業務スーパーの馬刺しは美味しい?安全性や解凍方法を分かりやすく解説!

いろいろなお店が業務で使用する食材をたくさん販売している業務スーパーですが、馬刺しが美味しいという評判があります。ここでは、業務スーパーで販売されている馬刺しについて紹介します。馬刺しの安全性や解凍方法などを紹介します。

 業務スーパーの馬刺しは美味しい?安全性や解凍方法を分かりやすく解説!のイメージ

目次

  1. 1業務スーパーで馬刺しが買える
  2. 2業務スーパーとは?
  3. 3業務スーパーで買える馬刺しの安全性
  4. 4業務スーパーで買える馬刺しの種類
  5. 5業務スーパーの馬刺しの解凍方法
  6. 6業務スーパーで買える馬刺しの美味しい食べ方
  7. 7馬刺しを取り扱っている業務スーパーの店舗
  8. 8業務スーパーの馬刺しは味もコスパも大満足

業務スーパーで馬刺しが買える

業務スーパーには様々な種類の食材が販売されていますが、その中に馬刺しがあります。業務スーパーで馬刺しというのは少々異色な印象を受ける人もいるのではないでしょうか。業務スーパーで馬刺しが販売されていることで、お店で馬刺しを提供することができるところも出てきます。業務スーパーの馬刺しについて、ぜひ知ってください。

Thumb業務スーパーの牛すじの味や値段は?おすすめの使い方も詳しく紹介!
安い値段で購入する事ができるので人気の業務スーパーで、今注目を集めているのが牛すじ。色々な使...

業務スーパーとは?

業務スーパーの馬刺しを紹介する前に、業務スーパーについて知らない人のために、どんなお店なのか紹介します。業務スーパーは、その名の通り業務で使用できる食材を販売しているお店です。料理を提供しているお店が業務スーパーの食材を使用しているケースが多く、知らないうちに業務スーパーの味を楽しんでいるはずです。

業務スーパーは業務用の食材を売っているため「店舗を営んでいる人しか利用できないのでは」と思う人もいるかもしれません。業務スーパーは一般の人も大歓迎なので、通常のスーパーマーケットと同じように利用してもらうことが可能です。

業務スーパーのおすすめポイントを紹介すると、毎日ロープライスで販売していることです。大容量の食材がとてもお値打ちな値段で販売しているので、業務で利用している人にもありがたいことでしょう。大容量の食材が中心ですが、少量で販売している商品もあります。家族がたくさんいる家庭などにも役に立つ店舗と言えます。

高品質の食材を販売していることも見逃せないポイントです。お店でそのまま提供する場合、品質が良いことが条件になります。業務スーパーで購入した食材は、とてもお客さんに美味しいと喜んでもらえると思っている人も多いのではないでしょうか。

業務スーパーは一般の人も利用でき、ロープライスで高品質の商品を販売していることを知っておきましょう。近くに業務スーパーがあるならば、ぜひ利用してください。

業務スーパーで買える馬刺しの安全性

馬刺しと聞くと、安全性が気になるという人もいるのではないでしょうか。業務スーパーで販売している馬刺しの安全性について紹介します。結論から言うと、業務スーパーの馬刺しの安全性は全く問題ありません。業務で使用できる食材なので、安全性に少しでも問題がある商品は販売できません。しっかりと安全性に配慮されています。

業務スーパーで売っている馬刺しは、馬肉の老舗企業が製造元となっています。馬肉に関してのスペシャリストなので、安全性にも最大限気を遣っています。徹底した管理のもとで仕上げられた馬刺しなので、間違いなく安全と言えます。

お店で馬刺しを味わうと、とても値段が高いというイメージを持っている人も多いでしょう。業務スーパーの馬刺しは驚くほど安く販売していることもあり、安全性を気にする人も少なからずいます。値段が安いのは業務スーパーのシステムが上手だからこそ成り立っています。馬刺しに限らず、どの商品に関しても安全性には問題ありません。

業務スーパーの馬刺しは安全性に問題ないからこそ、いろいろな食べ方が楽しめます。どんな食べ方があるかは、後ほど紹介します。安全だとわかってもらったら、業務スーパーに足を運んでもらい、馬刺しを手に入れてみましょう。

業務スーパーで買える馬刺しの種類

業務スーパーで買える馬刺しの種類を紹介します。業務スーパーで販売している馬刺しは複数の種類がありますが、それほど多くの種類が販売されているわけではありません。ここでは、業務スーパーで人気の2種類の馬刺しを紹介します。どれくらいの内容量があり、値段がいくらくらいで販売しているかなどを紹介します。

業務スーパーで馬刺しを手に入れるならば、どんな種類の商品が売っているのかを知っておく必要があります。家庭で馬刺しを食べようとしている人や、店舗でこれから馬刺しを提供しようと思っている人には必要な情報になるはずです。

国産の馬刺しを買おうとすると、かなり高額になってしまう可能性があります。高い値段になってしまうと、業務スーパーのコンセプトとは合わなくなってしまいます。いかに安く、高品質の商品を提供するかが業務スーパーのコンセプトなので、国産では厳しくなってしまいます。しかし、他の国の馬刺しでも十分美味しいと思ってもらえるでしょう。

日本には馬刺しをウリにしている地域がありますが、それ以外の地域の人は馬肉を味わう機会は多くはないかもしれません。馬刺しが美味しいことを知ってもらうためには、手軽に美味しい馬肉が食べられることが重要になってきます。

馬肉をたくさん食べている地域以外でも、馬刺しが手軽に味わえることを知っておきましょう。どんな商品が販売しているのか知ってください。

カナダ産馬肉(生食用)ロース

カナダ産馬肉(生食用)ロースは、かたまりの状態で販売されています。かたまりで売られているので、好きな大きさにカットして使用してもらえます。馬肉のロースは赤身の柔らかさと滑らかな口当たりを楽しむことができます。味はほんのりと甘みが感じられます。あっさりとした味になっているため、とても食べやすいと言えます。

カナダ産馬肉(生食用)ロースは100グラムあたり税込559円くらいで販売されています。かたまりで販売されているため、内容量は商品によって違いがあります。真空パックになっており、冷凍状態で販売されています。

好きな大きさにカットできるため、様々な活用方法が考えられます。定番の馬刺しの味わい方でも良いですし、自分なりのアレンジを加えて楽しむのも良いです。馬肉は臭みがあるのではないかと思われる人もいるかもしれませんが、この商品には臭みは感じられません。安全性が高いだけでなく、とても品質が良いことも良いです。

品質が良いため、飲食店などで提供してもお客さんに美味しいと喜んでもらえるはずです。お店で食べた人は業務スーパーで手に入れた馬肉とは思わないでしょう。カナダ産の馬肉の味を多くの人に試してもらいたいです。

カナダ産馬肉 冷凍赤身細切り(生食用)

カナダ産馬肉 冷凍赤身細切り(生食用)は「きざみ」とも呼ばれています。細切りになっているので、きざみと呼ぶのはわかりやすいです。もともと細切りになっているので、そのまま袋から出して味わうことができるのがポイントです。袋から出して、簡単に盛り付けられるので、すぐに食べたいという人にはおすすめの商品です。

カナダ産馬肉 冷凍赤身細切り(生食用)の内容量は50グラムで、税込267円くらいで販売されています。馬刺しの値段にしては相当安いと言えるでしょう。50グラムの量なので、食べきりサイズとして利用してもらうのもおすすめです。

業務スーパーではいろいろな肉が冷凍状態で販売されていることを目にできます。じっくりと見てもらうと、馬刺しが販売されていることがわかりますが、ざっくりと見ただけは馬刺しを見逃してしまう可能性があります。大容量の肉が多い中で、この商品は正直目立ちづらいです。どこにこの商品が売っているのかしっかりチェックしましょう。

細切りになっているメリットをしっかりと活かして利用してください。お店で馬刺しを提供しているところにとっても、もともとカットされているのは便利でしょう。50グラムの容量なので、一度に複数購入してもらうのもおすすめです。

カナダ産馬肉(生食用)ロースと比べて、リーズナブルな値段で販売しているため、気軽に馬刺しを楽しみたい人におすすめです。

業務スーパーの馬刺しの解凍方法

業務スーパーで販売されている馬刺しは冷凍してあります。ここでは、馬刺しの上手な解凍方法について紹介します。解凍方法を知っておけば、安心して馬刺しを楽しんでもらえます。解凍方法は決して難しくはないので、安心してください。

ロースの場合は、冷凍の馬刺しを出したら、ボールに真空パックのまま入れてください。ボールに氷を入れて、常温で1時間くらい置いて解凍します。パックから出した時に完全に解凍し終わっていないことに気づいた場合は、スライスしたものをラップに包んで冷凍庫に入れましょう。基本的にこれだけの手順で解凍ができるので、とても簡単です。

すぐに解凍をして味わいたい場合には、ボールに真空パックのまま馬刺しを入れて、水を馬刺しが完全に浸かるまで入れましょう。常温で30分くらい置けば解凍が完了します。完全に解凍しきっていない場合には、前述した方法で再冷凍してください。

細切り(きざみ)の場合は、冷蔵庫にパックのまま入れて一晩入れて解凍します。冷蔵庫に入れておくだけで解凍できるので、水や氷は必要としません。もしも、すぐに解凍して食べたい場合には、ボールに真空パックのまま入れて、流水で6分から7分かけて解凍する方法もあります。解凍できたら、すぐにパックから出して盛り付けられます。

ロース・細切りの場合では、解凍方法が異なっているので、商品にあった解凍をしてください。難しい方法ではないことをわかってもらえたでしょう。

業務スーパーで買える馬刺しの美味しい食べ方

業務スーパーの馬刺しの美味しい食べ方を紹介します。業務スーパーの馬刺しはどのように食べても美味しく味わえるので、ここで紹介する食べ方はあくまで一例です。馬肉をよく食べる地域であれば、この他にもいろいろな食べ方をしているはずです。業務スーパーの馬肉は高品質なので、どんな食べ方にも活用できるのが良いです。

生で食べても、火を通しても美味しく味わえることを知っておきましょう。ここで紹介する食べ方は、作り始めてからすぐに食べられる方法もあります。業務スーパーで馬刺しを購入して、どうやって食べたら良いのかわからない時の参考にしてください。

業務スーパーで購入できる材料を利用して馬肉料理を作ってもらうのもおすすめです。業務スーパーにはいろいろな野菜や調味料が売っているため、馬肉料理を作る時に役立ててもらえるはずです。業務スーパーの調味料は飲食店を営んでいる人も使用しているので、プロの味が自分の家庭で作れると言っても過言ではありません。

業務スーパーの馬刺しの美味しい食べ方を実践できれば、今まで馬肉をほとんど食べてこなかった人でも、これからどんどん食べてみようと思ってもらえるでしょう。まずは、いろいろな食べ方を試してもらうのが一番です。

馬刺しユッケ

馬刺しユッケは馬肉の美味しさがしっかりと感じられる食べ方です。材料は業務スーパーの馬刺しの細切り・りんご・キュウリ・しょうゆ・コチュジャン・ゴマ油・白ごま・すりおろしのニンニク・卵黄・糸唐辛子です。

まずは材料の下ごしらえです。りんごとキュウリは業務スーパーの馬刺しに合わせて、細切りにしておきましょう。ボウルに調味料を入れて混ぜ合わせます。馬刺しとりんごをボウルに入れて、調味料の味がよく染み込むように混ぜ合わせましょう。皿に細切りにしたキュウリを敷き詰めて、その上に調味料と混ぜ合わせた馬刺しを乗せます。

最後に卵黄と糸唐辛子を上に乗せれば、馬刺しユッケの完成です。材料を混ぜ合わせるだけで良いので、料理が苦手な人にもおすすめの食べ方です。肉を生で味わうユッケは、よほど肉質が良くなければできない食べ方です。業務スーパーの馬刺しが品質が良いので、ユッケにして味わっても良いのです。とても美味しい味に仕上がるでしょう。

馬刺しユッケは前菜に登場させても良いですし、アルコールのおつまみとして味わってもらうのも、とても美味しいです。やや辛めの調味料とりんごと混ぜ合わせることによって、甘みをプラスさせた馬刺しの味はクセになる食べ方になるでしょう。

馬刺しをオーソドックスに味わってもらうならば、馬刺しユッケにして食べることをおすすめします。

馬肉のたたき

馬肉のたたきを紹介します。高知県のご当地料理である「カツオのたたき」の馬肉バージョンと思ってください。材料は業務スーパーの馬刺しのロース・バター・塩・こしょう・玉ねぎ・ネギ・しょうが・大葉・レモンです。

まずは材料の下ごしらえからで、玉ねぎは薄切りにスライスしてもらい、ネギは小口切りにし、レモンは半月切りにしておきましょう。馬刺しはかたまりのままで大丈夫です。かたまりの馬刺しに塩・こしょうを振ります。材料の下ごしらえができたら、フライパンにバターを入れて温めておきましょう。

フライパンに馬刺しを入れて、全面をしっかりと焼いてください。焼いた馬刺しは冷蔵庫に入れましょう。冷蔵庫から馬刺しを取り出したら、食べやすい大きさに切りましょう。皿に食べやすく切られた馬刺しと玉ねぎ・大葉・レモンを乗せましょう。最後に薬味とポン酢を添えれば完成です。これもそれほど難しい作り方ではありません。

かたまりのまま焼いた馬刺しの中の赤身の色に注目してください。外をしっかりと焼いているので、中と外の色の違いがはっきりします。焼いた馬肉の味は、噛めば噛むほど味が出てくるでしょう。ポン酢やレモン、玉ねぎ・大葉といった野菜も活躍します。

馬肉のたたきも業務スーパーの馬刺しの味がしっかりと楽しめる食べ方と言えます。夏の暑い時、食欲が落ちた時でも食べやすい一品です。

さくら鍋

さくら鍋は寒い季節にぴったりの食べ方です。さくら鍋の作り方は人によって違ったりしますが、ここで紹介する方法は一例として知ってください。材料は業務スーパーの馬刺しのロース・しらたき・キャベツ・ごぼう・豆腐・長ねぎ・味噌・みりん・日本酒・砂糖・醤油です。鍋料理なので、好きな材料で楽しんでください。

鍋を用意して食べやすい大きさに切った馬刺しを炒めます。馬刺しを入れたら、次にごぼうを炒めてください。馬刺しは炒めすぎてしまうと、硬くなってしまうので注意してください。材料を炒めたら、次に調味料を入れていきます。

最後にキャベツを入れることを考慮して、濃いめの味付けにしておくと良いでしょう。調味料を入れて、少し煮込んだら、キャベツ・しらたき・長ねぎ・豆腐を入れて、さらに煮込みましょう。馬肉を食べてみて、硬く感じられなければ完成です。生でも美味しい業務スーパーの馬刺しをしっかりと煮込んでも最高の味が楽しめます。

鍋を作る時に材料を入れる順番がありますが、たとえ間違ってしまっても、問題なく美味しい味が楽しめるはずです。鍋は一人でも美味しく食べられますし、たくさんの人数でワイワイ言いながら食べても美味しいでしょう。

しっかりと煮込まれた業務スーパーの馬肉の味を堪能してください。さくら鍋を食べたことがない人には、ぜひおすすめしたい食べ方です。

馬肉のにんにく炒め

馬肉のにんにく炒めも美味しい食べ方の1つです。材料は業務スーパーの馬刺し(ロースでも細切りでも可)・玉ねぎ・しめじ・にんにく・酒・しょうゆ・はちみつ・ゴマ油・鶏がらスープの素です。まずは、馬刺しを食べやすい大きさにカットしていきます。細切りであれば、もともとカットされているので、そのままでも大丈夫です。

玉ねぎは食べやすい大きさにカットしておきましょう。カットした肉と調味料を混ぜ合わせます。混ぜ合わせた物はしっかりと味を染み込ますために3時間から4時間くらい置いておきましょう。肉と調味料が混ざったら、フライパンで焼いていきます。

フライパンにごま油を敷き、まずは玉ねぎを炒めましょう。しんなりとしてきたら、肉を入れます。しっかりと火が通ったら、最後にしめじを加えて炒めていきます。味見して大丈夫であれば完成です。この食べ方は肉と調味料がしっかりと馴染むように3時間から4時間置くことが重要になってきます。

あらかじめ馬肉のにんにく炒めを作ることを決めた場合には、下準備を早めにしておくことをおすすめします。それさえしておけば、後は難しい工程はありません。にんにくの味が染み込んだ、馬肉の味はスタミナがつきそうな感じがします。

ご飯とよく合う食べ方なので、おかずの一品におすすめします。他の馬肉の食べ方をして、余った場合にこの食べ方を実践してもらうのも良いです。

馬刺しを取り扱っている業務スーパーの店舗

日本全国に展開している業務スーパーの店舗では、どの店舗でも馬刺しを販売しているわけではありません。馬刺しを販売している業務スーパーの店舗前には「馬肉販売始めました」という幟が立てられます。馬肉販売を始めて長い期間経った店舗だと、幟が出ていない可能性があります。業務スーパーに行ったら、まずは幟をチェックしましょう。

幟が立ってない業務スーパーの店舗だと、馬刺しが売っていない可能性があります。しかし、幟がなくても馬刺しを販売している店舗もあるので、一度店舗の中に入って、自分の目で確かめてもらうことをおすすめします。

業務スーパーの店舗の中にいる店員さんに尋ねてみるのが早いかもしれません。店舗のスタッフであれば、馬刺しを取り扱っているか教えてくれます。業務スーパーで馬刺しが人気を集めていますが、どこの店舗でも手に入るわけではないことを頭に入れておきましょう。もしなかったら、可能ならば違う業務スーパーの店舗に足を運んでください。

業務スーパーの店舗の大きさは一律ではなく、小規模の店舗もあります。そのため、販売されている商品はどこも同じというわけではありません。まずは、馬刺しが売っているか確認することが第一歩です。

業務スーパーの馬刺しは味もコスパも大満足

業務スーパーの馬刺しについて紹介しましたが、馬刺しが食べたくなったと思ってもらえたならば幸いです。馬刺しは高価な食材と言えますが、業務スーパーならば十分手が届きやすい値段で手に入ります。安全で美味しい業務スーパーの馬刺しを購入してもらい、食事のバリエーションを増やしてもらうことに役立ててもらいたいです。

関連記事

Original
この記事のライター
ベロニカ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ