「花山うどん」は館林で人気の老舗!看板メニュー「鬼ひも川」は群馬の名物!

うどん天下一決定戦で3連覇を果たした「花山うどん」は、群馬県館林市にある有名店です。幅5センチもあるこだわりの「鬼ひも川」を堪能できることで知られ、うどん好きな人であれば一度は訪れたい名店です。ここでは「花山うどん」のこだわりや名物メニューを中心に紹介します。

「花山うどん」は館林で人気の老舗!看板メニュー「鬼ひも川」は群馬の名物!のイメージ

目次

  1. 1群馬・館林発祥の人気のうどん店「花山うどん」とは?
  2. 2「花山うどん」を徹底的に紹介!
  3. 3「花山うどん」のこだわり
  4. 4「花山うどん」の歴史
  5. 5「花山うどん」のおすすめメニュー
  6. 6「花山うどん」の口コミ
  7. 7「花山うどん」の店舗情報とアクセス
  8. 8名物うどんもある人気の「花山うどん」を食べに行こう!

群馬・館林発祥の人気のうどん店「花山うどん」とは?

群馬県館林市に本店を置く「花山うどん」といえば、うどん天下一決定戦で3年連続日本一に輝いた名店中の名店です。今から120年以上前の明治27年に誕生した老舗であり、名物の「鬼ひも川」は天皇家に向上されたこともあるという一品です。

鬼ひも川とは5センチもの幅を持つ幅広のうどんを指し、見た目のインパクト以上に美味しさにもとことんこだわった幻の料理です。

伝統的なレシピを科学的に分析することで、花山うどんの四代目が鬼ひも川を復刻させ、現在の店主である五代目がうどん天下一決定戦で優勝することで知名度と人気を飛躍的に広めました。

「花山うどん」を徹底的に紹介!

ここでは伝統の詰まったうどんを堪能できる花山うどんの、うどんへのこだわりや人気メニュー、口コミ情報を中心に、花山うどんについて詳しく紹介していきます。

また花山うどん本店の営業時間やアクセス情報についてのご案内はもちろん、銀座にある支店「五代目 花山うどん 銀座店」の店舗情報についても紹介します。花山うどんは知名度の高さとアクセスの良さから、行列ができるほどの人気店です。

花山うどんが気にながらもまだ鬼ひも川を体験できていないという人や、うどん好きな人には必見の情報ばかりとなっていますので、ぜひチェックしてみましょう。

「花山うどん」のこだわり

まずは今回紹介する花山うどんの、うどんへのこだわりについて紹介していきます。伝統的な鬼ひも川を提供する花山うどんには、うどんへのさまざまなこだわりがありますが、中でも手打ち生うどんであることに徹底的にこだわっています。

また幻の鬼ひも川を復刻させるために、原材料への徹底的なこだわりも必要だったといいます。ここでは花山うどんの手打ち生うどんへのこだわりと、原材料へのこだわりについて詳しく紹介します。

手打ち生うどん

花山うどんの伝統的な鬼ひもかわを語るうえで、手打ち生うどんへのこだわりは欠かせません。はなまるうどんの先代から現在の五代目まで、一貫して伝えられていたことは「大量生産しないこと」です。

焦らず丁寧に、機能よりも美味しいうどんを作ることにこだわり続けることが、花山うどん最大のこだわりです。鬼ひも川ならではの伝統的な製法で作られる生うどんは、他では決して食べることのできないのど越しと食感を楽しめます。

原材料

花山うどんの原材料へのこだわりは、並々ならぬものがあります。原材料へのこだわりの最大のポイントは、とにかく「その土地のものを使う」ことにあると言います。

うどんについては群馬県産の小麦粉を使用することにこだわり、その他の食材に関しても国産であることに徹底的にこだわります。花山うどんは、その土地で生産された食材にこそ、他では味わえないものを生み出すヒントが隠されていると考えているのです。

「花山うどん」の歴史

花山うどんは明治27年に、現在の花山うどん本店と同じ場所で創業を開始しました。当時は鉄道が開通していなかったため、現在の館林駅もありませんでした。

現在は「館林駅駅前通りの花山うどん」としてすっかりファンの間で定着していますが、当時は現在のように決して好立地というわけにはいかなかったようです。二代目へと引き継がれた際に、現在の花山うどん名物である鬼ひも川が誕生したと言います。

四代目が、うどんをあえて乾燥させてから生うどんに戻すという独自の製法・バニッシュループ製法を開発。現在の五代目である橋本氏がうどん天下一決定戦で3連覇を遂げ、その名は全国区となりました。

Thumb群馬名物『ひもかわうどん』とは?食べ方や美味しい名店をまとめて紹介!
群馬県の名物料理であり、地元の郷土料理であるひもかわうどんを紹介します。こちら群馬で有名な幅...

「花山うどん」のおすすめメニュー

ここからはいよいよ、花山うどんで名物となっている人気メニューを5つに厳選して紹介していきます。花山うどんならではの名物である鬼ひも川は、毎日13時からの提供であることにまずは注意しましょう。

天ぷらや通常のうどんメニューも登場しますので、これから花山うどんに足を運ぶ人は必見です。

おすすめメニュー(1) 鬼釜

まず紹介したい花山うどんで名物となっている人気メニューは、「鬼釜」です。鬼釜は花山うどんで最も名物となっている、いわば看板メニューです。

15万人もの人が来場するうどん天下一決定戦で、見事3年連続の優勝を果たしたメニューであり、一躍花山うどんの名前をうどん好きの人々の間に広めたまさに名物メニューです。

花山うどんならではの鬼ひも川がたっぷりと盛られていることはもちろんのこと、可愛らしいたぬきの器と美味しいトッピングも魅力の一杯です。

群馬県のブランド豚となっている上州麦豚をふんだんに使用することは花山うどんならではのこだわりであり、そこにだし醤油をお好みでかけることで至福の一杯が完成します。

海苔やネギのアクセントが心地よく、温玉を崩しながら食べることでより食感と旨味が生まれます。鬼釜は一人前1,000円とリーズナブルです。

おすすめメニュー(2) 鬼御膳

続いて紹介したい花山うどんで名物となっている人気メニューは、「鬼御膳」です。鬼御膳は花山うどん名物の鬼ひも川と、季節の天ぷらセットを楽しむことのできるお得なメニューです。もちろん鬼ひも川は温かい・冷たい鬼ひも川から選ぶことができます。

その時もっとも新鮮でうまみの強い材料を、伝統的な手法で丁寧に揚げていく天ぷらは、花山うどんに訪れた際はぜひ味わっていただきたい隠れた名物です。鬼御膳は一人前1,680円と安いこともおすすめのポイントです。

おすすめメニュー(3) 海老天ぷら盛りざるうどん

続いて紹介したい花山うどんで名物となっている人気メニューは、「海老天ぷら盛りざるうどん」です。海老天ぷら盛りざるうどんはメニュー名通り、シンプルなうどんと海老の天ぷらをはじめとした天ぷらの盛りを堪能することのできるメニューです。

群馬県産の食材ならではの美味しいうどんをシンプルに楽しむことができ、また一人前1,050円という安さも非常に魅力的です。

注意しなければならないのは、花山うどん名物である鬼ひも川を使用したメニューではないという点です。名物の鬼ひも川を楽しみたい人はあらかじめ留意しておきましょう。

おすすめメニュー(4) 天ぷら盛り合せ かけうどん

続いて紹介したい花山うどんで名物となっている人気メニューは、「天ぷら盛り合せ かけうどん」です。天ぷら盛り合せ かけうどんは、温かいうどんメニューの中にある一品です。

そのため花山うどん名物である鬼ひも川を楽しむことはできないため、鬼ひも川を楽しみたい人は注意しましょう。

天ぷら盛り合せ かけうどんは花山うどん自慢の天ぷらの盛り合わせを堪能できる贅沢メニューとなっており、群馬県ならではの舞茸天ぷらをはじめとした絶品の天ぷらをこれでもかと楽しめます。

贅沢な内容ですが一人前1,480円というコストパフォーマンスの良さがおすすめの理由でもあります。

おすすめメニュー(5) 分福茶釜の釜玉うどん

続いて紹介したい花山うどんで名物となっている人気メニューは、「分福茶釜の釜玉うどん」です。分福茶釜の釜玉うどんは館林を舞台にした昔話である分福茶釜にちなんだ、花山うどんのもうひとつの名物メニューとなっています。

複数ある花山うどんの店舗の中で分福茶釜の釜玉うどんを楽しめるのは、群馬県館林市にある花山うどん本店だけです。レアなメニューのため、花山うどんファンであればぜひ一度楽しむことをおすすめします。

なお分福茶釜の釜玉うどんも鬼ひも川ではなく、通常のうどんで提供されるメニューであるという点には注意が必要です。

分福茶釜の釜玉うどんは温泉卵とかまぼこや蒸し海老といったいろどりの良い安定のトッピングと、通常メニューと異なる器で提供されることも大きな魅力です。

一人前920円ととてもお手頃なので、気軽にランチを楽しみたい人、安定した味わいのうどんを手軽に楽しみたい人にとくにおすすめです。

Thumb群馬で『うどん』の名店を徹底リサーチ!地元で人気のおすすめ店まとめ!
群馬県で美味しいうどん屋さんがたくさんあります。老舗の名店や観光客に人気のあるテーブル席のあ...

「花山うどん」の口コミ

うどん天下一決定戦で3連覇を成し遂げたという知名度、そしてアクセスの良い立地にあることもあり、花山うどんには多くの口コミが寄せられています。

美味しい鬼ひも川に舌鼓を打つファンが多いことはもちろんですが、通常のうどんや隠れた人気メニューである天ぷらの美味しさに感動する声も少なくありません。

持ち帰りのうどんにも称賛の声が寄せられており、花山うどんは店内での飲食だけが魅力のお店ではないことがうかがえます。

「花山うどん」の店舗情報とアクセス

最後に、今回紹介してきた群馬県館林市の花山うどんの店舗情報やアクセス情報についてのご案内です。営業時間や店内構成といった情報についてはもちろんのこと、駐車場情報を含めたアクセス情報についても併せて紹介していきます。

また、群馬県館林市の本店ではなく、東京と銀座にある花山うどんの支店「五代目 花山うどん 銀座店」の店舗情報とアクセス情報についてもご案内します。ぜひ自宅からのアクセスの良い店舗情報をチェックして、名物の鬼ひも川を堪能してみましょう。

【群馬】本店 お食事処

まずは花山うどんの本店となる、群馬県館林市の店舗情報についてのご案内です。花山うどんの本店は、群馬県館林市の本町2丁目にあります。営業時間は直売所とお食事スペースでは異なるため注意が必要となります。

直売所の営業時間は9時から19時までとなりますが、お食事スペースの営業時間は11時から15時限定となります。わずか4時間という営業時間によって多くの人が集中することもあり、また立地の良さもあって特に土曜日はとても混雑します。

行列ができていることも珍しくない店舗のため、この時間帯に訪れる予定であれば早めに足を運ぶことをおすすめします。またお食事スペースはうどんがなくなり次第、営業終了となりますので注意しましょう。

定休日も直売所とお食事スペースでは大きく異なり直売所の定休日は毎年1月1日のみとなります。お食事スペースは毎週日曜日が定休日となりますが、大型連休中であれば日曜日も営業しています。

花山うどん本店のお食事スペースには全48席の用意がありますが、残念ながら個室の用意はありません。花山うどん本店のアクセス情報についてですが、花山うどん本店は電車からのアクセスも、そして車でのアクセスもおすすめです。

花山うどん本店の最寄り駅となるのは、東武伊勢崎線の館林駅となります。館林駅の東口から花山うどん本店までアクセスをする際は、徒歩1分ほどでアクセスが可能です。

駅からも好立地にある店舗であるにもかかわらず、花山うどん本店には専用駐車場も用意されているためアクセスは非常に良好と言えるでしょう。花山うどん本店には利用者が無料で停めることのできる専用駐車場が完備されています。

駐車スペースも10台分と比較的広めですが、もし駐車ができなかった場合も周辺にはコインパーキングが点在しているので安心です。

住所 群馬県館林市本町2-3-48
電話番号 0276-74-0178

【銀座】五代目 花山うどん 銀座店

続いては銀座にある花山うどんの支店、五代目 花山うどん 銀座店の店舗情報やアクセス情報について紹介をしていきます。まず五代目 花山うどん 銀座店の営業時間についてですが、花山うどん本店とは大きく異なります。

五代目 花山うどん 銀座店では11時30分から16時までのランチタイムと、18時から22時30分までのディナータイムに営業時間が分かれています。ただし土日祝日の営業時間については、11時から16時までまでのランチタイムのみとなりますので注意しましょう。

なお定休日はとくにないため、基本的にいつ訪れても安心です。五代目 花山うどんの店内はカウンター席が7席、テーブル席が16席、座敷が12席という構成になっており、全35席の用意があります。残念ながら個室については用意がありませんので注意しましょう。

五代目 花山うどん 銀座店のアクセス情報についてですが、五代目 花山うどん 銀座店の最寄駅となるのは東銀座駅です。東銀座駅から五代目 花山うどん 銀座店までは徒歩で約3分とアクセス抜群のため、訪れる際は電車でのアクセスがおすすめです。

五代目 花山うどん 銀座店には専用駐車場がありませんので、車で訪れる際は周辺にあるコインパーキングを利用しましょう。もっともおすすめのコインパーキングは、「NPC24H GINZA KABUKIZAパーキング」です。

銀座歌舞伎座に併設された人気のコインパーキングとなっており、五代目 花山うどん 銀座店までも徒歩3分ほどの距離にあります。駐車料金が30分300円と圧倒的に安く、272台分という大きな駐車スペースも魅力のコインパーキングです。

住所 東京都中央区銀座3-14-13
電話番号 03-6264-7336

名物うどんもある人気の「花山うどん」を食べに行こう!

花山うどんは伝統的な製法を守りつつ、「昨日よりもおいしいものを提供する」というこだわりを持ち続ける名店中の名店です。

歴史ある鬼ひも川を楽しみに、お近くの花山うどんの店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング