「からし焼き」は東京・東十条のB級グルメ!美味しい人気店を紹介!

「からし焼き」は東京・東十条の美味しいB級グルメです。人気のお店があるほど地元に根付いた絶品グルメで、今まで食べたことがない人も多いでしょう。今回はそんな東京・東十条で人気のからし焼きについてその魅力やおすすめのお店など詳しくご紹介していきます。

「からし焼き」は東京・東十条のB級グルメ!美味しい人気店を紹介!のイメージ

目次

  1. 1東十条のおすすめグルメは「からし焼き」
  2. 2からし焼きとは
  3. 3スタミナ満点のからし焼き
  4. 4からし焼きが誕生したきっかけは?
  5. 5からし焼きの美味しい東京の人気店
  6. 6自宅で簡単!からし焼きのレシピ
  7. 7下町の味からし焼きを味わおう

東十条のおすすめグルメは「からし焼き」

皆さんは東京・東十条にあるB級グルメの「からし焼き」をご存知でしょうか。おそらく東京に住んでいても知らない方は多いかもしれませんが、グルメ好きの間では知る人ぞ知る人気のグルメなんです。

今回こちらの記事では、そんな東十条の地元民や一部のB級グルメ好きに人気のあるからし焼きについて、たっぷりと詳しくご紹介していきましょう。

Thumb十条でランチに人気のお店11選!安い美味しい店や子連れにおすすめの店も!
東京十条といえば、住宅街としても商業施設が充実した街としても人気のエリア。ここではそんな東京...

からし焼きとは

東京・東十条で生まれたB級グルメ「からし焼き」は、おそらく多くの方がほとんど聞き馴染みのないグルメかもしれません。焼きと付く食べ物と言えば他にもたくさん名物がありますが、このからし焼きは東京の中でも隠れたB級グルメとして知られています。

そんな東京・東十条の知られざるB級グルメのからし焼きとは、いったいどんな料理なんでしょうか。これから、皆さんが気になるこのからし焼きの特徴について詳しく掘り下げていきます。

まかない飯から誕生したからし焼き

東京・東十条で食べられる「からし焼き」は、ニンニクを効かせた甘辛く濃厚な味わいの食べ物で、焼きという名前が付いていますが、麻婆豆腐や豆腐チゲのようなビジュアルが特徴です。

からし焼きは東京・東十条周辺のみで食べられるローカルフードとして知られ、地元で高い人気を誇っているソウルフード的な存在となっています。

もともとこのからし焼きは、お客さんへ出す料理としてではなく、お店の人が忙しい合間をぬって食べるまかない飯として誕生しました。

そのスタミナたっぷりで食欲をそそるからし焼きを見て美味しそうと思ったお客さんが徐々に増えていき、のちにれっきとした料理メニューとして出されるようになったのです。

Thumb東十条商店街の楽しみ方ガイド!おすすめの食べ歩きグルメや名物は?
「東十条商店街」は東京都北区に位置する、人気の商店街です。都心からのアクセスも、最寄駅からの...

スタミナ満点のからし焼き

そんな都民でも知らない方が多い下町のソウルフード「からし焼き」とは、具体的にどういった食べ物なんでしょうか。

からし焼きは、一度食べたらやみつきになるほど中毒性のあるB級グルメと言われています。スタミナ満点で思わずご飯がすすむからし焼きの特徴についてこれから詳しくご紹介いたします。

唐辛子+ニンニク+ショウガで栄養満点

「からし焼き」は、赤い色のスープに豚肉や豆腐などがたっぷりと入った汁気のある料理です。パンチの効いたスープには唐辛子・ニンニク・ショウガが含まれており、疲労回復の効果が高い栄養満点な一品となっています。

作り方は、よく熱した鍋でジューシーな豚肉をしっかりと炒め、そこから今度は豆腐を投入してさらに炒めます。これに風味豊かな出汁、甘辛い味付けのタレ、唐辛子、ショウガを入れてじっくりと煮込みます。

この際に加えられるのが、ビックリするほどたっぷりのニンニクです。このニンニクの効果によりパンチがより増し、もうよだれが出てしまうほど食欲がわくこと間違いありません。

全体的な味がしっかりと整えば大きな器に盛り、アクセントとしてネギとキュウリなどの薬味を乗せます。見るからに美味しそうな真っ赤なビジュアルとニンニクが香るB級グルメのからし焼きはこれで完成となります。

美味しすぎて白米も進む

そんな「からし焼き」は、白米との組み合わせも絶妙だと評判です。スープを一口味わうと感じるのが、見るからに辛そうな唐辛子の刺激よりも醤油やみりんを含んだタレの甘みが先にくるのが分かります。

しかし、初めのうちはまろやかな味わいと思いきや、その後にやってくるピリっとした痛快な辛さに思わずビックリする方も多いでしょう。

冬の寒いシーズンであれば身体がポカポカに温まりますが、夏の暑いシーズンであればおそらく額から汗が滝のように流れるのは間違いありません。

ただ、単純に辛いだけの料理というわけではなくしっかりと出汁の旨みがキープされ、しかも柔らかく煮込まれた豚肉や豆腐はしっかりと味がしみ込んでいて、白米と合わせて食べると美味しすぎて止まらなくなるほどです。

からし焼きが誕生したきっかけは?

東京・東十条が誇るB級グルメの「からし焼き」ですが、そんなからし焼きが食べられるようになったきっかけというのはあるんでしょうか。

からし焼き発祥のお店として知られる「とん八」は、東十条の地で長年営まれている老舗の大衆食堂です。こちらのお店の先代が50年以上も前に生み出したとされ、ちょうど経済成長の時代と相まってスタミナ満点のからし焼きは瞬く間に人気を博します。

その後、地元ではその美味しさから口コミがどんどん広がり、からし焼きはお店を代表する名物メニューとなったのです。また、当時人気のあったショウガ焼きと区分けする意味でからし焼きという名前が付けられたとも言われています。

そこから、この「とん八」が誇るからし焼きのレシピは評判を呼んで他のお店にも広がっていきました。また、からし焼きは当時から持ち帰りができて近所の方たちが鍋を持ってからし焼きをよくテイクアウトしていったという話もあります。

このようにして東十条周辺では、一般の家庭でもからし焼きが馴染み深いソウルフードへと変化していき、その美味しさから老若男女問わず食べられるようになっていきました。

では、どうしてからし焼きが東十条周辺でのみ食べられるようになったんでしょうか。理由は諸説ありますが、この界隈はもともと韓国系の移民が多く居住していたため、唐辛子やニンニクを使ったスタミナ料理が受け入れやすかったとも言われています。

からし焼きの美味しい東京の人気店

それでは次に、東京で美味しい「からし焼き」が食べられるおすすめの人気店をたっぷりとご紹介していきましょう。からし焼き発祥の地である東十条を中心としたエリアには、とりわけよく知られた有名なお店がいくつも軒を連ねています。

また、東十条エリア以外にも美味しい絶品のからし焼きが食べられるおすすめのお店がありますので、そちらもピックアップしてご紹介いたします。どれもこだわりの一品が堪能できるスポットばかりですので、要チェックしてご覧ください。

元祖からし焼きのお店「とん八」

東京でからし焼きが美味しい人気店、1店舗目は北区東十条にある「とん八」をご紹介します。こちらの「とん八」は、元祖からし焼きの名店として知られています。

昔ながらのレトロな雰囲気でB級感あふれるからし焼きを食べたいという方は、ぜひこちらの「とん八」をチェックしてください。

そんな「とん八」のおすすめメニューが、ジューシーに焼かれた豚肉と豆腐に甘辛い秘伝タレを合わせた同店自慢の「からし焼き」です。

豚肉と豆腐の上にはたっぷりのニンニクとショウガがトッピングされていて、濃厚なタレの旨みと合わさって白米がすすむこと間違いなしの絶品です。

「とん八」へのアクセスは、JR京浜東北線の東十条駅から徒歩1分の場所となります。営業時間は午前11時30分から午後2時・午後5時から午後8時までで、定休日は木曜日です。

住所 東京都北区東十条3-17-9
電話番号 03-3914-1208

からし焼きの二大巨頭の一つ「味の大番」

東京でからし焼きが美味しい人気店、2店舗目は北区十条にある「味の大番」をご紹介します。こちらの「味の大番」は、地元でも評判のからし焼き二大巨頭の一つとして知られています。

思わず目が覚めるような辛さと、絶妙なバランスの旨辛さがミックスしたこだわりのからし焼きを食べたいという方は、ぜひこちらの「味の大番」をチェックしてください。

そんな「味の大番」のおすすめメニューが、ピリリと辛い味付けでパンチの効いた豚肉の旨みたっぷりな「からし焼き」です。

ニンニクとショウガのバランス良い香りで絶妙で、辛さの中にも甘さのある味付けがやみつきになります。セットとしてライス、味噌汁、漬け物が一緒に付いてきます。

「味の大番」へのアクセスは、JR埼京線の十条駅から徒歩1分の場所となります。営業時間は午前11時から午後2時30分・午後5時から午後10時までで、定休日は水曜日です。

住所 東京都北区上十条2-11-10
電話番号 03-5993-4182

中華風にアレンジした定食が自慢「支那そば大陸」

東京でからし焼きが美味しい人気店、3店舗目は北区赤羽にある「支那そば大陸」をご紹介します。こちらの「支那そば大陸」は、中華料理店でありながら絶品のからし焼きが食べられるお店として知られています。

中華テイストに仕上げられた庶民的でボリューム感のあるからし焼きを食べたいという方は、ぜひこちらの「支那そば大陸」をチェックしてください。

そんな「支那そば大陸」のおすすめメニューが、見るからに辛そうなビジュアルでインパクト大の「激辛からし焼き定食」です。

真っ赤な色をしたスープには脂身たっぷりの豚肉と細かくカットされた豆腐が入っていて、ニンニクの香ばしい風味と後から追いかけてくる辛さが何とも言えません。

「支那そば大陸」へのアクセスは、JR赤羽駅から徒歩6分の場所となります。営業時間は午前11時から午後3時・午後5時から午後10時30分までで、定休日は日曜日です。

住所 東京都北区赤羽1-49-9
電話番号 03-3902-8309

東京郊外の隠れスポット「味里 別館」

東京でからし焼きが美味しい人気店、4店舗目は青梅市にある「味里別館」をご紹介します。こちらの「味里別館」は、都心から離れた郊外で美味しいからし焼きが食べられる穴場なスポットとして知られています。

アツアツの鉄板でジューシーに焼かれた食欲をそそるようなからし焼きを食べたいという方は、ぜひこちらの「味里別館」をチェックしてください。

そんな「味里別館」のおすすめメニューが、鉄板にジュージューと焼かれたニンニクたっぷりの豚肉が食欲をそそる「豚肉のからし焼き」です。

痺れるような辛さに味付けされた豚肉は300g以上とかなりのボリュームで、付け合わせには香ばしく炒められたキャベツやもやしが添えられています。

「味里別館」へのアクセスは、JR青梅線の小作駅から徒歩20分の場所となります。営業時間は午前11時から午後10時30分までで、定休日は不定休です。

住所 東京都青梅市新町8-10-3
電話番号 042-831-4400

Thumb十条周辺の居酒屋ベスト11!料理が美味しい安いお店や飲み放題もあり!
十条といえば、東京北区所在し、十条銀座商店街など数多くの商店街が設けられたショッピングにも好...

自宅で簡単!からし焼きのレシピ

東京にある「からし焼き」が美味しいお店をご紹介してきましたが、そんなからし焼きを自宅でも気軽に食べたいという方もおそらく多いでしょう。

ここでは、自宅でも簡単に美味しいからし焼きが作れるおすすめのレシピについてご説明していきます。美味しく作るコツなどもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

からし焼きの材料

自宅で美味しいからし焼きを楽しむために必要な材料(2人前)は、切り落としの豚肩ロース(200g)、絹ごし豆腐(350g)、きゅうり(30g)、長ネギ(5cm程度)の4つです。

また、これらの材料とは別に必要な合わせ調味料としては、しょうゆ(大さじ4)、料理酒(大さじ3)、みりん(大さじ3)、砂糖(大さじ1)、すりおろしニンニク(大さじ2)、すりおろしショウガ(大さじ2)、一味唐辛子(大さじ1)をボウルに混ぜておきます。

からし焼きの作り方とコツ

からし焼きの作り方としては、まず絹ごし豆腐をキッチンペーパーで包んで、約30分ほど置いてしっかりと水気を切っておきます。絹ごし豆腐はだいたい2cm角の大きさに切りましょう。

そして、きゅうりは細切りに刻んで、長ねぎは小口切りにしていきます。豚肉は食べやすいサイズにカットしてあればそのままで大丈夫です。ボウルには合わせ調味料の材料を入れ、混ぜ合わせます。

次に中火で熱したフライパンにサラダ油を少々ひいて、最初に豚肉を炒めて色が変わってきたら絹ごし豆腐と合わせ調味料を加えます。ひと煮立ちしたら中火のままで約5分ほど煮込んで火を落とします。

出来上がったら器に盛り付け、最後にきゅうりと長ねぎをトッピングすれば、美味しいからし焼きが完成です。また、コツとしては合わせ調味料の量を調整すれば濃いめや薄めにできます。豚肉はバラやモモ、豆腐は木綿豆腐でも代用可です。

下町の味からし焼きを味わおう

東京・東十条のB級グルメ「からし焼き」について、その魅力や美味しい一品が味わえるおすすめのお店などをたっぷりとご紹介してまいりました。どれもB級グルメ好きにとって一度は行ってみたくなる魅力的な人気店ばかりを厳選しています。

からし焼きは、そのスタミナ満点の味とご飯との相性もあって何度でも食べたくなるおすすめのソウルフードです。一回食べたら思わずハマることは間違いないでしょう。

東京にはさまざまなグルメがありますが、下町ならではの美味しいB級グルメもたくさんあります。皆さんも機会がありましたら下町が誇るおすすめB級グルメのからし焼きをぜひ味わってみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
MT企画

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ