丸亀製麺の親子丼は一部店舗限定の裏メニュー!取り扱い店舗や評判を調査!

丸亀製麺は全国展開する人気うどんチェーンです。一部の限定店舗で親子丼を提供していて、美味しいと話題になっています。今回は裏メニューとして人気がある丸亀製麺の親子丼について、人気の理由やアレンジメニュー、取扱い店舗などについて詳しく紹介します。

丸亀製麺の親子丼は一部店舗限定の裏メニュー!取り扱い店舗や評判を調査!のイメージ

目次

  1. 1丸亀製麺で親子丼って食べられるの?
  2. 2丸亀製麺ってどんなお店?
  3. 3丸亀製麺の親子丼の特徴
  4. 4丸亀製麺の親子丼の値段
  5. 5丸亀製麺の親子丼のカロリー
  6. 6丸亀製麺の親子丼の評判
  7. 7丸亀製麺の親子丼を食べられる店舗
  8. 8丸亀製麺の親子丼と一緒に食べたいうどんメニュー
  9. 9一部の店舗限定!人気の丸亀製麺の親子丼を食べてみよう!

丸亀製麺で親子丼って食べられるの?

安い値段で美味しいうどんが食べられることで有名な丸亀製麺。その丸亀製麺では一部の店舗で、親子丼を提供しています。ふわふわ、とろとろの卵がのった親子うどんは、出汁もしっかりと効いていて丸亀製麺の裏メニューとして評判です。

丸亀製麺の親子丼とはどんな味なのでしょうか。今回は丸亀製麺の知る人ぞ知る人気メニュー、親子丼について人気の理由や味、カロリー、評判、提供する店舗などについて詳しくお伝えしましょう。

丸亀製麺ってどんなお店?

丸亀製麺は2000年に兵庫県加古川市でオープンした讃岐うどんの専門店です。株式会社トリドールホールディングスの運営です。丸亀製麺は名前から香川県丸亀市が発祥と思われがちですが、丸亀製麺のオープンは丸亀市ではありません。

丸亀製麺は、現在では全国各地に1000店舗以上を展開しています。全都道府県に店舗があるセルフサービス式のうどん店は珍しく、店舗数は全国一となっています。

また丸亀製麺はハワイ・タイ・ロシア・韓国など海外にも進出していて、2020年現在では13か国に242店舗があります。

丸亀製麺は安い値段で美味しいうどんが食べられると評判です。定番のざるうどんから釜揚げうどん、肉うどんなどバラエティにとんだうどんメニューが揃っています。また、うどんだけではなく、天ぷらやいなり、おにぎりなどのサイドメニューも充実しています。

丸亀製麺は明太子やとろろ、温泉玉子などのトッピングも豊富で、様々な味が楽しめます。メニューには「天丼用ごはん」があり、好きな天ぷらをのせてオリジナルの天丼にして食べることもできます。うどんと一緒に食べるのもおすすめです。

自家製麺が特徴

丸亀製麺は、各店舗の店内で自家製麺を売っているのが最大の特徴です。丸亀製麺では、大量の麺を調理するセントラルキッチンは設けておらず、粉から製麺まで各店舗で行っています。

そのため丸亀製麺では、打ち立ての美味しいうどんを安い値段で食べることができます。また最近は、店内で揚げる天ぷらも自由に選べるようになっています。うどんと揚げ立ての天ぷらとの相性はよく、とても美味しいと評判です。

丸亀製麺の各店舗には、師匠と呼ばれるリーダーが一人います。師匠は麺の打ち方や茹で方などを厳しくチェックしていて、各店舗の品質を保っています。また、うどんの命ともいえる出汁にも注意を払っていて、毎日変わらない美味しさの出汁を提供しています。

丸亀製麺の親子丼の特徴

丸亀製麺の親子丼は全ての店舗で提供しているわけではなく、限定店舗での販売になります。丸亀製麺で親子丼を提供している店舗は、お店の前に親子丼の看板があります。

テレビ番組で紹介されたこともあり、SNSや口コミなどで評判が広がり、今では裏メニューとしてたいへん人気があります。ネットでは親子丼を提供している限定店舗の情報が紹介されることもあり、丸亀製麺の親子丼の評判は高まる一方です。

できたてのアツアツ

丸亀製麺の親子丼は作り置きなどはせず、注文を受けてから作ります。そのため、できたての熱々を食べることができます。注文を受けてから作るとなると、待ち時間が気になるところですが、丸亀製麺では調理時間は1分を目安にしているそうです。

短時間に調理できるよう、火に通りやすいよう鶏肉を薄くカットしたり、玉ねぎを下ごしらえの段階で煮込んたりしています。そのため注文をしてからお客さんを待たせずに短い時間で手早く調理します。

調理する様子を見ていると手際よく作っているのが分かります。鶏肉と煮込んだ玉ねぎを手早く煮立て、溶いた卵を上からさっとかけてできあがりです。短時間で作るため、鶏肉も硬くならずやわらかで、卵のふわふわ感を楽しむことができます。

丸亀製麺の親子丼は、単品とうどんとセットになった親子丼定食があります。単品は親子丼にスープが付きます。スープはどんぶりに入っています。

実はこのスープはうどんのつゆを薄めたもので、とても飲みやすい味です。スープを扱っている丸亀製麺の店舗は限定なので、気になる方は注文の際に尋ねてください。

バランスの良い味

丸亀製麺のできたての熱々の親子丼は、卵がちょうどいい具合に半熟になっていてとろとろ、ふわふわとした食感を楽しむことができます。出汁の風味がしっかりと効いていて、ほどよい甘さとコクのある出汁の味が感じられます。

鶏肉は小さくカットされているため、ご飯のどの部分を食べても鶏肉が口に入ります。玉ねぎは下ごしらえがしてあるので甘く、出汁ともよく合います

半熟卵が口の中でとろけるようにやわらかく、ご飯と相性も抜群です。少し硬めに炊いたご飯にも出汁がしっかりと染み込んでいて、最後まで飽きずに食べることができます。

丸亀製麺の小サイズの親子丼は少し軽めの量となっています。親子丼だけでは物足りないという人は、うどんとセットになっている親子丼定食がおすすめです。うどんは、かけ、ぶっかけ、釜揚げうどんの中から好きなものを1つ選ぶことができます。

丸亀製麺の親子丼の値段

丸亀製麺の親子丼は裏メニューなので、丸亀製麺のホームページには掲載されていません。種類は2種類あり、小サイズの値段が税込390円、中サイズの値段が税込490円となっています。

丸亀製麺では、定番の釜揚げうどん小サイズの値段が税込290円、かけうどん小サイズの値段が税込300円なので、それと比べてもリーズナブルな値段といえるでしょう。

また丸亀製麺の親子丼定食の値段は680円です。親子丼の小サイズとうどん(かけ・ぶっかけ・釜揚げから一品)のセットです。うどんを大サイズにする場合の値段はプラス100円、親子丼を中サイズにする場合の値段はプラス100円となっています。

お持ち帰りの値段は?

丸亀製麺の親子丼は持ち帰りをすることができます。持ち帰りの値段は小サイズで490円です。店内で食べると値段は390円なので、持ち帰りの場合はプラス100円なので注意してください。

持ち帰りの値段が高いのは、店内で食べるよりも量が多いからだそうです。店内では親子丼定食としてうどんとセットで食べるのがおすすめなのですが、うどんは持ち帰りができないため、その分、量を増やして親子丼だけで満足できるようにしています。

丸亀製麺の親子丼のカロリー

美味しいと評判の丸亀製麺の親子丼ですが、気になるのがカロリーです。丸亀製麺の親子丼のカロリーは公式サイトには掲載されていないのですが、小サイズで544キロカロリー、中サイズで726キロカロリーとなっています。

なか卯の親子丼のカロリーが670キロカロリー、松屋の親子丼のカロリーが767キロカロリーなので、丸亀製麺の小サイズの親子丼は、他のお店と比べると低めです。カロリーは低めなのですが、なか卯や松屋の親子丼と比べるとご飯の量が多いので、糖質は高めです。

糖質ダイエットをしている方やカロリーが気になる方は、丸亀製麺の親子丼のご飯の量に気を付けて食べるようにするといいでしょう。

丸亀製麺の店内で親子丼を食べる場合は、うどんとセットの親子丼定食を食べる方多いでしょう。その場合は、親子丼にうどんのカロリーがプラスされます。

うどんのカロリーは331キロカロリーなので、うどんと親子丼をセットで食べるとその分、カロリーがアップするので、カロリーが気になる方はきをつけるようにしてください。

Thumb丸亀製麺のカロリーを徹底調査!ダイエット中におすすめのメニューは?
ヘルシーな食感の美味しい讃岐うどんが堪能できる丸亀製麺のカロリーについて紹介していきます。ダ...

丸亀製麺の親子丼の評判

丸亀製麺はうどんの専門店として有名なのですが、親子丼も隠れたメニューとして評判です。販売は一部の店舗で限定となっているためレア感もあります。見かけたら、ぜひ味わってみてください。

丸亀製麺の親子丼は、ふわふわの卵と出し汁との相性が絶妙でとても美味しいと評判です。ご飯にかかった出し汁もやや甘目でコクがあり、あっという間に食べてしまうという口コミがたくさんあります。

また注文してからすぐに出てくるのも人気の理由の一つです。できたての熱々の親子丼はとても美味しく、うどんとの相性も抜群です。丸亀製麺はうどんも親子丼も食べたい時にぴったりのお店です。

丸亀製麺の親子丼を食べられる店舗

丸亀製麺の親子丼は、新宿文化クイントビル店に初めて登場しました。その時はたいへん評判がよく、関東・関西・中部エリアの限定店舗で、期間限定として2か月間販売されました。

2018年2月に人気テレビ番組「マツコの知らない世界」で「絶品の親子丼」の一つとして紹介され、全国的に知られるようになりました。2020年現在では、一部の店舗限定で継続的に親子丼が提供されています。

残念ながら親子丼が食べられる店舗は、丸亀製麺の公式サイトには掲載されていません。丸亀製麺の店舗を訪れた時、親子丼の看板があれば食べることができます。まずは、最寄の丸亀製麺の店舗を確認してみましょう。

店舗によっては親子丼ではなく「鶏親子丼」や「名古屋コーチン親子丼」という名前で販売されていることもあります。分かりにくいのですが、迷った時には直接店舗に聞いてみるのがおすすめです。

また親子丼の看板が出ている店舗でも、親子丼は時間の制限をして提供している場合があります。といいうのは、親子丼は作るのに手間がかかるため、「平日限定」や「ランチ限定」などとなっている場合があります。

親子丼が食べたいときは、店舗に直接尋ねてみるのがおすすめです。またツイッターや口コミなどを参考に探してみるのもおすすめです。どこのお店で提供しているのかはっきり分からないため、見かけたら迷わず注文するといいでしょう。

丸亀製麺の親子丼と一緒に食べたいうどんメニュー

丸亀製麺で親子丼を食べるなら、親子丼定食にするとお得です。親子丼定食は、親子丼と、かけうどん・ぶっかけうどん・釜揚げうどんの中から1つを選びます。

親子丼の小サイズはご飯が少なめなので、うどんをプラスすると満足感がアップします。値段もそれぞれ単品で注文するより、少しだけ割引となっています。

かけうどん

かけうどんは、丸亀製麺の定番メニューです。ネギとショウガの薬味がのったシンプルなうどんで、うどんと出汁の美味しさを堪能できます。シンプルだからこそ、丸亀製麺の美味しさをじっくりと味わうことができます。

天ぷらをトッピングして天ぷらうどんにしたり、きつねあげをトッピングしてきつねうどんにすることもできます。また温泉玉子や明太子などのトッピングを入れるのも美味しいと評判です。天かすやわさびなどをトッピングするのもおすすめです。

親子丼とセットにする場合、かけうどんはスープにもなります。実は親子丼のご飯を少し残して、かけうどんのだし汁をかけて食べると、とても美味しいと口コミで広がっています。

ぶっかけうどん

ぶっかけうどんも丸亀製麺の定番メニューです。ぶっかけうどんは、うどんを出し汁に浸して食べるのではなく、出し汁をうどんの上にかけて食べてしまうメニューです。

定番はねぎ、しょうが、天かすを入れるのですが、すりごまやわさびなどの薬味を入れるのもおすすめです。甘みのあるまろやかな出汁が美味しいと評判で、天ぷらをトッピングしても美味しくいただけます。

ぶっかけうどんを親子丼と一緒に注文した場合、別々に食べてももちろん美味しいのですが、親子丼の具材をぶっかけうどんの上に乗せて食べると絶品と言われています。

この食べ方は、SNSなどでは「親子うどん」と呼ばれています。ポイントは、ぶっかけの「冷」を注文することです。熱々の親子丼とよく冷されたぶっかけうどんとの組み合わせの相性がよく、絶妙な食感が楽しめます。

気になるのは親子丼の残ったご飯ですが、親子丼のご飯はもともと出し汁がかかっているので、そのまま食べても美味しくいただけます。上級者向けの裏技とも呼ばれている食べ方なので、気になる方はチャレンジしてみてください。

釜玉うどん

釜玉うどんも丸亀製麺の人気メニューの一つです。釜玉うどんは、茹でたての麺を水で締めずにそのまま丼ぶりに盛るのが特徴です。上に乗った生玉子を素早く混ぜ、だししょうゆをかけていただきます。

卵かけご飯のうどんバージョンのようなメニューで、うどんの熱で半熟になったとろりとした卵白、濃厚な黄身、こしのあるうどん、そして甘みのある出汁汁との相性が絶妙です。

シンプルながらクセになる美味しさで、リピーターも多い人気メニューです。値段も安く、小サイズは税込で370円、中サイズの値段は480円、大サイズの値段は590円となっています。

Thumb丸亀製麺でテイクアウト!持ち帰りできる人気の天ぷらや注文方法まとめ
全国に展開する人気のうどん店の一つとして知られている丸亀製麺。その丸亀製麺がテイクアウトもで...

一部の店舗限定!人気の丸亀製麺の親子丼を食べてみよう!

丸亀製麺は全国でとても人気があるうどんのチェーン店です。うどんはもちろんのこと、隠れたメニューとして親子丼が美味しいと話題になっています。

親子丼を提供する店舗は一部の店舗限定となっていて、公式サイトでも発表されていないため、どのお店でたべることができるのかはっきりと分かりません。店舗の前に出ている看板が目印なので、親子丼の看板を見かけたら、ぜひ人気の親子丼を食べてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ