東十条・草月のどら焼き「黒松」が大人気で連日行列必至!値段や賞味期限は?

東京の三大どら焼きとして知られる東十条の黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」。美味しいと人気のどら焼きで、たくさんの人が買い求めに訪れています。本記事では、東十条の黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」の値段や賞味期限、そして、他のおすすめメニューをご紹介します。

東十条・草月のどら焼き「黒松」が大人気で連日行列必至!値段や賞味期限は?のイメージ

目次

  1. 1【東十条】黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」を大特集!
  2. 2【東十条】黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」とは?
  3. 3【東十条】どら焼きで人気の黒松本舗 草月の外観と内観
  4. 4【東十条】黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」が人気の理由
  5. 5【東十条】黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」の値段
  6. 6【東十条】黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」の賞味期限
  7. 7【東十条】黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」の予約
  8. 8【東十条】黒松本舗 草月のおすすめメニュー
  9. 9【東十条】黒松本舗 草月の口コミ
  10. 10【東十条】黒松本舗 草月の店舗情報とアクセス
  11. 11美味しいと人気の黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」を購入してみよう!

【東十条】黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」を大特集!

東京の北区にある東十条駅。駅周辺には、商店街があり、たくさんの飲食店があることでも有名です。そんな東十条には、美味しいグルメを堪能することができるお店がたくさん立ち並んでいることでも知られています。

幅広いジャンルのグルメを食べることができる東十条。バラエティに富んだグルメを食べることができるのですが、その中でも、メディアでも取り上げられることがある黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」。

美味しいと口コミでも人気を集めている黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」について、本記事では、その魅力について、特集してご紹介していくことにします。

Thumb東京のどら焼きおすすめランキング・トップ15!御三家と呼ばれる名店も!
みなさんは東京のどら焼きでどこがおすすめなのかご存じでしょうか。今回は東京でおすすめのどら焼...

【東十条】黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」とは?

黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」とは、どのようなどら焼きなのだろうかと思っている人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。実は、黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」は、東京の三大どら焼きと言われているのです。

東京でどら焼きの有名なお店と言うと、浅草にあるか亀十を思いうかべる人もいるでしょう。また、御徒町にあるうさぎやを思い浮かべる人もいるかもしれません。

以上の二つのどら焼きに、黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」を加えて、東京でも人気の三大どら焼きと言われているのです。どのお店も美味しいということで、このどら焼きを求めてたくさんの人が訪れています。

【東十条】どら焼きで人気の黒松本舗 草月の外観と内観

それでは、どら焼き「黒松」で有名な黒松本舗 草月について、見ていくことにしましょう。まず最初に、黒松本舗 草月の外観と内観からご紹介していくことにします。

黒松本舗 草月は、交差点の一角に立ち並んだビルにある店舗です。黒松本舗 草月の外観は、東京都内でもよく見かけるような和菓子店の外観と似ており、窓越しに店内の様子を見ることができます。

ドアを開けると黒松本舗 草月の店内の様子が目に飛び込んできます。ショーケースの中に、美味しいと人気のどら焼き「黒松」は、もちろんのこと、他の人気の黒松本舗 草月のお菓子を見かけるでしょう。

また、黒松本舗 草月の店内の壁には、著名人による直筆の色紙などが額縁に入れられて飾られています。多くの著名人が利用する人気の和菓子店となっており、黒松本舗 草月には、たくさんの人が訪れているのです。

なお、そこまで大きくない店舗なので、黒松本舗 草月へ訪れるタイミングによっては、店内に入ることができないということもあります。そのときには、順番に並んで店内に入店するようにしましょう。

【東十条】黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」が人気の理由

東十条にある黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」は、どうしてここまで人気があるのだろうかと気になっている人もいらっしゃるのではないでしょうか。どら焼き「黒松」の人気の秘訣はどういった点なのだろうかと思っている人もいることでしょう。

東京の三大どら焼きの一つとして、メディアでも取り上げられることがある黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」。実は、人気の理由として、二つのポイントが挙げられます。

一つは、黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」は、他にはないオリジナルのどら焼きであるということ、そして、もう一つは、どら焼き「黒松」が上品な味わいであるということです。それぞれについて、もう少し詳しく見ていくことにします。

他にはないオリジナルのどら焼き

他にはないオリジナルのどら焼きを食べることができるということだけれども、どら焼き「黒松」と他のどら焼きの違いは何なのだろうかと気になっている方もいることでしょう。

どら焼き「黒松」は、黒糖を使った皮に、あんこを包んでいるという、他のどら焼きとは、全く違うどら焼きなのです。通常のどら焼きの皮には、黒糖などは使われていません。

しかしながら、どら焼き「黒松」は、この黒糖を使うことによって、他のどら焼きでは真似をすることができない独特の味を作り出しています。この点が、どら焼き「黒松」が他にはないオリジナルの虎駅と言われる所以です。

上品な味わい

黒糖を使った皮のどら焼き「黒松」。実は、この黒糖の皮だけではなく、皮に包まれているあんこも独特なのです。というのも、どら焼き「黒松」のあんこは、上品な味わいで、一度食べると虜になってしまうと言われているのです。

甘さもしつこくないものの、どこか奥ゆかしい味わいのあんこを使っているどら焼き「黒松」。他では食べることができないあんこということで、たくさんのファンがいることでも有名です。

60年以上続いている老舗の黒松本舗 草月が作っている上品な味わいのあんこ。他のお店では決して真似することができないどら焼き「黒松」は、多くの人を魅了しているのです。

【東十条】黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」の値段

東十条の人気店として知られる黒松本舗 草月。黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」を求めて、たくさんの人が訪れることで有名ですが、どら焼きの値段はどのくらいなのだろうかと気になっている人もいるでしょう。

黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」の値段は、1個あたり、120円となります。1個あたりの値段も、予想以上に高くないということで、贈答品や手土産として購入する人もたくさんいらっしゃるのです。

もちろん、贈答品や手土産として、黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」を購入する場合には、どら焼きの値段だけでなく、箱や包装などの値段も必要です。箱や包装の値段は、購入する個数によって、値段が異なるので注意が必要です。

【東十条】黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」の賞味期限

黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」を手土産として、友人の自宅へ持って行こうと考えている人もたくさんいらっしゃることで有名です。同時に、今後、手土産として利用しようと考えている人にとっては、賞味期限が気になるところです。

黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」の賞味期限は、季節によって異なります。例えば、夏のお盆のシーズンなどに手土産として持参する場合は、賞味期限が二日から三日となるので注意が必要です。

一方で、黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」を冬の時期に、お土産として持って行こうと考えている人は、賞味期限が四日から五日であることを覚えておきましょう。早めに購入したいと考えている人は、この賞味期限を参考にして、購入しましょう。

【東十条】黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」の予約

手土産として、そして、贈答品として利用したいと考えている人もたくさんいるであろう黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」。そこで気になるのが、どら焼きを事前に予約をすることができるのかどうかではないでしょうか。

残念ながら、黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」では、どら焼きの予約は受け付けていません。当日に、黒松本舗 草月の店舗まで足を運んで購入する必要があるのです。

【東十条】黒松本舗 草月のおすすめメニュー

黒松本舗 草月は、どら焼き「黒松」ばかりに注目が集まっていると思われがちかもしれません。しかしながら、黒松本舗 草月には、どら焼き「黒松」以外にも、おすすめメニューがあります。

続いては、どら焼き「黒松」で人気の黒松本舗 草月にて、販売されているおすすめメニューをご紹介していくことにします。

黒松本舗 草月のおすすめメニューとして、ご紹介していくのは、『草月羊羹』と『もなか』の二つのメニューがあります。それでは、順番におすすめをご紹介します。

草月羊羹

黒松本舗 草月のおすすめメニューとして、まず最初にご紹介するのは、『草月羊羹』です。地元の人から愛されている人気の羊羹で、いつも購入するという人もたくさんいらっしゃるのです。

『草月羊羹』の味は、小倉、抹茶、柚子、大島の全部で四つです。『草月羊羹』の小倉は、人気のどら焼きである「黒松」と同じあんこを使われていることでも有名です。

どら焼き「黒松」とともに、購入する人もたくさんいる『草月羊羹』。美味しいお茶菓子として、有名なので、お茶菓子を探している人は、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

もなか

『もなか』も美味しいと人気の黒松本舗 草月。常連さんからも愛されているメニューとして知られており、時間はかかるものも出来たてを提供していることでも有名です。

黒松本舗 草月の『もなか』は、個包装となっているので、お土産にも利用しやすいと言われています。実家や祖父母の家に帰省するタイミングで、購入する人もたくさんいるのです。

どら焼き「黒松」と一緒に注文する人もたくさんいると言われているおすすめメニューの『もなか』。どら焼き「黒松」とともに、手土産として、購入してみてはいかがでしょうか。

【東十条】黒松本舗 草月の口コミ

東十条にある老舗和菓子店としても知られる黒松本舗 草月。黒松本舗 草月へ美味しいどら焼き「黒松」を購入しに行こうと考えている人もいらっしゃるでしょう。

最近では、メディアで取り上げられるタイミングで訪れる人もたくさんいますが、口コミを参考にして訪れるという人も増えてきています。そこで、黒松本舗 草月の口コミ情報をまとめてご紹介していくことにします。

黒松本舗 草月の口コミで多いのは、行列ができることもあるので、訪れるタイミングを見計らう必要があるということです。美味しいどら焼き「黒松」を購入しに、週末にはたくさんの人が訪れているのです。

タイミングによっては、長い時間待つということもあり、黒松本舗 草月へ訪れるタイミングは、きちんと考えておくことをおすすめします。なお、お昼のタイミングでは行列もそこまで長くなく、短い時間で購入することができると言われています。

黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」は、初日はフワフワ食感を楽しむことができます。実は、黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」を何度も購入しているヘビーユーザーは違う楽しみ方をしています。

というのも、どら焼き「黒松」は、2日目だと、少し違った食感を楽しむことができるからです。二日目以降は、しっとりさも加わり、より美味しいと人気を集めているのです。

なお、黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」は、保存料と人工着色料を一切使っていないので、保管には注意が必要です。次の日以降も楽しみたいという人は、冷凍庫に保存しておくようにしましょう。

【東十条】黒松本舗 草月の店舗情報とアクセス

東十条にある美味しいどら焼き「黒松」を買いに、黒松本舗 草月へ足を運ぼうと考えている人もいらっしゃるでしょう。同時に気になるのは、黒松本舗 草月の営業時間などの店舗情報ではないでしょうか。

また、黒松本舗 草月へのアクセスは、どうしようかと悩んでいる人もいるでしょう。そこで、黒松本舗 草月の店舗情報とアクセスを情報まとめてご紹介していくことにします。

店舗情報

黒松本舗 草月は、東十条エリアにある交差点の角にあります。比較的見つけやすい店舗と言われています。そんな、黒松本舗 草月の営業時間は、朝9時から夜7時までとなります。

また、黒松本舗 草月には、定休日が設けられています。定休日は、毎週火曜日となっているのです。黒松本舗 草月へ訪れる時には、定休日に気をつけて訪れるようにしましょう。

なお、黒松本舗 草月では、店舗へ足を運ぶことにより、美味しいと人気のどら焼き「黒松」を地方へ発送することもできるのです。店舗限定となっているので、地方の実家へ送りたいという人は店舗へ足を運ぶことをおすすめします。

 

住所 東京都北区東十条2丁目15-16
電話番号 03-3914-7530

アクセス

黒松本舗 草月へのアクセスは、公共交通機関と車を利用してのアクセスがあります。公共交通機関を利用してのアクセスは、東十条駅から徒歩5分くらいでアクセスすることができます。

なお、東十条駅は、京浜東北線のみが停車する駅となります。しかしながら、隣の駅である赤羽駅にて、湘南新宿ラインや上野東京ラインを利用することができます。遠方からアクセスしようと考えている人は、電車でのアクセスが便利です。

なお、黒松本舗 草月へ車でアクセスしようと考えている人は、ご自身で駐車場を確保する必要があります。というのも、黒松本舗 草月には、専用の駐車場を完備していないからです。

黒松本舗 草月へ車に訪れる時に、環状七号線を利用する人もいらっしゃるかもしれません。夜8時までは、外回りは、黒松本舗 草月の店舗近くで右折することができません。なので、車でアクセスする時には、交通ルールに注意をしながら、アクセスしましょう。

幸いなことに、黒松本舗 草月の周辺には、コインパーキングがいくつかあります。周辺のコインパーキングを気軽に利用することができるので、車でアクセスする人は、事前に周辺のコインパーキングをチェックしておきましょう。

美味しいと人気の黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」を購入してみよう!

東京の三大どら焼きの一つとして有名な黒松本舗 草月のどら焼き「黒松」。黒糖を使ったオリジナリティある皮に、上品な味わいのあんこを包んだどら焼きはとても美味しいと口コミでも人気があります。

手土産、そして、贈答品として、利用する人もたくさんいらっしゃる黒松本舗 草月は、東十条へ足を運んのならば、チェックしておきたいおすすめのお店と言っても過言ではありません。 

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuyu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ