後楽そばは五反田の焼きそばの名店!おすすめの人気メニューを紹介!

東京・五反田にある「後楽そば」は、大変美味しい焼きそばを食べることができる名店として知られています。いろいろなメニューがあり、誰もがお腹いっぱいになれます。東京・五反田にある「後楽そば」について、情報をピックアップしました。

後楽そばは五反田の焼きそばの名店!おすすめの人気メニューを紹介!のイメージ

目次

  1. 1五反田の『後楽そば』に行こう!
  2. 2五反田の名店『後楽そば』とは?
  3. 3『後楽そば』の外観と内観
  4. 4『後楽そば』の人気メニュー
  5. 5『後楽そば』のカツ丼とカレーライスもおすすめ
  6. 6『後楽そば』ってテイクアウトできるの?
  7. 7『後楽そば』の口コミ
  8. 8『後楽そば』の店舗情報とアクセス
  9. 9『後楽そば』のおすすめ周辺観光
  10. 10美味しいと人気の焼きそばを食べに『後楽そば』へ行ってみよう!

五反田の『後楽そば』に行こう!

東京・五反田にある大変人気の焼きそば店が「後楽そば」です。とても美味しいと評判のお店であり、いつも多くの人で賑やかです。焼きそばをはじめ、さまざまなメニューが揃っています。東京・五反田にある「後楽そば」について、店舗情報やアクセス情報などの観光情報とあわせて紹介していきます。是非行ってみてください。

五反田の名店『後楽そば』とは?

「後楽そば」は、東京都の品川区・東五反田1丁目にある、美味しいと話題になっている焼きそば店です。

立ち食い形式のお店なので、ぱぱっと食事を済ませたい時や、次のスケジュールが迫っている仕事の時などにも大変おすすめです。

焼きそばや、うどん・そば・カレーライス・丼などさまざまなメニューが揃っていて、セットメニューも充実しています。

トッピングを選ぶこともできるので、自分だけのオリジナルメニューとすることもできます。がっつり食べたい人でもここに行けば満足できること間違いなしです。

営業時間も朝早くから深夜までとなっていて、いつでもお腹が空いた時に行けば美味しい食事ができると評判です。

東京・五反田の周辺に観光や仕事などで行った時で、食事場所を見つけたいと思った時には、是非「後楽そば」に行ってみることをおすすめします。

Thumb五反田のグルメおすすめランキングBEST11!B級グルメの人気店も紹介!
みなさんは五反田でグルメを楽しむ際にどのお店に行かれていますか?たくさんのお店がある五反田な...

『後楽そば』の外観と内観

東京・五反田にある「後楽そば」は、高架下にあるお店であり、大変アクセスの良い場所にあることでも知られています。

黄色の看板に赤い文字で「後楽そば」と書かれたポップな感じの大きな看板が掲げられていて、夜にはライトでより一層明るく光ります。

入口には、店名が書かれたえんじ色ののれんがかかっていて、外には「焼きそば」と書かれた旗がなびいています。

店内は、立ち食いカウンターのみのこじんまりとしたお店ですが、いつも活気がありたくさんの人で賑やかです。

事前に券売機で食べたいもののチケットを購入する形式のお店となっています。すぐ目の前が厨房なので、できたての美味しさ満点の食事を堪能することができると人気です。

『後楽そば』の人気メニュー

東京・五反田にある「後楽そば」には、さまざまなメニューがあり、その日その時の気分や好みによって好きなメニューを自由にチョイスすることができます。

「後楽そば」にある充実したメニューの中でも特に人気で美味しいおすすめのメニューについて、厳選して3つ紹介します。

人気メニュー(1) 焼きそば

「後楽そば」にある充実したメニューの中でも特に人気で美味しいおすすめのメニューの1つ目は、「焼きそば」です。料金は、並が450円、大盛りが550円となっています。

太麺を使っていて、甘辛いソースとの絡みも良く、もやし・ひき肉などが入っていて、紅ショウガ・青のりなどが乗せられています。

オーソドックスで昔懐かしさを感じる焼きそばとなっています。一番人気の定番メニューなので、初めて「後楽そば」に行った時には、まず「焼きそば」を食べてみることをおすすめします。

人気メニュー(2) 天ぷらそば

「後楽そば」にある充実したメニューの中でも特に人気で美味しいおすすめのメニューの2つ目は、「天ぷらそば」です。料金は、420円となっています。

カラッと揚げられた大きなかき揚げが乗ったボリューム満点のそばとなっています。夏の暑い時期には、プラス20円で冷やしぶっかけそばとすることができるのでおすすめです。

人気メニュー(3) コロッケそば

「後楽そば」にある充実したメニューの中でも特に人気で美味しいおすすめのメニューの3つ目は、「コロッケそば」です。料金は、400円となっています。

そばの上に大きめのコロッケが乗っていて、コラボレーションが見事であると、大変人気の逸品です。夏には、+20円で冷やしぶっかけそばとすることができます。

『後楽そば』のカツ丼とカレーライスもおすすめ

東京・五反田にある「後楽そば」の人気メニューには、「かつ丼」や「カレーライス」もあり、がっつりとごはんメニューを食べたい時などにもぴったりとなっています。

「かつ丼」は590円、「カレーライス」は450円となっていて、どちらもプラス100円で大盛りとすることができます。

そばとセットメニューにて注文もできる

「後楽そば」には、セットメニューもたくさんあり、ミニかき揚げやミニカレーライス・ミニかつ丼・ミニからあげ丼と焼きそばのセットとすることもできます。料金は、ミニかき揚げが620円、ミニカレーライスは620円、ミニかつ丼が720円、ミニからあげ丼が700円と大変リーズナブルな値段となっています。

また、ミニかき揚げ丼・ミニカレーライス・ミニかつ丼・ミニからあげ丼と、たぬきそばまたはうどんのセットメニューもあります。

『後楽そば』ってテイクアウトできるの?

東京・五反田にある「後楽そば」は、テイクアウトをすることもできるので、持ち帰って、職場や自宅・公園などの好きな場所で食事をすることができます。

テイクアウトをすることができるメニューは、焼きそば・かつ丼・揚げ物となっています。食券を購入し、テイクアウトであるということを店員さんに伝えるようにしましょう。

時間がない時や、次のスケジュールが迫っている時などには、テイクアウトも上手に利用すると良いでしょう。

『後楽そば』の口コミ

東京・五反田にある「後楽そば」は、とても美味しい焼きそばのお店として人気があり、口コミやSNSなどでも評判となっています。

「美味しい」「満足」「お腹いっぱい」など良い評価がされている口コミなどが多く、それらを見て五反田のお店に寄る人も増えてきています。

「後楽そば」でうまさ満点の焼きそばを味わったら、今度は自分がSNSなどに感想や写真と共に口コミを投稿して、共有してみることをおすすめします。

『後楽そば』の店舗情報とアクセス

東京・五反田にある「後楽そば」に行こうと思った時に、先に知っておくと、慌てることなく行動をすることができる店舗情報やアクセス情報などについて、まとめました。

誰もが気軽に行くことができる焼きそば店なので、仕事の合間や観光の途中などに是非寄ってみてください。

店舗情報

「後楽そば」は、東京都・品川区の東五反田1丁目にある焼きそば店です。大変美味しい焼きそばを味わうことができることで有名なお店です。

営業時間は、月曜日と祝日の翌日が6時30分から深夜24時まで、火曜日から金曜日までが6時から深夜24時まで、土・日・祝日が10時から20時までとなっています。基本的には年中無休で営業しています。

朝早い時間から夜遅い時間まで営業しているので、モーニングでもランチでもディナーでも、小腹が空いた時でもどのようなシーンにもおすすめのお店です。

立ち食いそばのお店であり、立ち食いカウンターのみがあるこじんまりとしたお店ですが、いつもたくさんの人で溢れています。

五反田駅からのアクセス

東京・五反田にある「後楽そば」に電車を使ってアクセスしようと思っている場合は、JRの「五反田駅」で降りて東口から出ると約40メートル・徒歩約1分ですぐアクセスすることができます。

また、東急池上線の「大崎広小路駅」で降りても約360メートル・徒歩約5分、JR山手線の「大崎駅」で降りても約770メートル・徒歩約10分でアクセスすることができるので、その日の予定にあわせて降りる駅や路線を自由に選ぶことができます。

車でのアクセスと駐車場

東京・五反田にある「後楽そば」に車を使ってアクセスしようと思っている場合は、首都高速中央環状線の「五反田出入口」、または首都高速2号目黒線の「戸越出入口」や「荏原出入口」などで降りるとアクセスすることができます。

一般の道路を利用してのアクセスを考えている時には、国道1号線・都道317号線・国道15号線などを利用するとスムーズにアクセスすることができます。

東京・五反田にある「後楽そば」には、お店を利用する人の専用駐車場は設けられていません。車で行くことを考えている時には、あらかじめ周辺のコインパーキングなどの駐車場について、しっかりと調べておくと、当日になって困ることなく行動することができるのでおすすめです。

「パラカ 東五反田第6」は、約9台分の駐車スペースがある平地の自走式の駐車場です。24時間営業なので、いつでも好きな時に入庫・出庫ができます。料金は、全日0時から24時まで12分300円となっています。

最大料金は、月から土曜日までの車室番号1番から7番までが入庫から3時間までが2800円、8・9番が入庫から12時間までが3900円、日・祝日は全室入庫から12時間までが2800円、全日20時から翌朝8時までの夜間は全室1500円となっています。

「タイムズ五反田駅東口」は、約16台分の駐車スペースがある平地の自走式の駐車場です。24時間営業です。料金は、全日0時から24時までが12分300円、最大料金は、9時から20時までの月から土曜日までが3850円、日・祝日が2800円、全日20時から翌朝9時までが1500円となっています。クレジットカードや電子マネーでも支払えます。

『後楽そば』のおすすめ周辺観光

東京・五反田にある「後楽そば」の近隣には、いくつもの見どころスポットがあり、「後楽そば」での美味しい食事とあわせて訪れておくことをおすすめします。

「後楽そば」の周辺にある是非行ってみて欲しいおすすめ観光スポットについて、厳選して紹介していきます。

万福湯

「後楽そば」の周辺にある是非行ってみて欲しいおすすめ観光スポットの一つ目は、「万福湯」です。東京都・品川区の大崎4丁目のマンションの1階にある日帰り入浴をじっくりゆっくりと楽しむことができる温泉・銭湯です。

大変歴史のある温泉・銭湯であり、日本の文化・歴史をしっかりと感じることができる場所として、近くにある大学の学生などの若い人や海外の人からも注目されています。

ヤシの木や西洋の海などが描かれたタイル画が大変素敵であると評判で、高い天井もカラフルで明るい印象の銭湯・温泉となっています。

大浴場の他にもジャグジーなどの複数の湯船があり、好きなところから自由にお湯に浸かって日頃の疲れを癒すことができます。脱衣所にある休憩スペースは広く、湯上りにもゆったりとくつろぐことができると人気となっています。

「万福湯」に電車を使って行きたいと思っている場合は、東急池上線の「大崎広小路駅」で降りると徒歩約1分でアクセスすることができます。車の時には、首都高速中央環状線の「五反田出入口」であったり、首都高速2号目黒線の「戸越出入口」または「荏原出入口」などで降りると良いです。

営業時間は、16時から23時までで、最終受付時間は22時30分となっています。毎週月曜日は定休日です。料金は、大人が470円、小学生の中人が180円、未就学児が80円となっています。

アクアパーク品川

「後楽そば」の周辺にある是非行ってみて欲しいおすすめ観光スポットの二つ目は、「アクアパーク品川」です。東京都・港区の高輪4丁目にある品川プリンスホテルの中にある大変話題の水族館です。

まるで海中散策をしているようだと人気の「ワンダーチューブ」は、海中トンネルとなっていて、自由に泳ぎ回る海の生き物をさまざまな角度から見ることができ、思わず足を止めてじっくり眺める人が多くいます。

一番人気のイルカショーは、ダイナミックさも迫力も抜群であり、光や音楽などとのコラボレーションが美しいと評判になっています。360度どこからでも眺めることができるようになっていて、時期や昼・夜では異なったスケジュールのショーを見ることができるので、何度行ってもしっかり楽しめます。

「アクアパーク品川」に電車を使ってのアクセスを考えている時には、JRまたは京急線の「品川駅」で降りると徒歩約2分でアクセスすることができます。車を使ってのアクセスを考えている時には、首都高速中央環状線の「五反田出入口」、さらには首都高速2号目黒線の「目黒出入口」などで降りるとアクセスすることができます。

営業時間は、10時から22時までで、最終入館時間は21時となっていますが、時期によって異なるので、事前に最新情報をチェックしておくことをおすすめします。

料金は、大人が2300円、小・中学生が1200円、4歳以上の幼児が700円となっています。前売り入場券のウェブ販売があるので、入場の1時間前までにウェブで購入しておくと、チケット購入の行列に並ばずにスムーズに入場できるのでおすすめです。

Thumbアクアパーク品川はイルカショーが人気の水族館!混雑状況など楽しみ方は?
東京・品川にある「アクアパーク品川」は、大変人気の水族館です。迫力満点のイルカショーが大変評...
Thumbアクアパーク品川のアクセスまとめ!電車やバスでの行き方や品川駅からは?
みなさんは品川にある「アクアパーク品川」をご存じでしょうか。アクアパーク品川とは人気の水族館...

美味しいと人気の焼きそばを食べに『後楽そば』へ行ってみよう!

東京・五反田にある「後楽そば」は、絶品の焼きそばを味わうことができる名店として知られています。美味しい焼きそばをしっかりと食べれば、エネルギーが湧いてくること間違いなしです。東京・五反田の周辺に仕事や観光などで寄るスケジュールがある時には、是非少し時間を取って「後楽そば」に行ってみることをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ