奥多摩湖の観光ポイントまとめ!見どころやおすすめの過ごし方を紹介!

「奥多摩湖」は人工湖と大自然が融合した人気の観光スポットです。都心からのアクセスが抜群なだけでなく、多くの観光スポットを抱えているため日帰り観光にももってこいです。ここでは「奥多摩湖」やその周辺のおすすめ観光情報について詳しく紹介していきます。

奥多摩湖の観光ポイントまとめ!見どころやおすすめの過ごし方を紹介!のイメージ

目次

  1. 1都会のオアシス『奥多摩湖』を観光
  2. 2奥多摩湖の季節の魅力を解説
  3. 3奥多摩湖周辺のおすすめ観光スポット
  4. 4奥多摩湖周辺の人気のアクティビティ
  5. 5奥多摩湖周辺の登山におすすめの山
  6. 6奥多摩湖周辺の温泉情報
  7. 7奥多摩湖へのアクセス方法
  8. 8奥多摩湖を観光しよう

都会のオアシス『奥多摩湖』を観光

新宿から2時間ほどでアクセスできる「奥多摩湖」といえば、四季折々の自然が楽しめる観光スポットです。

日本最大級の人口湖を携えることでも知られる奥多摩湖ですが、秋には美しい紅葉を、冬には奥多摩湖ならではの澄んだ冬景色が楽しめるとして、都会のオアシスの名に恥じない絶景を楽しませてくれます。

またアクティビティに釣り、キャンプに天体観測と、奥多摩湖はアウトドア派にもたまらない観光スポットとなっています。

奥多摩湖は日本最大級の人工湖

奥多摩湖は大自然に囲まれながらも、人工の湖であるという点も面白いポイントです。奥多摩湖は小河内ダムによってせき止められている、いわば人工的に作られた湖であると言うこともできる珍しいスポットなのです。

自然と人工物の融合した姿には独特の美しさがあり、小河内ダムと奥多摩湖の織りなす造形美を一目見ようと多くの観光客が訪れています。

奥多摩湖の季節の魅力を解説

ここからは、奥多摩湖の持つ魅力について紹介をしていきます。春夏秋冬それぞれの表情を持つ奥多摩湖では、釣りにキャンプ、紅葉狩りや冬景色を楽しむのに適しています。

春や新緑の時期はもちろん、夏にはバーベキューや釣り、秋には紅葉狩りやドライブが、冬には天体観測や冬でも楽しめるカヤック体験を奥多摩湖では満喫することができます。

奥多摩湖の春の新緑

春や新緑の時期の奥多摩湖の美しさについては、その時期に訪れたことのある人であればだれもが知るところです。

特に奥多摩湖名物の「ドラム缶橋」の上からは、春や新緑のシーズンの訪れを喜ぶ奥多摩の大自然を360度見渡すことができるでしょう。奥多摩湖周辺には登山に最適な山々もあるので、快適に動けるこの時期は登山に挑戦したい人にも特におすすめです。

夏はキャンプや釣りが楽しめる

奥多摩湖での夏は、釣りやヤマメのつかみ取りなどアクティビティがおすすめです。特に釣りに関しては、ヤマベやハヤといった魚に出会うことのできる6月から9月の時期がおすすめです。

奥多摩湖ではボート釣りなどの施設がなく、陸からの釣りが基本となります。しかし人工湖に囲まれた環境で楽しむ釣りというのは、他の釣りスポットではなかなか味わうことのできない新鮮さを同時に楽しむことができるでしょう。

Thumb奥多摩フィッシングセンターの楽しみ方!アクセスや営業時間もチェック!
奥多摩フィッシングセンターは、川釣りも釣り堀も楽しめる家族におすすめです。親子で初心者でも大...

美しい秋の紅葉

奥多摩湖の秋の魅力と言えば、もちろん紅葉狩りです。「奥多摩湖いこいの路」という散策路の敷かれた奥多摩湖は、のんびりと歩きながら紅葉狩りを楽しみたい人には絶好のスポットです。

奥多摩湖は季節を問わずいつでも釣りを楽しむことができることも大きな魅力となっていますので、紅葉に彩られた空間の中釣りを楽しみたい人にもうってつけです。

特に10月の中旬から姿を見せ始めるワカサギは、秋の奥多摩湖で釣りを楽しむ際に欠かせない存在と言えるでしょう。

奥多摩湖の澄んだ冬景色

奥多摩湖は大自然に囲まれたスポットとしては比較的珍しく、冬でもアクティビティや観光を楽しめるので希少な存在と言えるでしょう。

カヤック体験を真冬の時期に楽しめるのは奥多摩湖ならではと言え、また奥多摩湖を代表する「日原鍾乳洞」にいたっては年間を通じて室温が一定なので、寒さを気にすることなく観光を満喫することができます。

冬景色も美しい奥多摩湖ですが、周辺には冷えた身体を温めてくれる温泉施設もしっかりとありますので、安心して観光やアクティビティを満喫することができるでしょう。

奥多摩湖周辺のおすすめ観光スポット

ここからは、奥多摩湖周辺にあるおすすめの観光スポットに焦点を当てていきます。「ドラム缶橋」や「小河内ダム」、「奥多摩水と緑のふれあい館」「小河内神社」「奥多摩湖いこいの路」、そして奥多摩湖を代表する「日原鍾乳洞」の計6個の観光スポットの紹介となります。

奥多摩湖によく訪れる人であればおなじみの観光スポットばかりとなっていますが、まだ訪れたことのない人は必見です。

ドラム缶橋

まず紹介したい奥多摩湖周辺のおすすめ観光スポットは、「ドラム缶橋」です。ドラム缶橋は奥多摩湖ならではの観光スポットの一つです。奥多摩湖にはこのドラム缶橋が2か所あり、観光スポットの筆頭とされています。

歩くたびにグラグラと揺れる橋はスリル満点で、大人から子供まで楽しめることでしょう。以前までは実際のドラム缶が設置されていた橋ですが、現在はドラム缶に見立てた発泡スチロールの浮きで作られています。

このドラム缶橋そのものも魅力ですが、なによりもこのドラム缶橋から見渡すことのできる奥多摩湖の大自然が見事です。春から冬まで様々な表情をのぞかせてくれるドラム缶橋は、まるで水面の上を歩いているような感覚を楽しませてくれることでしょう。

小河内ダム

続いて紹介したい奥多摩湖周辺のおすすめ観光スポットは、「小河内ダム」です。小河内ダムは奥多摩湖を語るうえでなくてはならない観光スポットと言えます。

奥多摩湖というのはもともと、自然の湖ではなくこの小河内ダムによって人工的にせき止められた湖を指します。水道専用貯水池としては日本最大級といわれる小河内ダムは、ダムファンも必見の観光スポットと言えるでしょう。

ここで紹介するさまざまな観光スポットも、すべて小河内ダムを中心として広がっており、奥多摩湖周辺にある様々な観光スポットの拠点と言えるのがこの小河内ダムです。

奥多摩水と緑のふれあい館

続いて紹介したい奥多摩湖周辺のおすすめ観光スポットは、「奥多摩水と緑のふれあい館」です。この奥多摩水と緑のふれあい館では、先ほど紹介した小河内ダム、つまり奥多摩湖の雄大な自然を一望できるスポットです。

小河内ダムのほとりに建てられたミュージアムであり、館内には奥多摩の魅力を3Dの映像で楽しめるシアターが併設されています。

また奥多摩水と緑のふれあい館には、ダムファンであればおなじみの「ダムカレー」を楽しむことができるレストランが併設されています。

1日限定20食となっていますので、立ち寄った際にはぜひ美味しいと評判の奥多摩水と緑のふれあい館のダムカレーを楽しんでみましょう。

小河内神社

続いて紹介したい奥多摩湖周辺のおすすめ観光スポットは、「小河内神社」です。小河内神社は奥多摩湖の中央にほど近い場所に建てられた、歴史ある神社です。古くから首都用水の守り神として信仰を集めており、またパワースポットとしても大変人気があります。

先ほど紹介した通称ドラム缶橋のひとつである「麦山浮橋」からも比較的近くにあることから、2つの観光スポットを同時に巡りたい時にはもってこいです。小河内神社のほど近くには5台から6台の駐車スペースのある駐車場があるため、アクセスも快適です。

神社にたどり着くまでにはやや急な階段を上らなければなりませんが、鬱蒼としながらも神秘的な雰囲気には目を見張ることでしょう。

奥多摩湖いこいの路

続いて紹介したい奥多摩湖周辺のおすすめ観光スポットは、「奥多摩湖いこいの路」です。奥多摩湖いこいの路は、小河内ダム展望塔から徒歩14分ほどの場所から散策路がスタートする人気のハイキングエリアです。

小河内ダムから、後ほど紹介する「山のふるさと村」までをつなぐ散策路となっており、距離にして約12キロメートルあるため、万全の準備をしてから挑みたい場所となっています。

長時間のトレッキングとなるので、特に靴は歩きやすいものを用意するとよいかも知れません。

もちろん散策路の途中には、奥多摩湖ならではの大自然に出会えるエリアが多数存在するため、気軽に訪れて気軽に引き返すといった楽しみ方もできます。特に歩きやすくなる秋の紅葉や冬にぜひ訪れてほしい散策路です。

日原鍾乳洞

続いて紹介したい奥多摩湖周辺のおすすめ観光スポットは、「日原鍾乳洞」です。日原鍾乳洞は東京都の天然記念物にも指定されている観光スポットで、特にライトアップされた「死出の川」が有名です。

幻想的な鍾乳洞の光景にさまざまな色の美しいライトを当てることで、日原鍾乳洞でしか見ることのできない幻想的な雰囲気を生み出しています。関東随一といわれる規模の鍾乳洞だけに、散策には2時間ほどの余裕をもって挑みましょう。

日原鍾乳洞の内部は不思議なことに、夏冬問わず常に11度前後の気温に保たれているため、快適な散策が可能となっています。夏場のキャンプの合間や、冬の散策のあいまいに暖を取りたい時にもぜひ訪れて欲しい観光スポットです。

奥多摩湖周辺の人気のアクティビティ

ここからは、奥多摩湖周辺で人気の高いアクティビティについて紹介をしていきます。奥多摩湖は観光スポットの宝庫でもありますが、アクティビティも観光に負けないくらい充実しています。

釣りや話題のSUP、キャンプに星空観賞会と、特に若い人に人気のあるアウトドア施設や体験ツアーをここでは取り上げていきます。東京都内で大自然を満喫しながら、思い切り身体も動かしたい!という人はぜひチェックしてみてください。

「アメリカキャンプ村」でアウトドア体験

まず紹介したい奥多摩湖周辺で人気のアクティビティは、「アメリカキャンプ村」です。手ぶらで訪れて、気軽にキャンプを楽しむことができる人気のアウトドア施設です。

300人が一度に利用することができ、釣り堀やアスレチック、コテージも併設されているので、バーベキューだけではなく様々な用途で利用できるでしょう。

なおバーベキューの食材については施設内で購入することもできますが、持参することもできます。

このアメリカキャンプ村は例年、4月の下旬から冬の到来する11月の下旬ごろまで営業を行っており、季節によってさまざまな楽しみ方のできる、大人から子供まで大満足間違いなしのアウトドア施設となっています。

「山のふるさと村」奥多摩湖のそばでキャンプ

続いて紹介したい奥多摩湖周辺で人気のアクティビティは、「山のふるさと村」です。山のふるさと村は、先ほど紹介した奥多摩湖いこいの路の先にあるキャンプ施設です。

自然深い奥多摩湖のなかでもひときわ大自然を楽しめるキャンプ場となっており、星空観賞会やガイドウォークなども定期的に開催するなど盛り上がりを見せています。

奥多摩湖いこいの路を日帰りで引き返すのはなかなか大変なので、山のふるさと村まで訪れる際はぜひ宿泊していくことがおすすめです。無料のシャワー室や売店も併設しているので、快適に過ごすことができるでしょう。

バーベキューはもちろんやヤマメのつかみ取りなども楽しめるので、1日では遊びつくせない充実した内容のキャンプ場となっています。

基本的には年末年始などの一部の日程を除いていつでも営業しているので、冬にキャンプやさまざまなイベントを楽しみたい人にはもってこいのアウトドア施設と言えるでしょう。営業時間が16時30分までである点には注意が必要です。

Thumb奥多摩に宿泊するならココがおすすめ!評判のいいホテルや旅館などを厳選!
奥多摩は、東京都内とは思えない大自然を堪能できる人気の観光スポットです。そんな奥多摩でおすす...

「RiverBase HALAU」でカヤック体験

続いて紹介したい奥多摩湖周辺で人気のアクティビティは、「RiverBase HALAUの火薬体験」です。奥多摩湖から車で16分ほど離れた場所にある白丸湖では、冬でもカヤックを楽しめるということで注目を集めています。

11月から3月末までという真冬の期間に開催される白丸湖のカヤック体験ですが、日中の温かい時間に開催することで真冬でもカヤックが楽しめるようになっています。自由にカヤックを楽しめる時間が多い事もこのカヤック体験の魅力です。

また白丸湖では、カヤックだけでなく人気急上昇中のSUPを楽しむことができるのも嬉しいポイントです。RiverBase HALAU主催のSUP体験ツアーでは、午前中にSUPの練習をして、午後はスリリングなリバーSUPを楽しむことができます。

日帰りでSUPを楽しめるのは、都内では珍しいのではないでしょうか。SUPに必要な知識や経験を身に着けられるだけでなく、初心者が1日でSUPを楽しめる充実のツアーとなっています。

奥多摩湖周辺の登山におすすめの山

ここからは、奥多摩湖周辺にある登山におすすめの山を3つ紹介します。大自然に囲まれた奥多摩湖やその周辺には、日本百名山に数えられる山や東京を代表する名山がそびえたっています。

ここでは登山初心者の人でも十分に楽しめるような、奥多摩湖周辺ならではの人気の山を紹介します。

高水三山

まず紹介したい奥多摩湖周辺の登山におすすめの山は、「高水三山」です。高水三山は標高793メートルの山ですが、奥多摩を代表する人気の山の一つでもあるためよく整備されており、歩きやすいことが特徴です。

距離にすると約8.8キロメートルのコースがあり、コースタイムも約4時間と短めなので、日帰りの登山にももってこいです。コース内には多少の急傾斜もありますが、整備されているので初心者でも準備を整えれば登頂も不可能ではありません。

稜線歩きもできる人気のコースが整備されているため、奥多摩ならではの大自然を感じたい時にはもってこいの山です。

御岳山

続いて紹介したい奥多摩湖周辺の登山におすすめの山は、「御岳山」です。御岳山も奥多摩湖周辺の山を代表する人気の山です。

標高は929メートルと高いですが、ケーブルカーで山頂付近まで移動することができるので、登山初心者の人も子連れの人も、気軽に登山を楽しむことができるでしょう。

ケーブルカーを利用すれば標高差はわずか100メートル、コースタイムも2時間40分ほどとほど良いので、奥多摩湖散策と併せて楽しんでも十分に日帰りが可能と言えるでしょう。

ロックガーデンや苔の森、さらには滝の見えるスポットなど観光スポットも充実しており、ケーブルカーを使わなければ本格登山を楽しむことができるでしょう。

三頭山

続いて紹介したい奥多摩湖周辺の登山におすすめの山は、「三頭山」です。三頭山は日本百名山のひとつとして、また花の百名山のひとつとして登山者の間で知られる山です。

標高は1,531メートルですが、標高差540メートルのコースがあるので初心者でも準備を整えれば十分に登頂可能です。美しいブナの木々に囲まれながら、約3時間のコースを山頂目指して登りましょう。

コースタイムこそ決して長くないものの、標高差についてはここで紹介してきた3つの山の中ではもっとも大きいため、十分に準備をしてから挑むことをおすすめします。

奥多摩湖周辺の温泉情報

ここでは、奥多摩湖に訪れた際にぜひ訪れておきたい温泉施設情報を紹介します。奥多摩湖に訪れた際は、JR青梅線・奥多摩駅から徒歩10分の場所にあるアクセスの良い温泉施設「もえぎの湯」がおすすめです。

立地の良さもあって、奥多摩観光のトップシーズンには混雑することが多く注意が必要ですが、とくに寒い時期の温泉の存在は欠かすことができません。もえぎの湯は、希少な奥多摩温泉の源泉を100パーセント楽しめる贅沢な温泉施設です。

内湯だけでなく露天風呂も完備しているので、心身ともに疲れを癒したい時にも最適な温泉施設です。お食事処も併設されているので、奥多摩湖散策に疲れた時、そしてお風呂に入って美味しいものを食べたい時にはぜひ立ち寄ってみましょう。

住所 東京都西多摩郡奥多摩町氷川119-1
電話番号 0428-82-7770

奥多摩湖へのアクセス方法

最後に、今回紹介してきた奥多摩湖の各観光スポットのアクセス情報について紹介します。今回紹介した奥多摩湖は広大な規模なので、どのポイントへアクセスをするかによってアクセス情報は大きく異なります。

ここでは今回紹介してきた主要となる一部の観光スポットの、電車でのアクセス情報と車でのアクセス情報に分けて紹介していきます。

電車でのアクセス

まずは奥多摩湖の主要となる観光スポットの、電車からのアクセス情報について紹介をしていきます。

奥多摩湖の最も中心となる小河内ダムへのアクセスについては、JR青梅線の奥多摩駅から西東京バスに乗り換え、奥多摩湖で下車すればすぐの場所に着くことができます。

奥多摩を代表する人気の観光スポットの一つでもある日原鍾乳洞については、同じくJR青梅線の奥多摩駅から徒歩でのアクセスも不可能ではない位置にあります。

奥多摩駅から徒歩40分ほどかかりますが、日原鍾乳洞息のバスに乗れば終点から徒歩5分ほどでアクセスが可能となっています。アメリカキャンプ村についてはJR青梅線の奥多摩駅、そして白丸駅からも徒歩40分ほどでアクセス可能です。

車でのアクセス

続いては、これまでに紹介してきた奥多摩の人気観光スポットまでの車でのアクセス情報について紹介します。小河内ダムへの車でのアクセスについては、圏央道の青梅インターチェンジを下りて奥多摩方面へ進みます。

鳩ノ巣駅の手前で都道45号線へ曲がり、国道と合流したあとは大麦代トンネルの手前を水と緑ふれあい館方面へ向かいます。小河内ダムには全72台分の駐車スペースが完備された専用駐車場もあり、車でのアクセスは比較的快適と言えるでしょう。

続いては奥多摩湖の観光スポットとして外すことのできない、日原鍾乳洞の車でのアクセス情報についてです。日原鍾乳洞にも無料の駐車場が完備されていますが、日原鍾乳洞は人気の観光スポットなので週末や連休は混雑を極めます。

日原鍾乳洞では混雑を避けるため、混雑が予想される日には臨時駐車場を設けています。ただしその臨時駐車場は日原鍾乳洞から2キロメートルほども離れているうえに、数が限られているためあまりおすすめできません。

日原鍾乳洞に訪れる際は、週末や連休中を避ける、もしくは電車やバス、さらには徒歩でアクセスすることがおすすめです。

奥多摩湖を観光しよう

奥多摩湖は人工湖と大自然が織りなす都会のオアシスで、年間を通じて様々な表情を見せてくれる魅力的な観光スポットと言えます。釣りやキャンプなどのアクティビティや登山に温泉と、都心から日帰りでアウトドア体験するにはもってこいです。

四季折々の自然の中散策をしたい時にも最適な、歩きやすく整備された散策路も敷かれているエリアが多数あるので、登山やトレッキングを楽しみたい人にもおすすめです。

日原鍾乳洞をはじめとした奥多摩エリアを代表する観光スポットを抱える奥多摩湖へ、ぜひ訪れてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ