戸田市児童センターこどもの国は無料で遊べる児童用施設!アクセスや駐車場は?

お子さんを遊ばせるときに、どこで遊ばせていますか。埼玉の戸田市には、びっくりするほど大きな児童館があります。その名も「戸田市児童センターこどもの国」です。戸田市児童センターこどもの国で無料で遊べる児童用施設や人気のプールなどをご紹介します。

戸田市児童センターこどもの国は無料で遊べる児童用施設!アクセスや駐車場は?のイメージ

目次

  1. 1戸田市児童センターこどもの国が大人気
  2. 2戸田市児童センターこどもの国は4つのゾーンに分かれている
  3. 3戸田市児童センターこどもの国の料金
  4. 4戸田市児童センターこどもの国のおすすめスポット
  5. 5戸田市児童センターこどもの国のアクセス方法
  6. 6戸田市児童センターこどもの国の駐車場
  7. 7戸田市児童センターこどもの国で子供と遊ぼう

戸田市児童センターこどもの国が大人気

子供を遊ばせるときに、充実した施設で遊ばせたいお父さん・お母さんは多いのではないでしょうか。しかも、乳幼児から小中学生までの子供が遊ぶことができる施設というのは、思いのほか、それほど多くはありません。

ここ戸田市児童センターこどもの国は、乳幼児から小中学生までの子供が遊ぶことができる施設ということで大変人気があります。戸田市児童センターこどもの国は、公園のように広々としているのですが、実は、児童館になります。

そのため、基本的には、無料で利用することができます。しかも、戸田市民でなくても無料利用することができるのでおすすめです。屋外だけでなく、室内の遊び場も充実しています。戸田市児童センターこどもの国でおすすめな施設や人気のプールなどをご紹介します。

公式ホームページも要チェック!

埼玉戸田で人気の戸田市児童センターこどもの国は、休館日が毎月第3水曜日で、祝日の場合は営業しています。年末年始は12月31日から1月3日までになります。営業時間は9時から21時までと営業時間も長いのでおすすめです。

戸田市児童センターこどもの国には、公式ホームページが設立されています。公式ホームページでは、人気の4つのゾーンの説明や施設の案内、基本的な施設の利用が無料ということについても記載されています。

その他にも、イベントのことやイベントの予約などについても公式ホームページから申し込みができるようになっています。また、戸田市児童センターこどもの国へのアクセスについても詳しく紹介されています。

さらには、公式ホームページのほかにも、公式フェイスブックも開設されていますので、最新情報を見ることもできるのでおすすめです。

戸田市児童センターこどもの国は4つのゾーンに分かれている

戸田市児童センターこどもの国は、広大な敷地が4つのゾーンに分かれています。子供たちが夢中になれる4つのゾーンをまず紹介しますと、4つのゾーンには、「森のゾーン」や「丘のゾーン」、「水のゾーン」、「原っぱのゾーン」があります。

どのゾーンも自然を感じられるようなネーミングとなっていて、子供たちが伸び伸びと遊べるようになっています。子供たちが外遊びを満喫できるようにと、この4つのゾーンは連続性があり、次から次へと遊びのゾーンを移っていくことができます。

さらに、屋内施設もある建物との一体感も持たせていて、子供たちが一日中楽しむことができるエリアとなっています。これが、乳幼児から小中学生までの子供が楽しめる理由です。それでは、ひとつひとつのゾーンについてご紹介していきましょう。

森のゾーン

戸田市児童センターこどもの国のひとつめのゾーンは、「森のゾーン」です。森のゾーンは、全体の敷地の北側にあるゾーンで、敷地内でもっとも緑の多いエリアとなっています。公園のようになっていて、森の自然を味わうことができます。

小さな子供との散歩にもぴったりなスポットで人気があります。夏でも少しひんやりとしているそんなエリアで、マイナスイオンさえ感じられるそんな雰囲気さえあります。森のゾーンの入り口では、恐竜のモニュメントがお出迎えしてくれます。

子供だけでなく、大人も散歩するにもちょうどよいそんなゾーンになっているのでおすすめです。

丘のゾーン

戸田市児童センターこどもの国のふたつめのゾーンは、「丘のゾーン」です。丘のゾーンは、なんと建物の屋上を利用した緑のスポットで、本当の丘のような雰囲気があります。外のグランドからつながっているそんな本当の丘のような感じが人気です。

丘のゾーンには、芝生が敷かれていて、とても気持ちの良いゾーンで、子供にもおすすめです。屋上からグランドに降りていく坂を上ったり下りたりする子供が多いです。中には走っている子供もいるので、小さなお子様はお気を付けください。

屋上に設置されているということもあり、心地よい風も吹いていて、季節の良い時期には、とても気持ち良いのでおすすめです。

水のゾーン

戸田市児童センターこどもの国のみっつめのゾーンは、「水のゾーン」です。こちらのゾーンには、なんと、児童館なのにプールがあります。児童館でプールの設備があるのは珍しいのではないでしょうか。

残念ながら、こちらのプールは、無料ではなく有料となっています。こちらのプールは夏のみの営業ということで、夏休み期間中はたくさんの子供でにぎわいます。オーバーフロータイプのプールということで、いつでも水がきれいで、子供も安心して泳ぐことができます。

ここ戸田市児童センターこどもの国のプールは、乳幼児専用のプールもあり、乳幼児から児童までの子供が楽しむことができます。深さも違うプールが3つも備わっているのでおすすめです。

原っぱのゾーン

戸田市児童センターこどもの国のよっつめのゾーンは、「原っぱのゾーン」です。こちらのゾーンは、乳幼児から児童の子供が遊べる遊具がたくさん設置されています。滑り台をはじめ、アスレチックのような遊具もあります。

土日ともなると、子供たちの元気な声が響き渡るそんなソーンとなっています。色々なタイプの遊具があるので、子供も飽きずに、いつまでも遊んでいることができます。

遊具もゆとりをもって設置されていますので、ゾーン内を元気に子供が走り回っても特に危ないということはないでしょう。

戸田市児童センターこどもの国の料金

こちらでは、戸田市児童センターこどもの国の料金についてご紹介しましょう。戸田市児童センターこどもの国の料金は、さきほどからもご紹介しているように、原則、どの施設も無料で利用することができるのでおすすめです。

戸田市児童センターこどもの国は無料ということもあり、休日には、たくさんの親子連れがここにやってきます。平日でも、学校帰りに立ち寄る子供も多く、そのあたりは、地元の学童のような使い勝手になっています。

施設は原則無料で利用できる

戸田市児童センターこどもの国の料金は、施設のほとんどは基本的には、無料で利用できるのでおすすめです。さらに、通常は児童館などは、地元の子供たちだけの施設というイメージがありますが、ここ戸田市児童センターこどもの国は、他のエリアの子供たちでも無料で利用することができます。

休日になると、たくさんの子供たちでにぎわうこともあり、遊具などはお互いに譲り合って利用するように配慮しましょう。混雑してくると、遊具周りでは小さなお子様は、他の子供とぶつからないように注意してください。

プールは子供50円・付添人150円

戸田市児童センターこどもの国の施設はほとんど無料で利用可能ですが、プールだけは無料ではなく有料となっています。有料とは言っても、かなり安い料金設定となっています。プールの利用料金は、子供が50円で、付添人が150円となっています。

戸田市児童センターこどもの国のプールは、屋外のプールということで、夏の期間限定のプールとなっています。また、子供のためのプールということで、大人は付き添いのみとなります。

プールは、夏休み期間ともなると、かなり混雑をするため、整理券が配られることがあります。安全のために、人数制限をかけることもあるのでご了承ください。また、プールのある水のゾーンには、水遊び場もありり乳幼児の水遊びにもおすすめです。

戸田市児童センターこどもの国のおすすめスポット

ここでは、戸田市児童センターこどもの国のおすすめスポットについてご紹介しましょう。戸田市児童センターこどもの国には、いくつかのおすすめスポットがあります。普通の児童館では、考えられないような設備も整っていて、乳幼児から小中学生まで楽しむことができるのでおすすめです。

ここでは、戸田市児童センターこどもの国のおすすめスポットとして、「屋内砂場」と「体育館」、「図書館」、「プレイルーム」、「児童用プール」をご紹介しましょう。

屋内砂場

最初にご紹介する戸田市児童センターこどもの国のおすすめスポットは、「屋内砂場」です。屋内砂場は、プレイルームの中にある設備で、乳幼児が大好きな砂場の施設です。外の砂場は雨になると遊べませんが、ここの屋内砂場は雨の心配もいりません。

また、公園などの外の砂場は、どうしても清潔感には欠けますが、ここの屋内砂場でしたら、そのような心配もいりません。安心して、子供に砂遊びをさせることができるのでおすすめです。

砂場で遊べるようなおもちゃも置いてあるので便利です。また、水場もすぐそばにあるので、汚れた手や足を洗うこともできます。

体育館

子供たちに人気の施設というと、やっぱり「体育館」ではないでしょうか。児童館なのに、本格的な体育館があり人気です。特に、小中学生には人気で、バスケットや卓球やバドミントンを楽しむことができます。

この体育館の2階には、スタジオや軽体育室があり、バンドの練習などをすることも可能となっています。スタジオや多目的室などを利用する際には、有料となるので公式ホームページで確認をしてください。

スタジオや多目的室などを利用する際には、市内に住まわれる方と市外の方では料金が違います。使用料金は1時間単位となっています。

図書館

雨の日でも子供たちが過ごすことのできる施設が、この「図書館」です。図書館があるのもうれしい設備で、雨の日でも子供たちが過ごすことができるスペースとしておすすめです。児童書が多数そろえられていますので、宿題の調べもののときにも便利です。

図書館では、乳幼児のいるお子様は、静かにするようにしてください。中には、小中学生がこちらの図書館で宿題をしているときもあります。

プレイルーム

乳幼児に人気のある施設が、この「プレイルーム」になります。プレイルームは、基本的には、乳幼児のためのプレイルームとなっています。プレイルームには、たくさんのおもちゃが置いてあります。女の子が遊べるおままごとのおもちゃもあります。

大きなソフトブロックがあり、ふかふかで安全に子供を遊ばせることができます。また、子供が楽しむボルダリングの設備もあります。雨の日でも体を動かすことができるのでおすすめです。

児童用プール

戸田市児童センターこどもの国には、児童館でありながら、なんと、「プール」まであります。さきほどもご紹介しましたが、戸田市児童センターこどもの国のプールには、3つのプールが用意されています。

赤ちゃんが楽しめる浅いプールや幼児用のプール、さらには、児童用のプールもあります。児童用プールは小中学生が楽しむことができます。泳ぎをメインに楽しめるのが、児童用プールになります。

なお、戸田市児童センターこどもの国のプールの開催時期などについては、公式フェイスブックで確認をしてください。ちなみに、今年のプールは、中止が決定していますので、来年を楽しみにしておきましょう。

戸田市児童センターこどもの国のアクセス方法

ここでは、戸田市児童センターこどもの国のアクセス方法についてご紹介しましょう。戸田市児童センターこどもの国のアクセス方法では、公共交通機関でのアクセス方法と車でのアクセス方法についてご紹介します。

また、車でお越しになる際には、駐車場の有無についても知っておきたいところです。その戸田市児童センターこどもの国の駐車場についても併せてご紹介します。

公共交通機関でのアクセス

戸田市児童センターこどもの国への公共交通機関でのアクセスですが、JR埼京線では、「戸田公園駅」を利用して、駅から徒歩3分とアクセス抜群です。コミュニティバスtocoは、「こどもの国」で下車してすぐです。

国際興業バスでは、「戸田公園駅入口」から徒歩2分ほどになります。JR埼京線「戸田公園駅」からもバス停からも近いので、なるべく、車でのアクセスではなく、公共交通機関でのアクセスをしましょう。

車でのアクセス

戸田市児童センターこどもの国への車でのアクセスですが、戸田市児童センターこどもの国では、業務用や緊急時、体の不自由な方が優先というルールになっています。

もし、車で戸田市児童センターこどもの国へアクセスするということでしたら、国道17号線からもすぐということで分かりやすくなっています。

戸田市児童センターこどもの国の駐車場

戸田市児童センターこどもの国へ車で来られることがありましたら、気になるのが駐車場です。戸田市児童センターこどもの国に駐車場が用意されているかというと、残念ながら専用の駐車場はありません。

戸田市児童センターこどもの国には駐車場はありませんが、戸田市児童センターこどもの国には隣接したところに、戸田公園パーキングがありますので、そちらをご利用ください。

戸田市児童センターこどもの国で子供と遊ぼう

埼玉戸田で人気の戸田市児童センターこどもの国の魅力やおすすめなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

戸田市児童センターこどもの国は、児童館でありながら、砂場のあるプレイルームがあったり、図書館、プールなどがあります。今度の週末は、戸田市児童センターこどもの国で子供と一緒に過ごしませんか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ