表参道はかき氷の人気店が勢揃い!インスタ映えするかわいい名店まとめ!

美味しいパンケーキ店やかき氷が食べられるカフェなど、長居をしたくなる居心地の良い名店が多いことで知られる表参道、韓国発の人気かき氷店が表参道に上陸して以来、さらに大勢の人々が訪れます。今回は、美味しいだけではなく見た目も楽しめるおしゃれな人気店に迫ります。

表参道はかき氷の人気店が勢揃い!インスタ映えするかわいい名店まとめ!のイメージ

目次

  1. 1表参道の人気かき氷店をご紹介!
  2. 2トレンドの中心地表参道エリア
  3. 3表参道にはどんなかき氷がある?
  4. 4かき氷の名店や人気店が多い表参道エリア
  5. 5表参道のかき氷と海外のかき氷事情
  6. 6表参道の美味しいかき氷を生む天然水
  7. 7表参道の濃厚かき氷
  8. 8表参道で火が付いた!韓国の贅沢かき氷
  9. 9表参道エリアの看板かき氷
  10. 10表参道エリアのかき氷ブーム
  11. 11表参道のかわいいかき氷店
  12. 12表参道の隠れ屋的人気かき氷店
  13. 13表参道でいただくかき氷の栄養素やカロリー
  14. 14表参道までのアクセス
  15. 15表参道の名店でかき氷をインスタにおさめよう!

表参道の人気かき氷店をご紹介!

情報や文化の発信地である渋谷にもほど近く、最先端のトレンドを生みだす洗練された名店が軒を連ねる「表参道」、珍しくて可愛らしいカフェや美味しいパンケーキ店があることでも有名ですが、韓国で話題になったかき氷店・2号店が進出してから行列が途絶えないようです。そんな、夏にぴったりの最先端かき氷や名店をご紹介していきます。

トレンドの中心地表参道エリア

トレンドの中心地でもある「原宿・渋谷・表参道」には、「Top shop」や 「ソストレーネグレーネ」「IKEA都心型店舗」を始め世界各国で話題の名店が続々と進出しています。

街を歩くだけでも刺激的な「表参道」ですが、実はこの場所スイーツの激戦区でもあり、美味しいだけではなくインスタ映えするよう作り込まれたかわいいスイーツや店舗が目白押しです。

ハリウッドに店舗を構えるオーガニックカフェや、日本でまだ数の少ない名店が一堂に集結するため、限られた時間に貴重なものとの出会いが沢山あるスポットとも言えるでしょう。

表参道にはどんなかき氷がある?

今回ご紹介する表参道で話題のかき氷店は、インスタ映えするカラフルな色と絹のように滑らかで不思議な味わいが特徴の海外発のお店です。

その新感覚かき氷が韓国でブームを巻き起こした2016年夏、新スタイルのかき氷店が韓国人の多く住む東京の「新大久保」に初上陸し話題になりました。

韓国で人気となったそのかき氷は、他の店舗のかき氷とは全く違い一見ケーキやアイスクリームと見間違えるほどふんわりとしているのが特徴です。

表参道ではシロップや練乳がたっぷりのった昔から定番のかき氷とは違った繊細で粉雪のようにサラサラしている表参道ならではのものが味わえます。

Thumb新大久保のかき氷ランキング!人気の専門店や穴場などおすすめを厳選!
東京・新大久保で美味しいかき氷が食べたい!そんな方におすすめのかき氷を提供しているお店をラン...

かき氷の名店や人気店が多い表参道エリア

また「かき氷」と一言でいっても韓国には実に様々な種類とトッピング、色が存在し、新鮮なフルーツがかき氷の中に埋め込まれている珍しい盛り付けも存在します。

表参道エリアでは、従来のかき氷の常識を覆すかのような斬新で多様なかき氷に注目が集まっています。中でも女性目線のかわいい盛り付けがされたかき氷や食と美意識、健康を大切にしている人気店も多いです。

Thumb渋谷のかき氷店人気11選!ふわふわ氷の有名店や和風の人気店など紹介!
東京の若者の街として知られる渋谷には、かき氷を食べられるおすすめのお店がたくさん立ち並んでい...

表参道のかき氷と海外のかき氷事情

それに加え、環境の変化による例年の暑さで、日本でも冷たいスイーツの出荷量が前年度に比べ徐々に伸びてきているそうです。

そんな表参道にオープンした台湾や韓国の「多様性のあるかき氷店」の波にのり、日本のやわらかい食感のかき氷もニューヨークで話題になったそうです。

台湾や韓国に代表される「多様性のあるかき氷店」の美味しさや人気を支えているのは、どうやらインスタ映えするかわいい盛り付けや食感にとどまらないようです。

「多様性のあるかき氷」など、ブームが起きる美味しさの裏には、必ずといって良いほど厳選された良質な素材が存在しています。

表参道の美味しいかき氷を生む天然水

例えば、名水の里「八ヶ岳」高原の湧水から作られる氷、「日光」の天然水から作られる天然氷などが都内の有名かき氷店でよく使われていたりします。

栃木県日光市にある「天然水」の蔵元でも夏場はかき氷を求め人々が行列をつくるそうです。本来、日光の山沿いでは雪や雨がほとんど降らないのに気温はずっと低いため、美味しい氷をつくるのに最適な環境なのだそうです。

「無風」ということが条件の天然氷作り専用の池周辺では、少しの不純物も混じらないよう水源の整備や掃除が定期的に行われ「氷の透明度」もしっかりとキープされています。

表参道の濃厚かき氷

そんなリピーター達を魅了してやまないふんわりとした食感と、クセになるような口溶けを生む美味しい氷には透明度の高い天然水が使用されている事がわかりました。

続いては、表参道・原宿・渋谷を代表する本場「韓国」や「台湾」のかわいいかき氷に迫って行きましょう。

パッピンス

「パッピンス」とは「あずきのかき氷」という意味、朝鮮半島で人気が出た後韓国のファーストフード店でも頻繁に食べられるようになった国民食です。

韓国語で「パッ」はあずき、「ピンス」はかき氷のことを意味しています。薄く削られた氷にあずきや小麦を砕いて粉にしたものがのせられているのが特徴です。

このパッピンスには、あずきなどのシンプルなものからフルーツやアイスクリーム、氷が見えなくなるほどのフルーツでデコレーションされているものもあり具材もお店により様々です。

フルーツには、バナナやマンゴーの他パイナップルやキウイがありお店により微妙に盛り付け方も異なるため、インスタ映えも変化に富んだものになりそうです。

食べ方はスプーンを容器の中に刺しかき混ぜるのが韓国流、きな粉味の「インジョルミピンス」「マンゴーピンス」もあり、鹿児島のシロクマに似ています。

マンゴーかき氷

表参道の隣、原宿で有名なのは、新鮮な生のマンゴーがのせられているだけでなくかき氷自体にマンゴーの味が付けられた台湾発「マンゴーかき氷」です。

現在話題になっている台湾発のマンゴーかき氷は、600円から800円でいただけるパッピンスと違い、氷も台湾産ものが使用されています。

その為かき氷の値段も900円から1550円と高めに設定されています。中でも原宿に以前あった台湾カフェで人気が高かったものは「モテキ」というネーミングのかき氷です。

モテキは台湾発のものであっても日本独自のユーモアが添えられたかき氷、ハート型のマシュマロやマンゴーアイスなどリゾート気分が味わえるかわいい盛り付けに仕上がっています。

ガールズトークに花を咲かせながら、インスタ映えのするかわいい写真を撮ってみたいと思っている方や子供、10代の若者におすすめです。

表参道で火が付いた!韓国の贅沢かき氷

続いてご紹介する表参道のかき氷は、韓国の「釜山」発かき氷「ソルビン」、ブームが起きた当時ソルビンを扱うお店では開店と同時に長蛇の列ができ整理券が配られていました。

この幻のかき氷「ソルビン」とは、お店の創業者のアイディアによって、昔ながらの伝統的菓子を現代のものとを上手く融合させながら作り上げられたものです。

ソルビン

そのため、味わった事のある人のなかには童心にかえったような懐かしい気分と同時に驚きを感じる人もいるそうです。

代表的なのが、韓国のインジョルミというきな粉餅と、先ほどのあずきのかき氷ハッピンスを組み合わせて作り出された新感覚のかき氷です。

雪のように消えてしまいそうな新食感は勿論のこと苺味や抹茶味、チョコ味に黒胡麻味、ブルーベリーとチーズケーキ味など、表参道で味わうソルビンの味のバリエーションには驚かされます。

また、刻まれたチョコやチーズケーキ、胡麻やアーモンドなど様々な盛り付けで提供される表参道のソルビンは豪快なかき氷でもあります。

実際に目の前に出されているような感覚の写真が撮れたり、南国にいる雰囲気でのインスタ映えも表参道にいながら楽しむ事ができるでしょう。

表参道エリアの看板かき氷

「雪氷」という意味を持つソルビンですが、2013年に韓国の「釜山」で1号店がオープンして以来、1年間で400店舗にまで急成長するほどの看板メニューとなっていきました。

2015年には表参道でもソルビンに加え真冬に食べる暖かいスイーツである「きな粉餅トースト」が販売され韓国のスイーツに益々注目が集まりました。

表参道エリアのかき氷ブーム

ソルビンは韓国国内でデザートブランド1位を獲得、2016年に旅行好きを対象に実施された調査で「プレミアム苺ソルビン」が世界の絶品スイーツランキングで1位を獲得しています。

中でも生の苺が大量にのせられた「生苺ソルビン」や、メロンを半分くり抜きそのまま器として使用した「メロンヨーグルトソルビン」林檎とマンゴー、チーズケーキが豪快にのせられた「マンゴーチーズソルビン」は衝撃的です。

このエリアでスペイン発の輸入雑貨店と飲食店を展開するオーナーもソルビンに影響を受け、創業者にコンタクトを取り、後に表参道でもソルビンの美味しさが紹介されています。

表参道のかわいいかき氷店

それでは、そんな衝撃のかき氷やスイーツが続々と提供される表参道のインスタ映え確実のかわいい名店を見ていきましょう。

まず最初のおすすめは、表参道でかき氷をいただくならこの場所というくらい知名度の高い「ホミビン」です。

HOMIBING

「ホミビン」とは、2017年に日本に上陸した見た目がとてもかわいい台湾発の人気店、お店の営業時間は午前11時から午後7時までとなっています。

店舗自体は台湾や韓国国内にも展開されていて、名物のホミビンだけでなくインスタ映えするその他のかわいいこだわりスイーツにも出会えるお店です。

白や金、淡いビンクや紺色などを基調としたフェミニンで上質な雰囲気を醸し出す表参道ホンビンの外観はシックでロマンチックな印象です。

店内にはゆったり座れるソファーとテーブルも用意され、インテリアや照明も含めインスタ映えが期待できるかなりお洒落な空間と言えるでしょう。

JR原宿駅からは徒歩8分、地下鉄銀座線や半蔵門線の通る「表参道駅」A2出口からは徒歩2分の場所に位置しています。

住所 東京都渋谷区神宮前4-2-17
電話番号 03-6804-1638

ICE MONSTER OMOTESANDO

続いてのインスタ映え確実の人気店は「アイスモンスター表参道」、現在では行列の心配も解消されゆったりと飲食と写真撮影が楽しめるお店です。

「アイスモンスター表参道」は2015年に表参道に上陸したお店、3階建てで席数も多く台湾発のフレーバーアイスブロックが有名です。

「アイスモンスター表参道」で提供されるフレーバーアイスブロックとは、水で作られた氷の代わりに氷に味と色味がつけられているものです。

「アイスモンスター表参道」の人気メニューは、表参道にある台湾の贅沢かき氷でもご紹介した濃厚マンゴーかき氷、お店の中はシックでモダンな雰囲気になっています。

お店の営業時間は午前12時から午後6時30分まで、「明治神宮前駅」の4番出口からは徒歩1分、アイスやタピオカドリンクのテイクアウトは並ばず購入できます。

住所 東京都渋谷区神宮前6-3-7
電話番号 03-6427-4100

表参道の隠れ屋的人気かき氷店

表参道にあるもう1つのおすすめ名店は、穴場として人気の高いカフェ「木と水と土と表参道店」です。

お店の名前の通り自然の豊かな和歌山県をコンセプトにしたお店で、2019年にリニューアルオープンしたばかりの木のぬくもりが感じられる落ち着いたお店です。

「木と水と土と表参道店」の人気メニューは、かわいいシロクマの顔をしたかき氷とインスタ映え確実のオレンジヨーグルトです。

お店の営業時間は午前11時から午後5時まで、「表参道駅」B2出口から徒歩1分の場所にあり、ヴィーガンメニューやオーガニックメニューも充実しています。

住所 東京都港区北青山3-10-13FPGlinksOMOTESANDOビルB棟1F
電話番号 03-5962-7586

表参道でいただくかき氷の栄養素やカロリー

本場韓国で作られたかき氷を食べるとなった場合日本の天然水と同じようなものがない為、純水を使用した氷をいただく事になります。

またトッピングで使用する素材やシロップ、はちみつや小豆などは手作りのものが多く、濃厚で新鮮なぶんカロリーは高めになります。

普通の水を使用せず、天然の素材を使用して凍らせた氷には甘みや味わいがあり、ビタミンやミネラルなども多く含まれている傾向があります。

日本でいただく通常のかき氷であれば、シロップのみをかけた場合70kcalほど、アイスクリームを加えた場合は90kcal、栄養価の高い小豆やあんこは49kcalと低めです。

パッピンスの場合タンパク質が10.26g、炭水化物は79.24gと他のかき氷に比べカロリーも高めですが脂質は2.96に抑えらえています。

マンゴーかき氷はパッピンスに比べ脂質のみ3.20gとやや高めですが、カロリーやタンパク質、炭水化物は日本の甘味処でいただくかき氷とほとんど変わりがありません。

生の苺やブルーベリーなどのかき氷をチョイスすることで、メラニン色素抑制やコラーゲンをつくるのに必要なビタミンCをとることができます。

表参道までのアクセス

「表参道」とは、明治神宮御苑の正面から青山通りと交差をしている表参道交差点までの約1.1kmの区間を指しています。

最寄駅は原宿駅、明治神宮前駅と表参道駅です。地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線もしくはJR山手線を利用し「渋谷」方面行きを利用するのが便利です。

東京駅から表参道駅へアクセスする方は、まず地下鉄丸の内線「荻窪」行きで「赤坂見附」へ向かいそこから地下鉄銀座線または半蔵門線に乗り換えます。所要時間は15分、運賃は200円です。

また、表参道は東京と横浜間を結ぶ「国道246号」と交差している為お車でのアクセスは首都高速がおすすめです。入り口は、首都高4号「外苑」と首都高3号の「高樹町」です。

表参道の名店でかき氷をインスタにおさめよう!

少し贅沢な韓国かき氷のソルビンや濃厚なパッピンス、おすすめの名店などをご紹介してきました。暑くなると積極的に食べたくなるひんやりデザートですが近年ますます人々の好みに応じたアレンジや味が増えてきています。お家で作れるかき氷のレシピもあるので作った後は、是非どこかに投稿してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
Eine kleine

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ