業務スーパーの牛すじの味や値段は?おすすめの使い方も詳しく紹介!

安い値段で購入する事ができるので人気の業務スーパーで、今注目を集めているのが牛すじ。色々な使い方がある牛すじになりますが、味や値段だけではなくおすすめの使い方までを調査しましたので詳しく紹介します。業務スーパーで買い物をする時には参考にしてください。

業務スーパーの牛すじの味や値段は?おすすめの使い方も詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1業務スーパーの牛すじは節約生活のお供
  2. 2業務スーパーの牛すじの値段
  3. 3業務スーパーの牛すじの味
  4. 4業務スーパーの牛すじの上手な使い方
  5. 5業務スーパーの牛すじを使った簡単レシピ
  6. 6簡単に調理するだけの牛すじ商品も人気
  7. 7業務スーパーの牛すじを有効活用しよう

業務スーパーの牛すじは節約生活のお供

色々な商品が安い値段で購入する事ができる業務スーパーは、一人暮らしの方でもお得に購入する事ができます。また、節約生活には欠かす事ができないのが業務スーパーになりますので、値段を重視するなら断然に業務スーパーで購入するのがおすすめと言えます。

そんな、業務スーパーでおすすめなのが牛すじになります。しっかりと肉を食べた満足感も得る事ができるので、業務スーパーでは人気の商品になります。業務スーパーで購入する事ができる牛すじには、牛赤身すじ肉の冷凍やボイルすじ肉の冷凍などがあります。

業務スーパーで購入する事ができる牛すじになりますが、気になるのは値段だけではなく味や使い方になります。お得に購入しても、味が悪かったり使い方がわからないと購入したいと思えませんので、業務スーパーの牛すじの味や使い方を詳しく紹介していきます。

業務スーパーの牛すじの値段

味や使い方も気になりますが、一番気になるのが業務スーパーの牛すじの値段になります。節約におすすめの業務スーパーですから、お買い得な値段で提供してますので紹介します。業務スーパーの牛すじで一番人気がある商品が、牛赤身すじ肉の冷凍になります。

業務スーパーの牛赤身すじ肉は、オーストラリア産の牛肉を使っていて内容量は1キログラムになります。牛赤身になりますので、しっかり赤身が付いていますので牛肉感を味わう事ができます。値段は860円前後になり、特売などの場合にはさらに安くなります。

ボイルすじ肉の値段

業務スーパーには牛ボイルすじカットがあるのですが、こちらの商品はすじ肉がボイルされていて真空パック状態で売られている商品になります。牛赤身すじ肉と違って、入っているのは赤身部分が少なく固いと言われる鬼すじなども入っている商品になります。

業務スーパーで売られている牛ボイルすじカットは内容量が500グラムになりますので、牛赤身すじ肉よりは量が少なくなっています。値段は550円前後になりますので、料理するときの過程を省略したい場合には牛ボイルすじカットはおすすめの商品になります。

業務スーパーの牛すじの味

業務スーパーで売られている人気の牛すじになりますが、いくら節約価格でお得に購入する事ができても味の良し悪しは知っておきたいポイントの一つになります。もちろん使い方次第で味は変わってしまうのが食材になりますが、もともとの味も大事な要素です。

そこで、業務スーパーで購入する事ができるすじ肉についての味情報を調査しましたので紹介していきます。人気の高い業務スーパーで購入する事ができるすじ肉、まだ購入した事がない人や購入しようか検討中の方は、値段と一緒に味も参考にしてみてください。

固いお肉が好きな人におすすめ

牛すじはスネやアキレス腱などの部位になりますので、固い肉として知られています。そして、固い肉と言われていたすじ肉は、その固さや使い方から需要が少ない部位でもありました。ですが、そんなすじ肉は固い肉が好きな人には人気の部位の一つになります。

固い肉が好きな人におすすめになる牛すじになりますが、業務スーパーで購入する事ができる牛赤身すじ肉は赤身の柔らかい部分もありますので固い部分と両方を楽しむ事ができます。ですから、固いすじ肉でも食べやすい牛すじになっていておすすめになります。

固い鬼すじは希少部位

牛すじの中でも、一番固いと言われているのが鬼のような固さから名前が付いた鬼すじになります。品種を問わずに固いと言われている鬼すじは、一頭から取れる量が少ないため希少部位の一つになります。そんな鬼すじは、好き嫌いの分かれるすじ肉になります。

鬼すじは、とても固いので煮込んでも柔らかくなりづらいのが特徴になります。ですが、一番固い鬼筋は希少部位でもありますので一部の方に大人気の部位となっています。

固い鬼すじは黄色い色をしていますので、パッと見ただけでも鬼すじは見つける事ができます。業務スーパーで購入する事ができるすじ肉で鬼すじが入っているのを購入したい場合には、牛赤身すじ肉ではなく牛ボイルすじカットを購入するようにしましょう。

調理方法でお肉の旨味を引き出せる

家庭で調理するのが難しいと言われていたのが牛すじになりますが、業務スーパーで購入する事ができる冷凍のすじ肉でも、調理方法によって肉の旨味を引き出す事は可能になります。そして旨味を引き出す事ができたすじ肉は色々な使い方をする事ができます。

業務スーパーの牛すじで旨味を引き出すには、一手間かけて茹でる事になります。その過程で手を抜いてしまったらすじ肉の旨味を引き出せず固い肉になってしまう場合があります。ですから、牛すじを茹でる時には茹でこぼしをするようにするのがおすすめです。

旨味を閉じ込める茹でこぼしのやり方

旨味を閉じ込めて、牛すじを美味しくするには水の状態から牛すじを入れておくのがポイントになります。この時に入れる水の量は牛すじが隠れてしまうほど多めに入れて、沸騰してからは約1分から2分ほどでザルに開けて茹でこぼしをするようにしましょう。

この時に牛すじは流水で洗うのですが、違う鍋を利用する場合には問題ありませんが同じ鍋を使用する場合には茹でるのに使った鍋も洗うのがおすすめになります。また、牛すじもアクをしっかり落とす事が大事になりますので、全体をしっかり洗いましょう。

もう一度鍋に入れて茹でるのですが、この時も水の状態から牛すじは入れておくようにしましょう。この時に長ネギの青い部分や生姜を入れると牛すじの臭みを取る事ができます。二度目はアクを取りながら約1時間半から2時間茹でるようにするのがポイントです。

牛すじを焼いてから煮る

肉は、焼いてから煮込む事で旨味を閉じ込める事ができると言われています。特に煮込み料理にはおすすめの調理方法になるのですが、牛すじの場合には先述したように茹でる事で旨味を閉じ込めて料理に活かす事ができますので好みで利用するようにしましょう。

また、鮮度によってはアクが多いのが牛すじの特徴になりますが、焼くだけでもアクは取る事ができますので、一度焼いてから料理に使う場合には茹でこぼしの必要がありません。ですが、焼いてからの場合には牛すじの臭みが出てしまうので気を付けましょう。

業務スーパーの牛すじの上手な使い方

実際に牛すじを業務スーパーで購入した場合の使い方も、知っておきたい要素の一つになります。業務スーパーで購入した牛肉になりますが、使い方やアレンジ方法は色々あります。煮込み料理はもちろんですが、焼いて食べても美味しく食べる事ができます。

そこで、業務スーパーで購入する事ができる牛すじの使い方を紹介していきます。牛赤身すじ肉と牛ボイルすじカットのどちらの牛すじでも利用する事ができる使い方ですから、それぞれの牛すじを美味しく食べる料理方法の一つとして参考にしてみてください。

牛すじカレー

特業務スーパーの牛すじの使い方でおすすめになるのがカレーになりますが、特に牛赤身すじ肉を使った方が美味しいです。牛すじの旨味が詰まったカレーは家庭でも作りやすいメニューになり、子供から大人まで楽しむ事ができるのでおすすめの使い方になります。

カレーにする時により美味しく仕上げるポイントになりますが、二度目に生姜などと茹でた時の茹で汁を取っておくことになります。この茹で汁を冷ましておくと牛脂が取れますので具材を炒める時に使うとより美味しいカレーを作る事ができるようになります。

おでんや鍋にもピッタリ

寒い冬場には美味しくなるのがおでんや鍋料理になりますが、業務スーパーで購入できる牛すじを利用してもピッタリになります。牛赤身すじ肉の場合は、すじ肉や赤身部分の旨味もおでんや鍋のスープに混ざって美味しく作る事ができますのでおすすめです。

牛ボイルすじカットを使う場合には、事前の茹で加減によって柔らかさに違いが出てしまいます。特に鬼すじの部分は少し長めに煮込む方が食べやすくなりますので、業務スーパーの牛ボイルすじカットを使用する場合には十分に注意して気を付けましょう。

業務スーパーの牛すじを使った簡単レシピ

牛すじの使い方の一つとして、牛すじ煮込みは定番メニューになります。家庭で作ろうとしても柔く煮込む事ができずに固い牛すじの煮込みになってしまったり、臭みを感じてしまう牛すじ煮込みになってしまったりして難しいメニューの一つとも言われています。

ですが、業務スーパーで購入した牛すじでも美味しく牛すじ煮込みを作る事が可能です。ここでは、牛すじの食感を残し美味しく作る牛すじ煮込みの作り方を紹介していきます。分量は4人分になり、圧力鍋を使わないで作る方法になりますので参考にしてください。

牛すじ煮込みの作り方

牛すじ煮込みの材料は、牛すじ600グラム、ゆで卵2個、大根4分1本、人参1本、コンニャク1枚、生姜2片、長ネギの青い部分1本分、長ネギの白い部分適量になります。また、コンニャクは結びコンニャクを使用しても大丈夫ですが使用するのは5つになります。

タレの材料は、醤油大さじ6、酒大さじ3、みりん大さじ3、砂糖大さじ4、味噌大さじ2になりますので、準備しましょう。柔らかく美味しい牛すじ煮込みを作る最大のポイントは、先述した茹でこぼしやアクを取る事になりますので作る時は注意しましょう。

下茹でのポイント

先述した茹でこぼしをおこなって牛すじのアクを取るのが大事ですが、ここで大事なのがお湯が透きとおった状態になるまで繰り返し行うようにしましょう。また、牛すじを流水で洗う事や使った鍋のアクも綺麗に洗い流すのも忘れないように気を付けましょう。

下準備が一番手間がかかるのですが、ここで一手間を惜しんだら美味しい牛すじ煮込みを作る事ができなくなりますので、手間がかかりますが惜しまないでおこなってください。

アクが取れたら生姜と長ネギの青い部分を入れて茹でるのですが、先述したように2時間ほどで大丈夫です。浮いてくるアクを取りながら弱火で茹でるようにしましょう。その後、牛すじのみを他の鍋に移し変えて牛すじが浸る水を入れ弱火で約1時間煮込みます。

仕上げの煮込みかたのポイント

牛すじを煮込んでいる間に、ゆで卵を作り殻を剥いておきます。大根と人参は乱切り、長ネギは小口切り、コンニャクはスプーンを使って一口大にして下茹でをしておきましょう。煮込んでいた牛すじは一度火を止めてから、タレの材料を全部入れましょう。

また、大根、人参、ゆで卵も一緒に入れていくのですが、鍋に入れた具材がお湯に浸かっていない場合にはお湯を足して調整していくようにしてしましょう。

全て入れてから一度火をかけて煮込んでいくのですが、ここでポイントが大根に串が通るほど柔らかくなったら一度火を止めて冷まします。大根やゆで卵に味を染み込ませるには一度しっかり冷ましてしますのが大事になりますので煮込む前に冷ましましょう。

一度完全に冷ましたら、再度火にかけて煮込んでいきます。この段階でコンニャクを入れて具材の半分ほどがお湯から出るまで煮込んでいくのですが、たまに中を混ぜて上にある具材と下にある具材を入れ替えるようにしていけば出来上がりになります。

簡単に調理するだけの牛すじ商品も人気

業務スーパーで購入する事ができる牛すじには、冷凍食品や加工されている商品もあります。下準備などの手間を省く事ができますので、人気があります。特に冷凍食品はお弁当にも使う事ができますので、お得に購入する事ができると言えるでしょう。

そこで、業務スーパーで購入する事ができる牛すじの冷凍食品なども紹介していきます。簡単に料理することができますので、料理が初心者の方にもおすすめです。値段や入っている量も併せて紹介していきますので、業務スーパーで購入の参考にしてください。

牛すじコロッケ

業務スーパーでは、冷凍食品が並んでいるコーナーに置いてあるのが牛すじコロッケになります。コロッケの中に入っているのは牛すじを使ったひき肉になりますが、しっかりと牛すじの旨味があるので人気があります。

業務スーパーの牛すじコロッケは自分で揚げないといけませんが、5分から10分で大丈夫なので便利です。牛すじコロッケは、全部で10個入っていて300円になります。

牛すじ串

おでんなどの煮込み料理などで使えるのが、牛すじ串になります。串に刺さっているので、おでんや鍋の季節に人気の高い商品になります。

業務スーパーで購入できる牛すじ串は、全部で10本入っていて430円になります。値段は少し高く感じてしまうかもしれませんが、おでんなどに串で入れるのは見た目が本格的になるのでおすすめになります。

業務スーパーの牛すじを有効活用しよう

値段が安いので、食費の節約に欠かすことができない業務スーパー。その中でも牛すじは量も値段も申し分ありません。下準備の一手間を惜しまなければ、料理初心者でも簡単に作ることができますし、色々なアレンジを加えて楽しむこともできます。

また、牛赤身すじ肉は、しっかり肉を食べた満足感もありますのでおすすめになります。固い肉が苦手な人は、柔らかく煮込むことで固さを感じづに牛すじを味わうことができますので、業務スーパーに行った時には牛すじを購入してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ