八海山の登山情報まとめ!難易度や初心者向けルート・危険スポットなども紹介!

みなさんは新潟県にあります八海山登山を楽しんだことがありますか?今回は八海山登山の難易度などはもちろんのこと、初心者の方にもおすすめのルートなどをご紹介していきます。ぜひ危険なスポットなどを避けて、安全に新潟の八海山登山を楽しめるようにしていきましょう。

八海山の登山情報まとめ!難易度や初心者向けルート・危険スポットなども紹介!のイメージ

目次

  1. 1新潟の八海山を登山しよう
  2. 2八海山とは
  3. 3八海山登山の準備
  4. 4八海山の初心者向け登山ルート
  5. 5八海山の上級者向け登山ルート
  6. 6新潟の八海山へのアクセスや口コミ
  7. 7八海山登山を安全に楽しもう

新潟の八海山を登山しよう

みなさんは新潟県にあります八海山をご存じでしょうか。八海山といえば日本酒の八海山を思い浮かべる方も多いかと思いますが、新潟県には八海山といいまして登山を楽しめる山もあります。そこで今回は新潟県の八海山についてご紹介していきます。

登山初心者でも登山できるといわれている八海山の初心者向けルートはもちろんのこと、上級者向け登山ルートなどもご紹介していきますし、危険スポットなどもご紹介していきます。また八海山登山に必要な装備や服装などもご紹介していきます。登山は常に危険とも隣り合わせとなっていますので、万全の準備をして楽しむようにしましょう。

八海山は初心者でも登れる

八海山は初心者の方でも登山できる山となっていまして、登山好きの方々に人気の山にもなっています。気軽に楽しめるトレッキングルートなどもありますし、ロープウェイなどを利用して登山を楽しむことなどもできるようになっています。

そのためご自身の登山経験や体調に合わせて登山ルートを変えることなどもできるようになっていますし、レベルに合わせた登山を楽しむことなどもできるようになっています。また展望台などもありますので、美しい景色などを堪能することなどもできるようになっていますし、登山特有の達成感などを味わうことなどもできるようになっています。

八海山とは

では新潟県の八海山についてご紹介していきます。八海山は新潟県の南魚沼市にある山になっていまして、標高1778mほどの山になっています。また入道岳となっていまして、昔から霊山としても人気の山となっています。そのため多くの方々に崇められています。

また日本の名山200選にも選ばれている山になっていまして、新潟観光の際に八海山登山を楽しむ方々なども多いです。また越後駒ヶ岳、中ノ岳とともに越後三山の一つとなっていまして、毎年多くの方々が八海山登山を楽しんでいます。

八海山の特徴

では八海山の特徴をご紹介していきます。八海山の周辺には温泉などもありますし、グルメなども楽しむことができるようになっていますので、観光の際に気軽に登山を楽しむことなどもできるようになっています。

また抜群の景色なども楽しむことができるようになっていますので、新潟県南魚沼市の風景などを楽しむことなどができるのも特徴になっています。また周辺スポットと一緒に楽しむことで、より南魚沼市の良さなどを実感できるようになっています。

紅葉登山スポット

また八海山は秋には紅葉スポットとしても人気になっています。そのため登山を楽しむというだけではなく、紅葉を楽しみながらの登山をすることもできるようになっています。そのため例年秋に八海山登山を楽しむ方々も多くなっています。

紅葉は日本のよき風習の一つになっていまして、美しい山の風景を楽しむことなどもできるようになっていますし、自然に癒してもらうことなどもできると人気になっています。普段の喧騒などを忘れてじっくり登山を楽しみながら紅葉を楽しんでみてください。

三名の由来

では八海山という山名の由来についてご紹介していきます。日本酒の八海山はこの南魚沼市にあります八海山という霊山の名前を由来としてつけられたとされているのですが、八海山という山名の由来は定説あるとされています。

一つは八戒山説がありまして、こちらも有力候補となっていますし、階段のようにも見える八ッ峰などから八階山と呼ばれ、それが八海山となったという説、また山上にあったとされる8つの池を海ということにして八海山とつけたという説があります。八海山にはさまざまな言い伝えなどもありますので、それを知ってみるのも魅力になっています。

八海山登山の準備

ではここからは八海山登山に必要な準備についてご紹介していきます。やはり登山といえば初心者の方はもちろんのこと、上級者の方々でも準備をしっかりしておく必要があります。装備などもきちんとそろえておく必要がありますし服装等もそろえるのが基本です。

登山に慣れているという方でも危険な目に合うことなどもありますし、油断が命取りになってしまうことも多いです。常に危険と隣り合わせであるということを意識して、しっかり事前に準備などをしておきましょう。ここでは八海山登山に必要な装備やおすすめの服装などをご紹介し、そのほかにあれば便利な道具などもご紹介していきます。

おすすめの服装・装備

ではまずおすすめの装備や服装についてご紹介していきます。まず服装に関してなのですが、一年中を通して長袖シャツとトレッキングパンツ、フリースかセーターなどは準備しておきましょう。また7月から9月までの間以外はダウンジャケットなども必要です。

装備についてなのですが、基本的に初心者ルートや気軽なトレッキングルートを登山される際には、特別な装備などを持つ必要もありません。ですが上級者向けのルートへ行く際には、それなりに装備しておくことも大切になっています。もちろん水や食料などを装備するのは大切になっています。ですがハーネスなどを装備している方はほぼいません。

準備しておくと便利な道具

では続いて装備するほどでもないのですが、あると便利な道具などについてご紹介していきます。先ほどご紹介しましたようにハーネスなどを装備している方は少ないのですが、八海山の上級者ルートには鎖場なども多くなっています。そのため万が一の時に備えて、ハーネスなどを装備しておくというのはおすすめになっています。

また冬場などはとても気温が下がりますので、軽くて温かい上着などを持っておくのもおすすめになっています。またレイングッズなども準備しておくと安心して登山を楽しめるようになります。ぜひ装備などをしっかりして八海山登山に挑んでいきましょう。

八海山の初心者向け登山ルート

ではまず八海山の初心者向けルートをご紹介していきます。八海山は初心者の方でも気軽に登山できるルートが用意されていまして、自分のレベルに合わせて登山を楽しむことなどもできるようになっています。

そのため初心者の方が無理をせずに登山を楽しむことができるようになっていますし、気軽に登山体験をすることなどもできるようになっています。ロープウェイ山頂駅などを利用するルートになっていますので、登山ルート自体は短めになっています。

日帰り往復ルート

では八海山登山の初心者向けルートを詳しくご紹介していきます。八海山はさまざまな登山ルートを楽しむことができるようになっていまして、初心者の方でも気軽に日帰りで楽しめる登山ルートなどもあります。

ですので気軽に八海山登山を楽しんでいただくこともできるようになっていますし、日帰りですので装備などもそこまでそろえる必要もなく楽しむことができるようになっています。ぜひ登山初心者の方は初心者ルートを参考にされてみてください。

ロープウェイ山頂駅

まずは八海山のロープウェイ山頂駅からスタートしていきます。ロープウェイを利用する登山になっていますので、初心者の方でも気軽にチャレンジできるようになっていますし、登山というよりもトレッキング感覚で楽しむことができるようになっています。

このロープウェイ山頂駅まではロープウェイ山麓駅からロープウェイが運航していますので、こちらを利用するようになっています。登山といいましても本格的な登山ではありませんので、気軽に楽しみたい!という方におすすめになっています。

大倉分岐

そしてロープウェイ山頂駅を出てまずは大倉分岐を目指していただきます。ロープウェイ山頂駅からは約40分程度となっていまして、傾斜の低い緩めの上り坂を超えていくようになっています。

ですのでそこまで体力を消耗することなく、大倉分岐までたどり着くことができるようになっていまして、大倉分岐まで行きますと薬師岳なども見えてきます。こちらでは充分に景色なども楽しんでおきましょう。

女人堂

そして大倉分岐を過ぎますと約50分程度で女人堂に到着することができるようになっています。この女人堂では写真などを撮って楽しむ方なども多いですし、少し休憩などをされる方もいらっしゃいます。

時間に余裕のある方などは、女人堂で一度休憩しつつ写真などを撮って思い出に残しておくのもおすすめになっています。また女人堂にはバイオトイレなども設置されていますので、トイレなどをここで済ませておくのもおすすめになっています。

薬師岳

そしていよいよ薬師岳に差し掛かります。こちらは60分程度で到着できるようになっていまして、美しい景色などを堪能することができるようになっています。そのためゆっくり周りの景色などを楽しんで登山の楽しみを味わいましょう。

ちなみに薬師岳は8合目となっていまして、山頂まであと少しのところとなっています。もう少しで八海山山頂まで到達できる場所に来ていますので、最後まで気を抜かないようにして登山を楽しんでいきましょう。

千本檜小屋

そしていよいよ千本檜小屋に到着します。千本檜小屋までは約15分程度となっていますので、薬師岳からはわりとすぐに到着できるようになっています。千本檜小屋には売店などもありまして、小屋の中でカップ麺などを購入することもできます。

薬師岳から千本檜小屋まで距離的にも短いですし、周りの景色などを充分に堪能しながら、ゆっくり登山するのがおすすめになっています。もちろん千本檜小屋に着いた際には景色を楽しみつつ、食事などを楽しみ休憩するようにしましょう。

ロープウェー山頂駅

そして最後はまたロープウェイ山頂駅を目指していきます。下山する際にはひざなどにも負担がかかりやすいといわれていますので、上るときよりも慎重に進んでいくのがおすすめになっています。

途中で休憩などをはさむことなども忘れないようにしておきましょう。またトイレなどはできるときに済ませておくことが大切になっていますので、下山する際にも女人堂などでトイレを済ませておくようにしておきましょう。

八海山の上級者向け登山ルート

続いては八海山登山の上級者向けルートについてご紹介していきます。初心者ルートと違いまして、下山する際のルートが変更になっています。そのため所要時間なども変わってきますし、体力的にも消耗するルートになっています。

登山に慣れている方でも、その日の体調などによっては無理できないことも多いですし、思うように進めなくなってしまうことなどもあります。ですので決して慢心しないようにルート選びをする必要があります。

危険なスポットに注意しよう

また上級者ルートには危険なスポットなどもあります。そのため事前に危険スポットなどを把握しておき、しっかり対策を練るようにしておきましょう。またほかの山には何度も上ったことがある!という方でも、八海山登山が初めての場合には、無理をせずに初心者ルートなどで体を慣らしていくのもおすすめになっています。

山は天候なども変わりやすいことでも有名ですし、何があるかわかりませんので、危険に関する情報などをしっかりチェックしておくようにしておきましょう。また危険を感じた場合には、無理をせずに助けを待つなどの行動も大切になっています。

ロープウェー山頂駅

ではさっそく上級者向けルートについてご紹介していきます。まずはロープウェイ山頂駅からこちらもスタートしていきます。初心者ルートと最初は同じになっていまして、ロープウェイで景色を堪能しながら進んでいきます。

もちろんロープウェイを使わずに進んでいくルートなどもあるのですが、時間がかかりすぎてしまうことなどもありますので、今回はロープウェイ山頂駅からスタートする上級者向けルートをご紹介していきます。ぜひ参考にされてみてください。

大倉口分岐

ロープウェイ山頂駅から大倉口分岐を目指していただきます。こちらは先ほどと同様で赤い鳥居をくぐって登山を開始していきます。序盤である大倉口分岐までの道のりは傾斜の緩やかな上り坂になっていまして、樹林帯の中を進んでいきます。

秋などの場合紅葉などを楽しみながら進むこともできるようになっていますので、自然の美しさなどを充分に楽しみながら登山していきましょう。なお大倉口分岐を過ぎますと薬師岳が見えるようになっていきます。

女人堂

そして大倉口分岐を通り過ぎ女人堂を目指していただくようになっています。こちらは先ほどご紹介しましたようにトイレなども設置してありますので、ここでトイレを済ませておくのがおすすめになっています。

登山開始してからそこまで時間も立っていないことが多いですので、トイレも大丈夫!という方もいらっしゃるのですが、登山中はトイレができる場所が限られています。ですのでできる場所で済ませておくことが大切になっています。

薬師岳

そして続いて薬師岳を目指していきます。薬師岳までの道のりはその昔女性禁止となっていまして、女性の方はそこから先を登山することができないようになっていました。ですが今は女性の方でも登山を楽しめるようになっています。

薬師岳までの道のりは少し危険な場所などもありますので、充分に注意して登山していくようにしてください。長い鎖場がありますので、ハーネスなどをお持ちの方はあると便利になっています。

千本檜小屋

そしていよいよ千本檜小屋に到着です。こちらでは先ほどご紹介しましたように、小屋がありまして売店などもあります。そのためカップ麺などを購入して食べることなどもできるようになっています。

美しい景色などを堪能しつつ、腹ごしらえなどもしておくようにしましょう。これから下山がありますし、下山の方が体力を使うともいわれています。そのため千本檜小屋での休憩や食事などは大切になっています。

入道岳

ではここからは初心者ルートとは違うルートのご紹介です。千本檜小屋から入道岳を目指していただくようになっていまして、約2時間程度の時間をかけて進んでいきます。そのため途中で休憩なども入れていくようにしましょう。

入道岳というのは八海山の中でも最も最高峰にある場所とされていまして、そこからの景色を楽しみたい!という方はこちらのルートがおすすめになっています。ですが危険な道などもありますので充分に注意して進んでいきましょう。

新開道分岐

そしてそこから新開道分岐を目指していただきます。こちらも緊張するような危険な道なども残っていますので、充分に注意して進んでいく必要があります。

また疲れを感じた際などは休憩などを挟むようにして、無理のないように下山していくのがおすすめになっています。ぜひみなさんも下山される際には体力に注意しておきましょう。

ロープウェー山頂駅

そして最後はロープウェイ山頂駅を目指していきます。こちらは上級者向けルートになっていますので、最初にご紹介しました初心者ルートよりも所要時間も長くなりますし、危険な箇所なども増えていきます。

ですがその分絶景を楽しむことなどもできるようになっていますし、違った達成感を味わうことなどもできるようになっています。ぜひみなさんも体力などをつけて上級者ルートを楽しんでみてください。

新潟の八海山へのアクセスや口コミ

では八海山へのアクセスや口コミ情報についてご紹介していきます。八海山には駐車場もありますので、ご自身のお車でアクセスするのがおすすめになっています。やはり登山の場合荷物などもありますので、ぜひお車でアクセスするようにしましょう。

また八海山の口コミとしては近年どんどん登山客なども増えていて、にぎやかになっていると話題になっています。登山をしない場合でもロープウェイだけで楽しむことなどもできますので、充分に景色を堪能することなどはできるということも人気の秘訣になっています。

八海山登山を安全に楽しもう

いかがでしたでしょうか。今回は新潟県の八海山登山についてご紹介しました。八海山登山は初心者の方でも楽しめる山になっていますし、ルートを変えることで上級者の方なども登山を楽しむことができます。ぜひみなさんも新潟観光などの際には、八海山登山なども楽しんでみてはいかがでしょうか。

Original
この記事のライター
kiki

人気の記事

人気のあるまとめランキング