セマウル食堂は新大久保の人気韓国料理店!おすすめメニューや値段を調査!

新大久保にある人気韓国料理店のセマウル食堂は、本場の本格的な味が楽しめます。ここでは、新大久保のセマウル食堂について紹介します。おすすめのメニューや値段などについて紹介します。韓国料理が好きな人にとっては、楽しんでもらえるお店です。

セマウル食堂は新大久保の人気韓国料理店!おすすめメニューや値段を調査!のイメージ

目次

  1. 1「セマウル食堂」とは?
  2. 2「セマウル食堂」の人気の理由
  3. 3「セマウル食堂」はどういう雰囲気?
  4. 4「セマウル食堂」のおすすめメニュー5選
  5. 5「セマウル食堂」の口コミ
  6. 6「セマウル食堂」新大久保店の店舗情報を紹介!
  7. 7「セマウル食堂」小岩店も併せて紹介!
  8. 8新大久保「セマウル食堂」に行こう!

「セマウル食堂」とは?

新大久保はコリアタウンと呼ばれており、韓国料理が味わえるお店があったり、韓国関係の商品を販売しているお店などがあります。韓流スターのお店もあって、日本人ファンの人もたくさん足を運ぶエリアです。新大久保にあるセマウル食堂は本格的な韓国料理が味わえる人気のお店なので、ぜひ多くの人に知ってもらいたいです。

韓国で人気の韓国料理店

セマウル食堂は韓国で人気のチェーン店です。日本人が観光で訪れるソウル市内を中心にたくさんの店舗があります。そのセマウル食堂が日本に進出しており、新大久保店は2号店になります。コリアタウンの新大久保に進出したこともあり、注目度は非常に高いです。韓国に行ってセマウル食堂に入った経験のある人もたくさんいるでしょう。

セマウル食堂で提供されているメニューは、本場韓国で出されているものとほとんど変わりません。一部日本人好みの味にアレンジしている可能性がありますが、本格的な韓国料理が味わえることには違いありません。現地で大人気のメニューももちろん楽しめます。

韓国になかなか行くことができなくても、セマウル食堂に行けば、本場で味わえる韓国料理が楽しめるので、ぜひ注目してください。

Thumb新大久保でグルメ食べ歩き!インスタで人気のランチなどおすすめを厳選!
新大久保のイメージはどんな感じでしょうか。コリアンタウンというイメージが強いでしょうか。そん...

「セマウル食堂」の人気の理由

セマウル食堂の人気の理由を紹介します。人気の理由はいくつか考えられますが、どういった点で人気があるのかを知っておきましょう。セマウル食堂の人気の理由を知ってもらえれば、お店の魅力を同時に知ってもらうことになります。

ここでは人気の理由として考えられることを2つ紹介します。セマウル食堂がどうして人気が高いのか知っておきましょう。

値段が安い?

セマウル食堂は値段が安いということで人気があります。美味しい韓国料理が味わえても、値段が高ければなかなか利用することはできません。日常生活で外食する時に支払う値段とほとんど変わらないはずです。もしかしたら、それよりも安い値段だと思ってもらえるかもしれません。値段が安いというのは、非常に大きなポイントです。

本場韓国のセマウル食堂でも、安い値段で提供していることもあり、地元の人で連日賑わっています。韓国に行った時にセマウル食堂を利用したことがある人ならば、値段の安さに気づいてもらったのではないでしょうか。観光客向けの韓国料理店とも言えます。

セマウル食堂で提供されている値段にも注目してください。後におすすめメニューを紹介しますが、値段もあわせて知っておきましょう。

気軽に足を運べる雰囲気が特徴的

セマウル食堂は気軽に足が運べる雰囲気が味わえるのが特徴です。韓国で有名なチェーン店になったのは、セマウル食堂は入りやすいお店だと多くの人に認識されたこともあるでしょう。入りやすいお店だと思ってもらえれば、何度も足を運んでもらえるはずです。値段が安く、さらに入りやすい雰囲気が感じられれば、迷わず行こうと思うでしょう。

韓国を訪れた日本人観光客は、なるべく入りやすい韓国料理店を探すことになります。セマウル食堂はガイドブックにも掲載されていることがあり、入りやすさを事前に知ることができます。そのため、セマウル食堂を目指して行く日本人も少なくないでしょう。

新大久保のセマウル食堂も気軽に足が運べる雰囲気を醸し出しているため、初めて行った人でも安心して楽しんでもらえるはずです。

「セマウル食堂」はどういう雰囲気?

セマウル食堂はどのような雰囲気なのか知っておきましょう。韓国に行ったことがある人は、韓国の食堂の雰囲気を知っているでしょう。逆に行ったことがない人は、どんな感じなのかわからないはずです。初めて訪れる飲食店がどのような雰囲気になっているかを知っておくと、足が運びやすくなるはずです。

セマウル食堂の雰囲気について知っておき、安心して楽しんでもらえるように事前情報として知っておきましょう。

本場韓国の食堂のような外観

セマウル食堂は本場韓国の食堂のような外観なのが特徴です。お店の外には「70年代の韓国をイメージ、懐かしく人情あふれるお店」という紹介文があります。70年代の韓国のことを知っている人は、ほとんどいないでしょうが、人情味があふれる雰囲気をどこででも感じることができました。古き良き韓国の雰囲気が楽しめます。

お店の外には「セマウル食堂」と日本語と書かれている横にハングル文字でも書かれています。韓国のセマウル食堂もハングル表記と日本語表記が書かれています。ハングル文字だけだとセマウル食堂だとわからずにお店にたどり着くことができないかもしれません。

本場韓国と変わらない外観になっているので、本当に韓国に行った気分になるでしょう。新大久保自体がそのような雰囲気なので、ぜひ注目してください。

内装も韓国の食堂そのもの

セマウル食堂の内装も韓国の食堂そのものです。韓国に行ったことがある日本人観光客の多くが、セマウル食堂ではなくても、韓国の食堂に入った経験があるのではないでしょうか。韓国の食堂は大体似たような雰囲気を醸し出しています。新大久保のセマウル食堂に入った人は、韓国の食堂に来たという気持ちになってもらえるはずです。

セマウル食堂の店内はレトロな雰囲気を出しています。このレトロ感が日本人観光客に人気があります。新大久保には日本人だけではなく、韓国人もたくさん訪れています。韓国人がセマウル食堂に来たら、地元のことを思い出すのではないでしょうか。

レトロな雰囲気を醸し出している韓国の食堂の雰囲気は、多くの人にまた行きたいという気持ちになってもらえるでしょう。

「セマウル食堂」のおすすめメニュー5選

セマウル食堂のおすすめメニュー5選を紹介します。セマウル食堂にはたくさんのメニューが提供されていますが、その中でぜひおすすめしたいメニューを5つ紹介します。ここで紹介するメニューはどれも人気が高く、注文する人が続出しています。セマウル食堂の人気メニューを知っておき、ぜひ注文してください。

プルコギ

プルコギは大人気韓国メニューと言えます。本場韓国でも根強い人気があり、ぜひおすすめしたいメニューです。プルコギは牛肉と野菜を特製のタレを絡めて味わうメニューです。プルコギの味の決め手はタレになりますが、このタレはお店によって味が異なっています。セマウル食堂特製のタレを使用したプルコギは最高の味です。

甘みが感じられ、ややピリ辛の味付けになっています。日本人好みの味になっていると言えるでしょう。一度食べると病みつきになる人がたくさんおり、お店を訪れたら必ず注文する人もいます。安定の美味しさを感じられるメニューです。

セマウル食堂のプルコギは880円で提供されています。1000円以下で本格的なプルコギが味わえるのでおすすめです。

7分豚キムチチゲ

7分豚キムチチゲもセマウル食堂でおすすめしたいメニューです。器に入った豚キムチチゲを卓上のタイマーで7分間煮込んでから味わうメニューです。7分経過すると、ちょうど美味しく味わえるメニューとなっています。韓国料理に欠かせないのがキムチです。本場韓国の食堂に行ったら、最初に必ずキムチが出てきます。

キムチを単体で味わうのももちろんおすすめですが、チゲ鍋にして味わうのもおすすめです。キムチの辛さがクセになり、どれだけでも食べたいという気持ちになるでしょう。豚肉との相性も良く、ご飯のおかずにもおすすめです。

ちなみにこのメニューにはご飯が付いてくるので、豚と韓国のりを乗せて一緒に味わいましょう。7分豚キムチチゲは720円で提供されています。

テンジャンチゲ

テンジャンチゲは、いかにも韓国料理らしいメニューです。韓国に行くと、石鍋に入ったチゲ料理がたくさんあります。テンジャンチゲもその1つで、牛肉がたっぷりと入っており、豆腐やネギなどの野菜と一緒に煮込みます。テンジャンチゲの「テンジャン」とは、韓国の味噌のことを意味しており、味にコクが感じられます。

テンジャンチゲの中には、しっかりと熟成されたキムチも入っています。テンジャンの中に、キムチの味も感じることができます。豚キムチチゲとは違った味わいが感じられるので、テンジャンチゲとの味の違いを比較してもらうのもおすすめです。

テンジャンチゲは780円で提供されています。このメニューもご飯と一緒に提供されるので、ご飯をチゲの中に入れて味わってください。

豚肩ロース焼き

豚肩ロース焼きは、豚肉が好きな人にはおすすめのメニューです。肉厚な豚肩ロースを味わうことができ、噛めば噛むほど美味しい味が感じられます。焼き加減を自由に選ぶことができますが、よくわからない人はお店のおすすめにしてもらうのもアリです。豚肩ロースを丸ごと1枚味わうことができるので、ボリューム満点です。

セマウル食堂では新鮮な豚肉にこだわって仕入れています。そのため、肉本来の味をしっかりと感じてもらうために、あえて味は薄めになっています。味が薄いといって調味料をかけるのではなく、美味しい豚肉の美味しさをしっかりと感じてください。

豚肩ロース焼きは880円で提供されています。赤身と脂身のバランスが最高なので、豚肉の美味しさを改めて感じてもらえるはずです。

熱炭プルコギ

熱炭(ヨルタン)プルコギは、セマウル食堂の看板メニューです。このメニューは豚肉を薄くスライスして、甘辛いタレと一緒に炒めます。前述したプルコギでは牛肉を使用しますが、豚肉を使用するプルコギもおすすめです。このメニューは炭を使用していることも特徴です。炭火で一気に焼き上げるので香ばしさが感じられます。

熱炭プルコギは、セマウル食堂を訪れたほとんどの人が注文する大人気メニューです。肉と野菜の美味しさをしっかりと感じられるので、大人数で訪れた時におすすめのメニューです。2人前から注文できるので、ぜひ香ばしい豚肉のプルコギを味わってください。

熱炭プルコギは880円で提供しています。セマウル食堂の看板メニューの味をしっかりと堪能してください。豚肉のプルコギの美味しさに気づいてもらえるはずです。

「セマウル食堂」の口コミ

セマウル食堂の口コミを紹介します。本格的な韓国料理が味わえるだけあって、口コミから人気ぶりがわかります。特に人気のポイントは値段が安いということです。韓国に行ったことがない人は、韓国料理の相場がわからないため、値段が高いと思っている人もいます。それが安い値段で楽しめたので最高という声があります。

料理の美味しさに関しても人気の高さがわかります。韓国料理は何でも辛いというイメージを持っている人もいます。しかし、辛くないメニューがたくさんあるため、すごく楽しめたという声があります。韓国料理は辛いものばかりではありません。

セマウル食堂の雰囲気の良さを評価している声もあります。アットホームな雰囲気の店内で楽しい時間を過ごしている人がたくさんいるのがわかります。

「セマウル食堂」新大久保店の店舗情報を紹介!

セマウル食堂新大久保店の店舗情報を紹介します。定休日は年中無休となっています。店内はすべて喫煙可になっており、タバコを吸いながら、韓国料理を味わうことができます。たくさんの人数で訪れる時に予約して席を確保したいと思う人もいるでしょうが、お店は予約の受付はしていないので、直接店舗を訪れてください。

お店には個室がなく、貸切にも対応していません。支払いは現金の他に、クレジットカードを利用することができます。営業時間・アクセス方法・駐車場情報に関しては、次の項目から紹介していきます。

住所 東京都新宿区百人町1-1-4 T.Kビル 1F
電話番号 03-6205-6226

「セマウル食堂」新大久保店の営業時間

セマウル食堂新大久保店の営業時間を紹介します。営業時間はすべての日で11時30分から翌3時までとなっています。営業時間は翌3時までですが、ラストオーダーが1時までとなっているので注意してください。営業時間の最後までお店にいることを想定するならば、ラストオーダーでたくさん注文しておかないといけません。

韓国では24時間営業している飲食店をはじめとして、夜遅くまで営業しているお店がたくさんあります。本場韓国らしく新大久保店でも夜遅くまで営業しています。日本にいる韓国人も夜遅くまでセマウル食堂で楽しんでいる姿があります。

非常に長い時間営業しているので、行きたいと思った時に足を運ぶようにしましょう。ラストオーダーの時間だけは注意しておきましょう。

「セマウル食堂」新大久保店のアクセス情報

セマウル食堂新大久保店へのアクセス情報を紹介します。電車でのアクセス方法です。JR山手線の新大久保駅からだと徒歩6分で行けます。その他、JR中央本線の大久保駅から徒歩8分、都営大江戸線・副都心線の東新宿駅から徒歩5分、西武新宿線の西武新宿駅から徒歩5分で行くことができます。利用できる駅が多いのが特徴です。

車でのアクセス方法です。お店への最寄りのインターは首都高速中央環状線の中野長者橋インターです。インターを降りたらすぐ、都道4号線と交わる交差点があるので、右折して都道に入りましょう。都道を道なりに走りましょう。

新宿職業安定所前交差点を越えてすぐのところにお店があります。中野長者橋インターからはわかりやすいルートになります。

「セマウル食堂」新大久保店の駐車場情報

セマウル食堂新大久保店の駐車場情報を紹介します。お店には専用の駐車場がないので、周辺にあるコインパーキングを利用してください。

お店周辺で規模が大きい駐車場は、新宿サブナード駐車場があります。収容台数が400台で24時間利用できます。料金は30分ごとに320円となっています。その他にタイムズハイジアが収容台数139台で24時間利用できます。料金は3時から14時までが15分ごとに200円、14時から3時までが15分ごとに250円となっています。

東京都プラザハイジア駐車場は収容台数248台で24時間利用可能です。料金はタイムズハイジアと同じです。セマウル食堂新大久保店は歌舞伎町に近いため、夜遅くまで行動している人がたくさんいます。そのため、夜でも駐車料金がやや高めに設定されています。

「セマウル食堂」小岩店も併せて紹介!

セマウル食堂小岩店について紹介します。小岩店は新大久保店よりも早く日本でオープンした、セマウル食堂の日本第1号店です。小岩店の店舗情報を紹介します。店内の席数は50席で、定休日は年中無休となっています。店内は新大久保店と同様に全面喫煙可です。

小岩店と新大久保店との違いは、予約に対応してくれる点です。予約に対応してもらえますし、20人から50人までならば貸切にも対応しています。大人数で賑やかに韓国料理を楽しみたい場合は、貸切をしてもらうことをおすすめします。大人気のお店なので、確実に席を確保したいと思っている人もたくさんいるはずです。

住所 東京都江戸川区西小岩1-27-20 イーストビル 1F
電話番号 03-6458-0145

「セマウル食堂」小岩店の営業時間

セマウル食堂小岩店の営業時間は月曜日から木曜日までが17時から24時、金曜日が17時から深夜3時、土曜日が11時30分から深夜3時、日曜日・祝日が11時30分から24時となっています。金曜日や土曜日は深夜3時まで営業しているため、夜遅くまで店内は賑やかな雰囲気になります。23時以降は深夜料金として10%が加算されます。

新大久保店とは営業時間が異なっているので注意してください。小岩店は平日・金曜日は夜のみの営業となります。土日祝のみ昼間も営業することを知っておきましょう。休日のランチタイムに韓国料理を楽しむのもおすすめです。

セマウル食堂小岩店の営業時間を頭に入れておきましょう。新大久保店と営業時間が違うことは必ず頭に入れておいてください。

「セマウル食堂」小岩店アクセス情報

セマウル食堂小岩店へのアクセス情報を紹介します。まずは電車でのアクセス方法です。お店への最寄り駅はJR小岩駅です。小岩駅の北口を出て、目の前の道を右に歩きましょう。小岩中央通りに差し掛かったら、左に曲がりましょう。そのまま道なりに歩いてもらうと左手にお店があります。小岩駅北口から徒歩3分となっています。

車でのアクセス方法です。お店に最寄りのインターは首都高速7号小松川線の一之江出口です。インターを降りたら、都道318号線を北方向に走りましょう。鹿本中学前交差点を右折して、国道14号線に入ってください。小岩郵便局前交差点を左折してください。

小岩郵便局前交差点を左折したら、線路を越えてすぐの左手にお店があります。インターから15分から20分くらいで到着します。

「セマウル食堂」小岩店に駐車場はある?

セマウル食堂小岩店周辺の駐車場情報を紹介します。小岩店にも専用の駐車場がないため、周辺のコインパーキングを利用することになります。小岩駅北口周辺にはいくつかコインパーキングがあるので紹介します。

PEN江戸川区西小岩パーキングは収容台数8台で24時間利用可能です。料金は8時から22時が20分ごとに200円で、22時から8時が60分ごとに100円です。コインパーク小岩第3は収容台数9台で24時間利用可能です。料金は8時から22時が20分ごとに200円、22時から8時が60分ごとに200円です。この2つの駐車場が近いところにあります。

収容台数がそれほど多くありませんが、周辺にはまだまだコインパーキングがあります。好きな駐車場を利用してセマウル食堂小岩店を利用してください。

新大久保「セマウル食堂」に行こう!

新大久保にあるセマウル食堂を紹介しましたが、一度行ってみたいと思ってもらえれば幸いです。本場の韓国料理が味わえるので、ここで韓国料理の味を知ってもらい、韓国料理が美味しいということを理解してもらえればありがたいです。雰囲気が良いお店なので、初めて行く人でも全く問題なく、楽しく過ごしてもらえるでしょう。

関連記事

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ