深川不動尊は東京のパワースポット!ご利益や御朱印・人気のお守りも紹介!

東京にある「深川不動尊」は、大きなご利益が頂けるパワースポットとして人気です。御朱印やお守りも頂くことができ、東京観光スポットにぴったりです。東京にある「深川不動尊」について、さまざまな情報をピックアップして紹介します。

深川不動尊は東京のパワースポット!ご利益や御朱印・人気のお守りも紹介!のイメージ

目次

  1. 1東京の深川不動尊に行こう!
  2. 2深川不動尊(東京)の見どころを紹介
  3. 3深川不動尊のご利益
  4. 4深川不動尊の境内案内
  5. 5深川不動尊の御朱印
  6. 6深川不動尊の人気のお守り
  7. 7深川不動尊の基本情報
  8. 8深川不動尊へのアクセス方法
  9. 9深川不動尊のご利益を授かろう

東京の深川不動尊に行こう!

東京にある「深川不動尊」は、大変人気の観光スポットであり、パワースポットとして注目されています。御朱印やお守りをあわせて頂いて大事にすると、より大きなご利益を頂くことができるでしょう。東京にある「深川不動尊」について、基本情報やアクセス情報などの観光情報を交えて紹介します。是非、行ってみてください。

深川不動尊(東京)の見どころを紹介

「深川不動尊」は、東京都の江東区・富岡1丁目にある、真言宗・智山派のお寺です。ご本尊は不動明王です。

正式名称を「成田山 東京別院 深川不動堂」と言い、千葉県・成田市にある「成田山新勝寺」の東京別院です。

古くから「深川のお不動様」などと呼ばれて地元の人を中心に連日多くの参拝者が訪れる人気の観光スポットです。

大変大きなご利益を頂くことができるパワースポットとしても注目されていて、東京都内のパワースポット巡りをしている人からも注目されています。

「深川不動尊」では、御朱印やお守りなどを頂くことができるので、参拝とあわせて頂いておき、大切にしたらより大きなパワーを授かることができるでしょう。

東京・江東区の周辺に仕事や観光などで行くスケジュールを立てている人は、是非少し足を延ばして「深川不動尊」にも参拝に行ってみることをおすすめします。心がすっとなること間違いなしの場所です。

見ごたえある木造建築は観光にもおすすめ

東京にある「深川不動尊」の境内には、見ごたえがある木造建築などの見どころスポットがたくさんあり、観光にも大変おすすめの場所となっています。

本堂に手をあわせた後にゆっくりと一つ一つの歴史を感じることができる場所を巡ってみると、心が改まり、新しい考えを発見することができるかもしれません。

深川不動尊のご利益

東京にある「深川不動尊」で頂くことができるご利益は、願望成就のご利益・商売繁盛のご利益・勝負必勝のご利益・立身出世のご利益・病魔退散のご利益などとなっていて、さまざまなご利益を頂くことができます。

境内に一歩足を踏み入れたら、できるだけ清らかな心で手を合わせ、心を込めてゆっくりと願い事をするとさらに大きなご利益を頂くことができます。

「深川不動尊」は、お寺なので、本堂の前では手をたたかずに手を合わせるだけということを忘れないようにしましょう。

深川不動尊の境内案内

東京の「深川不動尊」の境内には、あちこちに見どころが満載なので、是非一か所ずつ丁寧に見て回ってみることをおすすめします。

「深川不動尊」の是非見ておきたい人気のおすすめ見どころ観光スポットを厳選して6つ紹介します。好きなところからゆっくりと巡ってみてください。

本堂

「深川不動尊」の是非見ておきたい人気のおすすめ見どころ観光スポットの一つ目は、「本堂」です。敷地の中央にあります。

「深川不動尊」には、平成23年4月までご本尊が安置されていた「旧本堂」と、現在安置されている「本堂」とがあります。

「旧本堂」は、第二次世界大戦の空襲で焼失してしまったそれまでの本堂の代わりに、昭和26年に千葉県の印旛沼にあった龍腹寺の地蔵堂を移築したものです。文久3年(1863年)に建てられたものであり、現在では、江東区の指定文化財に登録されていて、江東区内で最も古いの木造建築物とされて、大変大切にされています。

「本堂」は、平成23年に開創310年記念として建てられた新しい本堂です。外観はお不動様のご真言(梵字)で包まれていて「真言梵字壁」と呼ばれていて、ここならでは厳かな雰囲気となっています。中はバリアフリーなので、誰もが参拝しやすくなてっています。

大日如来蓮池図

「深川不動尊」の是非見ておきたい人気のおすすめ見どころ観光スポットの二つ目は、「大日如来蓮池図」です。旧本堂のすぐ後ろ側にある内仏殿の4階にあります。

「大日如来蓮池図」は、日本国内でも最大級とされている大きな規模の天井画であり、迫力満点の絵を眺めることができます。

日本画家として有名な中島千波が描いた大変美しい絵であり、約90センチメートル四方の桐板が約123枚あります。

おねがい不動尊

「深川不動尊」の是非見ておきたい人気のおすすめ見どころ観光スポットの三つ目は、「おねがい不動尊」です。旧本堂にあります。

「おねがい不動尊」は、大きさが約1丈8尺もあり、国内最大級と言われている大変大きな木造の不動尊像です。

「おねがい不動尊」は、熊本県・天草で自生していた、樹齢が500年を超えていると考えられている楠の霊木が使われています。

深川龍神

「深川不動尊」の是非見ておきたい人気のおすすめ見どころ観光スポットの四つ目は、「深川龍神」です。境内に入ってすぐ左手にあります。

「深川龍神」は、水を司る神様として古くから厚く信仰され、地域の守り神としても大切にされてきました。

「深川龍神」にはオリジナルの参拝方法があります。まず最初に「龍神願い札」に自分の願い事を書きます。「龍神願い札」の初穂料は100円となっています。

そして、次に「龍神願い札」を水鉢に浮かべます。そして水鉢のすぐ横にある銅鑼を2回ゆっくりと叩き、手を合わせて願い事をお祈りします。次第に「龍神願い札」は、ゆっくりと溶けていき、龍神のところへ願い事が届きます。

深川開運出世稲荷

「深川不動尊」の是非見ておきたい人気のおすすめ見どころ観光スポットの五つ目は、「深川開運出世稲荷」です。境内の右側にあります。

「深川開運出世稲荷」は、成田山にある「成田山開運出世稲荷」の御分霊が祀られていて、開運成就や仕事運UPなどのご利益を頂きたい時にあわせて参拝しておきたいスポットです。

大変かわいらしいと評判の願掛きつねを奉納することもできます。願掛きつねには願い事を書いた紙を入れることができます。

祈りの回廊

「深川不動尊」の是非見ておきたい人気のおすすめ見どころ観光スポットの六つ目は、「祈りの回廊」です。本堂にあります。

「祈りの回廊」は、本堂の左手側からご本尊の真下をぐるりと回る回廊となっていて、より間近にご本尊を感じることができます。

「祈りの回廊」の両側には、約1万体もの白く輝く不動尊像が納められているクリスタルの五輪塔が奉安されています。

「祈りの回廊」は、息を飲む美しさであり、すっと気持ちが洗われること間違いなしです。心が安らぎ、優しい気持ちになれます。

深川不動尊の御朱印

東京の「深川不動尊」は、御朱印を頂くことができるお寺なので、今話題の御朱印集めをしている人は、御朱印帳を持って参拝に行くことをおすすめします。

「深川不動尊」で御朱印を頂くことができる場所は、旧本堂のすぐ右側にあるお札場です。授与時間は、4月から9月までが8時30分から17時まで、10月から3月までが8時30分から16時30分となっています。

御朱印は、お寺を参拝した証明として頂くことができるものなので、必ず本堂に手をあわせてから頂きに行くようにしましょう。

御朱印を頂こうと考えている場合は、たっぷりの時間と気持ちに余裕をもって訪れることができるようにしっかりとスケジューリングをしておきましょう。

通常の御朱印

「深川不動尊」で頂くことができる御朱印のその1は、「通常の御朱印」です。「通常の御朱印」は、中央に「本尊 不動明王」の文字、右側に「奉拝」の文字と日付、左側に「成田山深川不動堂」の文字を書いて頂けます。

「通常の御朱印」は、いつ行っても書いていただける通年の御朱印となっています。迫力満点の御朱印なので、是非頂いておくと良いです。

季節の限定御朱印

「深川不動尊」で頂くことができる御朱印のその2は、「季節の限定御朱印」です。毎月1日・15日・28日の縁日の時には「縁日限定の御朱印」、元旦から2月3日までは「新春限定の御朱印」、開運出世稲荷の例大祭が行われる2月には「2月限定の御朱印」など、それぞれの季節や行事などにあわせた御朱印を頂くことができます。

「季節の限定御朱印」は、年によって変わることがあるので、最新情報をホームページなどでGETしておくとスムーズに頂くことができるでしょう。

関東三十六不動の御朱印

「深川不動尊」で頂くことができる御朱印のその3は、「関東三十六不動の御朱印」です。「深川不動尊」は、関東にある不動明王を祀っている36か所を回る霊場巡りの「関東三十六不動」の第20番札所となっています。

「関東三十六不動の御朱印」は、中央に「本尊 不動明王」の文字、右側に「奉拝」と「成田山」の文字、左側に「深川不動堂」の文字を書いて頂けます。

深川不動尊の人気のお守り

東京の「深川不動尊」では、お守りも頂くことができるので、より大きなご利益を頂きたい時にはあわせて頂いておくことをおすすめします。

「深川不動尊」には、さまざまな願い事の色とりどりのお守りがずらりと並べられています。東京観光のお土産や、家族や大切な人へのプレゼントにもぴったりです。

お守りのチョイスに悩んでしまったときには、お寺の方に声をかけてみると適切なアドバイスを頂くことができるでしょう。

身代わり守り

「深川不動尊」の人気でおすすめのお守りの一つ目に「身代わり守り」があります。初穂料が500円のお守りのみのものと、初穂料が700円の錦袋に入った紺色と赤色のものがあります。

「深川不動尊」にある豊富な種類のお守りの中でも特に人気で定番のお守りとなっています。このお守りを持つ人の代わりに災いを受けてくださるとされています。

おねがい不動尊守り

「深川不動尊」の人気でおすすめのお守りの二つ目に「おねがい不動尊守り」があります。初穂料は700円となっています。

「おねがい不動尊守り」は、樹齢700年以上もの楠の御用材で作られていて、「おねがい不動尊」が彫られている大変貴重なお守りです。

楠の御用材がなくなり次第授与終了となるので、「おねがい不動尊守り」が頂きたい時には、早めに行くことをおすすめします。

深川不動尊の基本情報

「深川不動尊」は、東京都・江東区富岡1丁目にある、地元の人を中心に大変愛されている真言宗智山派のお寺の一つです。

参拝可能時間は、8時から18時までとなっていますが、時期や縁日などの日にちによっては変動となることもあります。

御朱印やお守りなどを頂くことができるお札場は、4月から9月までの夏期間が8時30分から17時まで、10月から3月までの冬期間が8時30分から16時30分までとなっています。

とても神聖な場所であるということを忘れずに慎んだ行動をするように心がけることが大変重要となります。

深川不動尊へのアクセス方法

東京にある「深川不動尊」に電車を使ってアクセスしようと思っている場合は、東京メトロ東西線の「門前仲町駅」で降りて1番出口から出ると徒歩約2分、都営地下鉄大江戸線の「門前仲町駅」で降りて6番出口から出ると徒歩約5分でアクセスすることができます。また、JRの「越中島駅」で降りても徒歩約15分でアクセスすることができます。

東京にある「深川不動尊」に車を利用してアクセスしようと思っている場合は、首都高速9号深川線の「木場出入口」や「福住出入口」などで降りるとアクセスすることができます。

一般の道路を利用してアクセスしようと思っている場合は、都道10号線・都道475号線・都道319号線などを利用すると良いでしょう。

東京にある「深川不動尊」には、参拝者が専用で利用することができる無料駐車場が約20台分あります。駐車できる車の台数には限りがあるので、週末やゴールデンウィーク・年末年始などを中心に混雑する時には、周辺のコインパーキングについてもあらかじめ調べておくと、スムーズに行動することができるのでおすすめです。

「タイムズ深川2丁目第2」は、約5台分の駐車スペースがある平地の自走式駐車場です。24時間年中無休営業なので、好きな時に入・出庫ができます。料金は、全日8時から19時までが20分220円、19時から翌朝8時までの夜間が60分110円となっています。最大料金は、入庫から5時間までが1540円で、繰り返し適用となります。

「タイムズ富岡八幡宮北」は、約9台分の駐車スペースがある平地の自走式駐車場です。24時間営業なので、ゆっくりと観光などができます。料金は、8時から22時までが25分330円、22時から翌朝8時までが60分110円となっています。最大料金は、入庫から24時間までが2200円となっていて、何度も繰り返して適用されます。

深川不動尊のご利益を授かろう

東京にある「深川不動尊」は、人気の観光スポットであり、いつも多くの人で賑わっています。大きなご利益を頂くことができ、御朱印やお守りをあわせて頂いておくとより強力なパワーが頂くことができるでしょう。東京・江東区の周辺に観光や仕事などで行く予定があるときには、是非少し時間をとって「深川不動尊」に行ってみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ