三宅坂は東京の絶景坂道!皇居周辺のおすすめスポットを徹底ガイド!

三宅坂は、皇居周辺で絶景と言われる坂道です。知られざる三宅坂の歴史と名前の由来とはどんなものでしょうか?また、絶景のスポットの眺めの違いを紹介します。公共交通でのアクセスについても紹介します。三宅坂の周辺のおすすめの観光とカフェも紹介します。

三宅坂は東京の絶景坂道!皇居周辺のおすすめスポットを徹底ガイド!のイメージ

目次

  1. 1東京都千代田区の人気観光スポット
  2. 2三宅坂について解説
  3. 3三宅坂からの眺め
  4. 4三宅坂へのアクセス方法
  5. 5皇居周辺のおすすめ観光スポット
  6. 6三宅坂付近のおすすめカフェ
  7. 7三宅坂を散策してみよう

東京都千代田区の人気観光スポット

三宅坂は、皇居周辺を眺望し楽しめる観光スポットです。ここでは三宅坂の歴史と名前の由来のほかには三宅坂からの眺めとはどんなものでしょうか?また、三宅坂へ行くときのアクセス方法も紹介します。

三宅坂付近の有名な観光スポットとして皇居があります。ここでは皇居周辺の人気の観光スポットを中心に一度は立ち寄って欲しいおすすめのカフェも案内します。

絶景坂道「三宅坂」へ行こう

三宅坂は、皇居の西側にある坂道のことをいいます。坂の上には江戸城の内郭門の一つ半蔵門があることで有名です。また、皇居への通用門として有名です。

その中で三宅坂は、歩きながら皇居のお堀の景色を楽しみながら散策できる歩道が有名です。とくにおすすめが、半蔵門から桜田門の間が一番に絶景を楽しめるスポットして観光におすすめです。

三宅坂について解説

江戸時代から景色が美しいと有名な三宅坂は、半蔵門から警視庁の近くにある坂道です。皇居の内堀に沿っている緩やかに伸びていく坂道です。

坂を降りながら皇居のお堀のほうを眺めると、官庁街と日比谷のビルなどが見えます。その風景は今でも美しく感じるでしょう。今も変わらない風景は、江戸時代の浮世絵にも描かれています。

三宅坂の名前の由来

三宅坂の由来は、江戸時代に三宅坂には地方の藩主の上屋敷が並んでいました。その中で、三河国田原藩主三宅家の上屋敷の他には、近江国彦根藩主の井伊家の上屋敷がありました。

三宅坂の名前の由来は江戸時代の三宅家の上屋敷が有力視されています。しかし、名前の由来の看板などは付近にはありません。三宅坂交差点の中央分離帯のところに三宅坂と書かれている看板だけが残されています。

三宅坂の歴史

江戸時代に三宅坂には、三河国田原藩主だった三宅家の上屋敷があったことから名付けられました。三宅坂は、近江国彦根藩主井伊家の上屋敷でした。

やがて明治を迎えて、三宅家と井伊家の屋敷は政府の用地となりました。三宅坂には陸軍の重要な施設が並ぶようになりました。第二次世界大戦まで、三宅坂は、軍の参謀本部といわれました。

戦後になり、三宅坂での参謀本部跡地は、国会用地となりました。現在は、国会前庭と憲政記念館の他に政党本部ができました。

三宅家の跡地は、戦後すぐに、連合国最高司令官総司令部(GHQ)の将校の住宅地になりました。占領が終わってからは、国立劇場、最高裁判所が建築されました。

三宅坂からの眺め

三宅坂は、片側4車線の幅広い道路です。西側は皇居とお堀に接しています。都会の中のオアシスとして緑のある風景が広がります。

ここからは三宅坂からの眺めについて紹介していきます。道幅の広い三宅坂から見た東京の眺めに、皇居側の歩道から見た風景はどのような感じになるのでしょうか?

それぞれに三宅坂から見た風景の素晴らしさを誰もが感じるでしょう。東京の中心に位置をしていて人気の観光スポットが集まっている場所です。三宅坂付近で人気の理由について考えていきましょう。

道幅の広い三宅坂

最高裁判所と国立劇場の近くにある三宅坂は東京の街を眺めるおすすめの観光スポットです。最高裁判所と皇居のお堀の間には、交差点があります。ここは道幅も広く、片側4車線で合わせて両側8車線の幅の広い道路が伸びています。

車の通りも激しく、皇居の内側に入る橋もありません。主な幹線道路なので、時々渋滞します。交通情報などで渋滞情報の中でよく聞く名前でしょう。

交通量も多く江戸の風情のある風景は期待できません。皇居のお堀の方を眺めると写真撮影の人気のスポットです。

皇居側歩道からの眺め

東京の中心にある三宅坂には、両側に歩道があります。皇居側のお堀の歩道では、いつも晴れた日には皇居の緑を眺めながら散歩する人たちと、週末にジョギングの人気の場所です。

三宅坂には、国立劇場の他には、最高裁判所の他には平和の群像などを見れます。内堀の景色は東京の中心に関わらず自然に溢れていて時々は自然の風を感じるでしょう。

東京の観光スポットしておすすめなのは、江戸時代の浮世絵「名所江戸百景」として描かれています。時代は代わり景色は変わっていますが、東京の中心のビル群と緑豊かな皇居の風景は、人気の観光スポットです。

夜の三宅坂の眺め

三宅坂の夜の眺めはどのような感じになるのでしょうか?半蔵門から都心へ眺めると多くのオフィスビルが並んでいるのが分かります。

特にお堀を挟んで見る東京のビル群を眺めていると、海外の都会にいる感じがするでしょう。特に三宅坂の坂の上から見る東京のビル群と東京タワーを楽しめるでしょう。

三宅坂へのアクセス方法

東京都心で、皇居の近くとわかっていてもアクセスの方法は誰もが気になるでしょう。ここでは、公共交通を使って三宅坂へ行くアクセスについて紹介します。三宅坂観光するときには、参考になるでしょう。

また、バス停が近くにあるのでしょうか?最寄りのバス停などバス停から三宅坂のおすすめのアクセスルートはどんなのがあるのでしょうか?

電車でのアクセス方法

東京駅から歩いて約19分のところにあります。三宅坂行く時は、日比谷通りと都道301号線を経由していくことができます。

ここでは日比谷通りを紹介します。西方向に都道406号を丸の内中通りの方へ歩きます。馬場先門交差点を左に曲がります。その時に日比谷通りに入ります。また国会通りに入るために右に曲がります。その後に三宅総合法律相談所が見えたら、三宅坂に着きました。

バスでのアクセス方法

三宅坂へバスのアクセスは、都営バス新宿西口から出る三宅坂行きの(宿75)か四ツ谷駅から晴海埠頭行きの(都03)に乗るのをおすすめします。最寄りのバス停は、半蔵門と平川天満宮です。

半蔵門バス停から三宅坂へのアクセスは、半蔵門通りを南の方に歩きます。その後にキッチンオリジン半蔵門点の前を左に曲がります。その後に右に曲がり内堀通りに入ります。

皇居周辺のおすすめ観光スポット

皇居周辺は、おすすめの観光スポットがあります。ここからは三宅坂から行ける人気の皇居付近の観光スポットを中心に紹介します。

運動不足解消のために皇居を走りながら軽く皇居の人気の観光スポットを回りましょう。また、皇居の周りをいつも走っている人にもおすすめのスポットが見えてくるでしょう。

桜田門

国の重要文化財に指定された桜田門は、江戸時代の歴史を刻んだ場所です。特に有名なのは、江戸時代の大老の井伊直弼が襲撃された「桜田門外の変」は有名です。

人気の観光スポットの桜田門は、外国人観光客が多い場所として有名です。近くまで近寄り門を眺めるだけで日本史の深い重みを感じられます。

憲法記念館

国会議事堂の近くにある憲法記念館は、別名明治記念館と呼ばれています。この建物は、赤坂仮皇居別殿とよばれていました。ここは、明治天皇の仮住まいされていました。また、ここで明治憲法草案の会議を行われた場所です。

今では、憲法記念館と呼ばれています。敷地内には徳川家達の書の石碑があります。建物は鉄筋コンクリートです。しかし、ちょっと角度を変えてみると明治天皇の縁のある場所として風格のある雰囲気を感じるでしょう。

三宅坂小公園

皇居の近くの交差点の近くに変わった感じの公園があります。近くには、皇居と最高裁判所がある公園です。そこには、平和の女人像が目立っています。普通の公園にはない松の植栽があり、日本の和の庭園を連想させます。

かの有名な渡辺崋山氏の生誕の地であることから、遺業などが彫られた解説板もあります。ベンチもあるので、のんびりと和の文化の素晴らしさを感じてみましょう。

平和の群像

三宅坂小公園には、平和の群像というものが設置しています。この群像は、1951年に電通(当時の日本電報通信社)が設置した広告人顕頌碑です。広告人顕頌碑は、広告功労者顕彰の記念碑とされています。

台座には、愛情・理性・意欲をテーマに彫られた彫像です。この平和の群像は、日本で最初に公園で初めて設置された女性の裸の像です。

半蔵門

江戸時代に甲州街道をつながる門を警備していたのが、服部半蔵でした。半蔵門は皇居の西側にあります。現在では皇室の通用門です。

半蔵門の名前の由来は、徳川家康が江戸に幕府を置いてから身の回りの警護と情報収集などの隠密活動の役割をしていました。

江戸城の弱点である裏に位置するのが半蔵門です。服部半蔵は、江戸城の警護をするためにここに屋敷を構え外部からの敵などの侵入を防いでいました。

皇居外苑

皇居外苑は、別名国民公園と呼ばれています。東京駅の目の前にある公園です。ここには、桜田門の他には、約2000本の黒松と、広い芝生広場があります。遊歩道には白砂が敷かれていて晴れた日は、園内を散策する人に出会うでしょう。

その他には江戸城の面影が残る桜田巽櫓の億には東京を代表するオフィスビル群をバックに日本の時代を超えた風景が広がります。

和田倉噴水公園

桜田巽櫓と内堀の間には、和田倉噴水公園があります。ここでは上皇陛下のご成婚記念のために、和田倉噴水公園ができました。また天皇陛下がご成婚された時には、新しい噴水として落水施設を整備されました。

特に見どころは、貝殻と噴水のエリアでは虹を楽しむことができます。また、噴水だけではなく噴水アートも楽しむことができます。子供連れやカップルなどに人気の観光スポットです。

千鳥ヶ淵公園

皇居の西側にある千鳥ヶ淵に隣接する公園です。ここは都民だったら桜の名所として、まず思い出す公園でしょう。園内には、ソメイヨシノ、ヤマザクラなど約170本ほどが植えられています。花見の季節になるとこの公園に集まり桜の美しさを堪能するでしょう。

千鳥ヶ淵公園は、千鳥ヶ淵に沿って遊歩道とお堀には区営ボート場があります。花見の季節になると水面に映る桜の花がとても美しく感じるでしょう。花見の季節になると人気のスポットして注目されています。

大手門

大手門は江戸城の正門として地方の大名達が入場する門でした。大手門には土橋ですが、江戸時代では、大手門が門前にかけられていました。

1606年(慶長11年)に江戸城が造られた後に、藤堂高虎(とうどうたかとら)は、1年3ヶ月後に江戸城を完成しました。その後に、1620年(元和6年)に伊達政宗によって大手門は桝形形式の城門になりました。

富士見櫓

富士見櫓は、富士山を眺めることができました。その他には秩父連山と筑波山などの美しい山の風景を楽しみました。また、両国の花火などは、この富士見櫓で眺めていたでしょう。

富士見櫓前の広場は整備されていますので、間近で美しい富士見櫓を眺めることができます。石垣は伊豆の自然の医師をそのまま積み上げています。

この石垣はかつての大地震でも崩れていませんでした。江戸城で今もその姿を残しているのは、富士見櫓の他には伏見櫓と桜田巽櫓が残っています。

天守台跡

皇居付近で人気のあるスポットは、江戸城天守跡でしょう。東西41mと南北は約45mと高さは11mもある天守台でした。日本では最高の高さを誇る天守台に関わったのが、黒田長政でした。

天守台が存在していたのは、50年間だけです。その理由は1657年の明暦の大火の飛び火で、天守台を始め江戸城の本丸、二の丸、三の丸は全勝しました。その後には、江戸城天守台は再建できませんでした。

Thumb皇居周辺のおすすめ観光コース!人気のお土産や近くの駐車場もまとめて紹介!
皇居というと、特別な場所というイメージがありますが、実は観光できる部分があります。近年では予...

三宅坂付近のおすすめカフェ

三宅坂付近は、おすすめのカフェがあります。ここでは人気のあるおすすめのカフェを中心に紹介します。アメリカの雰囲気のカフェはアップルパイが自慢です。丸の内を中心に働く人、学ぶ人のための集まるカフェなどもあります。

体に優しい素材にこだわり体に元気になれる美味しい料理を味わえるカフェもあります。ここでは三宅坂付近におすすめのカフェを紹介です。

Bubby'sヤエチカ

NYと同じアップルパイの味を楽しめるカフェが八重洲にあります。その名前はBubby'sヤエチカです。手作りのハンバーガーと自慢のアップルパイは、ニューヨーカーに愛されています。

アップルパイの他にもチェリーパイとブルベリーパイが人気のメニューです。テイクアウトできます。アップルパイの他にマフィンやスコーンも販売しています。スイーツの好きな人にはおすすめのお店です。

Marunouchi Cafe × WIRED CAFE

丸ビルの1Fのあるカフェです。丸の内を拠点に色々なものを学び働く糧にとして集まります。慌ただしい朝におすすめなのは、サンドイッチとスムージは一日のスタートにふさわしいメニューを揃えています。

仕事が終わった後には、友達と気軽に楽しめるディナーを楽しめたらいかがでしょうか?気軽に普通のスタイルで笑顔で楽しめるカジュアルタイプなディナーメニューを楽しめます。

ランチメニューは、午後も元気をチャージをするためにボリュームがあるメニューを週替りに用意をしています。

元気になるカフェサンズ

体に優しい誰もが健康で元気になるカフェが半蔵門駅の近くにあります。無農薬または有機農法の野菜に保存料などの添加物を未使用の食材を厳選しています。

電磁波を与えず、精白されていない米穀と水源地にもこだわっています。食材のこだわりは、体を元気にするために理念を大切にしています。

無農薬、無添加にミネラルの他には安心という理念です。誰もが体の内側から元気になるようにメニューは、すべてが手作りです。

三宅坂を散策してみよう

三宅坂は、日本の歴史に深く関わっている観光スポットです。ここでは三宅坂の名前の由来やその歴史に着いて紹介してきました。三宅坂から見た東京の景色は江戸時代と同じように美しく感じるでしょう。

そして三宅坂は、多くのジョギングする人から愛されている皇居のおすすめの観光スポットも紹介しました。その他にも三宅坂付近の人気のカフェも紹介しました。

東京にいる時にちょっと晴れた時に三宅坂をはじめ皇居の周りを日本の歴史を振り返りながら歩いてみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
伸佐

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ