「すし匠」は四谷の予約困難な江戸前鮨の名店!ランチメニューも大人気!

四谷の「すし匠」といえばミシュランの星獲得店以上の価値を持つお店として、美食家の間で話題のお店です。寿司通の方であれば一度は訪れたい名店「すし匠」について、ここではランチタイムやディナータイムの内容や、注意の必要な予約方法、営業時間をもとにご紹介していきます。

「すし匠」は四谷の予約困難な江戸前鮨の名店!ランチメニューも大人気!のイメージ

目次

  1. 1四谷の人気店「すし匠」とは?
  2. 2「すし匠」を徹底的にご紹介!
  3. 3「すし匠」の外観と内観
  4. 4「すし匠」のおすすめランチメニューとは?
  5. 5「すし匠」のおすすめディナーとは?
  6. 6「すし匠」の予約方法
  7. 7「すし匠」の店舗情報とアクセス
  8. 8人気の名店「すし匠」にて絶品鮨をご賞味あれ!

四谷の人気店「すし匠」とは?

新宿区四谷にある江戸前鮨の名店「すし匠」といえば、美食家や寿司通の間では知らない方はいないといわれる有名店です。

「日本一の江戸前鮨の名店」とささやかれるほどの名店であり、ミシュランの星を持つ店舗でこそないものの、「ミシュランの星を持つ名店以上の名店」とリピーターを唸らせています。

都内有数の有名店であるにも関わらず、すし匠ではランチタイムを開催しており、リーズナブルなランチメニューを提供していることでも広く知られています。

しかしながらすし匠はその知名度から、現在では予約が困難とされるほどの人気店へと成長し、そんな有名店だからこそ足を運ぶ前に知っておきたい注意事項が少なからずあります。

なぜミシュランの星を獲得していないの?

すし匠そのものは現在のところ、ミシュランの星を獲得はしていませんが、すし匠で修業を積んだお店がミシュランを獲得していることは有名な話です。

すし匠は現在のところ、あまりの人気から予約の取れないお店として知られ、「一見さんお断りのお店は星を獲得できない」とされるミシュランにおいて、それが不利に働きかけていると推測されています。

都内には、同じような理由からミシュランの星を獲得できていないお店が存在していますが、なかには「ミシュランの星獲得店以上の名店」と美食家をうならせる名店もすくなからず存在しています。

今回ご紹介するすし匠もまさにそういった理由でミシュランの星獲得には至っていないと推測されていますが、リピーターや美食家の間ではやはり、ミシュラン以上の星獲得店以上の価値を持つお店として位置付けている方も多いようです。

「すし匠」を徹底的にご紹介!

ここでは四谷の江戸前鮨の人気店・すし匠で人気のランチメニューやディナータイムの「おすすめコース」の内容について、そして予約情報や営業時間などの注意点などについてご紹介していきます。

美味しいお寿司をリーズナブルな金額で楽しみたい方、また都内有数の有名店で美味しいお寿司を堪能したい方はもちろん、まだすし匠に足を運んだことのない方には必見の情報ばかりとなっていますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

「すし匠」の外観と内観

まずはすし匠の外観や内観などの、ロケーションの特徴からご案内します。すし匠は決して大きなお店でこそありませんが、洗礼された雰囲気という点においては他のお寿司の名店に引けをとりません。

店内は高級寿司店ならではのシンプルで厳かな雰囲気がただよい、カウンター前には鮮度の良いネタがずらりと並びます。

店外もこぢんまりとしながら、名店ならではの重厚な空気がはりつめており、とくにライトアップされた様子は名店ならではの高級感があります。

「すし匠」のおすすめランチメニューとは?

ここからは、すし匠の名物のひとつとなっている、ランチタイムの営業内容についてご紹介していきます。

すし匠はミシュランの星こそまだ獲得していないものの、都内屈指のお寿司の名店でありながら、リーズナブルなランチメニューを提供していることはすでにご紹介の通りです。

予約が必要なディナータイムとは異なり、ランチタイムにはかならずしも予約が必要もないのでとてもおすすめですが、他の店舗のランチタイムとはシステムが大きく異なるので注意も必要です。

2,000円のばらちらしのみ

すし匠のランチタイムの最大の特徴ともいえるのが、メニューがひとつしかない点です。ランチタイムに楽しめるのは2,000円の「ばらちらし」のみとなるので、入店すれば通常のお店とは異なり自動的にばらちらしを注文することになります。

ここで安心なのが、苦手な食材がないかしっかりと聞いてくれること。もちろん、ばらちらしなので食材は細かく刻んであり、どんな食材でも最大限に美味しく食べられるよう工夫されているので、できればそのままで味わうことがおすすめです。もちろんおいしいお茶もしっかりとふるまってくれるので、ゆっくりと料理の完成を待ちましょう。

提供は曜日限定

すし匠のランチタイムのもうひとつの特徴と言えるのが、ランチタイムの開催日が限定されていることです。ただし週三日間もの間開催してくれているので、無理のない曜日に足を運ぶことができるでしょう。

土曜日と日曜日はランチタイムの開催はありませんのでご注意ください。開催日については後ほどご案内する店舗情報で、くわしくご紹介していきます。

「すし匠」のおすすめディナーとは?

ここからは、すし匠の神髄を体験することのできる、ディナータイムについてご紹介していきます。

すし匠の実力をいかんなく発揮するのがこのディナータイムであり、都内でも有数の美味しい寿司を提供することから、多くの寿司通の間では憧れとされるすし匠のディナータイム。

こちらにもいくつかの注意事項がありますので、事前に確認をしてから万全の態勢でディナータイムに臨みましょう。

おすすめコースのみを提供

まずすし匠のディナータイムの特徴として挙げられるのが、ランチタイムと同様メニューがひとつしか存在しない点です。

苦手な食材を事前に伝える点もランチタイムと同様ですが、ばらちらしと違いディナータイムはすべてにぎりでの提供となるため、ここでしっかりと伝えておきましょう。

冒頭でもご紹介した通り、ディナータイムはすべて「おすすめコース」のみの取り扱いとなり、その時もっとも美味しい旬のネタをたっぷりと堪能させてくれます。

ネタの鮮度だけではなく、提供されるタイミング、シャリとネタのバランスや温度に至るまですべてが完璧と称されるすし匠のディナータイムは、すべての寿司通が一度体験すべき完成度です。

事前に予約が必要

すし匠のディナータイムでもうひとつ忘れてはならないのが、ランチタイムとは異なり完全予約制となる点です。

予約方法については一見さんであれば電話からのみ承っています。予約開始の時刻は営業時間内が基本ですが、朝の10時からつながったという例もあるようです。

二回目以降の来店であれば、電話での予約ではなく予約日の当日に、お店で直接予約をしてしまったほうが手間がなくおすすめです。

「すし匠」の予約方法

ここからはランチタイムとディナータイム、それぞれで異なるすし匠の予約方法を改めて確認していきます。一見さんであれば電話予約が必須という点ではランチタイム・ディナータイムともに共通ですが、予約が可能な日数についてはそれぞれで異なります。

やや困難にも感じられるすし匠の予約システムですが、それらを乗り越えるだけの価値があることは間違いありません。

興味がありながらも、敷居が高いと感じてしまっている方にこそぜひ確認をしていただきたい内容ばかりとなっていますので、ぜひチェックしてみてください。

ランチの予約方法

ランチタイムはかならずしも予約の必要はありませんが、やはり予約しておくに越したことはありません。すし匠では、ディナータイムよりもランチタイムの予約の方が難易度は高くないといえます。

すし匠ではランチタイムの予約を2週間前から当日まで承っています。タイミングは早ければ早いほど、より確実に予約ができることはいうまでもありませんが、取れなくても当日に電話し、キャンセルが出たということでそのまま案内された例もあるようです。あきらめずに電話し、魅惑のランチタイムにぜひ訪れましょう。

ディナーの予約方法

日本一の江戸前鮨とささやかれるすし匠のディナータイムの予約は、困難を極めるといいます。ディナータイムの予約はランチタイムと異なり、毎月1日に開始されます。

翌月分の予約をその時に取る形になりますが、当然電話は毎月1日に集中するのでつながりづらく、つながったころには希望日が満席になってしまっているということも。

そのような場合でもキャンセル待ちも承ってくれるので、最後まであきらめずまずは電話がつながるまで辛抱強く発信し続けましょう。

Thumb鮨 よしたけはミシュラン獲得の超人気寿司屋!予約方法やおすすめメニューは?
みなさんは銀座にあります「鮨 よしたけ」というお寿司屋さんをご存じでしょうか。ミシュラン獲得...

「すし匠」の店舗情報とアクセス

ここからは、四谷の江戸前鮨の名店・すし匠の店内情報や営業時間といった、基本的な店舗情報や駐車場情報を含むアクセス情報についてご紹介していきます。

すし匠は都内のお寿司の名店としてはめずらしい、ランチタイムの営業を行っている希少なお店ですが、その営業時間については注意点が必要です。

そのほかにもすし匠に訪れる前にぜひ知っておきたい情報をここではご紹介していきますので、まだすし匠に来店したことのない方は最後までチェックしてみてください。

店舗情報

四谷の人気店すし匠の店内は、カウンター席が14席分、半個室となっている座敷が3席分の計14席という店内構成になっており、残念ながら完全個室の用意はありません。

もちろん店内は完全禁煙となっているので、たばこのにおいが苦手な方は快適に過ごせますが、喫煙者の方はあらかじめ留意しておく必要があります。

クレジットカード支払いを承っていますが、クレジットカードで支払えるのはディナータイムのみ。ランチタイムは現金のみの対応となりますので注意しましょう。

営業時間

続いては、すし匠の営業時間のご案内をしていきます。すし匠の営業時間は11時30分から13時30分までのランチタイムと、18時から22時30分ラストオーダーのディナータイムという二部構成となっています。

ただしランチタイムを行っているのは毎週月曜日と水曜日、そして金曜日の週三日間のみです。火曜日と木曜日、土曜日の営業は、18時から22時30分ラストオーダーのディナータイムのみとなり、毎週日曜日と、月曜日が祝日の場合は月曜日も定休日となります。

またゴールデンウィークや年末年始などの一部の大型連休の際は、お休みとなることがありますので注意しましょう。

ディナータイムは予約をしてから足を運ぶので確実に来店することができますが、これまでにもご紹介してきたようにランチタイムは予約を承っていないので、事前に営業日の確認をしてから来店することをおすすめします。

住所 東京都新宿区四谷1-11 陽臨堂ビル1F
電話番号 03-3351-6387

四谷駅からのアクセス

ここからは、都内でも屈指のお寿司の人気店である、四谷のすし匠のアクセス情報についてご紹介していきます。まずは電車を利用してすし匠に足を運ぶ方へのアクセス情報のご案内です。

すし匠の最寄駅となるのは東京メトロ丸ノ内線またはJR四ツ谷駅となり、丸ノ内線の2番出口またはJR四ツ谷駅の出入口からのアクセスがおすすめです。

とくに近いのが2番出口となるので、ここでは2番出口からのアクセス情報をご紹介しますが、JR四ツ谷駅の出入口からも充分に近い距離にあるので併せておすすめします。まず2番出口を出るとすぐに四谷見附という大きな交差点に到着することができます。

その交差点をJR四ツ谷駅とは反対方向に渡り、すぐに右手に曲がります。新宿通りを右手に見る形で歩くと、すぐ左手に路地が見えてきますのでそちらに入ります。そのまま1分ほど歩き続けると右手に見えてくるのが、今回ご紹介しているすし匠です。

どちらの四ツ谷駅からでもすし匠までは徒歩4分ほどの距離にあり、また複雑な経路でもないので電車からのアクセスはおすすめです。

車でのアクセスと駐車場

続いては、車ですし匠に来店予定の方へ駐車場情報をご紹介します。都内のほとんどのお寿司の名店と同様、すし匠では無料で停めることのできいる専用駐車場を併設していません。

そのため車ですし匠にアクセスする方は、一度近くのコインパーキングに駐車後、あらためてお店に向かう必要があります。基本的には電車からのアクセスをおすすめしますが、ここではすし匠の周辺にあるおすすめのコインパーキングをご紹介します。

すし匠まで徒歩1分ほどで到着できる距離にある「エースパーク四谷第一」は、20分ごとの駐車料金が300円と周囲のコインパーキングとほぼ同一料金ですが、駐車スペースが18台と広めなので、より確実に停めたい方におすすめです。

紙幣が千円札しか使えず、またクレジットカードの利用ができない点には注意が必要ですが、車ですし匠に訪れる方の多くが利用するおすすめのコインパーキングです。

人気の名店「すし匠」にて絶品鮨をご賞味あれ!

ここでは、「ミシュランの星獲得店以上の名店」と人気の絶えない人気店・すし匠のランチタイムやディナータイムの内容、それぞれの予約方法や営業時間の注意点などをもとに、すし匠の魅力についてご紹介をしてきました。

はじめて訪れる方にとっては敷居の高いシステムにも感じられるお店ですが、それらを乗り越えて来店する価値がある名店といえます。

美味しいものを食べて祝いたい方、デートの際、もちろんおひとり様にもおすすめできる「予約の取れない人気店」に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ