御岳山・ロックガーデンへの行き方は?所要時間やおすすめのシーズンも調査!

皆さんは、東京で山歩きというとどこに行きますか。東京には、高尾山とも人気を二分する御岳山という山があります。その御岳山にはロックガーデンという岩場の散策路があるんです。御岳山・ロックガーデンへの行き方・所要時間や紅葉、山歩きにおすすめな靴をご紹介します。

御岳山・ロックガーデンへの行き方は?所要時間やおすすめのシーズンも調査!のイメージ

目次

  1. 1御岳山・ロックガーデンとは
  2. 2御岳山・ロックガーデンのおすすめシーズン
  3. 3御岳山・ロックガーデンの見どころ
  4. 4御岳山・ロックガーデンへの行き方
  5. 5御岳山・ロックガーデンへ行くときの注意点
  6. 6御岳山・ロックガーデで小休止できるスポット:御岳山駅売店
  7. 7御岳山・ロックガーデンで山歩きをしよう

御岳山・ロックガーデンとは

東京で山歩きというと、高尾山がすぐに頭に浮かびますが、もうひとつ、東京の西部に、「御岳山」という自然豊かな山があるんです。御岳山は、東京の奥多摩というエリアにある山で、標高は929メートルの山で、ケーブルカーを利用することで初心者から山歩きを楽しむことができるのでおすすめです。

そんな御岳山には、ロックガーデンと呼ばれる岩場の散策路があり人気となっています。四季折々の景観を楽しむことができるのでおすすめです。春には桜を、夏には新緑、秋には紅葉、冬には、真っ青な空に立つ冬木立を楽しめます。

御岳山のロックガーデンには、滝も多く、初夏から秋には、新緑にも紅葉にも映える滝を楽しむことができます。また、御岳山は昔から霊峰でもあったため、パワースポットでもあるんです。

そんな御岳山のロックガーデンのおすすめや行き方・所要時間、山歩きにおすすめな靴や服装などのついてご紹介します。

御岳山・ロックガーデンのおすすめシーズン

ここでは、御岳山・ロックガーデンのおすすめシーズンについてご紹介しましょう。御岳山・ロックガーデンは、四季を通してケーブルカーも運行しているので、一年中、山歩きを楽しむことができるんです。

そんな一年の中でも、やっぱりおすすめのシーズンがあります。四季の中でも、もっとも美しいのは、「新緑の時期」です。さらに、おすすめなのが、紅葉の季節になります。この2つの季節について詳しくご紹介します。

最も美しいのは新緑の時期

最初におすすめしたい御岳山・ロックガーデンのおすすめシーズンは、「新緑の時期」です。一年の中でも、ここ御岳山・ロックガーデンが一番美しいと言わているのが、新緑の時期です。標高も1000メートル近いということもあり、新緑の時期でもとても涼しいんです。

新緑の時期というと、5月から7月にかけてで、新緑に包まれた滝も美しく、マイナスイオンを感じながら、山歩きを楽しむことができるのでおすすめです。ゴールデンウイークなどはかなりの登山者で混み合います。

4月にはヤマザクラや6月にはアジサイ、8月にはレンゲショウマの花が咲き乱れて、美しい山の景観を楽しむことができるのでおすすめです。

紅葉の見頃もおすすめ

次におすすめしたい御岳山・ロックガーデンのおすすめシーズンは、「紅葉の時期」です。新緑の生命の力強さを体感できる季節も良いですが、紅葉の時期もやはりおすすめです。赤や黄色、オレンジ、緑と鮮やかに彩られた山々を楽しむことができます。

初秋には、とても心地よく山歩きを楽しめて、だんだんと紅葉していく紅葉(もみじ)を楽しむことができます。晩秋には、山の空気もひんやりとしてきて、冬の訪れがもうすぐそこまでやってくるそんな中での紅葉を楽しむことができます。

毎年、この紅葉の時期には、たくさんの登山者がやってきて、美しく彩られた紅葉を楽しんでいます。これが、東京の紅葉かと思うほどの美しい紅葉を楽しめるのでおすすめです。

御岳山・ロックガーデンの見どころ

こちらでは、御岳山・ロックガーデンの見どころについてご紹介しましょう。御岳山・ロックガーデンには、いくつもの見どころがあるんです。霊峰である御岳山には、「武蔵御嶽神社」もあり、パワースポットにもなっています。

そのほかにも、神代ケヤキや馬場家御師住宅、七代の滝、綾広の滝、日の出山などの数多くのみどころがあります。これらの見どころをひとつひとつ詳しくご紹介します。

武蔵御嶽神社

最初にご紹介する御岳山・ロックガーデンの見どころは、「武蔵御嶽神社」です。武蔵御嶽神社への行き方は、御岳登山鉄道のケーブルカーで御岳山駅から徒歩25分ほどの場所にある神社です。駅から武蔵御嶽神社までの道は舗装されているので、歩きやすい靴であれば問題ありませんが、ヒールの高い靴はやめた方が良いです。

武蔵御嶽神社は、御岳山駅から徒歩25分ほどですが、もうそこは山頂となります。なので、とても見晴らしの良い神社で、霊峰と言われてきたということもなるほどと思うはずです。まさに、天空の神社と言っても良いでしょう。

なんとここ武蔵御嶽神社は、崇神天皇の時代が創建と言い伝えられていて、遠い昔から崇められてきた神社でもあります。本殿をはじめとしたお社は、9時から16時までいつでもお参りすることができます。

神代ケヤキ

次にご紹介する御岳山・ロックガーデンの見どころは、「神代ケヤキ」です。この神代ケヤキは、武蔵御嶽神社へ向かう参道の途中にある巨木で、国指定の天然記念物となっています。神代ケヤキは、樹齢600年とも1000年ともいわれていて、なんでも、日本武尊(ヤマトタケル)が東征するときに植えたと伝えられています。

高さが30メートルにもなる巨木で、パワースポットにもなっています。この神代ケヤキは、参道からのみ見学することが許されています。周りから登ったりすることがないように注意してください。

馬場家御師住宅

次にご紹介する御岳山・ロックガーデンの見どころは、「馬場家御師住宅」です。さきほどもご紹介した武蔵御嶽神社の周りには、宿坊がたくさん点在しているんです。その中のひとつが、この馬場家御師住宅で、東京都指定有形文化財にも指定されています。

茅葺屋根の建物ということもあり、とても雰囲気の良い宿坊です。なんでも、慶応2年、1866年に建てられたものと言われています。歴史的にも非常に価値のあるものなので、ぜひとも見ておきたいものです。

天狗岩

次にご紹介する御岳山・ロックガーデンの見どころは、「天狗岩」です。天狗岩は、ロックガーデンエリアが始まる場所に鎮座する大きな岩で、遠くからこの岩を見ると、天狗が上を向いたそんな形状をしていることから、天狗岩と名付けられたとか。

この天狗岩には、鉄鎖が設置されているので、登ることも可能ですが、靴も歩きやすいものであることも条件のひとつですが、ゆっくり注意しながら登ってください。この岩の上に上がるとあるものがあるので、それは登って確かめてみてください。

七代の滝

次にご紹介する御岳山・ロックガーデンの見どころは、「七代の滝」です。こちらの七代の滝もロックガーデンエリアにある滝になります。ロックガーデンエリアの下流にあります。行き方は、御岳登山鉄道御岳山駅から徒歩1時間ほどかかります。

足元も滑りやすいので、運動靴などの滑りにくい靴でアクセスしてください。この滝の上には、さきほどご紹介した天狗岩があります。落差も最大で50メートルもあるので、なかなか見ごたえがある滝になります。

七代の滝の周りには、マイナスイオンも充満しているので、夏にも気持ちの良いスポットになります。冬には、雪化粧した七代の滝も迫力があっておすすめです。

綾広の滝

次にご紹介する御岳山・ロックガーデンの見どころは、「綾広の滝」です。行き方は、御岳登山鉄道御岳山駅から徒歩1時間20分ほどかかります。ロックガーデンエリアの上流にあたる場所にあります。

落差は10メートルほどではありますが、武蔵御岳神社のみそぎの行事にも使われるということもあってか、荘厳な雰囲気を味わうことのできる滝となっています。武蔵御岳神社のみそぎの行事で、滝に打たれることも可能です。

宿坊が行う滝行宿泊プランというものがあるので、そちらに申し込みすると、宿泊とセットで滝行を行うことができます。

日の出山

次にご紹介する御岳山・ロックガーデンの見どころは、「日の出山」です。御岳山から続いている山で、御岳山とセットで登山を楽しむ方もいらっしゃいます。標高は902メートルの山です。一年を通して山登りを楽しむことができます。

御岳山の宿坊に宿泊をして、毎年、初日の出を見に来る登山者も多いです。なんと、目を凝らすと、スカイツリーも見えるのだとか。おすすめコースは、御岳山から日の出山へと登山を楽しんで、下山して、「つるつる温泉」で温泉がおすすめです。

Thumb御岳山に行くならつるつる温泉へ!アクセスや駐車場を詳しく紹介!
奥多摩にある人気の登山スポットとして知られる御岳山。そんな、御岳山に登った後に訪れる温泉とし...

御岳山・ロックガーデンへの行き方

ここでは、御岳山・ロックガーデンへの行き方についてご紹介しましょう。御岳山・ロックガーデンへの行き方ですが、JR御嶽駅からバスで瀧本駅へ向かう行き方と、御岳山ケーブルカーを利用する行き方を理解しておく必要があります。

御岳山・ロックガーデンへは、行き方がとてもアクセスがしやすいので、初心者の方でも山歩きを気軽に楽しむことができるのでおすすめです。それぞれの行き方の料金や所要時間の目安についてもご紹介しましょう。

JR御嶽駅からバスで瀧本駅へ向かう

JR御嶽駅からバスで瀧本駅へ向かう行き方からご紹介しましょう。瀧本駅は、ケーブルカー乗り場ともなっていますので、まずは、瀧本駅へと向かいます。JR青梅線御嶽駅からは、西東京バスでケーブル下行きに乗車してください。

JR青梅線御嶽駅までは、土日祝であれば、「ホリデー快速おくたま」がおすすめです。JR青梅線御嶽駅からケーブル下瀧本駅行きのバスは1時間に2本になります。

料金・所要時間目安

JR御嶽駅からバスで瀧本駅へ向かう行き方の料金や所要時間の目安についてご紹介しましょう。料金は片道で290円となります。平日は一時間に1本のこともあるので、時間には余裕を持ちましょう。

JR御嶽駅からバスで瀧本駅へ向かう所要時間お目安ですが、およそ8分ほどの所要時間でアクセスすることができます。

御岳山ケーブルカーを利用

ケーブルカー駅である瀧本駅から御岳山に向かうには、御岳山ケーブルカーを利用します。御岳山ケーブルカーでの行き方ですが、ケーブルカー滝本駅から御岳山駅へと向かいます。

この御岳山ケーブルカーがあるおかげで、初心者でも1000メートルの山に気軽に山歩きを楽しむことができるのでおすすめです。

料金・所要時間目安

御岳山ケーブルカーを利用しての行き方の料金や所要時間の目安をご紹介しましょう。御岳山ケーブルカーの料金は、片道が大人が600円で、小児は300円です。往復は大人が1130円で、小児が570円になります。

御岳山ケーブルカーの所要時間ですが、瀧本駅から御岳山駅まではおよそ6分の所要時間となっています。御岳山駅からのおすすめコースは、武蔵御嶽神社でお参りして、長尾平から天狗岩、ロックガーデンを回り、綾広の滝から長尾平、そして御岳山駅です。所要時間はおよそ4時間弱くらいになります。

御岳山・ロックガーデンへ行くときの注意点

ここでは、御岳山・ロックガーデンへ行くときの注意点についてご紹介しましょう。御岳山・ロックガーデンへ行くときの注意点では、登山靴など装備の用意や天気予報などの情報収集などについてご紹介します。

御岳山・ロックガーデンは、標高が1000メートル以下で、初心者から楽しむことができますが、最低限の注意事項は守ることが必要となります。ここでは、最低限守るべきことをご紹介しましょう。

登山靴など装備の用意は万全に

最初にご紹介する御岳山・ロックガーデンへ行くときの注意点ですが、まずは、登山靴など装備の用意は万全に整えるということです。登山靴など本格的な靴が必要な理由ですが、ロックガーデンは、沢などがあり、苔などが生えているところもあるので滑りやすいです。

御岳山の武蔵御嶽神社だけを楽しむのでしたら、舗装もされているので、運動靴などの滑りにくい靴で十分ですが、ロックガーデンも楽しみたいという方は、できる限り、登山靴をご用意ください。

備えあれば患いなしといいますので、ここロックガーデンも楽しむには、できる限り、登山靴で安全に楽しむことをおすすめします。靴のほかにも、服装も山ということなので、夏でも羽織ものを1枚待っておくと良いでしょう。

天気予報などの情報はしっかり確認

次にご紹介する御岳山・ロックガーデンへ行くときの注意点は、天気予報などの情報はしっかり確認するということです。山は、天候が変化しやすいということもあるので、出発前日はもちろんのこと、スマートフォンなどでいつでも確認ができるようにしておきましょう。

万が一、前日に、天候が悪くなる予想がでている場合には、中止する勇気も大切です。山の天候は変化しやすいので、万全を期して登山の計画をたてましょう。

御岳山・ロックガーデで小休止できるスポット:御岳山駅売店

最後に、御岳山・ロックガーデンで小休止できるスポットをご紹介しましょう。小休止できるスポットがいくつか用意されています。ここでは、ケーブルカー山頂にある御岳山駅売店をご紹介します。

御岳山駅売店では、もちもちの三福だんごを楽しめたり、川魚の塩焼きなどを楽しむことができます。その他、登山グッズやお土産なども購入可能となっています。

御岳山・ロックガーデンで山歩きをしよう

御岳山・ロックガーデンのおすすめスポットや行き方・所要時間などをご紹介してきましたが、いかがでしょうか。御岳山・ロックガーデンは、四季を通して山歩きを楽しむことができます。

春にはヤマザクラを、夏には新緑、秋には紅葉を楽しむことができるのでおすすめです。東京にこんな素晴らしい自然がまだまだ残されているということに驚かされます。今度の休日には、御岳山・ロックガーデンでマイナスイオンを感じてみませんか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ