「高久製パン」は弦斎カレーパンが名物の超人気店!工場直売所もご紹介!

平塚の「高久製パン」は老舗のパン製造会社で、まるでカレーライスのような弦斎カレーパンが大人気です。弦斎カレーパン以外のパンもおすすめで、工場直売所ではいろいろなパンがアウトレット価格で購入できます。今回は、「高久製パン」についてたっぷりとお伝えします。

「高久製パン」は弦斎カレーパンが名物の超人気店!工場直売所もご紹介!のイメージ

目次

  1. 1平塚のカレーパンが人気の「高久製パン」とは?
  2. 2「高久製パン」のカレーパンとは?
  3. 3「高久製パン」のカレーパン以外のパンもあるの?
  4. 4「高久製パン」のパンを安く購入できる工場直売所
  5. 5「高久製パン」の工場直売所の口コミ
  6. 6「高久製パン」の工場直売所の店舗情報とアクセス
  7. 7「高久製パン」の支店
  8. 8「高久製パン」のおすすめカレーパンを購入してみよう!

平塚のカレーパンが人気の「高久製パン」とは?

明治・大正時代にジャーナリストや作家として活躍した村井弦斎。その村井弦斎が晩年を過ごした平塚でおすすめしたいのが、「高久製パン」の弦斎カレーパンです。材料にご飯や福神漬けを使っていて、カレーライスのようなカレーパンとして人気になっています。

「高久製パン」には工場直売所がありますが、2019年9月にリニューアルオープンしました。工場直売所では、弦斎カレーパンやアウトレットパンなどを購入することができ、毎日たくさんのお客さんで賑わっています。弦斎カレーパン以外のパンも美味しいと評判です。

この記事では、「高久製パン」の弦斎カレーパンや工場直売所の情報、さらに工場直売所以外の直営店の情報などについてご紹介します。「高久製パン」の弦斎カレーパンやお得なアウトレットパンのことが気になっている方は要チェックです。

「高久製パン」のカレーパンとは?

「高久製パン」は、大正13年(1924年)に創業した老舗のパン製造会社で、神奈川県の平塚に本社があります。「食の安全」と「本来の味」にこだわっていて、自社工場で製造するパンを販売しています。中でも、「弦斎(げんさい)カレーパン」が大人気です。「嵐にしやがれ」をはじめ、数々のテレビ番組で取り上げられたこともあります。

カレーパンならどこにでも売っているような気がしますが、「高久製パン」で製造販売されている弦斎カレーパンは、他のカレーパンとは一味も二味も違います。では、「高久製パン」の弦斎カレーパンは、一体どんな特徴のあるカレーパンなのでしょうか?

カレーライスのような弦斎カレーパン

「高久製パン」の弦斎カレーパンは、平塚の町おこしの一環として作られたカレーパンです。この弦斎カレーパンは、「カレーライスのようなカレーパン」として人気になっています。どういうことなのかというと、実はご飯と福神漬けを材料に使っているのです。

パン生地を練った後に、地場産米のキヌヒカリを炊いたご飯を混ぜ合わせることで、カリカリモチモチの生地に仕上げています。中のカレー餡は10種のスパイスとココナッツミルクで作られていて、優しい味わいが特徴です。カレー餡には福神漬けも入っていて、パリパリとした歯ごたえがアクセントになっています。

弦斎カレーパンの名前の由来となっているのは、明治・大正時代にジャーナリストや作家として活躍し、晩年を神奈川県の平塚で過ごした村井弦斎です。村井弦斎は、明治時代後期のベストセラー小説である「食道楽」の著者で、美食家としても知られています。

「食道楽」には様々なレシピが出てくるのですが、カレーのレシピもいくつか紹介されています。そのレシピを元に再現したカレーとパンを融合させたのが、「高久製パン」の弦斎カレーパンなのです。辛さ控えめなので、子供でもペロリと食べられます。

様々な賞を受賞するほどの人気

「高久製パン」の弦斎カレーパンは、これまでに様々な賞も受賞しています。2007年には神奈川フードバトルで銀賞、2008年には横須賀カレーフェアーで準グランプリを受賞。

さらに、日本カレーパン協会開催の「カレーパングランプリ2018」では、東日本揚げカレーパン部門で最高金賞を受賞しています。また、湘南ひらつか名産品にも認定されていて、お土産や贈答用にもおすすめのカレーパンなのです。

伊勢丹や三越、西武などのデパートの催事に出店されていることも多いです。店舗まで足を運ぶのは難しい方も、デパートなどで見かけたらぜひ購入してみてください。

「高久製パン」のカレーパン以外のパンもあるの?

老舗のパン製造会社「高久製パン」は、弦斎カレーパンで有名になりましたが、弦斎カレーパン以外のパンも製造販売しているのでしょうか?

もちろん、「高久製パン」では弦斎カレーパン以外のパンの製造販売も行っています。1番人気はやはり弦斎カレーパンなのですが、それ以外のパンも美味しいのでおすすめです。

調理パンから学校給食用のパンを製造販売

「高久製パン」では、弦斎カレーパン以外にも、焼きそばパンやからあげパン、サンドイッチなどの調理パンをはじめ、様々なパンを製造販売しています。

菓子パンの種類も豊富で、自家製のカスタードクリームをたっぷりと包んだ「自家製濃厚クリームパン」などがおすすめです。マフィンやマドレーヌ、シベリアといった洋菓子も取り扱っています。これらの商品は、「高久製パン」の直営店などで購入可能です。

また、「高久製パン」は学校給食用のパンを製造販売する会社でもあります。神奈川県学校給食指定工場として、平塚周辺の小・中学校や高校の売店などにパンを卸しています。そのため、地元の方にはカレーパンよりも給食のコッペパンのイメージが強いかもしれません。

「高久製パン」のパンを安く購入できる工場直売所

ここからは、「高久製パン」の工場直売所についてご紹介していきます。平塚の「高久製パン」の本社工場の前には工場直売所があるのですが、「高久製パン」の弦斎カレーパンやアウトレットパンなどを購入することができ、平塚市民を中心に人気となっています。

元々は、工場の前にテントとテーブルを出して商品を並べているだけの簡易的な工場直売所だったのですが、この工場直売所が2019年9月に「食パンハウス」としてリニューアルオープンしました。名前の通り、食パンのような外観の工場直売所に生まれ変わったのです。

弦斎カレーパンをはじめアウトレットパンを販売

「高久製パン」の工場直売所では、人気の弦斎カレーパンや訳アリのアウトレットパンなどが販売されていて、毎日たくさんのお客さんで賑わっています。

弦斎カレーパンは揚げたてを購入することができ、カリカリの美味しい弦斎カレーパンが味わえます。冷めても美味しいですが、すぐに食べられない場合には、電子レンジやオーブントースターで表面を少し加熱すると揚げたての食感になりますのでおすすめです。

安い値段で美味しいパンを購入できる

弦斎カレーパンはアウトレット商品ではありませんので、アウトレット価格で販売されているわけではありません。けれども、カレーパンの他にも食パンや総菜コッペパン、菓子パンなどいろいろなパンが販売されていて、これらはアウトレット商品となっています。

元々の値段も安いのですが、アウトレット商品ということで、さらに安い価格で購入することができるのです。アウトレット商品といっても、色ムラがあったり形が歪んでいたりするだけで、もちろんパンの味や品質には問題ありません。どれも美味しいと評判です。

中でも、おすすめなのが「パンの詰め合わせ」です。賞味期限が本日中のパンがたくさん入っていて、価格はたったの120円となっています。朝食やおやつにもおすすめです。

「高久製パン」の工場直売所の口コミ

続いて、「高久製パン」の工場直売所の口コミについてご紹介しましょう。「高久製パン」の工場直売所は、食べログやGoogleのクチコミなどでも人気が高く、たくさんの口コミが寄せられています。インスタグラムやTwitterなどでも人気です。

「高久製パン」の工場直売所の詳細な口コミを確認すると、「アウトレット品がかなり安い」「申し訳ないくらい安い」など、とにかく価格が安いという声が多くなっています。

また、「弦斎カレーパンがめちゃウマ」「カレーの味がしっかりしている」「毎日食べたい」など、弦斎カレーパンに対する口コミも多く、やはり弦斎カレーパンは大人気です。

「高久製パン」の工場直売所の店舗情報とアクセス

それでは、平塚の弦斎カレーパンが人気の「高久製パン」の工場直売所の店舗情報とアクセスをご紹介しましょう。店舗情報では、営業時間や定休日などについてご紹介します。

アクセスでは、平塚駅からのアクセスや車でのアクセスなどについてご紹介します。「高久製パン」の工場直売所に行ってみたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

店舗情報

まずは、「高久製パン」の工場直売所の店舗情報についてご紹介しましょう。「高久製パン」の営業時間は10:30〜16:00です。平日でも土日祝日でも同じ営業時間になります。定休日は特に設けられていませんが、年末年始やお盆などはお休みです。

「高久製パン」の工場直売所の店内はあまり広くはなく、5人以上のお客さんが入ると満杯になってしまいます。一番奥にレジがあり、イートインスペースは用意されていません。弦斎カレーパンを5個以上購入する場合には、平日のみ予約が可能です。専用箱もあります。

平塚駅からのアクセス

次に、「高久製パン」の工場直売所への平塚駅からのアクセスについてご紹介しましょう。「高久製パン」の工場直売所へ電車でアクセスする場合には、平塚駅が最寄り駅です。平塚駅の北口から出て、茅ヶ崎方面へ10分ほど歩くと工場直売所に到着します。

「高久製パン」の工場直売所は、線路沿いにあり、食パンのような外観が目印です。線路を隔てた向かいには、ショッピングセンターの「OSC湘南シティ」があります。

平塚駅の周辺には、他にもスイーツの工場直売所が何か所かありますので、工場直売所巡りをするのもおすすめです。

車でのアクセスと駐車場

次に、「高久製パン」の工場直売所への車でのアクセスと駐車場についてご紹介しましょう。「高久製パン」の工場直売所へ車でアクセスする場合には、東名高速道路の「厚木IC」から20分ほどです。国道129号線を通り、南へ向かって車を走らせましょう。

国道1号線の榎木町交差点に差し掛かったら右折して、そのまま少し進み、松原小学校交差点で左折します。さらに南へ車を走らせて、踏切の手前で左折すると、左側にあります。

「高久製パン」の工場直売所には専用駐車場がありませんので、駐車場はコインパーキングを利用してください。徒歩1分のところにある「三井のリパーク 平塚老松町駐車場」の駐車料金は40分ごとに200円で、最大料金は24時間以内800円です。収容台数は6台です。

住所 神奈川県平塚市老松町10-18
電話番号 0463-21-2614

「高久製パン」の支店

「高久製パン」には、本社工場の前の直売所以外にも直営店があります。そこで、最後に「高久製パン」の支店についてもご紹介しておきましょう。

「高久製パン」の支店としてご紹介するのは、「シャンパンベーカリー」「シャンパンベーカリー 湘南台店」「高久ぱん 大船ルミネ店」の3店舗です。

シャンパンベーカリー

「シャンパンベーカリー」は、平塚の桜ヶ丘にある大型の店舗で、平塚駅からバスで15分ほどのところにあります。ガラス張りのおしゃれなお店です。

おかずパンから菓子パンまで、様々な種類のパンを製造販売しています。お店の1番人気はもちろん弦斎カレーパンで、2番人気は2種類のチーズが乗ったチーズ塩パンです。

テラス席が用意されていますので、購入したパンをすぐに食べることもできます。営業時間は平日9:00~18:00、土日祝7:00~18:00で、定休日は火曜日です。

住所 神奈川県平塚市桜ヶ丘4-47

シャンパンベーカリー 湘南台店

「シャンパンベーカリー 湘南台店」は、2019年7月に藤沢市の湘南台にオープンしたシャンパンベーカリーの2号店で、湘南台駅から徒歩5分ほどのところにあります。

オープンして間もないお店ですが、新商品が次々に発売されていて、弦斎カレーパン以外にも気になるパンがいっぱいです。季節に合わせたフェアも開催されています。営業時間は平日9:00~18:00、土日祝8:00~18:00で、定休日は水曜日です。

住所 神奈川県藤沢市湘南台1-21-3
電話番号 0466-90-5537

高久ぱん 大船ルミネウィング店

「高久ぱん 大船ルミネ店」は、大船ルミネウィングの3階にある店舗で、大船駅の南改札口を出てすぐのところにあります。コッペパンがメインのお店です。

牛肉コロッケコッペやWたまごコッペ、ラムレーズンコッペなど、こだわりのコッペパンがいろいろと販売されています。もちろん、揚げたての弦斎カレーパンも購入できます。

営業時間は平日10:00~21:00 、土日祝10:00~20:30で、定休日は特にありません。クレジットカードや電子マネーの利用が可能です。

住所 神奈川県鎌倉市大船1-4-1 大船ルミネ 3F
電話番号 0467-48-5153

Thumb平塚のパン屋さんおすすめ11選!外せない超人気店から穴場まで!
神奈川県・平塚には人気のパン屋がいっぱい!今回はおすすめの美味しいパン屋さんや朝から営業して...

「高久製パン」のおすすめカレーパンを購入してみよう!

「高久製パン」の弦斎カレーパンや工場直売所の情報、支店の情報などについてご紹介しました。平塚の老舗のパン製造会社「高久製パン」では、カレーライスのような弦斎カレーパンが大人気となっています。

工場直売所では揚げたての弦斎カレーパンに加え、激安価格のアウトレットパンも販売されていて、朝食やランチにもおすすめです。平塚へおでかけの際は、ぜひ「高久製パン」の工場直売所にも立ち寄って、大人気の弦斎カレーパンを購入してみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Hayakawa

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ