明治記念館のビアガーデン「ビアテラス鶺鴒」は日本一?人気メニューや料金紹介!

明治記念館にある「ビアテラス鶺鴒」は、最高の料理とおもてなしを味わうことのできるビアガーデンです。ここでは日本一ともいわれるビアガーデン、明治記念館の「ビアテラス鶺鴒」の人気の秘密やおすすめ料理など、「ビアテラス鶺鴒」の魅力を余すことなく紹介していきます。

明治記念館のビアガーデン「ビアテラス鶺鴒」は日本一?人気メニューや料金紹介!のイメージ

目次

  1. 1明治記念館のビアガーデンは日本一と言われている?
  2. 2明治記念館のビアガーデンを詳しく紹介!
  3. 3明治記念館ってどこにあるの?
  4. 4明治記念館のビアガーデンの特徴を知っておこう!
  5. 5明治記念館のビアガーデンの料理はビールに合うものばかり!
  6. 6明治記念館のビアガーデンは飲み物も豊富!
  7. 7明治記念館のビアガーデンはオンライン予約が便利!
  8. 8明治記念館のビアガーデンのおすすめ情報
  9. 9明治記念館のビアガーデンで暑い夏を乗り切ろう!

明治記念館のビアガーデンは日本一と言われている?

東京にある明治記念館には、日本一ともいわれるビアガーデンがあることをご存じでしょうか。

明治記念館に入る「ビアテラス鶺鴒」では手入れの行き届いた洗礼された空間で美味しいビールと料理を楽しむことができるため、いつもとは違う空間で楽しめるビアガーデンを探しているという人にはもってこいです。

いつもと違った場所で楽しむビールや絶品の料理の数々は、至福の時間を味わうのにぴったりと言えるでしょう。

明治記念館のビアガーデンを詳しく紹介!

ここでは、暑い夏にぴったりのビールを極上の空間で楽しむことのできる東京・明治記念館のビアガーデン「ビアテラス鶺鴒」について詳しく紹介します。

ビアテラス鶺鴒のアクセス情報、人気のアルコールメニューと料理など、ビアテラス鶺鴒の魅力をたっぷりと紹介しますので、この夏ワンランク上のビアガーデンを堪能したいと考えている人は必見です。

明治記念館ってどこにあるの?

今回紹介する東京・明治記念館で開催されるビアガーデン、ビアテラス鶺鴒は東京都港区元赤坂2丁目にあります。明治記念館の最寄駅となるのはJR信濃町となり、徒歩でも十分にアクセス可能な場所となります。

また青山一丁目駅からも徒歩10分ほどでアクセス可能です。アクセス情報については後ほどすぐに紹介します。

東京の「明治神宮外苑」の一角にある

ビアテラス鶺鴒が入るのは東京・明治記念館の本館の1階および庭園などの明治神宮外苑部分となります。

ドレスコードなどは特に指定がありませんが、訪れる前には一般的なビアガーデンとはまるで異なる環境であることを留意しておくとよいかもしれません。普段と違う環境のビアガーデンで楽しみたい人には最適な環境と言えるのではないでしょうか。

東京都心からもアクセスしやすい!

明治記念館・明治神宮外苑内で行われるビアテラス鶺鴒は、東京のJR信濃町駅や青山位丁目駅など多くの人がアクセスしやすい場所にあるビアガーデンです。

最寄駅となるJR信濃町駅からアクセスをする場合は、駅から明治記念館や明治神宮外苑への案内が常に出ているので、それに従ってアクセスしましょう。

JR信濃町駅から今回紹介するビアテラス鶺鴒の入る明治神宮外苑までは、徒歩5分ほどで楽々アクセスすることができるのでおすすめです。

また電車からだけでなく車からのアクセスもおすすめで、明治神宮外苑に入るビアテラス鶺鴒の利用者であれば無料の専用駐車場を利用することができます。

もちろんアルコールを楽しむ際の帰りのためにハンドルキーパーを用意する、運転代行サービスを利用するなどの工夫をする必要がありますが、立地の良さを考えれば無料で利用することのできる専用駐車場が併設されていることは見逃せないポイントです。

住所 東京都港区元赤坂2-2-23 明治記念館
電話番号 03-3746-9419

明治記念館のビアガーデンの特徴を知っておこう!

まずはなぜ明治記念館・明治神宮外苑にあるビアガーデンが日本一と言われるのか、その理由や人気の秘密について紹介していきます。東京の明治記念館および明治神宮外苑に入る人気のビアガーデンの正式名称については、ビアテラス鶺鴒となります。

きれいな芝生や広々とした空間の中でビアガーデンを楽しめることが何よりの魅力となっており、非日常感を味わうにはもってこいと言えるでしょう。

人気がありすぎて当日急な来店は難しいことがされるというほど混雑するビアテラス鶺鴒だけに、当日はしっかりと予約をしてから来店することをおすすめします。

正式名称は「ビアテラス鶺鴒」

これまでにも紹介してきたように、明治記念館・明治神宮外苑に入る日本一ともいわれるビアガーデンの正式名称は、ビアテラス鶺鴒(せきれい)です。

昭和22年に明治神宮の正式な結婚式場となり、徳川宗家第16代の憲法記念館の由来を記した碑が入口付近に残されている由緒正しき場所にあるビアガーデンであり、非日常感を味わうにはうってつけのロケーションと言えるでしょう。

綺麗な芝生で広々とした空間の中で楽しめる

ビアガーデンと言えば開放的な空間と、手入れの行き届いたロケーションの中ビールなどのアルコール楽しめる場所です。

どのビアガーデンにもそれぞれの良さがあり、個性がありますが、いずれのビアガーデンにも負けないほどの解放感と、洗礼された雰囲気がビアテラス鶺鴒にはあると言えます。

明治記念館や明治神宮外苑というブランド名以前に、手入れの行き届いたきれいな芝生や広々とした空間では、東京にいるとは思えない解放感を味わうことができるでしょう。

人気すぎて当日来店はできないこともある

おしゃれで高級感のある雰囲気はもちろん、明治記念館・明治神宮外苑にあるビアテラス鶺鴒では、どのビアガーデンにも負けないほどの美味しいビール、そしてビールに合う料理を提供してくれることでしょう。

一度利用すればリピート間違いなしの充実した内容から、当日の来店では対応してもらえないこともあるほどの人気ぶりです。予約をしてから足を運ぶことをおすすめしますが、予約に関しては後ほど紹介しますのでぜひチェックしてみましょう。

明治記念館のビアガーデンの料理はビールに合うものばかり!

今回紹介しているビアテラス鶺鴒では、こだわりの美味しいビールを飲めることはもちろん、そんなこだわりのビールに負けないような美味しい料理がたくさん用意されています。

ここからは、ビアテラス鶺鴒に数多く用意された名物料理の中でも、特に人気の高い4つのメニューを紹介していきます。いずれもビアテラス鶺鴒を代表するような人気の名物料理ばかりとなっていますので、ビアテラス鶺鴒に訪れた際はぜひ味わってみましょう。

国産牛のローストビーフ

まず紹介したいビアテラス鶺鴒のビールに合うおすすめの料理は、「国産牛のローストビーフ」です。国産牛のローストビーフは、ビアテラス鶺鴒に6つ用意された「プレミアムメニュー」の中でも特に人気の高い一品です。

国産牛のローストビーフというメニュー名の通り、希少な国産牛を新鮮な状態で楽しむことができる贅沢な一品となっており、スジのない柔らかな質感のローストビーフを楽しめるでしょう。

120グラムのノーマルカットなら2,800円、200グラムのセキレイカットなら4,000円で味わえます。

串焼き盛り合わせ

続いて紹介したいビアテラス鶺鴒のビールに合うおすすめの料理は、「串焼き盛り合わせ」です。串焼き盛り合わせも、ビアテラス鶺鴒の誇るプレミアムメニューのうちの一つです。

ももやささみ、かわやつくねなどの厳選された鶏肉を、獅子唐やシイタケなどの新鮮な野菜と一緒に楽しむことができるメニューで、塩またはタレで楽しむことができるメニューです。

ビールとの相性の良さが抜群の串焼き盛り合わせは、合計5つの串焼きを2,000円で楽しむことができるお得なメニューとなっています。

タンドリーチキン

続いて紹介したいビアテラス鶺鴒のビールに合うおすすめの料理は、「タンドリーチキン」です。タンドリーチキンはビアテラス鶺鴒がおすすめする「こだわりメニュー」の一つです。

スパイスの効いた食べ応えのあるチキンとビールの相性の良さはもちろんのこと、盛り付けやソースにもとことんこだわった一品です。

暑い時期にピッタリのピリ辛具合で、ビールがついついすすんでしまう美味しさです。人気のタンドリーチキンは一皿1,800円となります。

パーティプレート

続いて紹介したいビアテラス鶺鴒のビールに合うおすすめの料理は、「パーティプレート」です。パーティプレートはビアガーデンには欠かせないおつまみがたっぷりと盛られたメニューとなり、豪快なボリュームは大人数で盛り上がるのに最適です。

ビールのお供に欠かせないポテトや揚げ物、春巻きやチーズなどが盛りだくさんのため、ビアテラス鶺鴒に訪ずれた際はマストなメニューと言えるのではないでしょうか。パーティープレートは一皿4,000円となります。

明治記念館のビアガーデンは飲み物も豊富!

ビアテラス鶺鴒には多くの名物料理がありますが、もちろん自慢は料理だけではありません。「アサヒ スーパードライ 生」をはじめとした定番のビールから、厳選されたクラフトビールの数々、そしてウィスキーにカクテルと盛りだくさんの内容です。

日本酒や焼酎、そしてもちろんワインも豊富にありますが、なかでもカシスオレンジをはじめとしたアルコールは、アルコールが苦手という人にもありがたい存在ではないでしょうか。

ここでは、魅力いっぱいのビアテラス鶺鴒のアルコールメニューについて詳しく紹介していきます。

ビール好きにはたまらない種類の多さ

ビアテラス鶺鴒ではビアガーデンならではのビールへのこだわりが徹底していることはもちろん、ビール好きにはたまらないクラフトビールの数々や、厳選されたウィスキーも多数そろえています。

クラフトビールは主に「TOKYO隅田川ブルワリー」の商品がラインナップされており、ゴールデンエールからチェリールージュまで950円から楽しめるようになっています。

なかでも「琥珀の時間」や「ペールエール」が置いてあることは、クラフトビール好きにはたまらないラインナップです。ウィスキーには「ニッカ竹鶴ピュアモルト」も用意されていますので、アルコール好きにはたまらないラインナップと言っても良いでしょう。

アルコールが弱い人向けのカクテルもある

「ビアガーデンの雰囲気は好きだけど、アルコールが弱い、もしくは飲めない」という人もいるのではないでしょうか。

アルコールが飲めない人がビアテラス鶺鴒に訪れることになった際も楽しめるよう、ビアテラス鶺鴒では度数の低いアルコールメニューやソフトドリンク、ノンアルコールビールなども多数用意しています。

とくにカシスオレンジなどは比較的お酒の飲めない人にも楽しめる定番のアルコールとして人気があります。お酒の苦手な人からも比較的好まれる「緑茶ハイ」「ウーロン茶ハイ」「梅酒」などもありますので、思い思いの時間を過ごすことができるでしょう。

明治記念館のビアガーデンはオンライン予約が便利!

明治記念館にあるビアテラス鶺鴒では、先ほども紹介したように当日の来店が難しいことが多々あります。特に週末に来店する際は、確実に席を確保できるよう予約を活用することをおすすめします。

ビアテラス鶺鴒ではオンライン予約を用意していますが、オンラインからだと比較的高い確率で予約することができるとあって便利です。ビアテラス鶺鴒に来店する際には予約を利用しない手はありません。

ビアテラス鶺鴒で予約をする際は、予約日の前月の月初め平日に電話をすれば、ほぼ確実に予約可能と言われています。

その場合はプレミアムシートと呼ばれるチャージ料金が6,000円の席限定で案内されますが、確実に予約をしたいという人であれば嬉しいサービスではないでしょうか。

明治記念館のビアガーデンのおすすめ情報

ビアテラス鶺鴒で予約をする際は、席のグレードごとに料金が異なるという点に注意しなければなりません。ここではグレードごとに異なる座席の料金や、雨の日に飲み放題を満喫することのできるプランなどもまとめて紹介します。

便利なオンライン予約を利用しいたい時に必見の情報となりますので、まだビアテラス鶺鴒に訪れたことのない人は参考にしてみてましょう。

グレードによって1席あたりの料金が異なる

オンライン予約をする際は基本的に1席800円の「庭園A席」と「テラスA席」、1席1,000円の「庭園S席」と「テラスS席」の4つが基本となります。

テラスS席と庭園S席の2つに関しては、クッション付きシートの座席が用意されていますので、より一層明治記念館・明治神宮外苑ならではの雰囲気を満喫することができるでしょう。

雨の日でも安心な室内プランも用意

また雨の日でも安心して利用することのできる「飲み放題付き室内プラン」が、2時間30分飲み放題とオードブル三皿セット7,000円で用意されています。

雨の日は残念ながらビアテラス鶺鴒はお休みとなりますが、このプランだけは営業を行っています。雨の日でも美しい庭園を眺めながら、普段とは異なる雰囲気でビアガーデンを楽しむことができる人気のプランです。

開催期間はどれくらい?

最後に、ビアテラス鶺鴒のおおよその開催期間について紹介します。ビアテラス鶺鴒の開催期間は年度によって異なることがありますが、基本的には平日のみです。

6月初旬から9月中旬まで営業することが恒例となっていますが、その時によって大きく異なるので詳しくは公式ホームページを確認してみましょう。

なお8月のお盆期間などは特別営業する可能性がありますので、平日に訪れることが難しい人はこの期間を狙って来店してみましょう。

Thumb外苑前駅周辺で駐車場のおすすめは?最大料金が安い場所や穴場も!
外苑前駅周辺ではスポーツ観戦をはじめイベントが多く開催され、休日には多くの人出があります。周...

明治記念館のビアガーデンで暑い夏を乗り切ろう!

毎年夏、東京の明治記念館・明治神宮外苑で開催されているビアテラス鶺鴒では、広々とした庭園で美味しいビールやアルコール類を満喫することができます。

美味しいビールだけでなく美味しい料理も自慢のビアテラス鶺鴒へ訪れる際は、予約してから訪れるようにしましょう。日本一ともいわれるビアガーデンのビアテラス鶺鴒で美味しいビールと料理を楽しみ、暑い夏を乗り切りましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ