄の辛味調味料をさすことが多くなっています。泡盛に島唐辛子をつけたコーレーグースは、そばやみそ汁との相性が抜群です。辛みを少し足したいときにご利用ください。

『だるまそば』の混雑状況

だるまそばは、ソーキそばや宮古そば、みそ汁などが美味しいと人気のお店です。あまり大きなお店ではないのでお昼時などには混雑することも少なくありません。どの時間帯に訪れれば混雑を回避できるでしょうか?各曜日と時間帯における混雑状況について調べてみました。

月曜日の混雑のピークは、12時台です。11時台から徐々に客足が増え、12時をピークに少しずつ混雑は緩和されていっています。続く火曜日や他の曜日も大まかな流れは変わりません。しかし、水曜日と昼は特に混雑している様子が見受けられました。

お昼時になるとお店の前に行列ができることも少なくありません。ただし、1人あたりの滞在時間は20分くらいとそこまで長くはないので、どうしてもだるまそばのメニューを楽しみたい場合は席が空くのを待つという選択肢もあります。

『だるまそば』の店舗情報とアクセス

沖縄県の那覇市辻にあるだるまそばは、ソーキそばをはじめ宮古そばやみそ汁などが美味しいと人気の定食屋さんです。

最後に、だるまそばの営業時間や定休日などの店舗情報、那覇空港と那覇市街地それぞれからだるまそばの店舗へのアクセス方法についてご紹介いたします。

店舗情報

沖縄の那覇にあるだるまそばは、軟骨ソーキそばなどのメニューが美味しいと人気のお店です。だるまそばの営業時間は、昼と夕方の2部制です。

昼の営業は11時から始まり、14時30分までです。中休みを挟み、16時から夕方の営業が開始されます。閉店は18時30分です。また、材料がなくなり次第、閉店することもあるのだそうです。

だるまそばの定休日は、毎週日曜日と木曜日、祝日となっています。駐車場は店のすぐ横にあります。

住所 沖縄県那覇市辻2-28-3
電話番号 098-868-1812

那覇空港からのアクセス

まずは、那覇空港からだるまそばへ向かう方法をご紹介いたします。那覇空港からだるまそばまでは、歩いて23分ほどの距離があります。車では12分ほどかかります。

那覇空港から出発し、うみそらトンネルと抜けます。トンネルを抜けてから最初の信号を右折すると、だるまそばの黄色い建物が見えてきます。

那覇市街地からのアクセス

次に、那覇市街地からだるまそばへ向かう方法をご紹介いたします。那覇市街地からだるまそばまでは、歩いて24分ほどの距離があります。

だるまそばの最寄り駅は、地下鉄ゆいれーるの「旭橋駅」です。旭橋駅からだるまそばまでは歩いて13分ほどかかるのだそうです。

駐車場の情報

沖縄・那覇にあるだるまそばには、駐車場はあるのでしょうか?だるまそばには、だるまそば専用の駐車場が設けられています。駐車場のキャパシティーは、10台分ほど多め。

だるまそばの駐車場はお店を挟むように左右に展開されており、車でだるまそばに訪れる際は大変便利です。

美味しいと人気の『だるまそば』へ行ってみよう!

最後までご覧いただきありがとうございます。沖縄の那覇にあるだるまそばは、軟骨ソーキそばが人気の食堂です。今回はそのほかにも美味しいメニューを数品ご紹介いたしました。美味しい軟骨ソーキそばや宮古そば、みそ汁が食べたいときは是非一度だるまそばへ足を運んでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
serorian

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ