恵那川上屋のモンブラン「栗一筋」は超人気商品!販売期間や待ち時間は?

岐阜の有名モンブラン「栗一筋」は栗のそのままの美味しさを楽しめるおすすめ絶品スイーツです。本記事では、モンブラン「栗一筋」や「栗一筋」を取り扱う恵那川上屋について詳しく紹介します。恵那川上屋で、岐阜の絶品グルメをぜひ堪能してみてください。

恵那川上屋のモンブラン「栗一筋」は超人気商品!販売期間や待ち時間は?のイメージ

目次

  1. 1岐阜に本社を構える恵那川上屋のモンブラン「栗一筋」とは?
  2. 2恵那川上屋って?
  3. 3恵那川上屋が人気の理由
  4. 4恵那川上屋のモンブラン「栗一筋」
  5. 5恵那川上屋のモンブラン「栗一筋」の口コミ
  6. 6モンブラン「栗一筋」以外の恵那川上屋のおすすめお菓子
  7. 7有名な「栗一筋」を食べられる恵那川上屋の店舗情報とアクセス
  8. 8美味しいと人気のモンブラン「栗一筋」を食べに里の菓茶房へ行ってみよう!

岐阜に本社を構える恵那川上屋のモンブラン「栗一筋」とは?

恵那川上屋の「栗一筋」という商品を知っていますか?「栗一筋」は栗の名産地として有名な岐阜県恵那市の絶品スイーツです。ここでしか食べることのできない名物グルメとしてとても注目されています。

本記事では、恵那川上屋や栗一筋について、たっぷりと紹介します。情報は全て2020年3月時点のものです。変更されている場合もありますのでご了承ください。

恵那川上屋って?

恵那川上屋は、栗の名産地である岐阜県から生まれた栗菓子を販売するお店です。1964年から続く老舗ブランドで、栗きんとんを筆頭に100年先も愛される栗菓子づくりを目指しています。

栗の研究・栽培から販売までを一括で行なっており、こだわり抜いた上質な栗と丁寧かつ独創的な製造・販売により、唯一無二の栗菓子を作り出しています。地元の生産者とも強く結びついた地域密着型の企業で、土作りから徹底してこだわった「超特選恵那栗」は地域ブランドとして広く愛されています。

栗菓子作りだけでなく、「風味」「風土」「風景」という三つの風を大切に様々な事業を展開しており、最近ではエヴァンゲリオンとのコラボ等々、様々なジャンルの企業とのコラボレーション企画等も積極的に行っています。

恵那川上屋が人気の理由

恵那川上屋は地域の人々にも観光客にも人気の、岐阜が誇るお菓子の名店です。恵那川上屋が人気の理由は数多くありますが、ここではその中から2つのポイントをピックアップして紹介します。人気の理由は「大きなモンブラン」と「多彩なメニュー」の2つです。お土産や贈答品にもとてもおすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。

人気の理由(1) 大きなモンブラン

恵那川上屋の人気スイーツといえば大きなモンブラン「栗一筋」です。期間限定メニューにも関わらず、恵那川上屋の看板スイーツでもある栗きんとんと並ぶ人気ぶりです。インパクトが大きいその見た目はSNS映えもバッチリで、和菓子に馴染みのない世代の人々にも大人気です。栗好きの人にはぜひ食べてみて欲しい一品となっています。

人気の理由(2) 多彩なメニュー

恵那川上屋の商品は期間限定のモンブラン「栗一筋」だけではありません。他にもたくさんの多彩な商品が並び、栗好きにはたまらないラインナップです。

例えば一つ一つ丁寧に手絞りで絞りあげた上質な栗きんとんや四季折々の繊細な味わいや美しさを楽しめる四季の栗きんとん、栗ようかんやお栗饅頭など、五感で楽しむ素朴な味わいの和菓子。

その他にも日本各地の厳選食材をユニークな感性でアレンジした創作洋菓子、種子島で栽培したこだわりのさとうきびを使用した黒糖、栗の豊かな風味を楽しめる焼酎など多彩な商品展開を行なっています。

また、愛知県出身の画家がデザインしたおしゃれでユニークな包装紙も特徴的です。独創的なので、プレゼントやお土産としても喜ばれること間違いなしです。

恵那川上屋のモンブラン「栗一筋」

恵那川上屋大人気メニューであるモンブラン「栗一筋」は、いつでもどの店舗でも食べられるわけではありません。だからこそ、たくさんの人が押しかける行列スイーツでもあるのです。

ここでは、「栗一筋」について、その美味しさや販売される期間、食べられる店舗について詳しく紹介します。賞味期限30分の絶品スイーツをぜひご堪能ください。

期間限定のたくさんの栗を使ったモンブラン

まるでかけ蕎麦と見紛うビジュアルの「栗一筋」は栗きんとん5個分とも言われる大きさです。まずは見た目のインパクトに驚くこと間違いなしです。

こんもりと盛り上がった山のてっぺんには栗を丸々1個使った甘露煮がちょこんと乗っており、甘すぎず栗の素朴な美味しさを楽しむことができます。よく見るとお皿も栗の形をしており、細部までこだわりを感じます。

しぼりたてのマロンペーストはまさに「栗!」といった味わい。無駄なものが入っていない栗の素朴な甘さを楽しむことができます。中にはカスタードとホイップが混ざったクリームとほろ苦さがアクセントになるキャラメルソース、焼きメレンゲが隠れています。

オーソドックスなモンブランの構成で名前の由来通りまさに大きな栗の山といった様相です。モンブランとしてはかなり大きめですが、マロンペーストやキャラメルソースなどのバランスが絶妙で、くどくなくペロリと完食する人も多いようです。

テイクアウトよりもカフェで食べるのがおすすめ

「栗一筋」はテイクアウトも可能ですが、マロンペーストが垂れてしまったり焼きメレンゲが溶けてしまうという理由で、賞味期限は30分となっています。つまり、作ってから30分以内に食べなければいけないというとても儚いスイーツです。

そのため、慌ててテイクアウトするよりもカフェで味わうのがおすすめです。と言っても、恵那川上屋の関係ストアであればどこでも食べられるわけではありません。

栗一筋は、一号店である恵那峡店に併設された「里の菓茶房」と咲久舎 可児御嵩インター店に併設された「咲久舎カフェ」の2箇所でしか食べることができません。それぞれのお店の詳細情報については最後に記載してありますので、ぜひ参考にしてください。

販売期間は公式サイトでチェック!

「栗一筋」は期間限定のスイーツですので、特に旅行で岐阜に行く人は期間を必ず確認してから行きましょう。基本的には8月の後半から9月上旬に販売がスタートし、翌年の1月か2月頃に販売が終了します。

ちなみに、2019年シーズンは2019年8月30日からスタートし、2020年1月13日に終了しました。詳しく知りたい場合は公式サイトのお知らせ欄や公式Twitter等を確認し、それでも分からない場合は店舗に問い合わせてみましょう。

モンブラン「栗一筋」以外にも多彩なスイーツメニューを提供

「栗一筋」の単品メニューも人気ですが、他のスイーツとのセットメニューもとてもおすすめです。ぜんざいセットやプリンセットなど多彩なセットメニューがあります。

例えば、数人で訪れた場合は人数分のドリンク+セットメニュー1つという頼み方をするとみんなでシェアできるのでとてもおすすめです。人気のセットメニューは「味比べセット」です。栗一筋に栗ようかんや栗きんとんなど少量の和菓子がついた贅沢なセットです。気に入ったら購入して帰ることもできるのでとてもおすすめです。

また、栗のペーストをふんだんに使用したパフェや、栗の風味をしっかり感じられるソフトクリームなども人気のメニューです。里芋のグラタンやキッシュといった食事メニューもあるので、ブランチやランチなどにも利用することができます。

恵那川上屋のモンブラン「栗一筋」の口コミ

口コミでは、「栗一筋」の大きさに言及しているものが多いです。甘いものが好きな人や栗が好きな人にとっては完食することは苦ではないようですが、甘いものが好きでも嫌いでもない場合は誰かとシェアするのが無難なようです。

待ち時間は時期や曜日にもよりますが、45分〜1時間は待ったという口コミが大多数です。開店前に行ったけど並んでいた!という口コミもあるので、特に休みの日は行列覚悟で向かいましょう。「栗一筋」の期間外だとそこまで混雑するわけではなさそうなので、ゆったり雰囲気を楽しみたい人は「栗一筋」の期間外に行くのがおすすめです。

モンブラン「栗一筋」以外の恵那川上屋のおすすめお菓子

ここまでは恵那川上屋のおすすめスイーツ「栗一筋」について詳しく紹介しましたが、ここからは「栗一筋」以外のおすすめスイーツをピックアップして紹介します。

紹介するおすすめするスイーツは「栗きんとん」「栗山」「栗きんとんティラミス」の3つです。どのスイーツも栗の美味しさや可能性を突き詰めたこだわりの一品です。テイクアウトもできるので、家で栗パーティーを楽しむのもおすすめです。

おすすめお菓子(1) 栗きんとん

「おばあちゃんの味」を目指した素朴な栗きんとんは恵那川上屋の看板メニューです。岐阜は栗きんとん発祥の地とも言われており、昔から伝わる栗の風味を活かしたシンプルな栗きんとんを味わうことができます。栗餡をそのまま絞り出した形の栗きんとんは見た目もとても素朴で、お茶の間をホッと安らぐ空間へと変えてくれます。

定番の栗きんとんの他にも四季の栗きんとんもとても美味しいと人気です。栗といえば秋をイメージしがちですが、恵那川上屋は一年を通してその季節ならではの栗きんとんを販売しています。

2020年の春の栗きんとんは「里長閑」です。真っ白な練り切りに桜や梅といった春の花が型押しされ、ちょこんと乗ったピンクの桜のジュレが鮮やかに彩ります。中は自社工房で作っている黒糖と合わせた栗あん、外は岐阜産の自然薯の練り切りという、まさに岐阜が生み出した絶品和菓子です。手土産にも日々の休憩にもぴったりの一品です。

おすすめお菓子(2) 栗山

通年で楽しめる和栗を使ったモンブランです。マロンペーストは和栗のペーストをベースに、洋酒や生クリーム、スペイン産のペーストを加えて洋風に仕上がっています。生クリームとマロンクリーム、サクサクのパイ生地が絶妙なバランスで組み合わさっており、モンブランらしい味わいを楽しむことができます。

栗そのものを食べているかのような「栗一筋」とは違いまるっきり洋菓子の味わいなので、食べ比べてみるのもおすすめです。お酒が入っているので苦手な人は注意しましょう。

おすすめお菓子(3) 栗きんとんティラミス

カフェでは土日祝日しか提供していない限定メニューです。一番上にはそぼろ状の洋風栗きんとんがたっぷりと敷き詰めてあり、中にはティラミスやアイス、チョコレートやキャラメルソース、栗が詰まっています。

香り高いエスプレッソのほろ苦さと栗のコクのハーモニーを楽しみましょう。テイクアウトの場合は半解凍でアイスケーキとして食べるのもおすすめです。

有名な「栗一筋」を食べられる恵那川上屋の店舗情報とアクセス

恵那川上屋は岐阜を中心に全国に10個の店舗を展開しています。その中でも人気の期間限定スイーツ「栗一筋」を食べられる店舗は2店舗しかありません。

1つは本店である恵那峡店に併設されている「里の菓茶房」、もう1つは咲久舎可児御嵩インター店に併設されている「咲久舎カフェ」です。ここでは、それぞれの店舗情報やアクセスについて詳しく紹介します。

恵那峡店と里の菓茶房の店舗情報

恵那峡店の営業時間は9:00~18:00、里の菓茶房の営業時間は9:00〜17:00です。「栗一筋」は10:00からの販売であることが多いので注意しましょう。また、喫茶のラストオーダーは16:30となっています。定休日はありません。臨時休業等はお店の公式Twitterや公式サイトで確認するようにしましょう。

住所 岐阜県恵那市大井町2632-105
電話番号 0573-25-2470

車でのアクセスと駐車場

恵那峡店の最寄駅は恵那駅です。駅から恵那峡店までは歩くと40分弱かかるので、徒歩でのアクセスはあまりおすすめしません。

駐車場完備なので車でアクセスすることは可能ですが、混雑し始めると一気に埋まってしまう可能性が高いので、車を止める段階で並ぶ覚悟が必要です。なるべく並ぶ時間を短くしたい場合は喫茶店がオープンするより前の時間に訪れるのがおすすめです。

咲久舎 可児御嵩インター店

咲久舎 可児御嵩インター店は、2016年にオープンしたおしゃれな店舗です。「芸術・コミュニティ・地域性」を大切にしており、広々とした明るいイートインスペースにはキッズスペースも併設されています。お菓子教室やアート展示などイベントも頻繁に行われており、時間や空間を楽しむことができるスペースとなっています。

営業時間は9:00〜18:00で喫茶の営業時間は9:00〜17:00、ラストオーダーは16:30です。定休日はありません。

住所 岐阜県可児市柿田844-1
電話番号 0574-60-0398

アクセス

咲久舎可児御嵩インター店へは公共交通機関を使ってアクセスすることが可能です。最寄駅は名鉄線「明智」駅で、名鉄「名古屋」駅から1時間ほどでアクセスすることができます。

名鉄線「明智」駅から咲久舎可児御嵩インター店へまでは徒歩で13分ほどです。駐車場もあるので車で行くことも可能ですが、特に休日は長蛇の列になっていることが多いです。

Thumb岐阜のおすすめカフェ21選!おしゃれなカフェから人気のスイーツまで!
岐阜県には、世界遺産の白川郷をはじめ、江戸時代の街並みが残る飛騨高山、下呂温泉など風光明媚な...

美味しいと人気のモンブラン「栗一筋」を食べに里の菓茶房へ行ってみよう!

「栗一筋」は恵那川上屋のこだわりが生み出した期間限定絶品スイーツです。期間限定といっても半年ほど販売していますので、期間内にぜひチャレンジしましょう。毎年の恒例行事として岐阜まで足を伸ばしてみるのもおすすめです。

「栗一筋」は岐阜県内の2店舗のみの販売となっていますが、それ以外の絶品スイーツはオンライン販売も行なっています。また、期間限定で出店している時もありますのでぜひこまめにチェックしてみてください。恵那川上屋の栗菓子で極上の幸せ時間を過ごしましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
maho

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ