王子神社は北区にあるパワースポット!御朱印やアクセスをチェック!

皆さんは、東京十社のひとつである王子神社をご存じでしょうか。王子神社は北区にある神社で、東京のパワースポットとしても人気があります。東京のパワースポットでもある北区・王子神社のご利益や御朱印、お祭り、アクセスについてご紹介します。

王子神社は北区にあるパワースポット!御朱印やアクセスをチェック!のイメージ

目次

  1. 1北区のパワースポット王子神社
  2. 2王子神社について解説
  3. 3王子神社の末社「関神社」
  4. 4王子神社の御朱印と御朱印帳
  5. 5王子神社の例大祭
  6. 6王子神社のホームページも要チェック!
  7. 7王子神社へのアクセス方法
  8. 8東京十社巡りで王子神社を参拝しよう

北区のパワースポット王子神社

北区のパワースポット王子神社は、東京十社のひとつとして人気があり、東京十社巡りを楽しむことができる神社です。東京十社とは、明治元年に明治天皇が東京の神社の中で、准ずる神社として「准勅祭社」に定められた神社のことです。

明治元年に明治天皇がお選びになったということもあり、ここ北区・王子神社は、パワースポットとしても知られています。東京十社には、特に決まったご利益があるというわけではないものの、東京十社巡りとして願いがかなったというご利益報告もされています。

そんなご利益があり、パワースポットでもある北区・王子神社は、アクセスも良く人気のある神社のひとつにもなっています。北区のパワースポット王子神社のご利益や御朱印、祭り、アクセスについてご紹介します。

「王子」は地名の由来

パワースポットでもある北区・王子神社は、王子駅からのアクセスも良く、古くからこの地にあったことから、このあたり一帯を「王子」と呼ぶようになったということで、ここ王子の地名の由来となっています。

北区・王子神社は、王子駅からのアクセスが良いというだけでなく、近隣のある「音無親水公園」や「飛鳥山公園」は桜の名所としても知られ、桜の咲く春におすすめな神社でもあります。

ここ北区・王子の地名の由来にもなるほど、古の時代からここ王子を守ってきた神社が、ここパワースポットでもある北区・王子神社です。そんな古の時代から続いている王子神社はご利益もあることでしょう。

王子ランチならココがおすすめ!おしゃれなイタリアンや和食など!

王子神社について解説

ここでは、北区・王子神社について解説しておきましょう。さきほどもご紹介したように、古の時代から、ここ王子に祀られてきた王子神社は、古くからこの付近の人たちの信仰を集めてきました。

ここでは、王子神社の歴史をはじめ、王子神社の御祭神のこと、さらには、王子神社のご利益についてもお話していきましょう。

王子神社の歴史

最初に、王子神社の歴史についてご紹介します。王子神社の歴史ですが、古の時代から続いている神社ではありますが、創建ははっきりしていません。源義家が奥州征伐の際には、ここ王子神社で、慰霊祈願を行ったとも伝えられていることから、古くからここ王子にあったと思われます。

また、江戸時代になると、徳川家康が寄進して将軍家祈願所として定めたということで、「王子権現」とも言われ、江戸の中でも人気の神社へとなっていきました。将軍家祈願所ということで、江戸のパワースポットとしても人気があったようです。

徳川家康公以降の将軍も寄進して、権現造りの美しい神社として栄えていきました。その後、明治の時代となり、さきほどもご紹介したように、明治天皇によって、東京十社として今に至ります。

王子神社の御祭神

次に、王子神社の御祭神についてご紹介します。王子神社の御祭神は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、速玉之男命(はやたまのおのみこと)、事解之男命(ことさかのおのみこと)の5つの神様が祭られています。

これら5つの神様を合わせて、「王子大神」と呼んでいます。5つの神様が祀られていることで、ご利益もある神社としておすすめです。

王子神社のご利益

ここでは、王子神社のご利益についてご紹介します。王子神社のご利益ですが、5つの神様が祀られているということで、開運招福や運気アップ、厄除けなどの「開運除災」と安産や子供の健康、学業成就などの「子育大願」とたくさんのご利益があるとされています。

これだけのご利益があるので、王子神社をお参りして、ご利益がない人はいないはずです。徳川家のゆかりの神社ということで、あなたもきっとご利益を受けることができるでしょう。

王子神社の末社「関神社」

ここでは、王子神社の末社「関神社」についてご紹介しましょう。王子神社には、末社の「関神社」があります。王子神社の末社「関神社」は、全国的にも珍しい「髪」の祖神でもあります。

王子神社の末社「関神社」のい境内にも、その理由が書かれた看板も立っています。どうして、ここ王子神社に髪の毛の祖神がいるのかについては、この後に、詳しくご紹介します。

美容業界に人気のパワースポット

王子神社の末社「関神社」は、美容業界に人気のパワースポットとしても知られています。王子神社の末社「関神社」に祀られている神様は、蝉丸公と逆髪姫、古屋美女です。蝉丸公は、有名な和歌を詠んでいたことでも知られていました。

その蝉丸公は、姉である逆髪姫が逆毛であったために、侍女の古屋美女に、カツラを作らせて髪を整えたとのいう言い伝えがあります。そのために、髪の毛にまつわる業種の方々からの信仰を集めているということです。

髪の祖神 蝉丸を祀る神社

王子神社の末社「関神社」は、髪の祖神 蝉丸を祀る神社です。上記の言い伝えから、髪の祖神 蝉丸を祀る神社として美容業界の方々は、ことあるごとにお参りに来ると言われている神社でもあります。

王子神社の末社「関神社」に祀られている髪の祖神 蝉丸は、和歌を詠む詩人としても有名でしたが、琵琶の名手ででもあったようです。この髪の祖神 蝉丸は最初は、滋賀県大津の逢坂山に祀られていたのをここ王子神社に奉斎したようです。

この王子神社の末社「関神社」は、かつて、戦争によって焼失してしまったようですが、美容業界の方々からの浄財で再建したともことです。

髪の毛を供養する「毛塚」

王子神社の末社「関神社」は、髪の毛を供養する「毛塚」があります。この髪の毛を供養する「毛塚」は、昭和36年、毛髪報恩と供養の為に建てられた毛髪の塔です。皆さんも髪の毛を切るとさっぱりとするのではないでしょうか。

人間の気持ちにも通じる髪の毛というのは、念がこもりやすいということもあり、かつら業界の方や美容業界の方なども、ここ王子神社の末社「関神社」にお参りに来ることが多いです。

王子神社の末社「関神社」には、立て看板があり、そこにはこの「毛塚」がある由縁についても書かれています。美容関係者だけでなく、髪の毛に悩みのある方もお参りするとご利益があるかもしれません。

王子神社の御朱印と御朱印帳

ここでは、王子神社の御朱印と御朱印帳についてご紹介しましょう。ここでは、御朱印の受付場所と授与時間などや東京十社の御朱印帳などについてお話をしていきます。

また、いただける御朱印についても、詳しくご紹介します。王子神社のオリジナルの御朱印帳もあるのかないのかについてもご案内します。

御朱印の受付場所と授与時間

それでは、御朱印の受付場所と授与時間についてご紹介しましょう。まずは、御朱印の受付場所ですが、王子神社本殿に向かって右側に、授与所があります。ここで、御朱印の受付をしています。御朱印以外にもお守りなども授与しています。

御朱印の受付場所は、カウンターにもなっていて、御朱印の授与をしやすい場所となっています。御朱印の授与時間ですが、9時から17時となっています。ただし、例大祭などの時には、時間に余裕を持って御朱印をいただくようにしてください。

王子神社御朱印の初穂料は300円となっていて、他の神社ともほぼ同じくらいの初穂料となっています。

御朱印

王子神社の御朱印ですが、中央には大きく、「王子神社」と立派な字で書かれています。右下には、「元准勅祭十社之内」、さらには、左下には「開運除災」と書かれた朱色のスタンプが押されています。

また、王子神社と書かれた右上には奉納、御朱印と書かれ、左には御朱印をいただいた日付が入ります。御朱印の横には、王子神社の御由緒が書かれています。とてもご利益のありそうな御朱印でおすすめです。

御朱印ですが、ここ王子神社に限らず、お参りが済んだ後に、授与所にてお受け取りください。最近の御朱印ブームにより、お参りをしないで御朱印をもらうというような方もいらっしゃいますが、ご利益がないのでお参りが済んでから、ありがたくいただきましょう。

王子神社は東京十社のひとつ

北区・王子神社は冒頭でもお話をしましたように、東京十社のひとつとして有名で、そんな東京十社のひとつである王子神社の御朱印はやはり、ご利益がありそうです。

御朱印にも、「元准勅祭十社之内」とのスタンプがあり、その重みもしっかりと感じられる御朱印となっています。

東京十社の御朱印帳

北区・王子神社の御朱印帳は、東京十社の御朱印帳であり、ふたつの御朱印帳が用意されているようです。ひとつは、紫の御朱印帳でどこにでもありそうな御朱印帳になります。

もうひとつのタイプは、木製の素敵な御朱印帳が用意されています。この木製の御朱印帳はなかなか立派で、せっかくでしたら、この木製の御朱印帳をおすすめします。また、東京十社の御朱印帳には、そのほかの東京十社へのアクセスなども記載してあります。

通常、御朱印は、持参したノートなどにはいただけないことが多いので、御朱印帳も一緒にお買い求めください。

王子神社の例大祭

ここでは、王子神社の例大祭についてご紹介しましょう。王子神社の例大祭は、槍祭とも言われているお祭りです。江戸時代の書物にも描かれているこのお祭りは、遠い時代からずっと続いているそんなお祭りでもあるんです。

王子神社の例大祭は、お神輿がでたり、出店が出たりと、子供から大人までが楽しむことができるお祭りでおすすめです。

8月上旬に行われる「槍祭」

8月上旬に行われる「槍祭」は、なんと3日間にわたって行われる盛大なお祭りです。「槍祭」は、槍の形をしたおまもりが王子神社にはあります。そのお守り「槍祭」を授かれば、萬願成就すると言われています。

8月上旬に行われる「槍祭」は、萬願成就のほかにも、開運除災のご利益もあるお祭りとなっています。「槍祭」で行われる王子神社の田楽舞は、日本三大田楽のひとつとしても有名です。

本祭りと陰祭りを交互に行う

北区・王子神社では、本祭りと陰祭りを交互に行うのはご存じでしょうか。「槍祭」は、毎年、代わる代わる本祭りと陰祭りを交互に繰り返すんです。

本祭りは、文字通り本格的な大きなお祭りで、陰祭りとは、簡素化したお祭りとなっています。田楽舞などは、本祭りの際に行われます。

例大祭の本社神輿

例大祭の本社神輿は、本祭りには、神輿が出て盛り上がります。3日間にわたって行われる3日目の朝に、この神輿が出て、鳥居をくぐっていきます。

例大祭の本社神輿は、本祭りだけの楽しみのひとつということもあり、たくさんの人が、このお祭りにやってきます。

王子神社のホームページも要チェック!

北区・王子神社には、公式ホームページが開設されています。王子神社のホームページでは、王子神社の歴史にはじまり、御由緒、ご利益について、例大祭などの情報についても記載されています。

王子神社へのアクセスなどの記載もあります。また、お祭りなどのチェックなどもしてから、お参りの計画を立てるといいかもしれません。

王子神社へのアクセス方法

最後に、王子神社へのアクセス方法についてご紹介しましょう。王子神社へのアクセス方法では、電車でのアクセス方法や車でのアクセス方法などについてご紹介します。

車でのアクセスの際には、気になるのがやはり駐車場のことです。その駐車場についても、アクセスと併せてご紹介していきます。

電車でのアクセス方法・最寄り駅

王子神社への電車でのアクセス方法ですが、まずは、最寄り駅のことですが、JR・地下鉄の場合は王子駅になります。都電では、王子駅前や飛鳥山です。JR・地下鉄や都電が利用できるということで東京各方面からのアクセスも便利です。

JR京浜東北線王子駅からは北口、東京メトロ南北線王寺駅からは3出口をご利用ください。JR・地下鉄王子駅からは徒歩3分とアクセスもしやすいのでおすすめです。都電荒川線王子駅前からは徒歩5分で、飛鳥山からは徒歩7分ほどになります。

車でのアクセス方法・駐車場

王子神社への車でのアクセス方法ですが、首都高速を利用の際には、「王子北」出入口あるいは、「王子南」出入口をご利用ください。首都高速出入口からおよそ5分ほどになります。明治通りからの右折ができないので、その点はご注意ください。

王子神社の駐車場ですが、普通車が合計20台駐車できる駐車場を用意しています。そのため、車でのアクセスもおすすめです。万が一、駐車場が満車の際には、近隣のコインパーキングをご利用ください。

王子エリアのラーメン屋まとめ!人気店や深夜営業のお店もチェック!

東京十社巡りで王子神社を参拝しよう

東京十社のひとつ王子神社のご利益や御朱印、お祭り、アクセスについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。徳川将軍家からのご加護も厚かったこともあり、明治天皇から、東京十社として選ばれています。

髪の毛の神様もいる神社で、美容関係者からも人気のある神社です。樹齢600年以上にもなると言われている大イチョウもあり、東京のパワースポットとしてもおすすめです。

古の時代から信仰を集めてきた王子神社は、東京十社のひとつとして、人々に愛されてきた神社でもあります。王子にお越しの際には、王子神社を参拝してはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ