横浜イカセンターで新鮮な活烏賊を堪能!ランチなど人気のメニューは?

横浜にある横浜イカセンターでは、新鮮な活烏賊(イカ)料理を味わうことができます。ここでは、横浜イカセンターについて紹介します。お店の人気の理由やおすすめのメニュー、ランチ利用などについて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 横浜イカセンターで新鮮な活烏賊を堪能!ランチなど人気のメニューは?のイメージ

目次

  1. 1【横浜】「横浜イカセンター」とは?
  2. 2「横浜イカセンター」が人気の理由
  3. 3「横浜イカセンター」のおすすめメニュー
  4. 4「横浜イカセンター」の土日限定のランチ利用もおすすめ
  5. 5「横浜イカセンター」の予約
  6. 6「横浜イカセンター」の口コミ
  7. 7「横浜イカセンター」の店舗情報とアクセス
  8. 8「横浜イカセンター」の西口本店ってあるの?
  9. 9「横浜イカセンター」で美味しいイカを食べよう!

【横浜】「横浜イカセンター」とは?

数多くある海産物の中で、イカが好きな人はたくさんいるのではないでしょうか。イカが好きな人におすすめしたいのが横浜イカセンターです。イカセンターといういかにも美味しいイカが味わえそうなイメージを与えてくれる店名になっています。横浜イカセンターのことを知ってもらい、新鮮で美味しいイカ料理をしっかり味わってください。

「横浜イカセンター」が人気の理由

横浜イカセンターの理由を紹介します。横浜イカセンターは多くの人から人気を集めていますが、どうして人気があるのか考えられることを紹介します。人気の理由を知ってもらうと、お店の魅力を知ってもらうことにもつながるはずです。行ったことがないお店に行きたいと思うのは、魅力を感じてもらえるからなので、ぜひ参考にしてください。

人気の理由(1) 多彩な海鮮メニュー

横浜イカセンターでは多彩な海鮮メニューを味わうことができます。多彩な海鮮メニューが味わえるのは、横浜イカセンターでは、豊富な種類の魚介類が獲れる船形漁港から毎朝届けられます。自社配送で届けられるシステムが出来上がっています。このシステムが出来たことにより、新鮮な魚介類を漁港から直接買い入れられます。

自社配送のシステムがあるメリットは、中央市場を通さなくても良いことです。そのため、お店に入るまでの流通ルートが極めてシンプルになり、よりお値打ちにお客さんに提供できるようになります。お客側としてはメリットばかりでしょう。

横浜イカセンターを訪れたら、多彩な海鮮メニューをぜひ味わってください。後ほど紹介するおすすめのメニューも参考にしてください。

人気の理由(2) 新鮮なイカ

横浜イカセンターで大人気なのが新鮮なイカ料理を味わえる点です。新鮮なイカは船形漁港からだけではなく、全国から仕入れられるシステムが出来ています。お店の名前にもなっているように、新鮮なイカがなければ、横浜イカセンターの人気は成り立ちません。毎日最高のイカを仕入ているので、ぜひ期待してください。

新鮮なイカの味は、味わえそうでなかなか味わうことができません。横浜イカセンターでイカメニューを味わうと、今までのイカのイメージががらりと変わるという人もいます。イカの種類は時期によっても変わるので、いろいろなイカが楽しめます。

横浜イカセンターでは、その日に提供できる最高のイカを味わってもらうようになっています。最高のイカの味を楽しみましょう。

「横浜イカセンター」のおすすめメニュー

横浜イカセンターのおすすめメニューを紹介します。横浜イカセンターでは数多くのメニューを提供していますが、その中でおすすめしたいメニューを知っておきましょう。ここで紹介するメニューは、とても人気があるものばかりなので、どれにしようか迷ったら、ここで紹介したメニューを注文してもらうと良いかもしれません。

横浜イカセンターを訪れたら、数多くのメニューを注文してもらいたいです。多種類のメニューを味わってもらうことによって、よりお店の良さを感じてもらえるはずです。

おすすめメニュー(1) 活き烏賊のお造り

活き烏賊のお造りは、横浜イカセンターの看板メニューと言える存在です。イカの美味しさを最も味わえるのは、新鮮なうちに味わうことです。このメニューは新鮮なイカをそのまま刺身にしたものです。提供された時には透明な状態で出てきますが、通常ではなかなか見られない姿です。透明なイカのお造りは相当新鮮なことを意味しています。

締めてから5分くらい経つと、白くなってくるので、透明で味わえる時間はごくわずかと言えます。新鮮なイカの食感をぜひ多くの人におすすめしたいです。透明なイカのお造りは、イカによほど力を入れていないとできないメニューと言えます。

どんな種類のイカのお造りが味わえるかは、日や時間や人数によっても異なります。横浜イカセンターの看板メニューは間違いなくおすすめです。

おすすめメニュー(2) 刺身盛合わせ(極盛)

刺身盛り合わせ(極盛)は、様々な種類の新鮮な魚の刺身を味わえます。横浜イカセンターではイカだけでなく、様々な魚介類の料理が味わえますが、新鮮な魚の美味しさがよりわかるのは、やはり刺身でしょう。極盛という名前にふさわしい極上の刺身の味を楽しんでもらえます。まずは、見た目の豪華さに注目してください。

料理は舌だけでなく、目でも楽しむことになります。見た目が豪華であれば、より美味しく感じられるに違いありません。刺身をしっかりと見てもらったら、次は実際に味わってみましょう。新鮮な海鮮の味は普段なかなか味わえない最高の味であるはずです。

刺身盛り合わせと活き烏賊のお造りの両方を味わう人もたくさんいます。豪華で新鮮で美味しい刺身の味をぜひ堪能してください。

おすすめメニュー(3) 金目鯛の煮付け

金目鯛の煮付けは、伊豆半島の名物料理として特に知られています。金目鯛は高級品として知られており、金目鯛がよく獲れるところでなければなかなか味わうことができません。船形漁港で獲れる金目鯛は特級品と言われています。そのため横浜イカセンターで味わえる金目鯛の煮付けも極上メニューということになります。

前述したように、自社の流通システムがしっかりと確立されているため、特級品の金目鯛の煮付けがお値打ちな料金で味わうことができます。煮汁の味を吸い込んだ金目鯛の味は極上品にふさわしいものです。脂がしっかりとのった金目鯛の味は最高でしょう。

金目鯛の煮付けの汁はご飯と一緒に味わっても最高です。最初から最後まで悔いがないように味わってください。

おすすめメニュー(4) イカリングフライ

イカリングフライは、お馴染みのイカ料理と言えます。イカリングフライを今まで何度も食べたことがある人も、横浜イカセンターで食べるイカリングフライをぜひ味わってもらいたいです。相当新鮮なイカを使用したイカリングフライの味は、今までと違ったものと感じられるかもしれません。とにかく柔らかいのが一番の人気ポイントです。

イカリングフライは食べるととても固いというイメージを持っている人もいるかもしれません。食べるとふわっとしているイカリングフライはなかなかありません。極上のイカで作られたイカリングフライは、間違いなくおすすめです。

横浜イカセンターは自家製タルタルソースと一緒に味わってください。アルコールのおつまみにもピッタリの一品です。

おすすめメニュー(5) 天然地魚の焼き物(エンザラの塩焼き)

天然地魚の焼き物では、エンザラの焼き物がおすすめです。エンザラの正式名称は、クロシビカマスと言います。エンザラという名前は南房総地方での通称となっています。エンザラを扱っているお店は全国的にもなかなかなく、南房総地方や相模湾周辺限定となっています。それだけに知らない人もたくさんいるのではないでしょうか。

エンザラは塩焼きにすると最高の味わいが楽しめます。骨が多いので、食べづらいと思われるかもしれませんが、その美味しさはぜひおすすめしたいです。天然地魚の焼き物は毎回違った魚を味わえるため、エンザラの焼き物は絶対に味わえるわけではありません。

どの天然地魚の焼き物がでも、新鮮な魚であることは間違いないため、食べる価値はあります。焼き魚ファンは見逃せません。

「横浜イカセンター」の土日限定のランチ利用もおすすめ

横浜イカセンターでは、土日祝限定でランチタイムからの営業をしています。美味しい魚介料理をランチタイムから味わえるのは最高でしょう。土日祝は昼から美味しい物を食べたい人がたくさんいて、ランチタイムから行きたいと思う人も多くなるはずです。アルコールを飲まない人は、ディナーよりもランチに利用したいと思う人もいるでしょう。

横浜イカセンターでは平日はランチタイムの営業をしていないため、土日祝のランチ利用はちょっと贅沢な気持ちを味わってもらえるのではないでしょうか。ランチタイムから横浜イカセンターで美味しい料理を食べて、充実の時間を満喫してください。

ランチ利用ができるメリットは、より多くの人に横浜イカセンターでの美味しいメニューを味わってもらえることなので、ぜひメリットを有効活用しましょう。

「横浜イカセンター」の予約

横浜イカセンターの予約方法を紹介します。確実に席を確保してもらうために、事前に予約すると良いでしょう。横浜イカセンターの予約は、公式ホームページから行うことができます。店舗情報で横浜イカセンターの情報を表示すると、画面右下に「ご予約」という文字が出てきます。ここを選択すると、予約できる画面に進めます。

「ご予約」を選択すると、店舗選択画面が出てくるので、横浜イカセンターを選択します。その次の画面で、予約に関する注意事項が表示されます。注意事項を確認できたら、同意するにチェックして、予約画面に進みましょう。

予約条件や要望・質問を入力するなどして、予約を進めてください。簡単に予約することができるので、ぜひ活用してください。

「横浜イカセンター」の口コミ

横浜イカセンターの口コミを紹介します。お店の看板であるイカに関する口コミが目立ちます。見た目が透明になっているイカのお造りは見たことがなかったという声があります。透明なイカのお造りは、よほど新鮮でなければ見ることができないため、とても貴重な時間だったと感じている声もありました。

たくさんの魚介類を取り扱っているので、魚が好きな人には間違いなくおすすめできるお店だと感じたという声もありました。海鮮居酒屋としての役割も担っており、アルコールメニューとの相性も良いと言えます。

口コミを見ていると、新鮮な魚介類が好きな人が数多くいることがわかります。横浜イカセンターのようなお店はこれからも人気を集め続けることでしょう。

「横浜イカセンター」の店舗情報とアクセス

横浜イカセンターの店舗情報とアクセス方法を紹介します。横浜イカセンターの魅力やおすすめメニューなどについて知ってもらったら、お店の基本的な情報を頭に入れておきましょう。店舗情報では定休日や営業時間、アクセス方法では電車でのアクセス・車でのアクセス方法を紹介します。

店舗情報

横浜イカセンターの店舗情報を紹介します。お店の席数は60席で、定休日は基本的に年中無休です。営業時間は平日が17時30分から23時30分、土日祝はランチタイムからの利用ができ12時から23時30分(日祝は22時30分)となっています。個室は完備していませんが、大人数集まればお店の貸切に対応することもあります。

支払いは現金の他にクレジットカードの利用もできますが、電子マネーの使用はできません。店内には水槽があり、新鮮な魚介類が泳いでいる姿を見ることもできます。

住所 神奈川県横浜市西区南幸2-8-21 板場ビル3F
電話番号 045-620-9986

アクセス

横浜イカセンターへのアクセス方法を紹介します。まずは電車でのアクセス方法です。お店への最寄り駅は横浜駅です。横浜駅西口を出てもらい、徒歩3分くらいでアクセスできます。横浜駅はJR・京急・東急・相鉄などが走っており、横浜の玄関口となっている駅です。駅から近いところにあるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

車でのアクセス方法です。最寄りのインターは首都高速神奈川2号三ッ沢線の横浜駅西口出口です。インターから10分くらいで行くことができます。首都高速の出口が近くにあることもメリットと嬉しい点ではないでしょうか。

「横浜イカセンター」の西口本店ってあるの?

横浜イカセンターを調べると西口本店という表記が出てきます。横浜イカセンターを運営しているイカセンターの店舗情報を見ると、西口本店という表記はありません。あるグルメ情報サイトを見ると、横浜駅西口本店となっています。横浜駅西口本店は、公式ホームページの横浜イカセンターと同じとなっています。

西口本店は公式ホームページには表記されていないため、西口本店は正式名称ではないでしょう。かつては横浜赤レンガ倉庫にも店舗があったので、西口本店という名称が使われているかもしれません。たしかに、西口本店という名にふさわしく、現在の店舗は横浜駅西口の近くにあります。

正式には西口本店というお店はありませんが、グルメ情報サイトに西口本店と掲載されていれば、横浜イカセンターを意味していると認識しておきましょう。

横浜イカセンターのことを調べる人のために、公式ホームページと同じく西口本店という文言を外した方が混乱を防げるかもしれません。

「横浜イカセンター」で美味しいイカを食べよう!

横浜にある横浜イカセンターについて紹介しましたが、興味を少しでも持ってもらえたならば幸いです。新鮮で美味しいイカが味わえるのはもちろんのこと、イカ以外の魚介類もしっかりと味わってもらえます。横浜にいながら、港町で味わえるような新鮮な魚介類が楽しめるシステムが出来ているので、最高の魚介類の味を堪能してください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ