春日山神社のおすすめの見どころまとめ!御朱印情報や歴史にご利益も紹介!

新潟県の南西部にある上越市に「春日山神社」があります。越後の龍と呼ばれた、武将・上杉謙信公をお祀りする神社です。春日山神社は明治時代に創建された神社で、創建に至る経緯もしっかりと残っています。そんな春日山神社のおすすめの見どころやご利益などについて紹介します。

春日山神社のおすすめの見どころまとめ!御朱印情報や歴史にご利益も紹介!のイメージ

目次

  1. 1春日山神社の見どころを解説
  2. 2春日山神社のご由来
  3. 3春日山神社の御朱印情報
  4. 4春日山神社のおすすめのお守り
  5. 5春日山神社へのアクセス方法
  6. 6春日山神社情報まとめ
  7. 7春日山神社周辺のおすすめスポット
  8. 8春日山神社がある上越市おすすめのお土産
  9. 9春日山神社を参拝しよう

春日山神社の見どころを解説

新潟県の南西部、上越市にある春日山神社、「越後の龍」と呼ばれた、上杉謙信公をお祀りする神社です。春日山神社は上杉謙信公が居城とした春日山城跡に鎮座されています。その春日山神社について、見どころや創建された経緯やご利益、御朱印などを詳しく紹介します。

新潟県上越市春日山にある神社

春日山神社(かすがやまじんじゃ)は、新潟県上越市春日山城跡にあります。広大な敷地がある春日山城跡の一角に佇んでいます。

春日山は標高180メートルあります。その春日山に上杉謙信公の居城があったのです。春日山神社は山の中ほどにあります。もともとは、上杉謙信公の母である虎御前の屋敷があった場所であったといわれます。

春日山神社のご由来

春日山神社は戦国武将・上杉謙信公をお祀りしているだけに、歴史が比較的浅い神社で、明治時代になって創建されています。

それだけに、創建に至る経緯や創建に係わった人々の情報や、春日山神社に関係した人々に関係する記念碑などが残っています。

春日山神社記念館で謙信公の遺品を展示

春日山神社の境内には様々な貴重な展示品があります。中でも上杉謙信公の遺品などが展示されているという春日山神社記念館は見どころがたくさんあります。

まず、上杉謙信公の遺品で、謙信公のトレードマークともいえる、白地毘の軍旗や、謙信公にまつわる資料が多数展示されています。

春日山神社記念館には、春日山神社を創建した小川澄晴の子息にあたる、童話作家・小川未明の代表作「赤いろうそくと人魚」の初版本や日記、遺品も展示されています。未明ファンにもおすすめです。

神明造の本殿

春日山神社の本殿は「神明造」という建築様式です。直線が強調された力強いフォルムの荘厳で堂々とした本殿になっています。上杉謙信公の神社らしい雰囲気が漂っています。

現在の神明造りの社殿は明治34年(1901年)の建造です。こちらの本殿に上杉謙信公がお祀りされています。

春日山神社の歴史

春日山神社は神社としての歴史は決して古くはありません。明治34年(1901年)に山形県の米沢市にある上杉神社から、上杉謙信公の御霊を分霊し、お祀りしたのが春日山神社です。

春日山神社の創建にあたり、日本のアンデルセンと言われる童話作家・小川未明の父である、小川澄晴によって創建されています。小川澄晴は上杉謙信公を大変崇拝しており、全身全霊をかけて春日山神社の創建に尽くしています。また、上越生まれで、日本近代郵便の父といわれる前島密も、春日山神社創建に際し援助したといわれています。

春日山神社の境内には、小川未明の「雲のごとく」の詩が刻まれた石碑があります。さらに、小川未明の童話をモチーフにした石像などが設置してあり、楽しく見ることができます。

主祭神は上杉謙信命

春日山神社の御祭神は上杉謙信命です。これは、上杉謙信公が死後、上杉家が越後から会津、さらに米沢に移封され、上杉謙信公も米沢で上杉神社としてお祀りされていました。

そこに、明治維新後の神道拡大の時流もあり、上杉謙信公の居城があった春日山城跡に神社が創建されたことは時流と言えます。

春日山神社には学問の神様、天神様の菅原道真公と、商売繁盛の神様である、大黒様の岩屋大黒天も合祀されています。

ご利益

戦国名武将・上杉謙信公をお祀りする春日山神社です。戦において驚異的な勝利を重ねた謙信公にあやかって、昔から勝負ごとの祈願に訪れる人が多く、勝運のご利益が評判です。

勝負事といえばスポーツ、スポーツ選手のお参りが多いようです。さらに、宝くじなどの高額当選も勝運のご利益とも言えます。そこから宝くじ当選の祈願も多く、ご利益が期待できそうです。

春日山神社の御朱印情報

最近は、インターネットのオークションにも登場するほど人気の御朱印です。今や、ほとんどの神社で御朱印がいただけます。上越市の春日山神社にも人気の御朱印があります。また、格調高い落ち着きある御朱印帳もあります。ここでは、春日山神社の御朱印と御朱印帳を紹介します。

御朱印

春日山神社の御朱印には、上杉謙信公が重んじた「義」の文字が大きく書かれています。御朱印に「義」一文字は珍しく、御朱印ファンでなくともおすすめになります。

もう一種類の春日山神社の御朱印は、御朱印中央に「春日山神社」と、墨書きされます。御朱印の中央には神紋であり、上杉家の家紋の「竹に飛び雀」紋が押印されます。御朱印右下には謙信公ゆかりの「毘」の印が押されます。

御朱印帳も完備

春日山神社の御朱印帳は濃い青色地に、御朱印帳の中央部分にテトラポットのような幾何学模様が続いています。上杉謙信公が好んだ「毘」の字も表紙にレイアウトされています。

ただし、御朱印帳のどこにも「春日山神社」の文字はありませんので、完全な春日山神社のオリジナル御朱印帳ではないようです。

社務所は鳥居の左手にあります。社務所にスタッフがおられないときは、売店に書き置きされた御朱印があります。

春日山神社のおすすめのお守り

春日山神社のお守りは、濃い青色の生地に金色の糸で、上杉家の家紋である「竹に飛び雀」が、お守り袋の上部に大きく刺繍されています。

お守りの裏には「春日山神社」とこちらも金色の糸で刺繍されています。お守りの生地全面に、多分、大変縁起のいい瑞雲と言われる雲も刺繍されています。

災難除けのご利益がある毘・龍お守り

もう一つ人気のお守りが、上杉謙信公と係わりの深い林泉寺(詳細は後述)の、災難除けのご利益がある「毘・龍お守り」もおすすめです。

お守り袋に刺繍されている「毘」と「龍」の文字は上杉謙信公の軍旗と同じです。上杉謙信は武勇に優れ、智略に長けた武将でした。そこから、毘沙門天の生まれ変わりと言われ、特に義に篤い武将でした。このお守りを持ち、上杉謙信公の守護のご利益を授かりましょう。

春日山神社へのアクセス方法

春日山神社へ電車でのアクセスですが、えちごトキめき鉄道の妙高はねうまライン「春日山駅」が最寄り駅になります。そこから徒歩で約40分の距離になります。

「春日山駅」からバスを利用する場合は、頸城バスの「春日山荘前」バス停で下車し、そこから徒歩で約15分です。

車で春日山神社へアクセスする場合ですが、北陸自動車道上越ICからは約15分です。または、上信越自動車道上越高田ICからは、20分で到着できます。駐車場もあり、普通車が約30台駐車できます。

春日山神社情報まとめ

新潟県上越市にある「春日山神社(かすがやまじんじゃ)」は明治34年(1901年)創建の神社です。御祭神は上杉謙信公です。

境内にある春日山神社記念館の入場料は大人200円、小中学生100円です。上杉謙信公の軍旗などの遺品が見られます。営業時間は9時30分~16時30分で、休館期間は12月1日~3月31日までになります。 春日山神社には駐車場があり、普通車が約30台駐車できます。

御朱印もあり、 御朱印は鳥居そばの社務所か売店で拝受出来ます。書き置きの御朱印は日付を入れていただけます。初穂料が300円になります。

住所 新潟県上越市大豆1743
電話番号 025-525-2010

春日山神社周辺のおすすめスポット

新潟は佐渡島があり、金山の開発や流人の島として、天皇はじめ時の有力者が佐渡に渡っています。そんなこともあり、新潟・越後は古くから開けていた土地でした。

戦国時代にも、上杉謙信公の他にも直江兼続、長尾政景、宇佐美定満などの高名な武将が関わった土地です。それだけに、歴史遺跡も多く、見どころがたくさんあります。春日山神社の周辺にも見どころがたくさんあります。そんな中からおすすめの見どころ8か所を紹介します。

上杉謙信公銅像

春日山城の中腹辺りに、越後の龍・上杉謙信公の銅像が建っています。昭和44年(1969年)に、NHKの大河ドラマ「天と地と」の放送を記念して建立されたもので、謎が多い謙信公が眼光鋭く見据えている素晴らしいお姿です。直江津やその先の日本海を今でも見守っているようです。歴史好きにSNS映えするスポットで、おすすめの見どころです。

直江屋敷

新潟の地名、直江津にも残る、直江屋敷がここにありました。長尾家=上杉家の最重臣であった直江氏の屋敷跡は、三段の郭の構成です。直江家の中でも名臣の誉れ高き直江兼続は21歳で上杉家の執政となっています。兼続は、城主となった長岡市の与板城にはあまり居城せず、この地で過ごすことが多かったそうです。

毘沙門堂

春日山城跡の一角にひっそりと佇む「毘沙門堂」ですが、上杉謙信公が深く信仰した毘沙門天像が安置されています。智将で戦略家であった謙信公ですが、戦いに向かう出陣前には、必ずここにこもって必勝の戦略を練り、勝利を祈願したそうです。謙信公も信奉した毘沙門天です。人生を勝ち抜くために、お参りをおすすめします。 

春日山山頂 本丸跡

標高約180メートルの高所に築城された春日山城の本丸跡は、城の建物は何も残っていませんが、そこから、日本海や頸城平野が一望できます。見どころ満載のビュースポットです。

春日山の山頂でもあり、春日山の地形も一望できます。自然の複雑な地形を利用した強固な城塞があったそうです。難攻不落な名城で、今でも空堀や土塁などが数多く残り、見学することができます。日本百名城にも数えられ、国指定の遺跡になっています。

三の丸跡

春日山城の三の丸跡ですが、ここに米蔵跡と上杉景虎公の屋敷跡があります。米蔵跡にはかなり良い状態の土塁があります。上杉謙信公の養子にあたる上杉景虎公が屋敷を構え暮らしていました。この一帯は比較的良い状態で史跡が残り、往時の春日山城の姿を推し量ることができそうです。直に見て確かめてみましょう。

春日山神社石碑

春日山神社の鳥居の横に石碑があり、「春日山神社」とあります。この字は東郷平八郎元帥のものです。今では東郷神社として日本各地にありますが、日露戦争の日本海海戦で、ロシアのバルチック艦隊を撃破した軍神・東郷平八郎日本海軍大将により揮毫されたおすすめの石碑です。

春日神社

春日山神社とよく混同されますが、春日神社は春日山の麓にあり、歴史も春日山神社より古く、約1100年前に奈良の春日大社の分霊をお祀りしています。春日山城全体の総鎮守であり、上杉謙信公時代も崇敬の念が篤く大切にお祀りされていました。ちなみに、春日神社が春日山城の名称の元となっているそうです。

上杉謙信公ゆかりの林泉寺

春日山神社と同じように、上杉謙信公に大変かかわりが深いお寺として、上越市に林泉寺があります。明応6年(1497年)に、謙信公の祖父・長尾能景が創建した上杉家の菩提寺になります。林泉寺で謙信公は7歳から14歳まで学問を学んだ場所です。

林泉寺の惣門は、慶長年間(1596年〜1615年)まで遡る歴史があります。山門に掲げられている扁額の「第一義」の文字は謙信公の直筆で、林泉寺の見どころです。

ご利益がすごい!

林泉寺には上杉謙信公御守護の、最強の災難除けのお守りがあるそうです。林泉寺のお守りの強さは、太平洋戦争時、群馬県のある村が、出兵する50人ほどの兵士全員に、林泉寺のお守りを持たせたそうです。そのご利益からか、兵士は激戦を生き抜き、全員が終戦を迎え帰還したそうです。おすすめしたい大変なご利益です。

住所 新潟県上越市中門前1-1-1
電話番号 025-524-5846

春日山神社がある上越市おすすめのお土産

春日山神社にお参りした際には、ぜひともおすすめしたい上越名物のお土産があります。美味しいスイーツで、上越ならではの名物です。

紹介するスイーツは、どちらかと言えば、かしこまったお菓子ではなく、誰もが喜んで楽しくいただけます。地元で圧倒的な人気お菓子、2点をおすすめします。

おすすめのお土産:笹だんごパン

大正2年(1913年)創業の上越市の老舗成果店「小竹製菓」が作る「笹だんごパン」は、パンの中に丸ごと笹団子が入った人気商品です。

パンダのパッケージも、とても可愛いと話題となっています。中に入る笹団子は、国産よもぎを使用した自家製の笹団子です。

笹団子パンは、平成27年(2015年)に生まれた人気のパン?笹団子?どちらでもよいのですが、マスコミにも再三登場しています。まさに笹団子とパンを組み合わせた斬新なスイーツです。モチモチした食感が特に人気になり、クセになる美味しさです。

住所 新潟県上越市南高田町3-1
電話番号 025-524-7805

おすすめのお土産:元祖 継続だんご

三野屋(みのや)の 「元祖 継続だんご」は、林芙美子の「放浪記」にも登場する由緒正しきお菓子です。完全無添加で手作りの団子です。

三野屋は、上越市の直江津で明治36年(1903年)から約120年続くお店です。「継続だんご」もほぼ同じ期間続いている上越名物です。白餡を団子のように串刺しにして、芳ばしく焼き上げたお菓子です。

住所 新潟県上越市中央1丁目1-11
電話番号 025-543-2538

Thumb上越市の観光地おすすめ11選!人気名所はもちろんグルメスポットも紹介!
上越市といえば、風光明媚で歴史的なスポットも多い人気観光エリア。ここではそんな上越市で人気の...
Thumb上越高田の観光おすすめスポット11選!名所や人気グルメも紹介!
新潟県の上越高田には歴史を感じられるスポットがたくさんあります。ここでは、上越高田のおすすめ...

春日山神社を参拝しよう

新潟県上越市にある「春日山神社」についておすすめの見どころなどを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。戦国時代の武勇に長けた知将・上杉謙信公をお祀りしています。戦国武将でありながら「義」を大切にした優れた人間性を備えた武将です。その上杉謙信公をお祀りする春日山神社にお参りして、人生の勝運を授かりましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ