「赤羽トロ函」は新鮮な海鮮が楽しめる居酒屋!おすすめメニューを一挙紹介!

東京都の赤羽に「赤羽トロ函」という人気の海鮮居酒屋があります。安い価格で美味しい海鮮料理が楽しめるという、人気のお店です。「せんべろ」ができるお店として知られています。そんな「赤羽トロ函」のお店の外観や、おすすめメニューやアクセス方法などを紹介します。

「赤羽トロ函」は新鮮な海鮮が楽しめる居酒屋!おすすめメニューを一挙紹介!のイメージ

目次

  1. 1赤羽トロ函は海鮮料理が人気の居酒屋
  2. 2赤羽トロ函の外観と内観
  3. 3赤羽トロ函のおすすめメニュー
  4. 4赤羽トロ函のドリンクメニュー
  5. 5赤羽トロ函の口コミ評価
  6. 6赤羽トロ函へのアクセス
  7. 7赤羽トロ函の基本情報
  8. 8赤羽トロ函の「赤羽」はどんなとこ?
  9. 9赤羽トロ函でせんべろを堪能

赤羽トロ函は海鮮料理が人気の居酒屋

最近人気の街として話題になっている東京北区赤羽は、親しみやすい街、温かみが感じられる街としても知られています。埼京線や京浜東北線、宇都宮線が停車する駅として、アクセスも良く、駅の周辺も急速に開けています。赤羽をレッドウイングとニックネームで呼ぶ赤羽ファンもたくさんいます。

そんな赤羽で、赤羽を代表するような人気のお店が「赤羽トロ函(あかばねとろばこ)」です。お店はマスコミでもしばしば採り上げられる評判の良い人気居酒屋です。

海鮮が美味しくリーズナブル

「赤羽 トロ函」は、人気メニューの新鮮魚介の浜焼きがよく知られた、安い値段で食べられる居酒屋です。東京で新鮮な海の幸がリーズナブルな価格で食べられるお店として知られ、インターネットでも話題になっています。

「赤羽 トロ函」は、赤羽近くにある、行列ができる海鮮居酒屋で、ホタテ焼きやイカ焼きから、イクラ、ウニ、トロなどのお刺身もあります。もちろん、味は美味しいく、親しみやすい店員さんが多く、店構えも魅力がたくさんあります。

トロ函は人と人とのコミュニケーションの場

「赤羽トロ函」のお店のコンセプトは「都会の海の家」だそうです。浜焼きをメインにしてたくさんの海鮮料理のメニューがあります。お店のモットーは「人と人とのコミュニケーションの場」です。「赤羽トロ函」で、お客さん同士や、お客さんとスタッフが仲良くなり、美味しい海鮮料理を食べながら、楽しくお酒が飲めるお店になっています。

コスパ抜群の一品はどれもおすすめ

「赤羽トロ函」では、赤羽という土地柄もあって、安くて美味しい料理がふるまわれます。ただ安いだけでなく、安くても美味しいのです。つまり、コストパフォーマンスがとても良いおすすめの居酒屋です。メニューも一品、一品手が込んだ美味しい味の海鮮料理になっています。

マスコミで取り上げられた店

「赤羽トロ函」は、少し前の時代に口コミから人気が広まり、安い居酒屋が多い赤羽でも、人気の居酒屋として有名になっています。最近はテレビ番組をはじめ、マスコミで度々紹介されています。

店先で店員さんが、炭火を使った焼き台で魚を焼いている調理姿が見られます。道路から見えるようにショーケースも置かれています。開放的なお店で、「赤羽トロ函」の店内は魚市場のような活気のある居酒屋になっています。お店の壁にはメニューが書かれた札がたくさん並んでいて、賑やかな店内になっています。

赤羽トロ函の外観と内観

「赤羽トロ函」は、居酒屋巡礼ができるといわれるほど、居酒屋が人気の赤羽で、居酒屋の王様のようなお店になっています。「赤羽トロ函」は行列ができる人気店で、開店と同時に活気あふれるお店になり、海鮮類の美味しい香りが漂います。海鮮類が中心のメニューで、あたかも、魚市場とも思えるほどの活気も感じられる人気店です。

外観

「赤羽トロ函」の外観は、全体的に少し年季が入った感じはありますが、大きなお店です。お店の看板は、台形を逆さまにした白地で、そこに「赤羽 トロ函」と大きな字が書かれています。

入口も広く、表からお店の中を見通せます。なんとなく親しみやすく、ついつい入店してしまいそうなお店です。

明るい雰囲気の店内

店内には、カウンター席やテーブル席に掘りごたつまで揃っています。約50席ほどありますが、いつも混んでいて、比較的お隣さんと寄り添って飲むことになります。店内でスポーツ観戦ができるそうで、スポーツ好きにはお酒を飲みながら、スポーツが楽しめる最高のひと時が過ごせます。

掘りごたつ席

昔は多くのお宅あった掘りごたつが、「赤羽トロ函」には、今もあります。掘りごたつで美味しい海鮮料理が食べられて、美味しいお酒が飲めるのは最高でしょう。

メニューがたくさんのお店ですから、掘りごたつに腰を落ち着けて、様々な海鮮料理やお酒をじっくりと味わえます。

赤羽トロ函のおすすめメニュー

「赤羽トロ函」の人気の一つが、豊富なメニューです。「赤羽トロ函」でしか味わえない人気メニューもあります。

ここでは、数ある「赤羽トロ函」のおすすめメニューから選りすぐって、お店で人気になっているメニューを紹介します。

【一番人気】鮪のカマ焼き

「鮪のカマ焼き」は「赤羽トロ函」で人気No1のメニューです。他ではなかなか見られない人気のメニューです。

七輪の炭で炙り焼きです。七輪も珍しい時代に豪快な炙り焼きは、ぜひ食べてみたいメニューです。「鮪のカマ焼き」で焼いた鮪は、身はふっくらで、鮪のうま味がギュッと凝縮しています。

活ホタテ殻焼き

「赤羽トロ函」で必ずいただきたいメニューといえば、「活ホタテ殻焼き」です。活ホタテ殻焼きは貝殻が付いたままの状態でほたて貝を焼いて、ほたての口が開いたら、そこに醤油をかけて、身を外していただきます。醤油の焼ける香ばしい匂いが食欲をそそります。焼き台で自分で焼いて食べるのも楽しみになります。

エビの鬼殻焼き

「赤羽トロ函」の、「エビの鬼殻焼き」も、目の前で七輪でエビを殻ごと炙り、美味しく焼いていただきます。

エビを殻ごと焼くと焼きあがるまでに時間もかかり、香ばしい香りも感じられるエビの鬼殻焼きになります。お酒もすすむメニューとして人気になっています。

鮪カマ焼き

「赤羽トロ函」の店頭で店員さんが焼いていることもある「鮪カマ焼き」は、その食欲をそそられる匂いで、店内まで引き込まれます。赤羽トロ函の鮪カマ焼きはサイズが大きく、1人で食べるよりも、友人やグループでシェアーして食べると、美味しさが分かち合え、おすすめです。

活貝浜焼盛り合わせ

「赤羽トロ函」の浜焼きのなかでは、貝類もおすすめです。貝を手軽に焼いて食べられるのは港町くらいです。しかし、「赤羽トロ函」では、色々な種類の貝がセットになった「活貝浜焼盛り合わせ」で、美味しい貝が楽しめます。

ほたてやサザエやホンビノス貝が楽しめます。焼きあがるまで少し時間がかかるようですが、焼きあがるまで待つのも楽しみです。

はたはた

「赤羽トロ函」では、秋田名物の「はたはた」も、お店の浜焼き料理のメニューにあります。はたはたは、シシャモに比べて少し知名度は低いようですが、美味しさは負けていません。はたはたは、北の日本海側の地域ではよく食べられています。一夜干しですから、よく焼いて丸かじりもいけます。

生干しエイヒレ

「赤羽トロ函」のレアメニューの一つが、「生干しエイヒレ」です。一般的なお店のエイヒレは乾燥しています。しかし、「赤羽トロ函」のエイヒレは、しっとりとした生エイヒレを浜焼き料理として味わえます。プルプルとした食感が楽しめる肉厚な生エイヒレは、そのままでもマヨネーズでもいけます。

函盛ウニイクラ

「函盛りウニイクラ」は、「赤羽トロ函」でこそ、リーズナブルな価格で食べられる海の幸です。

クリーミーなウニに、小さな赤いビー玉のようなプリプリのイクラが、思いっきり食べられます。わざわざ、「赤羽トロ函」にウニを食べにくるお客さんも多いそうです。必ず「函盛りウニイクラ」を注文するリーピーターもたくさんいるそうです。

トロ鮪の切り落とし

「赤羽トロ函」で、お刺身の人気メニューが「トロ鮪の切り落とし」です。トロ部分の身を厚めに切り落した食べごたえいっぱいの鮪のトロ身です。

トロマグロがたっぷりと盛られて出てきますので、独り占めも良いのですが、友人と美味しさをシェアーすることもできます。「トロ鮪の切り落とし」は常連さんの鉄板メニューです。

大粒牡蠣フライ

「赤羽トロ函」は浜焼きや刺身だけでなく、お店の優れた調理力が現れたメニューもあります。中でも大粒カキフライは人気のおすすめメニューで、たくさんのお客さんがオーダーしています。大粒カキフライですから、選りすぐりの大きなカキを使用して、「赤羽トロ函」ならではの食べ応え満載のカキフライになっています。

鯵フライ

魚介類のフライといえば、エビフライにカキフライに、そして、最もポピュラーなのが、鰺フライです。「赤羽トロ函」のおすすめ人気メニューの一つが「鯵フライ」です。最もおいしくなるようなタイミングで揚げられた「鰺フライ」はサクッした歯触りで、美味くしまった身になっています。

刺身七点トロ函スペシャル

「刺身七点トロ函スペシャル」は「赤羽トロ函」のイチオシメニューという人も多くいます。鮪やエビやタコやイカなどがきれいに盛られた「刺身七点トロ函スペシャル」は、新鮮なお刺身が七種類も、美しく盛られて出てきます。美味しい七種類の刺身が一度に食べられるのは、刺身好きでなくてもおすすめです。

びっくりトロ鉄火巻き

刺身もお酒もいただいたところで、最後は必ずご飯ものという方も多いようです。「赤羽トロ函」の人気のご飯は、お寿司になります。

人気は「びっくりトロ鉄火巻」です。一般的な鉄火巻きよりは大きく、太巻き並みです。さらに、惜しみなくトロを使って、巻物の端っこからトロが大きくはみ出しています。食べ応え満点の「びっくりトロ鉄火巻き」です。

ぶっかけ三点寿司

「赤羽トロ函」のもう一つのおすすめ人気メニューが、「ぶっかけ三点寿司」です。ぶっかけ三点寿司はウニ、イクラ、カニが三役揃い踏みです。

軍艦巻きだけに、カニもウニもイクラも堂々と盛られています。贅沢な三点セットです。「ぶっかけ三点寿司」は、「赤羽トロ函」では避けて通れないメニューです。

赤羽トロ函のドリンクメニュー

「赤羽トロ函」は海鮮料理が人気メニューになっていますが、美味しい魚介類には、美味しいお酒がつきものです。

「赤羽トロ函」には、人気のユニークなドリンクメニューがあります。下町だけに、下町で人気のドリンクもあります。そんな、「赤羽トロ函」の人気メニューの紹介です。

熱燗

美味しい海鮮料理に合うのは日本酒でしょう。最近は日本酒を冷で飲む人も増えていますが、おすすめは「熱燗」でしょう。「赤羽トロ函」の熱燗は、日本酒が2合入って628円(税込)です。なんと、とっくりでなく、アルミの小さなやかんで出てきます。赤羽の飲み屋さんの風情でしょうか。なかなか乙なものです。

亀甲宮ボトル

下町の焼酎の人気ブランド「キンミヤ焼酎」が飲めます。美味しい人気の焼酎で、長く焼酎ファンに愛されているお酒です。

かなりアルコール度数が強い焼酎ですから、好きな方にはたまらないようです。ボトルですから、瓶のままで出てきます。お値段は1780円(税込)です。

ホイス ハイボール

「ホイスハイボール」は幻ともいわれる、貴重なドリンクです。ホイスハイボールだけで飲んでも、ほとんど意味ないでしょう。焼酎を美味しく健康的に飲むための「割り材」です。

製造メーカーさんは、小売りをせずに、特定の取引先にだけ出荷しているようです。その、幻の「ホイスハイボール」が。「赤羽トロ函」では飲めます。

トロ函 ハイボール

ハイボールはウイスキーを割ったものですが、「赤羽トロ函」では、他店ではあまり見られない、お店独自のハイボールがあります。

「赤羽トロ函」では幻のホイスハイボールもあって、人気の海鮮料理をいただきながら、美味しいハイボールが飲めるようです。

浅草神谷バー 電気ブラン

東京の下町ではよく知られた飲み物です。浅草神谷バーのオーナーが明治時代に誕生させたブラデーがベースになったカクテルです。

一説では、電気ブランを飲むと口の中がしびれる感覚が味わえることで、電気ブランと命名されたそうです。どちらにしても、最近人気が復活した電気ブランも飲めます。

赤羽トロ函の口コミ評価

赤羽では圧倒的な知名度と人気を誇る「赤羽トロ函」です。安いおすすめの海鮮居酒屋という評判で、インターネット上には様々な書き込みがあります。

インターネットの書き込みは実際にお店で飲食した方々の生の声ですから、大いに参考になります。そんな赤羽トロ函」についての気になる口コミの紹介です。

赤羽で人気の海鮮居酒屋といえばここ

お店は情緒ある店構えと店内です。遠慮せずにかしこまらずに飲める場所です。お店のスタッフさんも元気な店員さんが多く、楽しく食べて、飲めるお店です。と、身近なお店の口コミです。

赤羽で人気の浜焼き「トロ函」さんは、夜になると赤羽一番街商店街の中で、特ににぎわっています。安くて美味しい海鮮が食べれるおすすめのお店として有名です。明るく活気がある店内です。と、楽しいお店の評価です。

「トロ函」さんは、都会の海の家がコンセプトになっている、カニや貝などを七輪で焼きながら食べる浜焼きの居酒屋さんです。元気の良いスタッフが多く、活気があります。浜焼きスタイルのお店で、外と建物で仕切りされてなく、半開放状態なので、場所によってはとても暑いのですが、それもお楽しみです。と、活気あるお店の評価です。

美味しい味のお店

赤羽で人気の居酒屋『赤羽 トロ函』に行って来ました。閉店時間の2時間前でも行列が出来てました。お刺身の7点盛りはどれも美味しく、好きなネタばかりでした。海鮮だけでなく、ハムカツやポテトフライ、タコ唐揚げなど、揚げ物も美味しいお店でした。と、全て美味しいとの書き込みです。

びっくりトロ鉄火巻はびっくりする大きさでした。ぶっかけ三点寿司はイクラ、ウニ、カニがたっぷり贅沢に軍艦巻きに乗っていて美味しいお寿司でした。ここでも美味しい評価です。

海鮮系はすべてが獲れたてではないようですが、リーズナブルで、店の雰囲気も良く、店員さんも明るく、楽しく飲むのにぴったりです。土曜日や日曜は昼から飲めるそうです。海鮮専門店ですが、揚物も美味しかったです。海鮮以外も美味しいという口コミです。

リーズナブルな価格設定が嬉しい

赤羽は朝から飲める店もあって、好きな街です。今回は「赤羽トロ函」で飲みます。海鮮料理や浜焼きがメインの海鮮居酒屋ですう。店内は裸電球が灯り、大漁旗が飾られ魚市場or漁師小屋の雰囲気です。塩辛、〆サバ、明太子、焼サバ、シシャモ、など、どれもワンコイン以下です。おすすめのお値段です。

赤羽で安く美味いモノが食べられるお店と言えば断然「赤羽トロ函」です。美味しい海鮮系料理に、飲み物もすべてがリーズナブルな価格で、安心して注文できます。ただし、自分で焼くので、焼き加減は結構微妙です。

赤羽トロ函へのアクセス

「赤羽トロ函」は、東京都北区赤羽にあります。赤羽駅は交通の要所で、埼京線や京浜東北線、宇都宮線が停車する駅です。その赤羽駅から徒歩でアクセスできる場所にあるのが、海鮮居酒屋の「赤羽トロ函」です。

お店は、駅から徒歩圏内にあります。赤羽駅へのアクセスは良く、駅からお店へのアクセスも良い「赤羽トロ函」へのアクセス方法を紹介します。

電車でのアクセス・最寄り駅

「赤羽トロ函」の最寄り駅は店名にもある通り、JRの赤羽駅です。お店へは、赤羽駅の北口改札から東口へ抜けて、北側にある一番街商店街を入っていくと、左側にすぐに見つかります。徒歩で約2分ほどです。赤羽駅から距離にして約240メートルほどです。

車でのアクセスは

東京都の場合は、公共交通機関が発達しています。「赤羽トロ函」へアクセスする場合ですが、JRを利用してアクセスすることが一番便利なようです。車でアクセスの場合は、「赤羽トロ函館」の美味しいお酒も飲めませんので、車でのアクセスはあまりおすすめできません。

「赤羽トロ函館」へ車でアクセスする場合ですが、お客様用の駐車場はありません。車でアクセスする場合は、近隣の駐車場を利用することになります。

赤羽トロ函の基本情報

「赤羽トロ函(あかばね とろばこ)」は、海鮮系浜焼きの居酒屋です。「赤羽トロ函」の営業時間は、月曜日~木曜日が16:30~23:00までです。金曜日と祝前日は16ː30~24ː00になります。土曜日は15:30~24:00、日曜と祝日は15ː30~23ː00までです。日曜日も営業しています。定休日は無く年中無休です。

「赤羽トロ函」は、赤羽地区に「赤羽トロ函」を含めて4店舗あります。残る3店は「赤羽トロ函はなれ」「赤羽シルクロードトロ函」「赤羽OK横丁トロ函」です。

それぞれの店が個性の違った店舗になっています。何れのお店も赤羽駅周辺にあり、今は赤羽の顔とも言われる名店になっています。

住所 東京都北赤羽1-17-7
電話番号 03-3903-7175

赤羽トロ函の「赤羽」はどんなとこ?

「赤羽トロ函」がある赤羽ですが、東京都の北区の北端部になります。荒川を挟んで対岸は埼玉県川口市です。JR赤羽駅や東京メトロ赤羽岩淵駅があって、交通の便が良く、東京都北区の交通と商業の中心地になっています。

さらに、お隣の埼玉県のさいたま市や、川口市、戸田市など、埼玉の南部の地域は、赤羽を経由して都内に入ることから、関係が深い場所になっています。

赤羽(赤羽根)は、明治4年(1871年)11月14日に浦和県(現在の埼玉県)から東京府北豊島郡に編入されています。明治22年(1889年)に、岩淵町の一部となっています。昭和7年(1932年)に、当時の東京市王子区(現在の東京都北区)に組み込まれています。

赤羽は赤い土地

赤羽で最も気になるのは、その赤羽という地名の由来です。どこか、ロマンチックにさえ思える、赤羽はどうして誕生したのでしょうか。

赤羽の地名の由来は、赤羽の土地に大きく関係しています。日本で一番広い関東平野には、富士山の爆発による火山灰が堆積してできた関東ローム層がります。

この地層が、赤羽近郊を流れる荒川の流れにより浸食されて、関東ローム層の赤土が露出した地域が今の赤羽の一帯です。

その赤羽の「赤」は、赤土の「赤」を意味して、赤羽の「羽」は、もともとは、埴(はに)で、粘土または粘土質の土地を意味しています。その埴がなまって、羽(はね)になったそうです。つまり、「赤い粘土質の赤土の土地」、つまり赤羽根(あかはね)が、赤羽(あかばね)に変化していったようです。

赤羽と言えばエレカシ

赤羽に関係ある人気のロックバンドといえば、「エレファントカシマシ」です。メンバー4人のうち。3人が赤羽出身です。自分たちのアルバムのジャケット撮影を赤羽の商店街で行っています。平成9年(1997年)に発表されたヒットシングル『今宵の月のように』のプロモーションビデオは赤羽駅から近い荒川土手で撮影されたパートがあります。

Thumb丸健水産は赤羽で人気の立ち飲み居酒屋!おでんなどおすすめメニューを紹介!
東京の赤羽エリアで美味しいおでんメニューを味わうことができるということで人気となっているとい...
Thumb赤羽の観光スポットをランキングで紹介!おすすめの名所や名物を厳選!
レトロで昔ながらの街並みが楽しめる赤羽にはたくさんの観光名所があります。自然豊かな光景が楽し...

赤羽トロ函でせんべろを堪能

東京都の赤羽にある人気の海鮮居酒屋「赤羽トロ函」について、おすすめの人気メニューや口コミやアクセス方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。人気の海鮮居酒屋で、リーズナブルな安い値段で、美味しい海鮮メニューがたくさん食べられます。素直に、せんべろ(千円でべろべろ)が楽しめる「赤羽トロ函」へ出かけましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ