オツモパールは京都で大人気の生タピオカ専門店!おすすめメニューは?

京都市に新しく誕生した、生タピオカ専門店「オツモパール」の、保存料無添加の生タピオカが美味しいと話題を集めています。京都の街を散策するのに欠かせない存在となりつつある「オツモパール」の生タピオカですが、ここではおすすめメニューやアクセス情報などをご紹介します。

オツモパールは京都で大人気の生タピオカ専門店!おすすめメニューは?のイメージ

目次

  1. 1京都の人気タピオカ専門店のオツモパールとは?
  2. 2京都のオツモパールが人気の理由
  3. 3京都のオツモパールの外観と内観
  4. 4京都のオツモパールの注文の流れ
  5. 5京都のオツモパールのおすすめメニュー
  6. 6京都のオツモパールの混雑状況
  7. 7京都のオツモパールの店舗情報とアクセス
  8. 8京都のオツモパールで生タピオカをご賞味あれ!

京都の人気タピオカ専門店のオツモパールとは?

京都観光の中心地といってよい京都市に、2019年5月に誕生したばかりの生タピオカ専門店「オツモパール」が、これまでのタピオカの概念を覆すメニューが楽しめるとあり、早くも行列のできる人気店へと成長しています。

ここでは京都市で絶大な人気を誇る生タピオカの専門店オツモパールの、足を運ぶ前に知っておきたい注文の流れやおすすめのメニューをくわしくご紹介していきます。

またまだオツモパールがしっておきたい店舗情報や混雑状況、駐車場情報を含めてたアクセス情報についても詳しくご紹介していきますので、タピオカファンならずとも必見です。

京都のオツモパールが人気の理由

まずは京都に誕生した生タピオカ専門店オツモパールが、多くの人を引き付けるその魅力から考察していきます。某大物ファッションデザイナーがプロデュースするというオツモパール。

某大物ファッションデザイナーは、90年代に裏原宿系とよばれるファッションブームの火付け役となる、とあるファッションブランドの創業を開始します。彼はストリートファッションに注目し、その存在を押し上げ、世間に認知されるまでに至りました。

そんな某大物ファッションデザイナーが手掛けた生タピオカ専門店が京都にオープンするとあって、京都のみならず全国から、オツモパールのタピオカドリンクを一度味わおうと駆けつけています。

オツモパールでは他のタピオカ専門店、とくに京都のタピオカ専門店ではなかなか扱わない、生タピオカを使用している点がまず大きな特徴です。

モチモチとしながらもみずみずしい食感は、生タピオカ専門店でしか味わえないため、その希少価値の高さも人気の理由となっているようです。また使用する生タピオカは、保存料無添加なので、新鮮な状態でないと提供することができません。

無添加であることでとくに女性が一層注目し、今日のオツモパール人気をますます加速させていることは間違いなさそうです。

京都のオツモパールの外観と内観

続いてはオツモパールの雰囲気を、外観や内観といった面からお伝えしていきます。オツモパールはご紹介のように2019年5月に誕生したばかりの、京都の観光スポットの一角にあるお店です。

そのエリアを良く知る人にとっては、突如おしゃれなカフェが誕生したかのようにも見えるかも知れません。

店内もおしゃれそのものですが、イートインスペースがないことや、ショーケースにならぶおしゃれなタピオカドリンクのサンプルが展示されていることで、はじめてタピオカドリンク専門店だとわかるような控えめな雰囲気があります。

日にもよりますが、とくにお昼時の混雑がすさまじいので、何も知らずに通り過ぎるとタピオカのお店なのか、ややわかりづらいかもしれません。

京都のオツモパールの注文の流れ

ここではオツモパールでの注文の流れについてご紹介をしていきたいと思います。注文の流れといっても、オツモパールでも他のタピオカドリンク専門店と大きく変わりませんので、まずは安心してください。

ここでは普段からタピオカを飲みなれている方ではなく、タピオカドリンク自体が初めてという方に向けて、基本的な注文方法をご紹介します。

注文の流れ(1) ドリンクを選ぶ

まず基本となるドリンクを選ぶことから始まります。オツモパールは生タピオカの専門店のため、ドリンクひとつにしても種類が多いので、並んでいる間に決めてしまっているとスムーズかもしれません。

またオツモパールには、自慢の生タピオカが入っていないメニューもありますので、初めてであればまずは生タピオカ入りのメニューから注文することをおすすめします。

おすすめメニューについては後ほど詳しくご紹介しますので、そちらも併せて参照してみてください。

注文の流れ(2) 砂糖と氷の量を選ぶ

続いては選んだドリンクの砂糖や氷の量を調整します。甘さの調整でおすすめなのは、お店もおすすめの「普通」にするということです。

お店が本来もっとも自信のある状態で提供している味を、そのまま味わうことが最もおいしく楽しむコツです。甘いものが苦手でない方にはぜひ、普通で注文することがおすすめです。

しかし甘いものの得意不得意や、お腹を壊しやすい方などは氷少な目に、暑い日には氷多めにするなど、ここで細かい調整をしてください。

注文の流れ(3) トッピングを選ぶ

最後にトッピングを選んで完成です。オツモパールに限らずですが、タピオカ専門店では多くのトッピングを用意しています。

オツモパールのタピオカドリンクはそのままでも十分に美味しいのですが、好みによって豆乳に変更する、クリームやチョコレートを追加するなどしてみてください。内容によって追加となる料金は異なります。

代表的なトッピングですが、ここでは生タピオカの増量をおすすめします。保存料無添加の生タピオカは京都ではもちろん全国的にもまだまだめずらしいといえます。

はるばる足を運んだ方はもちろん、長い行列に並んだ方も、希少な生タピオカを増量することで、おなかも心も満たしましょう。

京都のオツモパールのおすすめメニュー

ここからは、京都で人気の生タピオカ専門店オツモパールが誇る3つの人気メニューについてご紹介していきます。

タピオカ専門店だけに多くのメニューがラインナップされているオツモパールのタピオカですが、とくにはじめてオツモパールに足を運んだ方におすすめしたいメニューを、ここでは厳選しました。初めての方もそうでない方も、まずは以下の3つのメニューから楽しむことをおすすめします。

おすすめメニュー(1) 台湾焙煎烏龍ミルクティー

まずご紹介したいオツモパールのおすすめメニューは「台湾焙煎烏龍ミルクティー」です。オツモパールが自信をもって提供する「お茶系」タピオカドリンクのうちのひとつのメニューで、本場ならではの台湾焙煎烏龍茶と、絶妙に絡み合うミルクティーを同時に味わえるクセになる一杯です。

烏龍茶がミルクティーの甘みとしつこさを抑えてくれるので、ゆっくりと飲むことに向いています。

そのため京都の観光をする際に、ゆっくりと美味しいこちらのドリンクを味わいながら散策さするという贅沢も楽しめるでしょう。こちらはMサイズが490円、Lサイズが610円とリーズナブルです。

おすすめメニュー(2) 日式ほうじ茶ミルクティー

続いてご紹介したいオツモパールのおすすめメニューは「日式ほうじ茶ミルクティー」です。近年では、外国人観光客の間で大ブームとなっているという日本のほうじ茶を、独特の風味を残しつつミルクティーの甘さとしっかりと絡み合った、こちらも飽きのこない一杯に仕上がっています。

Mサイズ470円と他のメニューよりも安く、Lサイズでも580円となりお得でが、こちらのメニューにはタピオカが入っていませんので、欲しい方はぜひ追加トッピングしてみてください。

おすすめメニュー(3) 黒糖牛乳タピオカ

最後にご紹介したいオツモパールのおすすめメニューは「黒糖牛乳タピオカ」です。じつはこちらのメニュー、オツモパールの全メニューのなかでもっとも人気の高いタピオカドリンクといわれているのです。

牛乳にしっかりと黒糖のうま味と甘みが溶け込んでおり、それがオツモパールの独特の食感と風味を持つタピオカが絶妙に絡まり合い、一度味わえば虜になることまちがいなしの美味しさです。

こちらのメニューはMサイズが490円、Lサイズが610円ですが、納得の一杯に仕上がっています。オツモパールの一番人気メニューの味をぜひ試してみてください。

Thumb京都駅すぐ『タピオカベリーズ』のメニューや値段を調査!店舗情報も!
京都駅の周辺エリアで美味しいタピオカドリンクメニューが味わえるということで人気となっている、...

京都のオツモパールの混雑状況

現在のオツモパールの混雑状況についてご紹介していきます。一日のなかでオツモパールがもっとも混雑する時間帯というのは、やはりランチタイムやその前後の時間帯であることが多い傾向にあるようです。

とくに週末にはその傾向が顕著に表れるので、多くの場合で行列を覚悟しなければなりません。ただしお店の回転率はとてもよいので、行列しているような場合であっても待ち時間そのものは長くても15分前後であることが多いようです。

夜の営業時間についてはそこまで混雑することなく、比較的スムーズに購入することができるでしょう。可能であれば夜の時間帯を狙ってみるのも面白いかもしれません。

Thumb京都でタピオカが美味しい店は?話題の専門店やインスタ映えのカフェあり!
京都で美味しいと評判のタピオカの名店を様々な観点から紹介していきます。おしゃれな感じがあり、...

京都のオツモパールの店舗情報とアクセス

ここからは、京都で人気の生タピオカ専門店オツモパールの営業時間やアクセス情報についてご紹介していきます。オツモパールは生タピオカ専門店であり、またテイクアウトのみのお店となりますので、イートインスペースはありません。

アクセスに関してはオツモパールの周囲に複数あるいずれの駅からも決して歩けない距離ですが、それぞれ徒歩で10分前後の場所にあると考えていたほうがよいでしょう。

電車からではわずらわしいと感じる方、もともと車でアクセスする予定の方に向けて、駐車場情報についてもここではご紹介していきます。

店舗情報

まずはオツモパールの営業時間からご案内します。オツモパールは現在のところ11時から20時まで毎日共通した時間で営業を行っています。また定休日は現在のところ不定休となります。

営業時間・定休日ともに今後は変更していく可能性もあり、またオツモパールはタピオカが品切れ次第その日の営業を終了します。オツモパールに足を運ぶ前は、営業しているか事前に確認してから訪問することをおすすめします。

住所 京都府京都市中京区弁慶石町56 1928ビル1F
電話番号 075-744-0825

京都河原町駅からのアクセス

ここからは、京都市にある人気の生タピオカ専門店オツモパールのアクセス情報を詳しくご紹介していきます。ここではオツモパールからの最寄駅となるふたつの駅、京都河原町駅と京都市役所前駅からのアクセス方法についてご案内します。

まずは京都河原町駅からのアクセス方法でが、オツモパールからの最寄の出口となる3Aまたは3Bの出口からロータリーへと出ます。京都河原町駅からまっすぐ伸びる大通り・河原町通りを北上し河原町三条の交差点を左折し、三条通りへと出ます。

ふたたびまっすぐ歩き、三条通りと御幸通りが交わるポイントで左折すると、すぐ左手にあるのが今回ご紹介しているオツモパールです。京都河原町駅からオツモパールまで徒歩で向かうと、約8分の時間がかかります。

京都駅市役所前駅からのアクセス

続いてはオツモパールからのもうひとつの最寄駅となる京都市役所前駅からのアクセス情報のご案内です。さきほどの京都河原町駅からのアクセスと同様、オツモパールにアクセスするにはまず、御幸通りへアクセスをしてしまえばあとはまっすぐ歩くだけです。

京都市役所前駅で下車したら、京都市役所前駅の南側らに位置するいずれの出口からでも、御幸通りへとアクセスをしましょう。あとはただ徒歩で6分ほど南下するだけで、オツモパールは左手に見えてきます。

お店の手前では一度、三条通りと交わる交差点があるので、三条通りを目印にするとより分かりやすいかもしれません。

駐車場はあるの?

ここからは、オツモパールに車でアクセスをする予定の方に向けて、オツモパールの駐車場情報や周辺のコインパーキング情報についてご案内をしていきます。現在オツモパールには、利用者専用の駐車場を完備していません。

残念ですが、オツモパールに車でお越しの際にはお店の周囲に点在するコインパーキングに駐車をしてから、改めて歩きで向かう必要があります。

そのためオツモパールに足を運ぶ際には、基本的には先ほどご紹介した京都河原町駅か京都市役所前駅からアクセスすることがおすすめですが、ここではおすすめのコインパーキングについても併せてご紹介していきます。

オツモパールから徒歩でわずか1分の場所にある大型のコインパーキング「三条パーキング」は、周囲のコインパーキングのなかでも最大規模の駐車台数と、安い料金設定で人気のコインパーキングです。

収納台数は立体駐車場ならではの圧巻の110台分という広大なスペースを有しています。営業時間の7時から25時までの間であれば、いつでも30分200円という良心的な料金設定も、おすすめしたいポイントです。

立体駐車場である点がわずらわしく感じる方もいるかも知れませんが、平日は終日1,500円、土日祝日でも2,000円という最大料金の設定もある、使い勝手の良いコインパーキングです。併せて京都市観光を楽しみたい方にとっては一石二鳥のコインパーキングといえるでしょう。

京都のオツモパールで生タピオカをご賞味あれ!

ここまでは、京都で人気の生タピオカ専門店オツモパールの注文の流れやおすすめメニューといった情報に加え、くわしい混雑状況や店舗情報についてご紹介してきました。

京都観光をする際にはもちろん、わざわざ足を運び行列に並んででも味わいたい絶品の生タピオカを提供するオツモパールに、タピオカファンならずともぜひ足を運んでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ