世田谷『奥沢神社』の御朱印やご利益は?パワースポットとしても大人気!

東京の世田谷にある「奥沢神社」は、大変大きなご利益を頂くことができるパワースポットとして人気があります。御朱印を頂くことができる神社としても知られています。東京の世田谷にある「奥沢神社」について、いろいろな情報をピックアップしました。

世田谷『奥沢神社』の御朱印やご利益は?パワースポットとしても大人気!のイメージ

目次

  1. 1世田谷の「奥沢神社」に行こう!
  2. 2世田谷のおすすめパワースポット「奥沢神社」をご紹介!
  3. 3奥沢神社とは?
  4. 4奥沢神社のご利益
  5. 5奥沢神社の見どころ
  6. 6奥沢神社の例大祭「大蛇お練り神事」
  7. 7奥沢神社の御朱印情報
  8. 8奥沢神社の基本情報
  9. 9奥沢神社のアクセス
  10. 10「奥沢神社」のおすすめ周辺観光
  11. 11都内にある人気パワースポット「奥沢神社」に行こう!

世田谷の「奥沢神社」に行こう!

東京の世田谷にある「奥沢神社」は、パワースポットして大変注目されています。御朱印も頂くことができ、大事にしたらさらに大きなご利益を頂くことができるでしょう。東京の世田谷にある「奥沢神社」について、アクセスや駐車場などの基本情報を交えて紹介します。是非少し時間を取って行ってみることをおすすめします。

世田谷のおすすめパワースポット「奥沢神社」をご紹介!

「奥沢神社」は、東京都の世田谷区・奥沢にある神社であり、大変注目されているパワースポットの一つです。

ご祭神として、譽田別尊(ほんだわけのみこと)・稲倉魂命(うがのみたまのみこと)が祀られていて、地元の人を中心として古くから大きなご利益を頂くことができるとして大変親しまれている神社です。

豊かな緑に囲まれていて、自然からもパワーを頂くことができ、心の芯からリフレッシュすることができると、ほんのちょっとした時間の合間に訪れる人が多いです。

大変大きなパワーが頂くことができるパワースポトットして人気があり、県外の遠いところの人や海外からも多くの参拝者が連日訪れています。

今話題の御朱印を頂くことができる神社の一つなので、御朱印集めをしている人にもおすすめの神社です。頂いた御朱印を大切にしたら、より大きなご利益を頂くことができるでしょう。

東京の世田谷の周辺に仕事や観光で行くスケジュールがある時には、是非「奥沢神社」にも手を合わせに行ってみることをおすすめします。気持ちがすっと落ち着くこと間違いなしです。

奥沢神社とは?

東京の世田谷にある「奥沢神社」のはじまりについてはあまり詳しいことは分かっていません。室町時代にはあったと考えられていて、この場所に奥沢城をつくる時に、世田谷郷の東部の守護神として八幡神を勧請したことがはじまりなのではないか、と考えられています。

当時は「八幡神社」と呼ばれていて、この周辺の領主であった吉良氏があちこちに建立していた「世田谷七沢八八幡(しちざわはちはちまん)」の1つに数えられていました。

戦国時代に後北条氏が滅亡するとともに吉良氏の勢力も落ち、この地は徳川家の直轄領とされていきました。

1669年(寛文9年)の検地で新しい土地である奥沢新田村などが誕生し、従来からの土地とあわせて奥沢本村と呼ばれるようになり、「八幡神社」は奥沢新田村の鎮守とされました。

江戸時代の中期頃に疫病がはやり、以降厄除けとして、藁で作った大きな蛇を抱えて練り歩く行事である「大蛇お練り神事」が始まり、「厄除大蛇」が鳥居にかけられるようになりました。

1909年(明治42年)の10月に、旧・奥沢本村の鎮守であった「子安稲荷神社」が合祀されることとなり、「奥沢神社」と名を変えました。

奥沢神社のご利益

東京の世田谷にある「奥沢神社」で頂くことができるご利益は、出世開運のご利益・武運長久のご利益・商売繁盛のご利益・五穀豊穣のご利益などとなっています。

「奥沢神社」で大きなご利益を頂きたいと考えている時には、二礼・二拍手・一礼の作法にのっとり、清らかな心でしっかりと願うことが大切です。

社殿に参拝に行く前に、手水舎で手を清めると同時に心もしっかりと洗い清めてから手を合わせに行くようにしましょう。

奥沢神社の見どころ

東京の世田谷にあるパワースポットとして人気の「奥沢神社」は、それほど大きな神社ではありませんが、境内にはいくつかの見どころがあります。

「奥沢神社」のおすすめ見どころスポットについて、厳選して4つ紹介します。まず初めに社殿にしっかりと参拝してから境内巡りを楽しんでみてください。

見どころ①藁の大蛇

「奥沢神社」のおすすめ見どころスポットの一つ目は、「藁の大蛇」です。神社の入り口のところにある鳥居にあります。

鳥居には、大きな蛇の形をした「厄除大蛇」の縄がかけられていて、迫力満点であると話題になっています。神社に入る前に必ず見ておきたいスポットです。

見どころ②奥沢弁才天社

「奥沢神社」のおすすめ見どころスポットの二つ目は、「奥沢弁才天社」です。社殿の奥にあるべんてんの道へと進むとあります。

「奥沢弁才天社」は、「福寿弁天」とも呼ばれていて、現在の東急目黒線の「奥沢駅」の南側約100メートルのところにあったと言われている湧水池に鎮座していたものを、1950年(昭和25年)にここの場所に移したものです。

湧水地は昔「奥沢弁天池」とも呼ばれていて、池の主である白蛇が周辺の地域の田畑に水の恵を与えていたと伝わっています。湧水地は現在は商店街となっています。

見どころ③御神木

「奥沢神社」のおすすめ見どころスポットの三つ目は、「御神木」です。社殿のすぐ左側にある大きな木です。

スダジイという種類の木であり、世田谷区の名木100選にも選ばれています。そっと近づいて手をかざしてみると大きなパワーを頂くことができるでしょう。

見どころ④黒猫のクロちゃん

「奥沢神社」のおすすめ見どころスポットの四つ目は、「黒猫のクロちゃん」です。猫なのでどこにいるかはその時次第です。

「奥沢神社」の境内にいる「黒猫のクロちゃん」に会えると金運UPのご利益を頂くことができるとされています。

もし、参拝に行った時に「黒猫のクロちゃん」に出会うことができたらラッキーという気持ちで出かけてみましょう。

奥沢神社の例大祭「大蛇お練り神事」

東京の世田谷にあるパワースポットとして人気の「奥沢神社」は、9月の第2土曜日・日曜日に執り行われる例大祭で行われる神事である「大蛇お練り神事」が大変良く知られています。東京都の無形民俗文化財に指定されています。

「大蛇お練り神事」は、厄除けの為に氏子ら十数人で長さが約10メートル・重さが約150キロもある大変大きな藁の大蛇をかついで町内を練り歩く神事です。

「大蛇お練り神事」で使われた大蛇が、一年間社殿の中で安置された後、鳥居のところにある「藁の大蛇」となり、飾られます。

奥沢神社の御朱印情報

東京都の世田谷にあるパワースポットとして人気の「奥沢神社」では御朱印を頂くことができます。「奥沢神社」では、書置きの御朱印のみとなっているので、頂いて帰り、後で自分の御朱印帳に御朱印を張り付けましょう。

「奥沢神社」で頂くことができる御朱印は、中央に「奥沢神社」の文字・右側に「武州 世田谷 災厄除の神」の文字・左側に日付を書いて頂けます。初穂料は500円となっています。

御朱印の授与場所と時間

「奥沢神社」で御朱印を頂ける場所は、社殿の左脇にある社務所で頂くことができます。時間は、9時から16時頃までとなっています。

御朱印を頂きたい時には、インターホンの代わりに窓口のところにある木魚をたたいて知らせるようにしましょう。

御朱印は、神社やお寺などを参拝した証として頂くことができる証明書のようなものです。必ず社殿に参拝に行った後に頂きに行くようにしましょう。

御朱印を頂くことができる時間は決まっているので、終了時間間際に神社に到着となることのないようにしっかりとスケジューリングをして余裕をもって訪れることをおすすめします。

奥沢神社の基本情報

「奥沢神社」は、東京都・世田谷区の奥沢にある神社です。大変歴史があり、由緒正しい神社の一つとして、地元の人を中心に大変愛されています。

基本的には24時間いつでも参拝に行くことができる神社となっています。神様がいらっしゃる場所であるということを忘れずに、慎んだ行動を心掛けるようにしましょう。

特に朝早い時間や夜遅い時間に参拝に行きたいと考えている時にはできるだけ静かに行動することが大切です。

御朱印を頂くことができる社務所は、9時から16時頃までと時間が決まっているので、注意をしておくと良いです。

奥沢神社のアクセス

東京の世田谷にあるパワースポットとして人気の「奥沢神社」に参拝に行きたいと考えた時に、あらかじめ知っておくとその日に慌てずに行動することができるアクセス情報について、まとめました。

年末年始やゴールデンウィーク・行事などがある時には大変多くの人が参拝に訪れるので、公共交通機関でのアクセスをおすすめします。

電車でのアクセス

東京の世田谷にあるパワースポットとして人気の「奥沢神社」に電車を利用してアクセスしようと思っている場合は、東急目黒線の「奥沢駅」で降りると徒歩約2分でアクセスすることができます。

また、東急東横線や大井町線の「自由が丘駅」で降りても徒歩約5分でアクセスすることができるので、その日のスケジュールにあわせて自由に路線や降りる駅を選ぶと良いでしょう。

車でのアクセスと駐車場

東京の世田谷にあるパワースポットとして人気の「奥沢神社」に車を利用してアクセスしようと思っている場合は、第三京浜道路の「玉川インターチェンジ」、または首都高速3号渋谷線にあります「用賀出入口」または「三軒茶屋出入口」で降りるとアクセスすることができます。

一般道路を利用してのアクセスを考えている場合は、都道426号線・都道311号線・都道318号線などを利用すると良いでしょう。

「奥沢神社」には、参拝者の専用駐車場は設けられていません。車で行くことを考えている時には、あらかじめ周辺のコインパーキングなどの駐車場の情報について、集めておくと、その日になって困ることがないのでおすすめです。

「リパーク奥沢5丁目第4」は、約2台分の駐車スペースがあるフラップ式の駐車場です。24時間年中無休で営業しているので、時間を気にすることなくいつでも入庫・出庫ができます。料金は、全日8時から22時までが20分300円、22時から翌朝8時までの利用が60分100円となっています。最大料金は、全日22時から翌朝8時までの夜間が500円です。

「タイムズ奥沢5丁目」は、約6台分の駐車スペースがある自走式の平地の駐車場です。24時間営業なので、ゆっくりと観光などを楽しめます。料金は、全日8時から22時までが20分330円、22時から翌朝8時までの利用が60分110円となっています。最大料金の設定がないので、注意をしておくと良いです。支払いにクレジットカードが利用できます。

「奥沢神社」のおすすめ周辺観光

東京の世田谷にあるパワースポットとして人気の「奥沢神社」の近くにはたくさんの観光スポットがあり、「奥沢神社」への参拝とあわせて訪れておくことをおすすめします。

「奥沢神社」の周辺にある是非訪れてみて欲しいおすすめ観光スポットを厳選していくつか紹介します。スケジュールをつくる時の参考にしてください。

松の湯

「奥沢神社」の周辺にある是非訪れてみて欲しいおすすめ観光スポットの一つ目は、「松の湯」です。東京都・世田谷区の奥沢4丁目にある日帰り入浴をたっぷりと楽しむことができる銭湯・温泉です。

閑静な住宅街の中にあるレトロ感たっぷりの銭湯・温泉であり、地元の人はもちろん、日本の和の雰囲気をたっぷりと堪能できると若者や海外の人からも注目されていて、いつも多くの人で賑やかです。

大浴場の他にも、備長炭風呂・ジェットバス・バイブラバスがあり、薪で沸かしているお湯は少し熱めでじっくりと汗を流しながら気分をリフレッシュすることができます。周辺ランナーにも大変人気です。

「松の湯」に電車を利用して行きたいと考えている場合は、東急目黒線の「奥沢駅」で降りると徒歩約2分でアクセスすることができます。車で行きたいと考えている時には、第三京浜道路の「玉川インターチェンジ」や、首都高速3号渋谷線にあります「用賀出入口」・「三軒茶屋出入口」などで降りると良いでしょう。

営業時間は、15時30分から22時までとなっています。ただし、土曜日と日曜日は15時から営業となります。毎週火曜日と水曜日は定休日です。料金は大人が470円、小学生の中人が180円、未就学児の小人が80円となっています。

奥沢公園

「奥沢神社」の周辺にある是非訪れてみて欲しいおすすめ観光スポットの二つ目は、「奥沢公園」です。東京都・世田谷区の奥沢1丁目にある公園です。

こじんまりとした公園ですが、子どもから大人気の複合遊具やタイヤを利用した遊具・スプリング遊具などがあり、明るい声でいつもいっぱいです。

たくさんの木々に囲まれているので、木蔭でほっと一息つく場所としてもおすすめです。ベンチなどもあります。

「奥沢公園」に電車で行くには、東急目黒線の「奥沢駅」で降りると徒歩約10分で行けます。車の時には、首都高速3号渋谷線にあります「用賀出入口」または「三軒茶屋出入口」、第三京浜道路の「玉川インターチェンジ」などで降りると良いです。

24時間いつでも誰もが好きなように利用することができる公園です。ルールやマナー、順番などをしっかりと守って利用しましょう。

都内にある人気パワースポット「奥沢神社」に行こう!

東京の世田谷にある「奥沢神社」は、東京都内にある大変人気のパワースポットの一つです。大きなご利益を頂くことができる神社として知られています。あわせて御朱印も頂いておくと良いでしょう。東京の世田谷の周辺に観光や仕事で行く予定がある時には、是非少し足を伸ばして「奥沢神社」にも参拝に行ってみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ