「秋保神社」は勝負の神で有名な仙台のパワースポット!御朱印やお守りも紹介!

仙台にある秋保神社は、古い歴史を持つ神社であり、さらに勝負の神として仙台藩にも崇敬されてきました。そこで秋保神社の由緒やご利益、そして近年人気が高まっている御朱印やお守りなどを紹介します。合わせてアクセス方法や参拝の際に訪れたい周辺観光地も紹介します。

「秋保神社」は勝負の神で有名な仙台のパワースポット!御朱印やお守りも紹介!のイメージ

目次

  1. 1仙台のパワースポット「秋保神社」とは?
  2. 2「秋保神社」ってどうして勝負の神なの?
  3. 3「秋保神社」のご利益
  4. 4「秋保神社」のおすすめの見どころ
  5. 5「秋保神社」のお守り
  6. 6「秋保神社」の御朱印と御朱印帳
  7. 7「秋保神社」の基本情報とアクセス
  8. 8「秋保神社」の周辺観光スポット
  9. 9人気のパワースポット「秋保神社」へ参拝してみよう!

仙台のパワースポット「秋保神社」とは?

人生には誰でも勝負しなければならない時があります。そんな時に勝負の神様として知られる神社などに行き、お守りをいただいた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで仙台にある勝負の神として人気が高い秋保神社について、そのご利益やおすすめのお守り、御朱印などの情報を紹介します。

「秋保神社」ってどうして勝負の神なの?

秋保神社は仙台市太白区秋保町にある神社です。仙台の秋保というと、秋保温泉という人気の温泉がありますが、比較的近くにある神社であり、温泉とともに参拝をする方も多く見られます。

この仙台の秋保神社が創建されたのは平安時代初期の808年のことです。時の征夷大将軍であり、蝦夷征伐にこの地に来たと言われる坂上田村麻呂が、この地に熊野神社を勧請しました。坂上田村麻呂は平安京で有名な桓武天皇など4代の天皇に仕え、死後は武神、軍神として信仰を集めた人物でした。

その後平安時代後期の武将である平盛房が最上の地を流浪していた際、信州の諏訪大社で本土回復と居城奪回を祈りました。その結果それが叶ったことから、諏訪大社の神様を勧請し、諏訪神社として祀りました。盛綱は秋保を治めた秋保氏の祖と言われています。

これ以来、秋保神社は「勝負の神」のご利益があると言われるようになります。1605年になると勝負の神、武家の守護神として、仙台藩の尊崇を受け、藩主伊達家の庇護を受けるようになりました。1646年には仙台藩2代藩主伊達忠宗が参拝し、伊達家の永久祈祷をすることを仰せつけられるなど、仙台藩と深いかかわりを持ちます。

そして明治になり、1909年、明治天皇から勅命が下ります。これにより秋保五ヶ村にあるいくつかの神社がこの神社に合祀されることになり、それに伴って社号を秋保神社と改め、現在に至っているのです。

このように秋保神社は、軍神として信仰を集める坂上田村麻呂が創建したことや平盛房が秋保氏の祖となったことから、勝負の神として古くから信仰を集めてきたのです。現在では仙台出身の有名スポーツ選手なども参拝した神社として知られています。

Thumb仙台・秋保温泉の日帰りおすすめ15選!入浴とランチバイキングも人気!
宮城県仙台の秋保温泉で、ゆったりと日帰り温泉に浸かって疲れを癒やしませんか?今回は、秋保温泉...

「秋保神社」のご利益

次に、仙台の秋保神社のご利益について紹介します。今述べたように秋保神社は勝負の神様として人気が高い神社なのですが、ご利益はそれにとどまりません。他にも多くの方におすすめしたいご利益があります。勝負の神様のほかにあるご利益について、次にまとめていきましょう。

縁結び

秋保神社の御神木として3本の木があります。このうちのたらようの木の葉は昔の人が恋文を書くときに使ったと言われており、葉の表に二人の名前を書くと、しばらくして裏に名前が浮き出てきて消えることがないと言われています。

そのため、この木は古くから縁結びのご利益があるとされており、しかもその葉はいつでも落ちているわけではないというのがまた特別な感じを与えてくれます。強風の後などに行くと数枚落ちていることがあるそうなので、行ってみることをおすすめします。

もちろん、無理やり木に登って葉を取ったりしてはいけません。運よく葉を手に入れることができたら、縁結びのお守りと一緒に、お守りにして持っておくと、ご利益が期待できるでしょう。

子宝和合

子宝を願っている方には、秋保神社の境内にある「子宝和合の神」がおすすめです。これは秋保神社創建1200年の時に見つかった柿の木なのですが、非常に珍しい形をした奇木です。この木の中心にある丸い部分をなでるとご利益があると言われます。

また、御神木である銀杏の木ですが、こちらは秋になるとたくさんの実をつけることからその姿が子どもを抱えているように見えると言われ、こちらも子宝祈願で古くから信仰を集めてきました。

また、銀杏の枝の付け根を見ると、乳房の小さいものがついているのが見えます。このことからこの銀杏のことを「若乳銀杏」とも呼ばれており、災難除けのご利益があるとも言われています。後で述べますが、この銀杏の実はお守りにも使われています。

「秋保神社」のおすすめの見どころ

次に、秋保神社に行ったらぜひ見ておきたい、おすすめのところをいくつか紹介します。秋保神社は四季折々の見どころがある神社でもあり、勝負の神様などのご利益を願うのとともに四季の美しさを体験するのもおすすめの神社です。ぜひ見どころポイントもチェックして行きましょう。

おすすめの見どころ(1) 正参道

秋保神社に参拝するときにまず通る正参道ですが、ここには「勝負の神」と書かれたのぼりがたくさん立てられています。こののぼりはだれでも奉納することができるもので、ずらりと並んだのぼりを見ていると、それだけでも勝負の神様がいるような気分になります。

勝負の神というと、戦国時代などのいくさの時を連想する方が多いのではないでしょうか。実際戦争の時などは戦争に「勝つ」ということが多かったようですが、現在ではスポーツ選手なども多く参拝するそうです。

また、近年では人生そのものが「勝負」ということで、受験の必勝祈願や商売繁盛などのご利益を願い参拝する方も多いそうです。なにか勝負の神の力を得たい時に秋保神社に行くと、行くだけでそのパワーを感じ取れるかもしれません。

おすすめの見どころ(2) 桜

仙台には人気の桜の名所も多くあるのですが、秋保神社は特に桜の名所として人気の場所ではありません。しかし秋保神社にある桜は、鑑賞するためのものというよりもご利益がある桜の木として人気となっています。

秋保神社の桜は樹齢300年と言われるしだれ桜で、「開運桜」と言われています。それはこの桜におみくじを結ぶと言われているためで、桜の木の根元のあたりにはおみくじを結ぶ場所が設置されています。

秋保神社がある仙台は桜の時期が東京などより少し遅めで、さらに仙台中心部よりも遅れて咲くと言われます。秋保にも桜が美しいところは多いので、東京が咲き始めたら開花状況をチェックして行ってみることをおすすめします。

おすすめの見どころ(3) 子宝和合の神

先ほど、「子宝和合の神」という柿の木があり、子宝のご利益があると述べました。この「子宝和合の神」は近くで見るととても変わった形をしており、「奇木」という言葉がぴったりです。

この真ん中にある丸い部分をなでると子宝のご利益があると言われており、ご利益を願う方が多く訪れています。見た瞬間、ちょっと驚くかもしれませんが、自然に見つかったものだそうなので、ぜひご利益を願う方はこちらも参拝することをおすすめします。

「秋保神社」のお守り

このようにさまざまなご利益がある秋保神社ですが、せっかく参拝し、ご利益を願ったのであれば、お守りなどの授与品をいただいて、常にお守りいただくのもおすすめです。そこで秋保神社で授与していただけるお守りについて、その種類やおすすめポイントを紹介します。

勝負守や縁結びの守など多彩

秋保神社にはさまざまな種類のお守りがあります。勝負の神ということで、勝負運のお守りは種類が多く、一般的なお守りの形のもののほかに、新勝守というタイプのものもあります。また初詣の時期など限定で授与される新春限定勝守などもあります。

また、子育てをしている方におすすめのお守りとしては、子育て災難除け銀杏守がおすすめです。このお守りには先ほど紹介した御神木の銀杏の実の殻が使われており、中に赤ちゃんが入っているデザインもかわいらしいと人気となっています。

良縁を願う方には桜咲く鈴音守りがおすすめです。これは満開の桜のように縁が花開くことを願って作られたもので、ピンクを基調としたかわいらしいお守りとなっています。良縁ということで女性がお守りとして身につけやすいタイプとなっており、こちらも人気です。

「秋保神社」の御朱印と御朱印帳

次に秋保神社の御朱印情報について紹介します。お寺や神社に参拝し、御朱印をいただいてくることを楽しみにしている方も多いようで、寺社の方でもその寺社にちなんだデザインの御朱印を用意している方も多く、人気が高まっています。秋保神社の御朱印と御朱印帳はどのようなものでしょうか。

御朱印

まずは秋保神社で授与していただくことができる御朱印です。秋保神社では、通常の御朱印と期間限定の御朱印があり、さらに通常の御朱印は奇数月と偶数月でデザインが違います。通常の御朱印は揮毫は同じですが、中央に捺される御朱印のデザインが違います。

期間限定御朱印には大きく分けて3種類があります。まず毎月1日と縁日である15日にいただける御朱印ですが、見開きタイプになっており、神使である鹿と四季の花などがデザインされています。また毎月第4日曜日は悪運斬り勝運抜刀のデザインの御朱印が授与され、奇数月と偶数月でデザインが違う見開きタイプとなっています。

さらに季節限定の御朱印は、それぞれの四季に合わせて授与される御朱印です。この御朱印はなんと天然の檜で作った紙に書かれたもので、季節の花と鳳凰がデザインされています。紙が違うことでわかるように、書置きのみで数量限定となっており、人気です。

御朱印帳

次に秋保神社のオリジナル御朱印帳です。御朱印帳を持っていなかったり、またせっかく参拝に来たのだからオリジナル御朱印帳を授与していただきたいという方も多いでしょう。秋保神社にはオリジナルのものがあるので、紹介しましょう。

秋保神社のオリジナル御朱印帳は色違いで2種類です。紺の地と白の地のものがあり、それに秋保神社の正参道と本殿、御神木が金でデザインされたものとなっています。全体に落ち着きがあるデザインであり、男女問わず持ちやすいということで人気の御朱印帳となっています。

「秋保神社」の基本情報とアクセス

それでは、仙台の秋保神社の基本情報について紹介しましょう。秋保信者には見どころも多く、ご利益もあるため、参拝に行きたいという方も多いのではないでしょうか。そこで秋保神社までのアクセスと、参拝できる時間、そして御朱印などを授与していただける時間などについて確認します。

基本情報

仙台の秋保神社で参拝ができる時間ですが、社務所が開いているのは9時から17時までとなっています。社務所が開いている時間帯ということで、御朱印やお守りを授与していただくのもこの時間帯となります。

ただ、社務の予定などによっては、この時間帯でも御朱印を直書きできない場合もあるそうなので、気になる方は前もって電話などで確認しておくと安心かもしれません。また限定御朱印の場合は混雑することもありますので、余裕を持って行くことをおすすめします。

また、厄除けなど特別な祈祷を願う場合は毎日9時から16時までで予約制となっているそうです。直接秋保神社に行くか、もしくは電話やメール、FAXなどで予約をしてほしいということでした。

アクセス

次に秋保神社へのアクセスです。先ほど述べたように、秋保神社は仙台市太白区秋保町にあります。ちょうど秋保郷とよばれる中心に位置しているのですが、仙台市内からは少し距離があります。

公共交通機関を利用する場合ですが、JR「仙台」駅、「愛子」駅からバスを利用してのアクセスとなります。仙台駅からは西口パスプール8番「秋保大滝」行、愛子駅からは「上の原」行、「野尻町北」行、「二口」行で「秋保神社前」下車です。本数が少ないので、時間の確認をおすすめします。

車の場合は東北自動車道「仙台南」ICが最寄りとなり、そこから約20分でアクセスできます。秋保神社までには紫の案内看板があるため、それを確認して行くとよいでしょう。大型バスも停められる約50台分の駐車場があります。

「秋保神社」の周辺観光スポット

最後に、秋保神社に参拝した際におすすめの周辺観光スポットです。最初のほうで述べたように、秋保神社は有名な仙台日本三名湯の一つ、秋保温泉の近くにあります。ですからまずは秋保温泉でのんびりと過ごすというのがおすすめです。

また、「仙台秋保醸造所」は東日本大震災を契機に、地域産業を底上げするという目的で2015年にオープンしたワイナリーです。まだ生産数はあまり多くないこともあって、ワイナリー内にあるカフェで味わうことになりますが、シードルなどは購入もできます。

また、「ギャラリー石神窯」は陶芸体験ができる窯であり、しかも本格的な体験ができるということで人気です。奥州秋保焼という美しい陶芸作品は、日常的に使えるものなども多いので、指導を受けながら世界に一つの作品作りを楽しんではいかがでしょうか。

Thumb秋保で観光におすすめのスポット21選!外せない定番の名所から穴場まで!
宮城で人気の観光スポット「秋保」で、定番から穴場までおすすめのスポットを21ヶ所ご紹介します...

人気のパワースポット「秋保神社」へ参拝してみよう!

古い歴史を持ち、勝負の神様として知られた秋保神社は、有名スポーツ選手なども参拝したということで崇敬を集めています。仙台の観光スポットである秋保温泉からも近く、温泉と共に観光を楽しみたいという方にもぴったりです。ぜひ秋保神社に参拝してそのご利益をいただいてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ