ブルゴーニュワインの特徴や産地まとめ!おすすめの人気商品も紹介!

フランス東部のブルゴーニュ地方は、ワインの銘醸地として知られています。ワイン愛好家を魅了して止まない人気のブルゴーニュワインは、どのような特徴があるのでしょうか。今回は、ブルゴーニュワインの概要や、初心者にもおすすめの商品をご紹介します。

ブルゴーニュワインの特徴や産地まとめ!おすすめの人気商品も紹介!のイメージ

目次

  1. 1フランスのブルゴーニュワインをご紹介
  2. 2ブルゴーニュワインはフランスの2大ワインの1つ
  3. 3ブルゴーニュワインが生み出される気候や土地
  4. 4ブルゴーニュワインの特徴
  5. 5ブルゴーニュワインとボルドーワインの違い
  6. 6おすすめのブルゴーニュワイン
  7. 7ブルゴーニュワインと一緒に楽しみたいおすすめグルメ
  8. 8ブルゴーニュワインを楽しもう!

フランスのブルゴーニュワインをご紹介

フランスには名だたるワインの産地がいくつもありますが、東部のブルゴーニュは南西部のボルドーと並んで2大銘醸地といわれています。

世界的に有名かつ人気のあるブルゴーニュワインはどのような特徴があるのでしょうか。ボルドーワインとは何が違うのでしょうか。また、ひと口にブルゴーニュといっても大変広く、生産されているワインも数限りなくありますが、初心者にもおすすめなのはどのようなワインなのでしょうか。

今回はブルゴーニュワインについて、高品質のワインが造り出される理由や、味わいの特徴、おすすめのブランドなどについて総合的にご紹介します。

ブルゴーニュワインはフランスの2大ワインの1つ

初心者がワインについて知りたいと思った時、知識でもテイスティングでも真っ先に取り上げられるのがフランスのワインです。ワイン造りの条件に恵まれ、長い歴史と多大な生産量を誇るフランスでは、製造法やワインのランク付けなど品質の基準が厳格に決まっていて、世界のワイン造りのお手本になっているのです。

フランスにはブルゴーニュをはじめ、ボルドー、シャンパーニュ、アルザス、ロワール、プロヴァンスなど多くのワインの産地があります。中でもブルゴーニュとボルド―は2大銘醸地と言われ、これらの地方で造られるワインは世界中で高い人気を誇ります。

ブルゴーニュワインは力強さだけでなくその中に繊細さが感じられるものが多く、「ワインの王」と讃えられることもあります。ブルゴーニュワインは白が有名ですが、赤やロゼも造られ、いずれも高い評価を得ています。

ブルゴーニュワインの歴史

ワイン造りは紀元前5000年頃にメソポタミアで始まり、紀元前600年頃にワイン造りの技術をもった人たちが南フランスに移住してきてからフランス全土に広がっていきました。

ブルゴーニュワインは4世紀にはかなり広く造られていましたが、11世紀頃になると修道士たちの研究や努力でその品質が大きく向上しました。その後、ブルゴーニュワインは外交や交易の手段にも使われ、広くヨーロッパに知られ、人気を得ていきました。

また、ワインは飲み物としてだけでなく宮廷で薬として使われたこともあり、優れたブドウ畑を所有することがステータスとされ、貴族による畑の取得が広がりました。

フランス革命によって貴族が所有していたブドウ畑は市民に開放されましたが、大きな畑は細分化され、ワインの造り手(ドメーヌ)も家族経営のような小さな単位になりました。

小規模なワイン生産者は、販売面に関しては弱い面があります。そこで活躍しているのがネゴシアンという卸売業です。自社の畑を持たずに契約農家の製品を扱うところもあれば、大規模な自社の畑でワインを生産するところもあります。

現在、ブルゴーニュワインは小さなドメーヌや大規模なネゴシアンが共存する形で、それぞれに利点や特徴を生かしてより品質の高いワインを生産しようと努力しています。伝統を大切にしてきたブルゴーニュワインですが、他国でもワインの生産量と消費量が増えている現状に適応できるよう、先進的な取り組みも試みられています。

ブルゴーニュワインが生み出される気候や土地

ワインは水などを加えず、ブドウの果汁だけで造られる飲み物です。ですので、良質なブドウを栽培するのに適した気候や土壌であるかどうかが大切な条件になってきます。

この項では、ブルゴーニュワインが生み出される1番大切な背景である気候や土地などの環境(テロワール)について見ていきます。

ブルゴーニュ地方の気候

一般的にブドウは日照時間が長く、気温が比較的冷涼で、降水量の少ない土地を好みます。ブルゴーニュ地方では、ブドウが育つ4月から9月の日照時間が1300時間と、約780時間の東京と比べると1.7倍ほどになります。逆に年間降水量は約700ミリと、約1500ミリである東京の半分以下です。

また、7月から8月にかけての平均気温が20度あまりと、暑さを嫌うブドウに適したものとなっています。昼夜の温度差が大きいことや、北から吹く風が湿度を下げることなども、ブドウの糖度を高めるのにプラスに働きます。

ブルゴーニュ地方の地形や土壌

ブルゴーニュ地方の土壌は、石灰岩と粘土質が基本になっています。褶曲などの地殻変動でそれらが複雑に交差し、狭い範囲で多様な質の土壌を作り上げています。また、地殻変動は緩やかな丘をたくさん造り出し、斜面の角度により日当たりが違うなど、区画により全く違うブドウの生育環境となります。

さらにブルゴーニュ地方は南北に長く、北緯46度から48度にまで広がっています。北と南では気候が異なり、ブドウの味にも違いが出てきます。

このような地理的特徴が、ほんの少し離れるだけで違う味になるというブルゴーニュワインの複雑性を造り出しているのです。

ブルゴーニュワインの特徴

造られている地域も広く、ワインの種類や味わいも多様なブルゴーニュワインですが、ブルゴーニュワインを特徴づけるいくつかの要素があります。

それらを知ることは、ブルゴーニュワインをより深く味わう手助けにもなりますし、他の地域のワイン造りや味わいを知る参考にもなることでしょう。

製造方法

ブルゴーニュでは、比較的小規模な生産者(ドメーヌ)が、ブドウの栽培から醸造、瓶詰までを一貫して行うことが多いです。その割合は、全生産量の8割以上とされています。

これは、生産者がプライドをかけて自分たちのワイン造りを行っているということです。ひいては土壌や日照など、狭い区画で栽培の条件が違ってくるブルゴーニュワインの多様性を生かすことにもつながり、ブルゴーニュワイン最大の魅力になっています。

また、ブルゴーニュではワインのブレンドはほとんど行われず、単一の品種のブドウでワインが造られます。これはブドウ品種の特徴や、栽培された土地のエッセンスを感じられるという、ワインを飲む楽しみにつながります。

品種や味わい

ブルゴーニュ地方のワインは白ワインが約60パーセント、赤ワインが約34パーセント、残りがロゼやスパークリング(発泡性)ワインになっています。

ワイン用のブドウは白ワインを造る白ブドウ品種と、赤ワインを造る黒ブドウ品種に分かれます。ロゼやスパークリングは、そのどちらか(または両方)を使用します。

この項では、ブルゴーニュ地方で栽培されている、代表的なブドウ品種とその特徴をご紹介します。

白ブドウ

ブルゴーニュの白ブドウ品種と言えば「シャルドネ」がその代表格で、ブルゴーニュでは栽培面積の48パーセントを占めています。

世界中で栽培されているシャルドネですが、気候や土壌、醸造方法などの違いが味わいの違いに反映されます。そのため、より冷涼な北の方ではキリリとした味、南の方ではふくよかな味など、色々に表現される品種です。

ブルゴーニュ地方で栽培されている白ブドウの品種には、「シャルドネ」の他に、すっきりとした味わいで上品な酸味が感じられると人気の「アリゴテ」もあります。

黒ブドウ

ブルゴーニュで赤ワインになる黒ブドウ品種と言えば「ピノノワール」がその代表で、全栽培面積の34パーセントを占めています。色は透明感のあるルビーのような赤色で、渋みが少なく軽やかでエレガントな赤ワインになります。ワイン初心者にも飲みやすい品種です。

ブルゴーニュ地方で栽培されている黒ブドウの品種には、「ピノノワール」の他に「ガメイ」が挙げられます。ブドウの果実味を豊かに感じられる品種で、ボジョレー地区で多く栽培されています。

格付け

ブルゴーニュワインは、畑ごとに4つのランクに格付けがされます。上位から「グラン・クリュ(特級畑)」「プルミエ・クリュ(一級畑)」「村名表記」「地方表記」となります。

「グラン・クリュ(特級畑)」は全生産量の1.4パーセントしかなく、ラベルにGRAND CRUと表記されることが許されている希少なワインです。ロマネコンティがその1つで、この名前は初心者でも聞いたことがあるでしょう。「プルミエ・クリュ(一級畑)」の場合はラベルに「PREMIER CRU」と表記されます。

「村名表記」は醸造された村の名前がラベルに表記され、「地方表記」になると地名はBOURGOGNE(ブルゴーニュ)と記されます。初心者はこのランク付けに振り回されがちですが、上位のランクに負けないような味わいをもつ人気のワインも多くあります。

ブルゴーニュワインとボルドーワインの違い

ワインの「王様」といわれるブルゴーニュワインは、「女王」と称されるボルドーワインとよく比較されます。まず、ボトルの見た目に違いがあります。ブルゴーニュではなで肩のボトルが使われるのに対し、ボルドーではいかり肩のボトルになります。

醸造方法では、単一品種のワインが多いブルゴーニュに対してボルドーは複数種類のワインをブレンドして複雑性を出す方法を多く取ります。また、白ワインの生産が多いブルゴーニュに対して、ボルドーでは赤ワインが生産量の90パーセント以上を占めています。

同じ赤ワインでもピノノワール種の多いブルゴーニュに対してボルドーではカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローなど、より渋みが多く、リッチな味わいの品種が多くなっています。

ブルゴーニュでは生産者を「ドメーヌ」と呼ぶのに対してボルドーでは「シャトー」と呼びます。畑の規模もボルドーの方が平均10倍くらい大きくなっています。

このように色々な違いのあるブルゴーニュとボルドーです。初心者の知識として押さえておくのは、より深くワインを味わうために役立つことでしょう。

おすすめのブルゴーニュワイン

この項では初心者におすすめのブルゴーニュワインをご紹介するのですが、ひと口にブルゴーニュといっても南北300キロにもわたる広いエリアで、大きく分けて6つの地区があります。生産者(ドメーヌ)の数は約3900、1つのドメーヌで複数のワインを生産しているのですから、ワインの種類は膨大なものになります。
 

ここでは、ブルゴーニュ地方の中の「地区」に焦点をあて、その特徴やおすすめのワインをご紹介します。ワインは初心者でも購入しやすい3000円以下の価格帯のものを選びました。

シャブリ

「シャブリ」はブルゴーニュ地方で最も北に位置する地区です。小さな牡蠣の化石が混じった「キンメリジャン」という独特の土壌をもち、シャルドネ種でキリリとした良質のワインが造られます。「シャブリ」という地区名そのものが白ワインのブランドになっているほどです。

シャブリで初心者におすすめのワインは「ウィリアム フェーブル」です。ミネラル感と、キレのある酸味というシャブリの特徴を如実に表しているスタンダードなワインで、価格もお手頃で人気です。

シャブリ地区のワインは一般的に生牡蠣はもちろん、魚介のマリネや酸味のあるソースを使った肉料理にもよく合いおすすめです。

ボジョレ―

「ボジョレー」は、ブルゴーニュ地方の中では珍しく赤ワインを多く産する地域で、白ワインは生産量の1パーセントほどしかありません。日本ではボジョレーヌーボーが人気ですが、これはボジョレーで醸造された新酒という意味で、時差の関係でフランスの解禁日に先立って味わえるワインとして喜ばれています。

「アンリ・フェッシ・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー」は、最高品質のワイン造りを目指し、4年連続で金賞受賞のワインを生産しているドメーヌの赤ワインです。柔らかな渋みと適度なコクで、初心者にも飲みやすい赤ワインに仕上がっています。

赤ワインと言うと肉料理のイメージですが、ボジョレー地区の赤ワインは肉料理の中では脂身の少ないもの、そして魚介料理に合わせても美味しくいただけるものが多くなっています。華やかなラベルのものも多く、プレゼントなどにもおすすめです。

マコン

ブルゴーニュ地方では南に位置するため、比較的温暖な気候をもつマコン地区は、ボディー感を感じる白ワインの産地として人気です。

「カーヴ ド リュニー  マコン ヴィラージュ(ブルーシールド)」は、ブルゴーニュの中では珍しいブレンドされた白ワインで、ブドウの果実味がしっかりと感じられます。スムーズで心地よい飲み口で、マコンのワインの特徴を強く表現しています。

一般的にマコン地区のワインは白い花や柑橘系の香りが感じられ、どのような料理にも合わせやすいので初心者におすすめです。特級畑や一級畑に格付けされている畑はありませんが、その分高品質な割には価格もリーズナブルで世界的に人気があります。

ブルゴーニュワインと一緒に楽しみたいおすすめグルメ

ワインは、その土地の料理と合わせると良いと言われています。この項では、ワインに合うブルゴーニュ地方の名物料理や食材をご紹介します。

ブルゴーニュ地方を代表する料理の中には、日本でも人気のものがあります。エスカルゴや牛肉の赤ワイン煮込みなどです。エスカルゴはニンニクやバター、パセリなどと一緒に調理されることが多く、白ワインによく合います。牛肉の赤ワイン煮込みはブルゴーニュワインの赤にベストマッチです。

ブルゴーニュ地方ではエポワスというチーズが有名ですが、このチーズはブドウの搾りかすで表面を洗ってから熟成させたものです。エポワスチーズもワインも共にブドウが使われているので相性が良いというわけです。

Thumbフランスの食べ物おすすめ17選!名物料理・グルメを本場で食べよう!
海外旅行先としても人気が高いフランス。世界遺産も数多くありその街並みや文化が素敵な国には美味...

ブルゴーニュワインを楽しもう!

以上、ブルゴーニュ地方のワインについてご紹介しました。フランスの2大銘醸地のブルゴーニュについて、少しでも理解が深まれば幸いです。

初心者でも飲みなれた人でも、ワイン好きならブルゴーニュは憧れの地です。現地でドメーヌ巡りが出来ればそれに越したことはありませんが、日本に居ながらでも知識を深め、より多くのワインに触れれば、ブルゴーニュワインの素晴らしさを感じることができるはずです。次のワインはブルゴーニュを選んでみませんか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
MinminK

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ