かつやメニューのカロリー・糖質情報まとめ!低い定食や丼物はある?

とんかつやカツ丼といった美味しい揚げ物が人気の「かつや」ですが、ダイエット中などにはカロリーや糖質が気になると思います。そんな人におすすめのカロリーが低いメニューをご紹介します。「かつや」で美味しいメニューを堪能しましょう。

かつやメニューのカロリー・糖質情報まとめ!低い定食や丼物はある?のイメージ

目次

  1. 1ダイエット中でもかつやを楽しむには?
  2. 2かつやメニューのカロリー・糖質を調査
  3. 3かつやのカロリー・糖質が低いカツ丼系メニュー
  4. 4かつやのカロリー・糖質が低いサイドメニュー
  5. 5かつやのカロリー・糖質が低い定食メニュー
  6. 6かつやのカロリー・糖質が低いカレーメニュー
  7. 7かつやのカロリー・糖質が高いメニュー
  8. 8かつやを利用しながら無理なくカロリー制限を続けよう

ダイエット中でもかつやを楽しむには?

各地に店舗を展開する「かつや」では、揚げたての美味しいとんかつやカツ丼メニューが人気です。その日の気分にあわせて食べたいメニューを注文して、じっくりと味わいながらいただくのがおすすめですが、ダイエット中などでカロリーや糖質が気になるという人もいるかと思います。

そんな人におすすめの、「かつや」でカロリーが低いメニューをご紹介します。ダイエット中でも、「かつや」で美味しいメニューを堪能しましょう。

メニューのカロリー・糖質チェックをしよう

「かつや」は、厳選した食材を使って丁寧に作り上げた、低価格ながら美味しいとんかつやカツ丼メニューが人気のお店です。

「かつや」では店内でいただくほかに、持ち帰りもできるので、忙しい時や暑い時期に揚げ物調理をしたくない時などにも活用でき、シーンを問わず立ち寄りやすいお店となっています。

また、お会計の際には「100円割引」のクーポンがもらえるので、通常でも低価格で設定されている「かつや」のメニューをさらに安い価格でいただく事ができます。

今回の記事では「かつや」のメニューのカロリーや糖質についてご紹介していきます。カロリーが低いメニューとともに、カロリーが高いメニューもご紹介しますので、ダイエット中などでも「かつや」に行きたいという時に参考にしてみてください。

かつやメニューのカロリー・糖質を調査

「かつや」では定番メニューのほかにも、期間限定で販売しているメニューもあります。今回の記事では、「かつや」で2020年7月時点で提供している「カツ丼メニュー・サイドメニュー・定食メニュー・カレーメニュー」の中から、カロリーや糖質が低い定番メニューをご紹介していきます。
 

ただし「かつや」では現在、それぞれのメニューのカロリーや糖質量については発表していないため、今回の記事でご紹介するメニューのカロリーや糖質量は、あくまでも目安の数値となっているのご了承ください。

この項目では、「かつや」のカロリーや糖質が低いメニューをご紹介する前に、ダイエット中などの人が「かつや」を利用する際におすすめの情報をご紹介します。

カロリーが高いメニューを避ける

ダイエット中などの人が「かつや」を利用する時に気になるカロリーですが、1日の摂取カロリーの目安は、成人男性は約2500キロカロリー、成人女性は約2000キロカロリーとなっています。

もちろん1日の摂取カロリーは、年齢や性別、日常で身体をどれくらい動かすかなどによっても異なります。インターネットのサイトには、自分の身長や年齢などを入力して、1日に必要な摂取カロリーを計算できるものもあるので、まずは自分の1日の摂取カロリーをチェックしておきましょう。

「かつや」のメニューは、カロリーが高いものだと1日の摂取カロリーをオーバーしてしまう場合もあるので、今回の記事でご紹介するカロリーが低いメニューを選ぶのがおすすめです。

ただし、カロリーが低いといっても、今回ご紹介するメニューは1000キロカロリーを超えるカロリー量となっています。摂取カロリーが気になる場合には他の食事で調整するなどして、「かつや」の美味しいメニューを堪能しましょう。

この後、別の項目で、「かつや」のカロリーや糖質が低いメニューと高いメニューをご紹介していきますので、参考にしてみてください。

サイドメニューとの組み合わせを考える

「かつや」には、サラダや千切りキャベツなどのサイドメニューもそろっています。ダイエット中などには、食物繊維の多い野菜を先に食べると血糖値の上昇を抑える効果があるといわれているので、食物繊維をたっぷりと含んだサイドメニューを活用するのもおすすめです。

「かつや」のサイドメニューについては別の項目でご紹介していきますので、あわせてチェックしてみてください。

ごはん抜きで持ち帰りする

「かつや」のメニューは、持ち帰りも可能です。持ち帰りの「カツ丼」メニューは、ご飯の上にカツが直接、盛り付けられているので「おかずのみ」での注文はできませんが、持ち帰りの「ヒレカツ弁当」や「ロースカツ弁当」といった、カツとご飯のトレーが分かれているメニューは、ご飯なしの「おかずのみ」の注文が可能です。

「おかずのみ」で注文すると価格も安くなり、ご飯の分のカロリーも減らす事ができるので、ダイエット中の人にもおすすめです。また、持ち帰りメニューにはサイドメニューもあるので、好みにあわせて注文してみてください。

かつやの持ち帰り方法

「かつや」の持ち帰りは、店頭で注文とお会計をして受け取る持ち帰り方法と、事前に電話での注文をして店頭で会計をして受け取る持ち帰り方法、インターネットから注文して自宅などに届けてもらう宅配サービスがあります。

初めて「かつや」を利用する場合には、直接お店に行って店頭で注文すると、スタッフさんに確認しながら注文ができるので安心です。2度目の利用など、慣れている場合には事前の電話や宅配サービスを利用するのもおすすめです。「かつや」の公式サイトから近くのお店やメニュー、注文方法を確認できるので、活用してみてください。

自宅や職場などですぐに食べたい時や、揚げ物調理をしたくない時の夕食用などに購入したりと、シーンにあわせて「かつや」の持ち帰りメニューを利用しましょう。

Thumbかつやの持ち帰りメニューおすすめ11選!定番の弁当や惣菜のみも人気!
カツ丼やトンカツなど揚げ物メニューが人気の「かつや」では、自宅や職場などでいただきたい時にお...

かつやのカロリー・糖質が低いカツ丼系メニュー

「かつや」で提供しているカツ丼系メニューは、「カツ丼・特カツ丼・ソースカツ丼・赤辛カツ丼・ねぎ玉カツ丼」がそろっています。このカツ丼系メニューの中から、カロリーと糖質が低いおすすめのメニューをご紹介していきます。

先ほども触れましたが、「かつや」ではメニューのカロリーや糖質量については発表していません。今回の記事で記載する数値はあくまでも目安として参考にしてみてください。

おすすめメニュー①カツ丼(梅)

「カツ丼(梅)」は、ご飯の上に80gのロースカツと溶き卵がのった1品で、約1120キロカロリー、糖質は約111gとなっています。「カツ丼(梅)」は、「かつや」で人気の定番メニューとなっているので、ぜひ注文してみてください。

また、「カツ丼」メニューは「カツ丼(梅)」のほかに、120gのロースカツをのせた「カツ丼(竹)」、80gのロースカツ2枚と玉子2個をのせた「カツ丼(松)」、80gのロースカツに溶き卵と温泉たまごをのせ、ご飯を増量した「特カツ丼」がそろっています。

こちらのメニューはカツや玉子が多い分、「カツ丼(梅)」よりもカロリーが高くなっているのでお気を付けください。

おすすめメニュー②ソースカツ丼(梅)

「ソースカツ丼(梅)」は、約1140キロカロリーのメニューです。「ソースカツ丼(梅)」は、濃厚なソースをかけた80gのロースカツとキャベツの千切りをご飯の上にのせた1杯となっています。

玉子でとじていないので、先ほどの「カツ丼(梅)」とは違った、衣がサクサクとしたカツ丼をいただきたい時におすすめです。

ソースカツ丼はこのほかにも、濃厚なソースをかけた120gのロースカツとキャベツの千切りをご飯の上にのせた「ソースカツ丼(竹)」もあります。お肉の量が多い分、こちらのほうがカロリーが高くなっているのでお気を付けください。

おすすめメニュー③ヒレカツ丼

「ヒレカツ丼」は、「カツ丼(梅)」と同様に約1120キロカロリーで、カツ丼系のメニューの中では低い数値となっています。

「ヒレカツ丼」は、卵でとじた3枚のヒレカツがご飯の上にのせてあり、お肉の脂身が少ない分、ロースカツを使ったカツ丼よりもあっさりとした味わいとなっています。

ヒレカツを使ったかつ丼メニューは、この「ヒレカツ丼」の1種類のみとなっています。あっさりといただきたい時には「ヒレカツ丼」、ジューシーな味わいを堪能したい時には「カツ丼(梅)」といったように、好みにあわせて注文してみてください。

かつやのカロリー・糖質が低いサイドメニュー

「かつや」のサイドメニューは、「海老フライ・メンチカツ・おろしポン酢・千切りキャベツ・サラダ・温泉たまご・とん汁(小)・とん汁(大)・ご飯・ご飯大盛・コーラ」がそろっています。

この中から、「かつや」でダイエット中などにおすすめのカロリーと糖質が低いおすすめのサイドメニューをご紹介していきます。カツ丼や定食メニューなどにもう1品欲しいという時に、注文してみてください。

おすすめメニュー①とん汁(小)

「とん汁」は、小サイズと大サイズの2種類がそろっています。「とん汁」には、大根・ニンジン・じゃがいもなど野菜がたっぷりと入っているので、美味しく食物繊維をとる事ができ、ダイエット中にもおすすめのサイドメニューです。

「とん汁(小)」は約91キロカロリー、「とん汁(大)」は約182キロカロリーと、カロリーも低めとなっています。

「かつや」の定食メニューには最初から「とん汁(小)」が付いてきて、大サイズへの変更も可能です。ただし、「かつや」の丼メニューにはとん汁が付いていないので、追加で注文しましょう。

おすすめメニュー②サラダ

「かつや」の「サラダ」は、野菜とともに海藻も入っています。そのため、栄養が豊富ながら約15キロカロリーと低カロリーとなっているので、ダイエット中にもおすすめのメニューです。

また、一番最初に野菜を食べると、血糖値の上昇を抑える効果もあると言われているので、注文したら、最初に食べてみてください。「サラダ」についてくるドレッシングは、ノンオイルの青じそドレッシングとなっているので、カロリーが気になる人も安心です。

おすすめメニュー③千切りキャベツ

「かつや」では、定食やカレー、ソースカツ丼を注文すると「千切りキャベツ」が付いてきますが、サイドメニューの「千切りキャベツ」もあります。

もともと付いてくる「千切りキャベツ」をさらに増量したい時や、「千切りキャベツ」が付かない丼メニューに追加したいという時には、ぜひ注文してみてください。

「千切りキャベツ」は約18キロカロリーと低カロリーで、食物繊維をたっぷりととる事ができます。

卓上に置いてある「ごまドレッシング」は千切りキャベツに良くあう美味しい味付けとなっていますが、たくさんかけると、カロリーも高くなってい増します。美味しい味を堪能したいところですが、ダイエット中にはドレッシングをかけすぎないように気を付けましょう。

おすすめメニュー④おろしポン酢

「おろしポン酢」は約38キロカロリーで、さっぱりといただきたい時はもちろん、大根に含まれる酵素により代謝の促進などが期待でき、ダイエット中にもおすすめのメニューです。

「かつや」のメニューには、ロースカツ定食におろしポン酢を追加した「おろしカツ定食」と、ヒレカツ定食におろしポン酢を追加した「おろしヒレカツ定食」といったメニューがそろっています。

また、そのほかに気になるメニューがあれば「おろしポン酢」を追加して注文するのもおすすめです。好みにあわせて注文してみてください。

おすすめメニュー⑤海老フライ(1本)

「かつや」の定食やカレー、カツ丼メニューに、揚げ物をもう1品追加したいという時におすすめなのが、「海老フライ(1本)」です。

単品で注文できる揚げ物のサイドメニューはほかにも「メンチカツ(1枚)」がありますが、こちらは約500キロカロリーと高カロリーのため、ダイエット中にはおすすめできません。

その点、「海老フライ(1本)」は約100キロカロリーとなっていて、1本から好きな数だけ注文できるので、もう1品欲しいという時におすすめです。ただし、たくさん食べればその分、カロリーも高くなるので、注文する際には海老フライの本数にお気を付けください。

かつやのカロリー・糖質が低い定食メニュー

「かつや」で提供している定食メニューは、大きく分けて「ロースカツ定食・ヒレカツ定食・メンチカツ定食」と、海老とヒレカツ、海老とロースカツなど数種類の揚げ物をセットにした定食メニューがそろっています。

定食メニューには、揚げ物のほかにご飯と小サイズのとん汁が付いていますが、好みにあわせてサイドメニューを追加したり、とん汁を大サイズに変更するのもおすすめです。

また、定食メニューを持ち帰りをする際には、ご飯なしの「おかずのみ」で注文する事もできます。持ち帰りの定食メニューでカロリーを低くしたい時には、持ち帰りの際に「おかずのみ」で注文してみてください。ここでは、「かつや」の定食メニューの中からカロリーと糖質が低いメニューをご紹介します。

おすすめメニュー「とん汁定食」

「とん汁定食」は、野菜たっぷりの大サイズのとん汁に、ヒレカツ2枚と千切りキャベツ、ご飯がセットになったメニューです。約1050キロカロリー、糖質は約122gと、カロリーに関しては「カツ丼(梅)」よりも低いメニューになっています。

ボリュームを求める人には、約1200キロカロリーとなりますが、ヒレカツが3枚の「ヒレカツ定食」もおすすめです。また、ヒレカツ定食におろしポン酢が付いた「おろしヒレカツ定食」もあるので、好みにあわせて注文してみてください。

定食の定番メニューの「ロースカツ定食」は120gの柔らかなロースカツが人気ですが、約1410キロカロリーと高めです。

どうしても「ロースカツ定食」を食べたいという時には、おろしポン酢が付いた「おろしカツ定食」でいただいたり、サラダを追加したりして、食物繊維を取り入れながら食べると良いでしょう。

かつやのカロリー・糖質が低いカレーメニュー

「かつや」のカレーメニューは、ロースカツがのった「カツカレー」、メンチカツを2枚のせた「メンチカツカレー」、海老フライ2本にヒレカツとメンチカツを1枚ずつのせた「海老・ヒレ・メンチカツカレー」がそろっています。

「かつや」のカレーメニューの中から、カロリーと糖質が低いメニューをご紹介していきます。こちらも、好みにあわせてサイドメニューを追加したりして、美味しくいただいてみてください。

おすすめメニュー「カツカレー(梅)」

「カツカレー(梅)」は、80gのロースカツと千切りキャベツを添えたカレーメニューです。約1310キロカロリー、糖質は120gと、これまでご紹介した「かつや」の低カロリーメニューの中では高めの数値となっていますが、カレーメニューの中では低い数値となっています。

「かつや」で美味しいカツとともにカレーが食べたくなった時には、「カツカレー(梅)」を注文してみてください。

また、カツカレーは、120gのロースカツと千切りキャベツをそえた「カツカレー(竹)」と、80gのロースカツ2枚と千切りキャベツを添えた「カツカレー(松)」といったメニューもあります。

「カツカレー(竹)」と「カツカレー(松)」は、「カツカレー(梅)」よりもカツの量が多いので、その分、カロリーも高くなります。注文する際にはお気を付けください。

Thumbかつやのおすすめメニューランキング・ベスト19!人気の惣菜や定食も厳選!
日本各地に店舗がある人気とんかつチェーン店「かつや」よりおすすめメニューランキング・ベスト1...

かつやのカロリー・糖質が高いメニュー

ここまで「かつや」でカロリーと糖質が低いメニューをご紹介してきましたが、ここでは、「かつや」のカロリーと糖質が高いメニューを3つご紹介します。

3つのメニューとも高カロリーとなっていますが、ボリュームを求める人に人気のメニューとなっています。高カロリーのためダイエット中には避けた方が良いですが、美味しいメニューがそろっているので、他の食事で調整したりして、楽しみながらいただくのもおすすめです。

「かつや」の中でも高カロリーメニューの数値を把握しておいて、注文する際に活用してみてください。

カロリー・糖質が高いメニュー①カツ丼(松)

「カツ丼(松)」は、80gのロースカツ2枚と玉子を2個使った、「かつや」のカツ丼系メニューの中で一番ボリュームのあるカツ丼です。

定番の「カツ丼(梅)」は約1120キロカロリーですが、それよりもカツと玉子の量が多いため、「カツ丼(松)」は約1900キロカロリーとなっています。人によっては、1日の摂取カロリーに近い数値となってしまうため、注文する際には注意が必要です。

カロリー・糖質が高いメニュー②ダブルロースカツ定食

「ダブルロースカツ定食」 は、80gのロースカツ2枚と千切りキャベツに、小サイズのとん汁とご飯が付いたメニューです。

定番の「ロースカツ定食」も120gのロースカツで約1410キロカロリーと、「かつや」のメニューの中でも高カロリーですが、「ダブルロースカツ定食」は合計で160gのロースカツがのっているのでさらにカロリーが高くなり、約1880キロカロリーとなっています。

このメニューも「カツ丼(松)」と同様に、人によっては1日の摂取カロリーに近い数値となってしまう場合もあるので、注文する際にはお気を付けください。

カロリー・糖質が高いメニュー③カツカレー(松)

「カツカレー(松)」は、80gのロースカツ2枚と千切りキャベツを添えた、ボリューム満点のカレーです。

80gのロースカツをのせた「カツカレー(梅)」も約1310キロカロリーと高めですが、「カツカレー(梅)」よりもロースカツの量が2倍となっているので、「カツカレー(松)」は約2330キロカロリーという、「かつや」の中でも高いカロリーのメニューとなっています。

約2330キロカロリーというと、人によっては1日の摂取カロリーを超えてしまうので、その場合には避けた方が良いでしょう。ダイエット中にどうしても食べたいという時には、ほかの食事で調整して、ストレスなく美味しく食事を楽しんでみてください。

かつやを利用しながら無理なくカロリー制限を続けよう

揚げたての美味しいとんかつやカツ丼が堪能できる「かつや」の、カロリーと糖質が低いメニューと、高いメニューをご紹介してきましたが、気になるメニューはありましたか?

「かつや」は揚げ物に特化したお店という事もあり、提供しているメニューのカロリーは高めですが、ダイエット中に無理をして食事制限をするのではなく、時には息抜きも必要です。「かつや」のカロリーが低いメニューを注文したり、ほかの食事で調整したりして、「かつや」の美味しい料理を堪能しましょう。

今回ご紹介した「かつや」のカロリーの数値や持ち帰り方法などの情報については今後、変更になる場合もあるのでお気を付けください。

関連記事

Original
この記事のライター
mayuge

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ