世田谷美術館の見どころは?館内カフェやアクセス&駐車場も紹介!

砧公園にある「世田谷美術館」を皆さんはご存じでしょうか。正規の美術教育を受けていない人たちの作品を中心に展示されている美術館です。世田谷美術館にはカフェやレストランがあります。世田谷美術館の見どころやカフェ・レストラン、アクセス・駐車場についてご紹介します。

世田谷美術館の見どころは?館内カフェやアクセス&駐車場も紹介!のイメージ

目次

  1. 1世田谷美術館で芸術鑑賞をしよう
  2. 2世田谷美術館の見どころ
  3. 3世田谷美術館の開館時間・料金
  4. 4世田谷美術館のおすすめカフェ・レストラン
  5. 5世田谷美術館の分館
  6. 6世田谷美術館の公式ホームページも要チェック!
  7. 7世田谷美術館へのアクセス
  8. 8世田谷美術館で自然やアートに触れよう

世田谷美術館で芸術鑑賞をしよう

世田谷美術館は、東京ドーム8個分もの大きさを持つ砧公園にある美術館です。アウトサイダー・アート、いわゆる正規の美術教育を受けていない人たちが手掛けた作品を中心に展示してあり人気があります。

世田谷美術館は、アウトサイダー・アート扱っていることもあり、他の美術館とは一線を画すそんな美術館でもあります。砧公園にあるので、休日の散策ついでに芸術を楽しむことができるのでおすすめです。

世田谷美術館は、アウトサイダー・アートを扱う美術館として人気なだけでなく、なんと、美術館の館内には、おしゃれなカフェとレストランがあるんです。地下にカフェが、1階にフレンチレストランがあります。

世田谷美術館の魅力とおすすめの見どころ、おしゃれなカフェやレストラン、アクセス情報・駐車場についてご紹介します。

自然とアートが織りなす穏やかな世界

世田谷美術館は、自然豊かな砧公園内にある美術館ということもあり、まわりは木々や芝生に囲まれています。春には桜を、夏には新緑、秋には紅葉なども楽しむことができる美術館としておすすめです。

自然と一体化しているような佇まいの美術館が、ここ世田谷美術館の魅力でもあります。午前中に、砧公園の散策を楽しんで、ランチやカフェタイムに、世田谷美術館のカフェやレストランを利用して、午後からは世田谷美術館で芸術に触れる、そんな休日を過ごすことができるのでおすすめです。

世田谷美術館は、見どころも多い美術館で、そのおすすめの見どころについて、このあと詳しくご紹介しましょう。

Thumb砧公園の遊具や周辺ランチスポット・アクセス紹介!紅葉もおすすめ!
砧公園は、東京都世田谷区にある東京都立公園です。桜の花見や秋の紅葉シーズンには、近隣の幼稚園...

世田谷美術館の見どころ

ここでは、世田谷美術館の見どころについていくつかご紹介しましょう。世田谷美術館にはたくさんの見どころがありますが、ここでは、「館内に設置された椅子・ソファ」や「エントランスホール」、「自然光が美しい渡り廊下」、「2階のアートライブラリー」「ミュージアムショップ」などをご紹介します。

どのスポットも、世田谷美術館の魅力を引き出している要素なので、どれも世田谷美術館の魅力を語る上では、外すことのできない要素となっています。

館内に設置された椅子・ソファ

最初にご紹介する世田谷美術館の見どころは、「館内に設置された椅子・ソファ」です。館内に設置された椅子・ソファは、独特なデザインのものばかりで、世田谷美術館の空間づくりに一役買っているそんな椅子・ソファなんです。

エントランスホールに入ってすぐ右には、木のデザインされた椅子が置かれています。エントランスホールから2階へと上がっていくと、そこには、ナチュラルでゆったりとしたソファー席があります。

これらの館内に設置された椅子・ソファは、美術品を楽しんだ後の小休止の際にも便利に利用することができるのでおすすめです。

エントランスホール

次にご紹介する世田谷美術館の見どころは、「エントランスホール」です。エントランスホールは、天井もかなり高くて、天井からは自然光を取り込めるようになっています。広々と開放的な空間は、足を踏み入れた瞬間に圧倒されます。

エントランスホールの天井は、アーチ形になっていて、建築家の意匠をしっかりと反映しているデザインとなっています。圧巻のエントランスホールは、シンプルではあるのですが、これからの美術品が非常に楽しみになるようなエントランスホールとなっています。

自然光が美しい渡り廊下

次にご紹介する世田谷美術館の見どころは、「自然光が美しい渡り廊下」です。自然光が美しい渡り廊下は、レストラン「ル・ジャルダン」へと向かうときに通る廊下なんですが、大きな窓からは太陽の優しい明かりが入ってきます。

大きな窓からは、木々の緑を見ることができます。ここの廊下にもソファー席が置かれていて、ちょっとした小休止にもおすすめな場所です。あまりの居心地の良さに、思わず寝てしまいそうな空間となっています。

このレストラン「ル・ジャルダン」へつながっている通路は、ただ単に通路というだけでなく、アート作品も展示されているので、アート作品を楽しみながらレストラン「ル・ジャルダン」へと向かうことができます。

2階アートライブラリー

次にご紹介する世田谷美術館の見どころは、「2階アートライブラリー」です。2階アートライブラリーは、たくさんの美術書なども置かれていて、芸術好きの方なら、何時間居ても飽きないそんな空間となっています。

2階アートライブラリーへと入室する際には、大きなカバンなどは、コインロッカーに入れてから入室してください。2階アートライブラリーでは、企画展が行われる際の資料もあるので、企画展を見てから利用しても、2階アートライブラリーで資料を参考に企画展を楽しむのもありです。

ミュージアムショップ

次にご紹介する世田谷美術館の見どころは、「ミュージアムショップ」です。ミュージアムショップは、世田谷美術館でコレクションされている関連商品は、いつでも購入することができます。可愛い雑貨からおしゃれなインテリアになるようなものまであります。

また、企画展に合わせて、企画展に関連した商品もあるので、世田谷美術館で美術品を楽しんだ後には、ミュージアムショップに立ち寄って、お土産を購入するのもおすすめです。

世田谷美術館のイベントもおすすめ!

世田谷美術館では、定期的にイベントが開催されています。例えば、キッズイベントや100円ワークショップ、コンサートなどを楽しむことができるのでおすすめです。

世田谷美術館のイベントは、子供から大人まで楽しむことができる美術館なので、週末に子供と一緒に楽しむころができる病院でおすすめです。

世田谷美術館の開館時間・料金

ここでは、世田谷美術館の開館時間・料金についてご紹介しましょう。世田谷美術館の開館時間では、休業日についてや開館時間についてご案内します。また、併せて観覧料などについてもご紹介します。

観覧料は、企画展などによっても料金が異なるので、その点についてもご案内します。ミュージアムショップやカフェ・レストラン、ライブラリーなどはチケットを購入しなくても利用することができます。

営業日・休館日

世田谷美術館の休館日ですが、毎週月曜日となっています。祝休日が月曜日に重なった際には営業して、翌日が休館日となっています。そのほかには、12月29日から1月3日の年末年始についても休館となります。

世田谷美術館の営業時間ですが、10時から18時までとなっています。展覧会入場は17時30分までとなっています。休館日などについては、公式ホームページにもカレンダーで記載されています。

ただし、展示が切り替わる時期には、企画展やミュージアムコレクション展示室を閉めることもあるとのことですので、来館前には確認しましょう。

入館料金

世田谷美術館の入館料金は、ミュージアムコレクションの一般公開の場合は、一般が200円で、65歳以上は100円、大学生・高校生は150円、中学生・小学生は100円になります。

企画展が開催される際には、その企画展によって料金が変更になることがあります。その企画展ごとの料金については、公式ホームページにて確認できますので、料金を確認した上で、来館するようにしましょう。

なお、さきほどもお話をしていますが、館内の施設であるカフェやレストラン、ミュージアムショップ、ライブラリーはチケットを購入しなくても利用できるので、砧公園の散策途中のランチやカフェタイムに、世田谷美術館のカフェやレストランを利用することもできます。

世田谷美術館のおすすめカフェ・レストラン

世田谷美術館には、なんと、カフェやレストランがあるのをご存じでしょうか。世田谷美術館のカフェやレストランは、美術館のカフェやレストランだからといって妥協するといったものでは

かなり、レベルの高いカフェやレストランで、一美術館のカフェやレストランのレベルを遥かに超えています。世田谷美術館のカフェは、「セタビカフェ」というカフェで、レストランは、「ル・ジャルダン」というフレンチレストランになります。

どちらのカフェもレストランもおしゃれでおすすめです。それでは、世田谷美術館のカフェとレストイランをひとつひとつご紹介していきましょう。

セタビカフェ

世田谷美術館のおすすめカフェ・レストランの1軒目は、こちら「セタビカフェ」です。セタビカフェは、世田谷美術館の地下にあるカフェですが、地下だからといって暗いということではなく、ドライエリアのようになっているので、とても明るいです。

店内に入ると、テラスもあるおしゃれなカフェで、優雅にカフェタイムを過ごすことができるのでおすすめです。ゆったりと設置されたテーブル席が中心のカフェで、午後の昼下がりをゆっくり過ごすことが

ランチには、ガレットを中心に楽しむことができて、気軽にランチができるので、美術館の鑑賞の合間にも利用しやすいカフェでおすすめです。ランチの後のカフェタイムにぴったりなケーキセットなどもあります。

ル・ジャルダン

世田谷美術館のおすすめカフェ・レストランの2軒目は、こちら「ル・ジャルダン」です。ル・ジャルダンは、世田谷美術館の1階にあるフレンチレストランで、世田谷美術館に溶け込むように佇んでいます。定休日は月曜日で、営業時間は11時から19時で、ランチタイムやティータイム、ディナータイムに分かれています。

日・祝は11時から18時の通し営業となっています。オープンテラスもあるおしゃれなレストランで人気があります。駐車場も15台完備されていますので、車でのアクセスもできます。

美術館の素敵な通路の先にあるレストランで、店内に入ると、砧公園が見渡せて、ランチもとても気持ちよくフレンチを楽しむことができます。コースランチをかなりリーズナブルに楽しめるということで人気があります。

世田谷美術館の分館

世田谷美術館には分館がいくつかあるので、こちらでご紹介しておきましょう。世田谷区には作家のアトリエがあちこちにあります。

それらの中には、世田谷美術館の分館として登録してあるものもあります。それぞれが特徴のある個性的な分館なのでご紹介します。

向井潤吉アトリエ館

最初にご紹介する世田谷美術館の分館は、「向井潤吉アトリエ館」です。向井潤吉アトリエ館は、洋画家・向井潤吉の作品が見られる分館です。

こちらは、もともと、向井潤吉が住まわれていた住居を利用して、分館としてオープンさせたものです。油彩画やデッサンなどが多数展示されています。

清川泰次記念ギャラリー

次にご紹介する世田谷美術館の分館は、「清川泰次記念ギャラリー」です。清川泰次記念ギャラリーは、立体的な抽象画で知られる画家の清川泰次さんの作品が展示されている分館です。

こちらも、もともと、清川泰次の住居兼アトリエを利用した分館となっています。立体的な抽象画は、なんとも不思議な感じの芸術品と

宮本三郎記念美術館

次にご紹介する世田谷美術館の分館は、「宮本三郎記念美術館」です。宮本三郎記念美術館は、洋画家・宮本三郎の作品を展示してある分館になります。

こちらの宮本三郎記念美術館では、ワークショップやコンサートなど多彩なイベントが企画されているのでおすすめです。

世田谷美術館の公式ホームページも要チェック!

世田谷美術館には、公式のホームページが開設されています。世田谷美術館の公式ホームページには、休館日や営業時間、利用料金、企画展などの情報が掲載されています。また、イベントなどの告知も行われていて、子供でも芸術に参加できるプログラムもあります。

また、世田谷美術館のコレクションをはじめ、世田谷美術館分館についてもご紹介があります。展覧会には、企画展をはじめ、コレクション展の年間スケジュールの記載もあるので、参考になります。

そのほかも、世田谷美術館へのアクセス方法も、公共交通機関でのアクセス方法や車でのアクセス方法についても記載があります。また、車でアクセスした際の駐車場についても掲載されています。

世田谷美術館へのアクセス

最後に、世田谷美術館へのアクセスについてご紹介しましょう。世田谷美術館には、公共交通機関でのアクセスと駐車場も完備されていますので、車でのアクセスが可能となっています。

公共交通機関を利用する際には、最寄の駅からは少し離れていますので、駐車場があるということで、車でのアクセスができるので、ご年配の方でも気軽に利用することができます。

公共交通機関でのアクセス

世田谷美術館への公共交通機関でのアクセスですが、東急田園都市線の用賀駅からは徒歩17分ほどの場所にあります。用賀駅からは美術館行きのバスがでていますので、バス停から3分でアクセスできます

その他にも、小田急線成城学園駅からは、渋谷駅バスに乗車して、砧町で下車して徒歩10分ほどです。小田急線千歳船橋駅からは田園調布駅行きにじょうしゃして美術館入り口から徒歩5分になります。

車でのアクセス・駐車場

世田谷美術館への車でのアクセスですが、世田谷美術館周辺は、環状8号線が通っていますので、環状8号線を利用してアクセスすると良いでしょう。東名高速道路高架下を厚木方面に進むとアクセスできます。

世田谷美術館の駐車場の件ですが、世田谷美術館には専用の駐車場が完備されています。駐車場の駐車料金は無料となっています。駐車場の駐車可能台数は台となっています。

障害者専用の無料駐車場も2台確保されています。そのほかには、有料ではありますが、砧公園有料駐車場も利用することが可能です。

Thumb砧公園駐車場の時間や料金を解説!周辺に無料パーキングはある?
世田谷にある人気の公園として知られる砧公園。砧公園は、広々とした公園内にたくさんの桜の木が植...

世田谷美術館で自然やアートに触れよう

砧公園内にある世田谷美術館の魅力やカフェ・レストラン、アクセス、駐車場についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

世田谷美術館は、砧公園という自然豊かな中に佇む美術館ということで、休日を過ごすにもおすすめです。砧公園に散策にお越しの際には、この世田谷美術館も楽しんでみませんか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ