ロンドンのミュージカル人気5選!劇場やチケットの予約方法なども紹介!

ロンドンのウエストエンドでは魅力的なミュージカルがたくさん上演されていて、ミュージカルが初めての方でも楽しめます。今回はロンドンで人気があるミュージカル作品と、劇場情報やチケットの予約方法などを紹介します。ロンドンでミュージカルを楽しみましょう。

ロンドンのミュージカル人気5選!劇場やチケットの予約方法なども紹介!のイメージ

目次

  1. 1ロンドンの人気ミュージカルとは?
  2. 2ロンドンのミュージカルの楽しみ方
  3. 3ロンドンの人気ミュージカル(1) オペラ座の怪人
  4. 4ロンドンの人気ミュージカル(2) レ・ミゼラブル
  5. 5ロンドンの人気ミュージカル(3) マンマ・ミーア
  6. 6ロンドンの人気ミュージカル(4) ウィキッド
  7. 7ロンドンの人気ミュージカル(5) ライオンキング
  8. 8 ロンドンでおすすめのミュージカルを鑑賞しよう!

ロンドンの人気ミュージカルとは?

ロンドンを訪れたら楽しみたいのがミュージカルです。ロンドンのウエストエンドは、ニューヨークのブロードウェイと並んでミュージカルが盛んなエリアで、大小様々な劇場があります。

ロンドンのウエストエンドでは、日本でもよく知られた定番のミュージカルから新作まで様々なミュージカルが上演されています。

今回は、ロンドンのミュージカルを初めて見る方のために、ロンドンで人気のあるミュージカルや劇場情報、チケットの予約方法などを紹介しましょう。

ロンドンのミュージカルの楽しみ方

ロンドンのウエストエンドには魅力的なミュージカルがたくさん上演されています。しかしロンドンで初めてミュージカルを見ようと考えている方の中には、言葉やマナーなどの面で少しハードルが高いと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは人気のミュージカルを紹介する前に、ロンドンでミュージカルをより楽しめるためのポイントをいくつかお伝えしましょう。

ストーリーを予習しておく

ロンドンのミュージカルを見る前に、本やネットなどでストーリーを予習しておきましょう。ロンドンのミュージカルは当然ながら英語で行われ、字幕などはありません。

ストーリーを知っておくことで話の展開を理解しやすく、歌や音楽に集中することができます。また、登場人物の関係や性格、できればCDなどで曲を聴いておくのもおすすめです。

ミュージカルを楽しむ服装は?

ロンドンでミュージカルを観賞する際に気になるのが服装です。ロンドンのミュージカル劇場では特にドレスコードがないので、サンダルや短パンなどカジュアルな服装でなければ、それほど気にしなくても大丈夫です。

一般的に値段が高い席ほどおしゃれをしてくる人の率が高く、1番安い席ではスニーカーとジーパンという人も少なくありません。ロンドンではミュージカルを気軽に楽しむ人が多く、日本の外出着くらいの服装で楽しむことができるでしょう。

ロンドンの人気ミュージカル(1) オペラ座の怪人

「オペラ座の怪人」は、世界中で愛されている名作です。原作は、フランスの作家ガストン・ルルーが1909年に発表した小説です。

ミュージカルの「オペラ座の怪人」は1986年にロンドンで初公演され、今まで34年にわたって公演されています。ロンドンのウエストエンドでは「レ・ミゼラブル」に続いて、2番めに長く公演されているロングランの作品です。

ミュージカル「オペラ座の怪人」はアンドリュー・ロイド・ウェバーが音楽を担当し、初演では当時無名だったサラ・ブライトマンが主役を務め、魅力にあふれた歌声が話題になりました。

1988年にはニューヨークのブロードウェイで開幕し、こちらもロングランになっています。イギリスで最も権威があるとされるローレンス・オリヴィエ賞の他、アメリカにおいてはアメリカ演劇界で最も権威のあるトニー賞を受賞しています。

世界中で愛されている人気のミュージカル

「オペラ座の怪人」はパリのオペラ座の地下に住む怪人が、美しい声を持つクリスティーヌに恋をし、様々な事件が起こる様を描いています。愛や嫉妬、裏切りなど様々なシーンが交差し、多くの人の共感を呼んでいます。

主人公のクリスティーヌが無数のキャンドルが灯る地下水を小舟に乗って通るシーンや、天井からシャンデリアが音を立てて落ちるシーンなど、印象に残るシーンがたくさんあります。華やかな踊りや歌が楽しめるシーンもあり、とても人気があるミュージカルとなっています。

劇場情報とチケットの予約

「オペラ座の怪人」は、ロンドンのウエストエンドのハー・マジェスティーズ劇場で公演されています。この劇場は1705年に建てられた歴史のある建物で、内部も重厚な造りになっています。

日本の劇場に慣れている方は、ロンドンの劇場の狭さに驚くかもしれません。特に2階席、3階席は前後左右の余裕がなく、ぎっしりと席が並んでいます。その分、舞台が近く見え、臨場感あふれるミュージカルを楽しむことができます。

チケットは旅行会社やTicketmasterなどのサイトから予約できます。また当日のチケットは窓口で購入できますが、人気ミュージカルのためチケットが売り切れのことも多いので、事前に公式サイトから予約しておくのがおすすめです。

ロンドンの人気ミュージカル(2) レ・ミゼラブル

続いて紹介するロンドンのおすすめミュージカルは「レ・ミゼラブル」です。日本でも東京の帝国劇場をはじめ全国ツアーが行われているので、見た方も多いことでしょう。原作は、ヴィクトル・ユーゴーが1862年に発表した小説です。

1985年にロンドンのウエストエンドで初演が行われ、35年にわたり今も公演が続いている、ロンドンで最も長く公演されているミュージカルです。

「レ・ミゼラブル」はニューヨークのブロードウェイでは再演も含め何度が公演されているのですが、現在は公演されておらず、ロンドンならではのミュージカルとしておすすめです。

映画でも人気のミュージカル作品

ミュージカルの「レ・ミゼラブル」は2012年に映画化され、アカデミー作品にもノミネートされ話題となりました。ミュージカルを観賞する前に、映画で予習をするのもおすすめです。

19世紀初頭の混乱期のフランス・パリを舞台にした作品で、一切れのパンを盗んだために警察署長ジャベールに追われることになったジャン・バルジャンと、ジャン・バルジャンを巡る人々の人生を描いています。

ジャン・バルジャンの養女になったコゼットと恋人マリウス、マリウスを慕うエポニーヌの恋など、心を揺さぶられる展開が続きます。この作品は公演時間が長く、内容も重いものになっっているので、理解するためには事前の予習がおすすめです。

ミュージカルは初演から25周年を機に再演出され、ロンドンでも再演出の作品が公演されています。

劇場情報とチケットの予約

ミュージカル「レ・ミゼラブル」は、ロンドンのウエストエンドのクイーンズ劇場で公演されています。1907年に作られた趣きのある豪華な劇場です。

クイーンズ劇場も小さな劇場で、2階席、3階席は傾斜が急です。役者の感情表現も見どころの一つなので、初めて見る方は役者の表情がよく見える席がおすすめです。

「レ・ミゼラブル」のチケットも旅行会社や劇場の窓口、TodayTixなどで予約できます。こちらも人気のミュージカルなので、公式サイトなどで事前にチケットを予約しておくのがおすすめです。

ロンドンの人気ミュージカル(3) マンマ・ミーア

次におすすめするロンドンの人気ミュージカルは「マンマ・ミーア」です。「マンマ・ミーア」は、劇団四季のレパートリーにも入っている人気ミュージカルです。

この作品は1999年4月にロンドンのウエストサイドのプリンス・エドワード劇場で初演を迎えました。現在は同じくロンドンのノヴェロ劇場で公演されています。「マンマ・ミーア」も2008年に、トム・ハンクスやメリル・ストリープなどによって映画化されています。

「マンマ・ミーア」はスウェーデンの人気ポップグループABBA(アバ)の曲を元にして作られた明るいラブコメディです。ABBAは1974年から1982年まで世界的に流行したグループで、劇場でも歌が流れると総立ちになるほどです。

人気のラブコメディミュージカル

「マンマ・ミーア」はギリシャの小さな島を舞台に繰り広げられる、手ひとつで娘を育てたドナと、娘のソフィーを巡る物語です。ソフィーは自分の父親を探そうと、自分の結婚式に父親だと思われる3人の男性を招待します。

その結果、さまざまな出来事が起こり、結婚式までハラハラ・ドキドキの展開が続きます。このミュージカルは楽しいストーリーで、英語のセリフがあまり分からなくても楽しめます。歌も踊りも楽しく、ロンドンで初めてミュージカルを見る人におすすめです。

劇場情報とチケットの予約

「マンマ・ミーア」は、ロンドンのコヴェント・ガーデンの近くにあるノヴェロ劇場で上演されています。1905年にオープンした歴史のある劇場で、100周年の2005年には大々的に改装され、1105席を持つ中程度の大きさの劇場となっています。

ギリシャのエーゲ海をイメージした明るいライティングが続き、見どころの多いミュージカルです。どの席でも楽しめますが、歌や音楽を間近で楽しみたい方は前方のよく見える席がおすすめです。

チケットは旅行会社やチケットを扱うサイト、劇場の窓口、公式サイトなどで予約できます。「マンマ・ミーア」もロンドンの人気ミュージカルなので、早めにチケットを予約するのがおすすめです。

ロンドンの人気ミュージカル(4) ウィキッド

「ウィキッド」は、ニューヨークのブロードウェイで2003年の初演が行われたミュージカルです。日本では2007年から2016年まで劇団四季が上演しているので、ご存知の方も多いでしょう。ロンドンでは2006年にウエストエンドのアポロ・ヴィクトリア劇場で開幕しました。

アメリカ公演ではトニー賞を受賞しており、ロンドンのウエストエンド公演ではローレンス・オリヴィエ賞にノミネートされています。また世界各地の公演でも、様々な賞を受賞している人気作品です。

「ウィキッド」は、ブロードウエイ発らしい豪華な舞台装置や華やかな衣装など、見どころが多い作品です。子供と一緒に楽しめる作品としておすすめです。

アメリカのブロードウェイ発祥のミュージカル

「ウィキッド」は、児童文学として親しまれている「オズの魔法使い」の前に起こった話として展開していきます。「西の悪い魔女」エルファバと「東の善い魔女」グリンダが、なぜそう呼ばれるようになったのか、その謎が解き明かされます。

エルファバは緑色の肌をしていて、差別や魔女狩りなどにも見舞われます。ファンタジーでありながら、考えさせるストーリーになっていて、家族で鑑賞できるミュージカルです。

ストーリーはあまり難しくないので、英語のセリフが分かるかどうか心配な方や、ロンドンでミュージカルを初めて見る方にもおすすめです。舞台の演出が素晴らしく、最後まで飽きずに楽しむことができます。

劇場情報とチケットの予約

「ウィキッド」は、ロンドンのウエストエンドにあるアポロ・ヴィクトリア劇場で上演されています。この劇場は1930年に映画館として建てられ、何度か改装を経て現在は2328席あり、ロンドンの劇場の中では標準的な大きさとなっています。

アポロ・ヴィクトリア劇場はアール・デコの華やかな内装で、「ウィキッド」のイメージに合わせて緑と紫に統一されているため、劇場に入った瞬間からミュージカルの世界観を楽しむことができます。

チケットは、公式サイトの他、劇場の窓口や旅行会社、チケットを扱うサイトなどで予約できます。人気のミュージカルのためいい席のチケットは早くに売り切れてしまうので、なるべく早く予約するようにしましょう。

ロンドンの人気ミュージカル(5) ライオンキング

最後におすすめするロンドンの人気ミュージカルは「ライオンキング」です。「ライオンキング」は、もとは1994年に作られたディズニー映画で、ミュージカルは1997年にニューヨークのブロードウェイで初公演されました。

ロンドンでは1999年からウエストエンドのライシーアム劇場で公演されています。「ライオンキング」は、アメリカ発のミュージカルで、大掛かりな舞台とエンターテイメント性あふれる演出が人気を呼んでいます。

日本でも人気のディズニーミュージカル

「ライオンキング」は日本でも劇団四季がロングラン公演しているので、ご覧になった方も多いことでしょう。また2019年には実写化もされ、人気が衰えることはありません。

「ライオンキング」は、サバンナ王国の王子として生まれたライオンの子、シンバが数々の試練を経て、立派なライオンの王になるまでの話です。ストーリーは分かりやすく、子供でも楽しめる内容になっています。家族で楽しめるおすすめのミュージカルです。

劇場情報とチケットの予約

「ライオンキング」は、ロンドンのウエストエンドのライシーアム劇場で上演しています。1765年にオープンした歴史のある劇場で、その後何度か改築され、現在の建物は1996年に増築されたものです。

客席は重厚な趣にある内装になっています。客席数は約2000あり、ロンドンでは標準的なサイズの劇場です。「ライオンキング」はマチネ公演も行っており、この時間帯は子連れ客でいっぱいになります。子供と一緒に観劇したい方は、マチネを選ぶといいでしょう。

「ライオンキング」のチケットも公式サイトや旅行会社などを通じて予約できます。とても人気があるミュージカルなので、早めにチケットを予約してください。

Thumbロンドンの観光地人気21選!はずせない定番名所などおすすめスポットを厳選!
イギリスの首都ロンドンは、大英英帝国の栄華と最新トレンドが融合する世界屈指の観光都市です。ロ...

ロンドンでおすすめのミュージカルを鑑賞しよう!

ロンドンのウエストエンドでは、ロングランから新作まで様々なミュージカルを上演しています。子供が楽しめるミュージカルもあり、家族揃って楽しむのもおすすめです。

こちらで紹介したミュージカルは日本でも観劇することができますが、迫力がある本場の舞台もおすすめです。イギリスを訪れたら、ぜひミュージカル劇場にも足を運んでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ