業務スーパーのコーヒー特集!インスタントやドリップなど部門別のおすすめは?

業務スーパーはお得な価格で豊富な種類の直輸入品が揃います。そんな業務スーパーいち押しの商品が今回ご紹介するコーヒー、丁寧に焙煎された業務スーパーのコーヒーには愛好家やリピーターも多いです。今回はインスタントやドリップなど部門別のおすすめもご紹介していきます。

業務スーパーのコーヒー特集!インスタントやドリップなど部門別のおすすめは?のイメージ

目次

  1. 1業務スーパーのコーヒーをご紹介
  2. 2大量買いなら業務スーパーのコーヒー
  3. 3業務スーパーのおすすめ商品をご紹介
  4. 4業務スーパーのドリップ式コーヒー
  5. 5業務スーパーのインスタントコーヒー
  6. 6コーヒーの歴史
  7. 7鮮度や味の良いコーヒーとは?
  8. 8業務スーパーのコーヒーに含まれる成分や効果
  9. 9業務スーパーのコーヒースイーツ
  10. 10業務スーパーのコーヒーを美味しくするコツ
  11. 11業務スーパーのコーヒーは香りも豊か

業務スーパーのコーヒーをご紹介

低価格で大量の商品を気軽に購入する事ができ、一般のスーパーでも販売していないような食材が手に入ることもある「業務スーパー」、そんなロープライスをコンセプトに掲げた「業務スーパー」でもリピート率が高くコーヒー好きを魅了してやまないコクのあるコーヒーと、インスタントやドリップの部門別おすすめを特集していきます。

大量買いなら業務スーパーのコーヒー

通常のスーパーやカフェで販売されているコーヒーを購入する場合、お値段は決して安くはなく、コーヒーの淹れ方や豆から本格的に淹れたい方にとって、少々お値段が気になります。

特にコーヒーが好きで毎日何杯か必ずコーヒーを飲む方にとっては、できる限り美味しいコーヒーをコスパの良い値段で手に入れたいところです。

業務スーパーのコーヒーなら味もコスパも両立

そんな方の購買欲求を満たしてくれるぴったりの商品が、今回ご紹介する「業務スーパー」のコーヒーです。

「業務スーパー」で販売されているコーヒーは比較的コスパも良く、焙煎方法の種類もコーヒー豆の産地にも様々な種類が揃っています。

そのため、コーヒーの淹れ方やコーヒーの種類、産地などにこだわりのある方はきっと「業務スーパー」で自分の好みに近いコーヒーに出会えることになるでしょう。

また、「業務スーパー」のインスタントコーヒーはコスパが良いというだけでなく、様々なフレーバーや味の種類も整っているというのが特徴です。

Thumb業務スーパー「アミカ」で買うべきおすすめ商品まとめ!一人暮らしにも最適!
素敵な商品をお手軽に買うことができるということで大人気となっている、「業務スーパー アミカ」...

業務スーパーのおすすめ商品をご紹介

「業務スーパー」では一体どんなコスパの良いコーヒーが販売されているのかが気になるところですが、一旦ここで「業務スーパー」で話題のおすすめ商品も合わせて見て行く事にしましょう。

まずは、自宅に居ながら店舗まで足を運んだかのような気分にさせてくれる「タピオカドリンク」、これから到来する夏にも合ったミネラルやエネルギーを多く含む商品です。

タピオカの第3ブームが巻き起こった事により、未だ根強い人気の「タピオカ」は、ミルクティーとしてパックされたまま冷凍の状態になっています。

「業務スーパー」で販売されているこの「タピオカ」は冷凍食品のコーナーにあるので、購入後ご家庭で湯煎での解凍が必要です。

解凍できたら牛乳を加え、最後に氷を入れれば簡単にでき上がります。「業務スーパー」のタピオカミルクティーは、1食65g、4食入りで298円、大変コスパの良い商品です。

1度解凍してしまった「業務スーパー」のタピオカミルクティーは、再度解凍する事は不可能ですが残りは冷凍庫で保存しておく事ができ、本格タピオカが4度も自宅で楽しめるのでおすすめです。

2つ目のコスパの良いおすすめ商品は、濃厚で硬めの食感がたまらない「カスタードプリン」、「業務スーパー」の「カスタードプリン」は内容が1kg(ドリンク1L分)で7人分入り、248円という破格の安さです。

このカスタードプリンもタピオカミルクティー同様、夏に冷やして食べるコスパの良いデザートとしておすすめです。

中身が1キロ分ある「業務スーパー」のプリンは、1度購入してしまえば自宅で小分けにし7食分楽しめる商品、親戚や友人のちょっとした集まりにも活躍しそうです。

Thumb業務スーパーのプリンは絶対買うべき!おすすめの種類や保存方法を紹介!
業務スーパーにあるプリンは大変美味しいことで人気となっています。ぷるぷるの「カスタードプリン...

業務スーパーのドリップ式コーヒー

それでは「業務スーパー」で話題になっている人気の商品が把握できたところで、この店舗内で販売されているドリップ式コーヒー粉の種類に戻っていきましょう。

「業務スーパー」にはコスパが良く味に定評のある本場のドリップ式コーヒー粉が揃います。そのうちの1つである、「業務スーパー」のラグジュアリッチコーヒー粉からご紹介していきます。

ラグジュアリッチコーヒー粉 400g

ラグジュアリッチコーヒー粉には、厳選されたアラビカ豆が100%使用され、じっくりと深めに焙煎された、香ばしくてキレのある苦味が特徴の中深煎りコーヒー粉が使用されています。

中深煎りとは「業務スーパー」で販売されるコーヒー豆の焙煎度を表したもの、浅深煎りから極深煎りまで8段階存在するうち5段階目の深さにあたります。

ブラジルとコロンビアの豆が絶妙にブレンドされた「業務スーパー」のラグジュアリッチコーヒー粉はレギュラーコーヒーとなっているためフィルターでのドリップが必要です。

ドリップの必要な「業務スーパー」のラグジュアリッチコーヒー粉の内容量は400g、368円とコスパも良く白いおしゃれなパッケージに入れられ販売されています。

ドリップが必要になる「業務スーパー」のラグジュアリッチコーヒー粉にはもう1つエメラルドグリーン色のパッケージに入れられ販売されている、キリマンジャロブレンド(400g)368円も用意されています。

ラグジュアリッチコーヒー豆 400g

「業務スーパー」で販売されるドリップ式コーヒー続いてのおすすめは、ラグジュアリッチコーヒー豆です。

「業務スーパー」の粉末タイプであるラグジュアリッチコーヒー粉は、コーヒー豆をひく器具が無くても入れられ手軽さとコスパの良さが嬉しい商品です。

しかしより本格的なコーヒーを味わいたい方やこだわりのある方は、コーヒー豆を挽く器具である「ミル」を用意し粉ではく完全な豆の状態のドリップ式ラグジュアリッチコーヒー豆がおすすめです。

「業務スーパー」で販売しているコーヒーを淹れる直前に豆を挽く中深煎りのドリップ式ラグジュアリッチコーヒー豆は、粉末タイプのものに比べより一層の香りとコクが味わえるようになっています。

アイスコーヒーブレンド(粉)

「業務スーパー」で販売されるドリップ式コーヒー続いてのおすすめは、アイスコーヒーブレンド粉(360g)コスパが良く、破格のお値段の275円です。

水色の爽やかなパッケージが特徴的な「業務スーパー」のドリップ式コーヒー、アイスコーヒーブレンド粉は極深煎りのためカフェオレにしても美味しいコーヒー粉です。

コクの深さや苦味の強さもさることながら、ブラックとしてシンプルにいただいてもミルクやシロップと一緒でも相性の良いコーヒーに仕上がっています。

コーヒー粉の生産国はインドネシアとブラジル、1杯のコーヒーの値段が約10円ほどになる高コスパのアイスコーヒーです。

「業務スーパー」で特に香ばしく、アロマが香る深いコクと苦味が感じられる水出しアイスコーヒーを探されている方にはおすすめの商品です。

業務スーパーのインスタントコーヒー

人気のラグジュアリッチコーヒーを始めとする「業務スーパー」のドリップ式コーヒーをご紹介してきましたが、次はさらに手軽な「業務スーパー」のインスタントコーヒーに迫ります。

朝が忙しく、家事や料理の手間を極力省きたい方にとってはドリップ式のラグジュアリッチコーヒーよりもさらにコスパが良く便利な商品となっています。

ユニバースターコーヒー

「業務スーパー」屈指の最初のおすすめインスタントコーヒーは、ユニバースターコーヒーです。

内容量が200gで428円とコスパの良いこのインスタントコーヒーは、ベトナム産のコーヒー豆が100%使用されたスプレードライ製法のインスタントコーヒーです。

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーに違いがある通り、製法にも違いがあります。スプレードライ製法とは、まず液状にしたコーヒー液に熱風をあて、水分を蒸発させていく製法です。

液体を霧状にし乾燥させることにより、蒸発した粒が小さいパウダー状になっているため牛乳や水に溶けやすくサラサラとしています。

「業務スーパー」のインスタントコーヒーであるユニバースターコーヒーには、フリーズドライ製法で粒が大きめのGOLD(278円)と詰め替え用のダークロースト(398円)が存在します。

バニラフレーバーコーヒー

「業務スーパー」で2番目におすすめするインスタントコーヒーは、バニラフレーバーコーヒーです。

「業務スーパー」のバニラフレーバーコーヒーは、ベトナムから直輸入されたインスタントコーヒー、バニラの甘い風味が好きな女性にもおすすめのインスタントコーヒーです。

さらにたっぷりとミルクを加えれば、バニラカフェオレも楽しめます。内容量は50gで198円、コスパ抜群のためラグジュアリッチコーヒーや別のフレーバーとセットで購入するのもよいでしょう。

ヘーゼルナッツフレーバーコーヒー

「業務スーパー」のインスタントコーヒー最後のおすすめは、ナッツの香りが香ばしいヘーゼルナッツフレーバーコーヒーです。

「業務スーパー」でも安くて美味しく、コスパがよいと評判の高いヘーゼルナッツフレーバーコーヒーもベトナム産、ベトナムはアジアでコーヒー栽培が盛んになって以来ブラジルに続き世界第2位の生産国になったそうです。

「業務スーパー」のパッケージ裏には、丁寧に召し上がり方も記載されている為、それを見ながらスプーン1杯に140mlのお湯を注いで飲んでみるのがおすすめです。

好みによっては「業務スーパー」のフレーバーコーヒーはお湯で飲むよりも、牛乳のフレーバー付として楽しんだり、ラグジュアリッチコーヒーやインスタントの何割かをフレーバーにしてみた方が美味しくなる場合もあるようです。

コーヒーの歴史

コーヒーの歴史は、13世紀のエチオピアに遡ります。「カルディ」という名前のアラビア人山羊飼いが、世話をしている自分の山羊が実を食べた後に、興奮状態のようになった事に気がつきます。

村にある修道院の院長もその噂を聞きつけ、その不思議な低木に生えている実を実際に茹でて飲んでみる事にしたそうです。

自分が飲んで見たところ非常に気分が爽快になった為、儀式中に毎回居眠りをする修道僧達にそれを飲ませてみると彼らが驚くほど勤勉な状態に変わって行ったのだそうです。

さらに遡ること10世紀頃、既にアラビアの医師によってコーヒーには消化や利尿作用、強心の効果もあるとされることが臨床試験で明らかになっています。

コロンブスがアメリカ大陸を発見する頃にはアラビアのイエメンにコーヒーの木が移植され、コーヒー飲用がセイロンやトルコ、アメリカやヴェネツィアに広まっていきました。

19世紀に入ると日本人化学者である加藤博士がインスタントコーヒーを発明、彼はコーヒーを液化してから蒸発缶で水分を取り除き、粉末にするという「真空乾燥法」に成功した人物です。

しかし、残念な事に当時日本ではインスタントコーヒーを販売する経路がなかった為、博士はアメリカへ渡り、博覧会で製品を販売したそうです。

第一次世界大戦中、コーヒーはアメリカで軍事用品として販売された後、一般販売がされたそうですが博士は当時特許をとっていませんでした。

そのため別のインスタントコーヒーを作っていたジョージワシントンが特許をとる事となったようです。

鮮度や味の良いコーヒーとは?

「業務スーパー」で購入したコーヒーの鮮度が良いものか確かめたい場合、コーヒーをハンドドリップで淹れた方は、お湯を注いだ際の粉の膨らみ具合を試しに見てみてください。

「業務スーパー」のコーヒーに限らず、これは全てのコーヒーに当てはまりますが、粉はお湯を注ぐ事により香りの元となる炭酸ガスを盛んに放出しようとします。

鮮度の良いコーヒー豆から作られた粉は膨らみも元気がよく、大きめなのが特徴です。ちなみに焙煎したての鮮度の良い豆の場合、パッケージもぱんぱんに膨らんでいます。

パッケージが膨らんでいるかどうかは「業務スーパー」でコーヒーが販売されているコーナーへ行き、よくパッケージを見て確かめるのがおすすめです。

コーヒー豆には、種類ごとに味が美味しいと感じられる焙煎の入り止め温度というものが存在し、原産国やコーヒーが採れた年により味も品質も微妙に異なります。

焙煎の後は、良い豆のみが厳選されていき欠点豆は1つ1つ取り除かれていきます。その後コーヒー豆がブレンドされ味が作られていきます。

このようにコーヒー豆をブレンドして味を作っていく事により、コーヒーに含まれる有効成分の効き目をより良くしていく働きがあるそうです。

「業務スーパー」で味の良いコーヒー選びをするのであれば、焙煎度で判断をするのもおすすめです。焙煎度には全部で8段階存在します。

焙煎度を大きく分けるとすると「浅煎り」「中煎り」「深煎り」の3つに分けられます。浅煎りであればコーヒーの実本来の持つ味が強く出たものになります。

逆に深煎りであればあるほど、味にコクや苦味が出てきます。これら味の具合も実は、お店やご家庭での淹れ方、使用した器具、生産者によって香味に変化が出てくるようです。

業務スーパーのコーヒーに含まれる成分や効果

「業務スーパー」のコーヒーに含まれる成分はエネルギーが58kcal、炭水化物が14.3g、たんぱく質0.2g、食塩と糖質などは一切含まれておらず0gとなっています。

「業務スーパー」のコーヒーは、毎回の運動や作業に不可欠なエネルギーはしっかりと補給できるのに炭水化物や糖質が控えめ、また、コーヒーの主成分はほとんどが水です。

そのため「業務スーパー」で購入したコーヒーの水をミネラルウォーターに変えたりコーヒーと反応しやすいカルシウムやマグネシウムを含む「硬水」を使用する事で、味や健康に配慮することも可能です。

砂糖やシロップの甘さ、カロリーに少々抵抗がある方は、ハチミツを代わりにトッピングしたり黒糖を使用するのがおすすめ、いつもと違った味が楽しめます。

コーヒー豆は、元々の形状が豆ですが実は、マメ科の植物に属しているわけではなくアカネ科に属する「被子植物」、赤い果実の種を取り出し乾燥させ脱穀したものをコーヒー豆と呼びます。

「業務スーパー」で購入したコーヒー豆も元々は「果実の種」、当然の事ながら種にも栄養素は含まれています。

コーヒーには、タンパク質や炭水化物の他、カフェインやクロロゲン酸、リラックス効果のある香りが含まれます。

カフェインには脳を活性化させ、覚醒効果をもたらす作用があるため集中力が期待できます。また胃酸の分泌を促し消化を助けたり、利尿作用があるなど老廃物を外へ出す手助けをします。

「業務スーパー」のコーヒーだけでなく、お茶にも含まれているクロロゲン酸は動脈硬化やがん、糖尿病を予防する働きがある事が研究でもわかっており脂肪の分解を促進する効果もあるそうです。

業務スーパーのコーヒースイーツ

ここまで「業務スーパー」で購入できるラグジュアリッチやインスタント、フレーバーコーヒーなどを見てきましたが、コーヒー好きの方の為の夏にぴったりのスイーツもご紹介します。

夏の定番ドリンクやフードとして美味しく感じるのはやはりビタミンやミネラル、カフェインが豊富に含まれるものや酢、辛さといった体にとって刺激のあるものではないでしょうか?

コーヒーゼリー

「業務スーパー」のコーヒーゼリーは、清涼感や食感、五感を満たしてくれるだけではなくたっぷり食べられるのにコスパの良い優秀スイーツです。

ラグジュアリッチコーヒーを始め「業務スーパー」には様々な種類のコーヒー豆が存在しましたが、コーヒー関連の商品はまだまだ他にも豊富に揃っています。

大容量で家族や友人とも一緒に楽しめる「業務スーパー」のコーヒーゼリーは1kg158円、賞味期限は2ヶ月間、7人から8人分のパックに入れられて販売しています。

業務スーパーのコーヒーを美味しくするコツ

「業務スーパー」で購入したコーヒーを美味しく飲んでいただくコツは、先ほども少し触れましたが自宅にあるミルで1度本格的なコーヒーを味わってみることです。

「業務スーパー」には豆だけでなく、コーヒーフィルターや最高級コーヒー豆、専用のブレンドが用意されています。

初心者の方には、「業務スーパー」の使い捨てペーパーを使用したペーパードリップで淹れる方法があります。

用意するものは「業務スーパー」のペーパーフィルターとドリッパー、サーバーや細口のポット、メジャースプーンとコーヒーカップです。

コーヒーカップ1杯分に対し「業務スーパー」のコーヒーは10から12gが適量だとされていて、豆から引く場合は中細挽きにするのがおすすめです。

使用する器具やカップ、ソーサーなどは最初から温めておき、お湯が沸騰したら火を止めますが、表面の泡が鎮まった95度の時が抽出に理想的な温度だと言われています。

次にペーパーフィルターのセットですが、まずフィルター側面の接着部分は内側に折っておきます。フィルターに「業務スーパー」のコーヒー粉を入れたら、中心から静かにお湯をのせていきます。

この時に全て注ごうとせず、少量のお湯をそっとのせ全体にお湯を含ませたら約20秒そのまま放置しコーヒーを蒸らします。

この蒸らしによって美味しい成分が十分に引き出せた後は、小さなのの字を描くようにし、3回に分けて抽出していきます。

注ぐお湯の量と、サーバーに落ちるコーヒーの量が同じになるよう水位が一定に保てたら表面に残るカスやアクが残っているかどうか見てみましょう。

「業務スーパー」のペーパーフィルター表面に細かな泡が残っていれば抽出されたコーヒーは美味しく、透明感のある味になっているはずです。

上手く抽出できたコーヒーは温度の暖かいうちにカップに注ぐようにします。他にもエアロプレスやネルドリップ、コーヒーメーカーなど、違った器具で試してみるのも良いでしょう。

こだわりのある方はハートのデザインカプチーノの描き方やスペシャルティコーヒー、プロが使用するミルなど、味の良さや器具、見た目を追求してみるのも良いでしょう。

現在はコーヒーの第3ブーム期にあり、広がりを見せた大手チェーン店に代表される「大衆に好まれる味」に比べ、産地や農園の特徴を生かした豆をハンドドリップで丁寧に淹れて飲むコーヒーに少しづつ注目が集まっています。

業務スーパーのコーヒーは香りも豊か

食卓に欠かせないコスパのよい食材が揃う「業務スーパー」の、コーヒーをご紹介してきました。ここでは、世界的にも有名なコーヒーメーカーの製品やペットボトルでもリッチコーヒーが手軽に味わえるなど様々な商品や楽しいアレンジ方法が存在します。是非1度店内で、自分だけの香り豊かなコーヒーを見つけてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
Eine kleine

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ