ルビアンのパンは東京で大人気!店舗や話題の工場直営店の場所は?

皆さんは、ルビアンというパン屋さんをご存知でしょうか。東京を中心に店舗があり、また、清澄白河にある工場直営店も話題のパン屋さんです。そんな工場直営店が話題のパン屋さん、東京・ルビアンでおすすめのパンや店舗、工場直営店をご紹介します。

ルビアンのパンは東京で大人気!店舗や話題の工場直営店の場所は?のイメージ

目次

  1. 1東京で人気のルビアンのパンとは?
  2. 2パンで有名なルビアンとは?
  3. 3ルビアンのパンが人気の理由
  4. 4ルビアンのおすすめパン
  5. 5ルビアンの地域限定のパンもおすすめ
  6. 6東京で人気のパン屋ルビアンの公式サイトも要チェック!
  7. 7ルビアンの店舗情報とアクセス
  8. 8美味しいと人気のルビアンのパンを食べてみよう!

東京で人気のルビアンのパンとは?

東京の清澄白河に工場直営店を持つルビアンというパン屋さんをご存知でしょうか。東京を中心に店舗を構えていて、今では、横浜や大阪、神戸などにも店舗があり、人気上昇中のパン屋さんです。東京には、たくさんのパン屋さんがありますが、こちらルビアンのパンは、その中でもおすすめです。

東京でも工場直営店のあるパン屋さんはそれほど多くなく、今、話題となっています。もちろん、工場直営店の店舗でもパンを購入することができるのでおすすめです。ルビアンでは、フランスパンをはじめ、食パン、デニッシュ系のパンまで楽しむことができます。

豊富な種類の美味しいパンが楽しめるということで人気があります。また、工場直営店で出来立てホヤホヤのパンを楽しむことができるのでおすすめです。東京で工場直営店が話題のルビアンのおすすめパンや人気の工場直営店・店舗をご紹介します。

パンで有名なルビアンとは?

パンで有名なルビアンは、東京の清澄白河に工場直営店のあるパン屋さんで、ルビアン・ミッシェルというフランス人が1974年にオープンした本格的なパン屋さんです。あっという間に、パン好きの日本人の心を鷲掴みにして人気となりました。

そのルビアン・ミッシェルは、フランス・ブルターニュで三代続いているパン屋さんのご子息でもあります。フランスでとても歴史のあるパンが、ここ東京で楽しむことができるのでお勧めです。東京を中心に店舗があり、今では、横浜や大阪、神戸にも店舗が広がっています。

ルビアンでは、特に、フランスパンへのこだわりがあり、フランス産の材料にこだわった美味しいフランスパンを東京にいながら楽しむことができるのでおすすめです。それでは、ルビアンのこだわりのおすすめパンや工場直営店をはじめ、人気店舗をご紹介しましょう。

ルビアンのパンが人気の理由

ここでは、ルビアンのパンが人気の理由についてご紹介していきましょう。ルビアンのパンが人気の理由には、いくつかの理由がありますが、まずは、フランス産の材料にこだわっているということです。

さらには、そのフランス産の材料にこだわったフランスパンが逸品と言われています。どこのフランスパンにも負ける事のない美味しいフランスパンが自慢となっています。そして、何よりも工場直営店で焼きたてホヤホヤの美味しいパンを楽しめる点に

人気の理由(1) パン生地

ルビアンが人気の理由には、まず、パンの生地が挙げられます。パンの生地を作る際には、粉と水の割合にもこだわり、しかも、18時間から24時間も寝かせるというのですから驚きです。じっくりと時間をかけた生地作りが美味しいパンを楽しめる理由にもなっています。

この生地の取り扱いは、熟練の職人でなければ扱うのが難しいという事で、三代続くフランスのパン屋産で修行したからこそのパンを楽しめるわけです。とっても柔らかい生地で作るパンは、味わいも深く美味しいのでおすすめです。

人気の理由(2) 美味しいフランスパン

もう一つの人気の理由には、美味しいフランスパンが挙げられます。これは、先ほどもご紹介したように、熟練しか扱えないような生地をベースに作っているため、今までにないふっくらとしたフランスパンを楽しむことができます。

ルビアンの美味しいフランスパンは、外の皮はパリッとしていて、中がふわっとしています。ルビアンのフランスパンは、焼き上げる際にパチパチという音を感じ取ってパンを焼いているようです。ルビアンでは、これを「パンが歌う」と言っているようですが、熟練の職人ならではの表現でもあります。

フランスの本格フランスパンをここ東京でも楽しめるようにと、日本の気温や湿度も考慮に入れているので、美味しいフランスパンを楽しむことができるのでおすすめです。

ルビアンのおすすめパン

ここでは、ルビアンでおすすめのパンをいくつかご紹介しましょう。ルビアンには、たくさんの種類のパンがあります。先ほどからもご紹介しているフランスパンをはじめ、朝食にもおすすめな食パンや菓子パンのデニッシュ系などのパンを楽しむことができます。

ここでは、「バゲット・トラディショネル」や「クインテスブラン」、「バゲット」、「クロワッサン」、「クイニーアマン」をご紹介しましょう。

おすすめパン(1) バゲット・トラディショネル

最初におすすめしたいパンは、「バゲット・トラディショネル」です。こちらのパンは、ルビアンの代名詞ともなっているパンで、このパンを食べずして、ルビアンを語ることができないとまで言われている自慢のフランスパンです。

フランスから本場の味を再現するために、小麦粉や塩、イーストをフランスから仕入れるこだわりぶりです。ルビアンでこれをまだ食べてない方はぜひ食べてみてください。今までにない食感のフランスパンに出会えるはずです。

外がカリッと焼かれていて、それでいて、中はしっとりのフランスパンで、東京で一番美味しいという人もいるほどのフランスパンになります。

おすすめパン(2) クインテスブラン

「クインテスブラン」もまた、人気のあるパンです。こちらのパンは、食パンのカテゴリーで、食パンの中でもふわっとした食感を楽しむことができる食パンになります。また、トースターで焼くと、サクサク感も楽しめる食パンです。

朝食のパンとしてもおすすめな軽めのパンで人気があります。食パンの中には、風味蓋かなブレ・ドールをはじめ、北海道小麦を使ったパン・ド・ミー、フランスパンの生地を使ったフランスブランも人気です。

おすすめパン(3) バゲット

東京で人気のルビアンの代名詞ともなっているのが、この「バゲット」です。先ほどもご紹介したバゲット・トラディショナルとは、また別のバゲットになります。どんな料理にも合うフランスパンで人気があります。

フランスではおなじみで、ルビアンでも美味しいフランスパンを楽しめます。バゲット・トラディショナルとはまた違った食感でおすすめです。フランスパンには、その他にも、めんたいフランスやベーコン・エピ、グリエールチーズ、パン・オ・ルヴァンなどのフランスパンがあります。

おすすめパン(4) クロワッサン

子供から大人までに人気なのが、この「クロワッサン」です。クロワッサンというと、どこのパン屋産でも人気のパンです。必ずと言っていいほど店頭で販売しています。ルビアンのクロワッサンは、他のパン屋産よりもバターの風味があります。

バターの香りも香る美味しいクロワッサンでおすすめです。朝の朝食を少しだけ豊かにしてくれるそんなクロワッサンです。クロワッサンは、紅茶にもコーヒーにも合うのでおすすめのパンです。

朝食を軽めにしておきたい時にもおすすめなのがクロワッサンです。軽めでありながら、バターの風味で満足のいく朝食を楽しめます。

おすすめパン(5) クイニーアマン

この「クイニーアマン」は、デニッシュ系のパンです。こちらのパンは、フランス・ブルターニュ地方で食べられているパンで、この地方の家庭の味と言ってもいいでしょう。とっても素朴なパンで、それがまたほっこりするそんなパンです。

バターがたっぷりと使われているということもり、素朴な中にも深みを感じるそんなパンでおすすめです。朝食だけでなく、子供のおやつにもぴったりなパンです。

その他のデニッシュ系のパンでも、くるみの入ったクルミデニッシュやナッツとキャラメリゼの食感が絶妙なクロッカンも人気です。

ルビアンの地域限定のパンもおすすめ

ルビアンは、地域限定で美味しいパンを提供しています。ルビアンでは、関東地区と関西地区で、それぞれ限定のパンを楽しむことができます。旬の食材を使ったパンを楽しむことができるのでおすすめです。

現在、関東地区の店舗では、「桃フェア」を実施中で、桃を使った美味しいパンを楽しむことができます。桃フェアでは、桃のクリームパンをはじめ、白桃デニッシュ、ピーチのスコーン、白桃あんぱんを楽しめます。

関西地区では、今の時期、同じく桃フェアを開催中で、白桃のガトー・ナンテやピーチパイ、桃あんとクランベリー、桃のクリームパンなどを楽しめます。それぞれの地区でも違ったパンを楽しめるのでお勧めです。

東京で人気のパン屋ルビアンの公式サイトも要チェック!

東京で人気のパン屋「ルビアン」では、公式サイトが開設されています。公式サイトでは、ルビアンのパンのこだわりについてや美味しいパンについての紹介、地域限定のフェアなどについても掲載されています。

東京をはじめ、横浜や関西にある店舗についても詳しく掲載されていますので、自宅から近いルビアンに行くことができます。また、パンを美味しくいただくための豆知識なども掲載されていますので参考になります。

ルビアンの店舗情報とアクセス

ここでは、ルビアンの東京にある店舗情報や工場直営店、それぞれのアクセスについてご紹介しましょう。

ルビアンは、東京をはじめとした関東地区と大阪や神戸といった関西地区に店舗があります。ここでは、人気の工場直営店と東京の店舗に合わせてご紹介します。

工場直営店の店舗情報

まずは、ルビアンの工場直営店の店舗情報についてご紹介しましょう。定休日ですが、年末年始になります。営業時間は9時30分から13時です。工場直営店ということもあり、午前中から午後一までという営業時間なのでご注意ください。

こちらのルビアンは、パンのルビアンと洋菓子の「アンテノール」の販売店になっています。店舗内には、テーブルが12席ほどあるので、店内で食べることも可能となっています。

外観は、工場の景観となっていて、入口は店舗のような作りになっています。店内に入ると、普通のおしゃれなパン屋産と言った感じの店舗になっています。ショーケースには、洋菓子も飾られています。

工場直営店へのアクセス

工場直営店へのアクセスですが、地下鉄清澄白河駅から徒歩10分ほどの場所にあります。地下鉄清澄白河駅は、東京都江東区白河一丁目にある駅で、都営地下鉄・東京メトロの駅になります。

東京メトロということで、東京駅をはじめ、東京のあちこちからもアクセスのしやすい店舗になります。東京駅から地下鉄清澄白河駅までは、およそ15分ほどでアクセス可能となっています。

新宿小田急店の店舗情報

東京の新宿小田急店の店舗情報ですが、東京・新宿の小田急百貨店にある店舗になります。定休日は元旦と小田急の休業日に準じています。営業時間は月・火・水は10時から20時30分で、木・金・土は10時から21時、日・祝は10時から20時です。

曜日によって、営業時間が変わるのでご注意ください。店舗は、テイクアウトのみで、イートインスペースはありません。ショーケースには、美味しそうなパンがずらっと並んでいます。人気のバゲットもちゃんとおいてあります。

新宿小田急店へのアクセス

東京・新宿小田急店へのアクセスですが、東京の新宿にある小田急百貨店の本館地下2階に店舗はあります。東京の新宿は、東京のターミナル駅ということで、東京のあらゆる方面からのアクセスがしやすい場所です。

新宿の小田急百貨店は、もう駅直結と言ってもいい感じで、雨の日でも雨知らずでアクセスすることができるのでおすすめです。新宿にあるということで、ご自宅のそばにルビアンがない婆にもおすすめできる店舗です。

池袋店の店舗情報

東京・池袋店の店舗情報ですが、こちらも新宿と同様に、東京の北のターミナル池袋駅にあるということで便利に利用することができるのでおすすめです。しかも、西武百貨店池袋本店にあるということで、アクセスもしやすいです。

定休日ですが、基本的にはなく、西武池袋本店の営業日に準じています。営業時間は、月から土は10時から21時で、日・祝は10時から20時です。夜も遅くまでやっていますので、会社帰りにも立ち寄ることができます。

店舗外からも美味しそうなパンが見えるようになっていて、店内に入ると、棚にはたくさんのパンが所狭しと並んでいます。テイクアウト専門で、店内にはイートインスペースはありません。

池袋店へのアクセス

東京・池袋店へのアクセスですが、東京のターミナル駅ということで、たくさんの路線が乗り入れている池袋ということで、東京の各方面からアクセスしやすいです。

また、西武百貨店本館の地下1階にあるということで、雨を気にすることなく、アクセスすることができるのでおすすめです。JR南口の東京メトロ有楽町線から西武池袋線への乗り場方面の途中の地下にあります。

美味しいと人気のルビアンのパンを食べてみよう!

東京で工場直営店が話題のルビアンの美味しいパンや店舗についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。フランス産の材料にこだわったフランスパンは、こちらルビアンの看板商品です。

ルビアンでは、代名詞のフランスパンの他にも、食パンやデニッシュ系のパンまであります。子供から大人までが楽しむことができるパンがたくさんあります。

今では、東京だけでなく、横浜や千葉などの関東地区や大阪や神戸などの関西地区にまで店舗が増えています。店舗もターミナル駅にあることが多いのでアクセスするにも便利です。東京にお越しの際には、ルビアンの美味しいパンを楽しんではいかがですか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ